【好印象!】就活女子にオススメな髪型を大紹介!

就活生に取って髪型でお悩みの人は多いのではないでしょうか。
「金髪がだめなことぐらいは知っているけど、他はどうしたらいいのかな?」
「真っ黒でストレートで一つ結びじゃないといけないの?」
といった疑問をお持ちの人も多いかと思います。

そこで今回は、就活で好印象の女性の髪型について具体例を挙げながら徹底的にご紹介します。この記事を読むことで、就活生としての基本的な髪型のマナーを踏まえた上で、自分に合った髪型を見つけることができますよ。また後半では、企業の採用担当者に不評な髪型や、就活の女性の髪型に関するよくある質問集も紹介しているので、あわせてチェックしてみてくださいね。自分のヘアカット・アレンジの悩みを解消していきましょう。

おすすめの就職サービス

就活女子|好印象な髪型

就活生のみなさんは「好印象な髪型」と聞いてどんな髪型を浮かべるでしょうか?
「王道のポニーテール!」「ハーフアップも上品で良いかも」
など、髪型も就活用に整える必要があります。

女性の髪型は、カットも重要ですが、ヘアアレンジがポイントになります。自信を持って就活に臨むためにも、まずは就活で好印象な髪型の基本的なポイントをおさえておきましょう。

面接官に好印象な髪型|ポイント3つ

面接官に好印象な髪型の3つのポイント
・眉毛が見えるようにする
・耳が見えるようにする
・お辞儀をしても崩れない髪型にする
の以上3点です。
それでは一つずつ説明していきたいと思います。

面接官に好印象な髪型|ポイントその1

ポイントその1は「眉毛が見えるようにすること」です。
前髪は左右に流すようにしましょう。ピンで留め、アイロンやヘアスプレーを使って髪型をキープするのがオススメです。就活では顔の表情が見えるような髪型が、基本とされているので、なるべく額が出るように前髪は調整しましょう。

左右の写真を比較すると、右の写真の人の方が明るく聡明に見えると思います。

眉を見せる方法としては、
・眉の上で髪を切る
・前髪を左右のどちらかに流す
・後ろ髪と一緒に結んでしまう
といった方法があります。
自分の似合う前髪を試してみてはいかがでしょうか?

面接官に好印象な髪型|ポイントその2

ポイントその2は「耳が見えるようにする」です。
サイドの髪は耳にかけましょう。
耳が出ることで肌の面積が増えて、明るい印象を与えることができます。
また、清潔感も出るので好印象になります。

面接官に好印象な髪型|ポイントその3

ポイントその3は「お辞儀しても崩れない髪型にする」です。
前髪は左右に流すようにしましょう。
ピンで留め、アイロンやヘアスプレーを使って髪型をキープするのがオススメです。
就活では顔の表情が見えるような髪型が、基本とされているので、なるべく額が出るように前髪は調整しましょう。

お辞儀をしても髪が崩れないように
・髪を1つに結ぶ
・崩れそうな、横髪や前髪はケープやワックスで固めておく
この2点を意識するだけでも印象が変わります。

面接ではお辞儀をする回数が数多くあります。
お辞儀の度に髪を触っていると印象が悪くなってしまいます。
ぜひ髪は崩れないようにしましょう。

以上が好印象な髪型のポイントになります。

まとめると、ポイントは次の3つです。
・眉毛が見えるようにする。
・耳が見えるようにする
・お辞儀しても崩れない髪型にする

以上のポイントを押さえておくだけでも印象がガラッと変わります。
ぜひ意識して髪をセットしてみてください!

就活女子|好印象な髪型の具体例

では、実際にどんな髪型が好印象なのか具体例をみていきたいと思います。
・結ぶ位置を考慮したポニーテール
・ハーフアップ
この2つの髪型はオススメの髪型になります。
それぞれ見ていきましょう!

好印象な髪型|その1

好印象な髪型例その1とは、「結ぶ位置を考慮したポニーテール」です。
結ぶ位置が高すぎず、低すぎず、ちょうど中間あたりで結ぶと良いでしょう。

ポニーテールの結び目が高いと幼い印象、逆に結び目の位置が低いと落ち着いた印象になります。大人っぽく清楚な印象を与えるには「ポニーテールの結び目の高さ」を中間程度にすると良いと思います。

好印象な髪型|その2

好印象な髪型その2は「ハーフアップ」です。
下の写真を見てください。

こちらがハーフアップのイメージです。
「女性らしさ」を感じさせてくれますよね。

この髪型は、商社・メーカー・銀行などの固いイメージの業界を受けるときにオススメです。これらの業界以外にも万人受けする髪型です。

以上が就活女子|好印象な髪型の具体例になります。
「ポニーテール」「ハーフアップ」は王道の髪型ですが、面接官に良い印象を与えてくれます。女性らしさを表すにはぴったりです。
ポニーテールは思った以上に崩れやすいので、ケープやワックスで固めるのをお忘れないようにしましょう。

就活女子|不評な髪型

ここからは面接官に不評な髪型をご紹介していきます。

面接官に不評な髪型とは、
・明るすぎる髪色
・アシンメトリーやツーブロック
・ベリーショート
以上の3点になります。

「こんな髪型で面接にくるなんて…」「まだ学生気分なんだろうか…?」
と面接官に思われないように、面接官に不評な髪型をしっかりと抑えておきましょう。

不評な髪型 その1

就活時に不評な髪型その1は「明るすぎる髪色」です。
「真っ黒じゃないとだめなの?」という疑問に思う人もいると思います。
ではどれくらいまでが許容範囲なのでしょうか?

毛染めに関しては、明度7ぐらいまでが許されています。カラースケールといって標準化された指標がありますので、詳しくはそちらを参考にしてみてくださいね。

グラデーションカラースケールとは?
https://pro.relie-relie.com/gcs/
このように真っ黒である必要性はないようです。

社会人になってからも男性は真っ黒な髪色が常識とされているのに対して、女性は明度7ぐらいまでは許容されると言われています。
「明度7と言っても、やっぱり不安だな。」
と思う人は、社会人1年目〜3年目の先輩を参考にしてみてはいかがでしょうか。
その企業の先輩を参考にするのが一番参考になります。

不評な髪型 その2

面接時に不評な髪型その2は「アシンメトリーやツーブロック」です。

前髪が斜めに切られていたり、片方のサイドが刈り上げになっていたりするアシンメトリーやツーブロックは、個性的でクリエイティブな印象を与えます。それゆえに、残念ながら一般的な企業ではあまり歓迎されない傾向です。就活というフォーマルな場面では、個性的なヘアスタイルである必要性は特にありません。就活では清潔感や爽やかさ、落ち着いた感じを印象付けるのがベストです。基本的には髪の長さは左右対称に揃えておくのが良いでしょう。

不評な髪型 その3

不評な髪型 その3は「ベリーショート」です。
ショートカットよりも短くボーイッシュでおしゃれな印象を与えるのがベリーショートヘアです。しかし、残念ながら個性的に見られてしまう可能性があります。また、リクルートスーツと合わせた場合、髪型の雰囲気がカジュアルで不釣り合いになってしまいます。意図的に個性をアピールしたい場合以外は、違う髪型を選択するのが無難です。

就活女子|髪型について「よくある質問集」

では最後に就活における髪型について「よくある質問」にお答えしていきたいと思います。

質問答え
Q1ショートカットの場合どうすれば印象良くできますか?A1.「ショートカットの場合は「髪を耳にかける」ということを意識してください。A2.髪の量が多い場合は、ピンが外から見えてしまわないように、耳から髪が落ちないように止めるのも有効です。
Q2髪型はいつくらいから直せばよいでしょうか?A1 .合同企業説明会の時には髪型を整えてください。→合同企業説明会は私服参加OKなど私服での参加もできますが、その時から採用担当の人はみています。また就活の解禁前の「インターン」時も同様です。
Q3.もともと天然パーマ・地毛が黒ではない場合は直さなければなりませんか?A1. もともと髪色が茶色や、癖が強い人は、無理に黒く染めたり、ストレートパーマをかける必要はありません。茶色っぽい髪質の人は少なくありませんし、強い癖毛でもヘアケア用品でアレンジすることができます。ただし、どうしても気になる場合はカラーリングや縮毛矯正などで、不安や悩みを解消するのもよいでしょう。

まとめ

以上、就活女子にオススメな髪型のご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?
まとめると、「以下に顔を明るくみせるか」という観点がポイントになります。
①眉毛が見えるようにする
②耳が見えるようにする
③お辞儀しても崩れない髪型にする
この3つを特に注意して髪型を選べば問題ありません。

好印象な髪型としては「ポニーテール・ハーフアップ」が失敗のない髪型です。
ハーフアップやポニーテールといった定番の髪型は、基本的にどの業界・企業でも好印象を与えられる定番スタイルです。髪型が選考結果に与える影響が心配な人は、こういった髪型を断然オススメします。

逆にNGな髪型としては「明るすぎる髪色」「アシンメトリーやツーブロック」「ベリーショートなどが挙げられます。

就活に臨む自分の髪型は決まったでしょうか?髪型を決めることは就活の第一歩です。業界・社風、あなたの髪質や長さなどを踏まえて、自分に合った髪型に選んでみてください。あなたのキャラクターや魅力が伝わる髪型を選ぶことで、堂々と面接でアピールすることができるようになりますよ。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。