就活で好印象!男性にオススメ髪型を徹底紹介!

就活で第一印象を大切にしたい、と思っている男性の方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、
「面接にどんな髪型が行ったらいいかわからない」
「就活でオススメ・定番の髪型って具体的にどんなの?」
「清潔感を出すにはどうすればいいの?」
というように悩んでしまいますよね。

そこで今回は、就活で好印象な髪型と不評な髪型について、具体例やよくある質問も一緒にご紹介します。男性の顔のタイプ別に好印象な髪型に解説しているので、ご自身の顔の形にあったものを選んで就活に臨んでみてください。カットやアレンジ次第で清潔さや爽やかさを演出することができますよ。ぜひ、この記事を読み、自信を持って就活に臨んでくださいね。

それでは、詳しくみていきましょう。

おすすめの就職サービス

男性|就活で好印象な髪型

就活で男性の好印象な髪型はどんな特徴があるのでしょうか。それは、「清潔・黒髪・短髪」の3つだけです。これだけおさえておけば、まず問題ありません。もちろん自分に似合う髪型を見つけることも大切です。ですが、何か特別なことをして印象付けるよりも、まずは不潔さや不自然さをなくすことが好印象への近道です。とにかく企業の採用担当者から「清潔で一生懸命だし弊社で働いてくれそうだ」と思わせることができればいいのです。

では、「清潔・黒髪・短髪」とは、具体的にどのような髪型の状態を指すのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

(1)清潔さ
髪が清潔であるという状態は、①皮脂やワックスなどでべたべたしていない、②頭皮が肌荒れを起こしていない(フケが発生したりしていない)、③寝ぐせがあったり中途半端な長さの髪が様々な方向に伸びていない、の3つが挙げられます。髪の清潔さを保つためには、規則正しい生活を送る、スキンケアを心がけて乾燥を防ぎ肌の代謝を整える、美容院や理髪店に行く頻度を高める、といった方法が有効です。

日常的に自分の髪に意識を向けて鏡でチェックすることも大切ですよ。

(2)自然な黒色
日本人らしい自然な黒髪であることも好印象を決定づける1つの要因です。髪の軽さやおしゃれな雰囲気を漂わせることができるのがカラーリングのメリットですが、就活では会社の担当者に何となくだらしない印象を与えてしまいます。もともと地毛が茶色っぽい場合には、無理に染める必要はありませんが、基本的には黒色にして説明会や面接に臨むようにしましょう。

(2)真っすぐで短い
基本は、短くまっすぐな髪の方が好印象を与えることができるでしょう。長髪の場合、髪が目にかかったり、手癖が出てしまったり、する場合があります。癖毛の場合には、中途半端に伸びていると寝ぐせと勘違いされてしまう場合があります。そのため、可能であればベリーショートかショートにカットしてもらい、顔の表情がはっきりと見える状態にしておくのが良いでしょう。

天然パーマの方は、無理にアイロンや縮毛矯正をかける必要はありませんが、寝ぐせっぽく見えないためには、短くさっぱりとカットするのをオススメします。

男性|就活で好印象な髪型の具体例

ここからは、就活で好印象な男性の髪型の具体例について、顔の形・タイプ別にご紹介します。まず、自分がどのようなタイプの顔なのか、どのようにカットすれば、より良い印象を与えられるのか考えながらチェックしてみましょう。

男性|丸顔の男性に似合う就活で好印象な髪型

丸顔の男性の特徴は、頬に丸みがあり、縦と横の比率が等しいことが挙げられます。そんな丸顔の方に似合う髪型のポイントは、トップを高くして丸みのある輪郭をカバーできるヘアスタイルを選ぶことです。例えば、ショートヘアとソフトモヒカンを組み合わせてカットすれば、トップにボリュームを持たせて顔全体のバランスを調整することができますよ。

・ショート
定番のショートヘアですが、万人受け間違いなしで誰に対しても良い印象を与えることができます。丸顔以外のどの顔にも似合うのですが、あまりにも短く切ってしまうと丸顔の男性の場合には、トップにボリュームを持たせることができなくなってしまうので、アレンジが容易なショートヘアをオススメします。迷ったらショートヘアを選びましょう。

・ソフトモヒカン
ソフトモヒカンは、髪の中央部分を高くして、正面から見た時にひし形に見えるようサイドや襟足をカットするヘアスタイルです。上記のショートヘアとの組み合わせも楽しめるのも魅力で、就活では頼りがいのある男性を印象付けられます。縦に長さをとることによって、丸顔の輪郭をカバーすることができます。また、薄毛を目立たなくさせる、といったメリットがあるのでコンプレックスに悩んでいるという男性におススメです。

・ツーブロック
アレンジとして加えるなら耳周りのボリュームを抑えられる、マイルドにツーブロック風な感じを入れるのもよいでしょう。頭頂部の髪の毛は少し長めにしたまま、耳の上あたりから下の部分を刈り上げて全体のバランスをとることができます。

男性|面長顔の男性に似合う就活で好印象な髪型

面長の男性の特徴は、頬に丸みがなく、横よりも縦の比率が長いことが挙げられます。面長の方に似合うのは、丸顔の方とは反対に、縦のボリュームを控えめにして、サイドへ視線を誘導するようにすることできる髪型です。

例えば具体的には、前髪はアップバングにするよりも、左右へ流して額の露出する面積を調整する方が、縦の長さをカバーでき顔が小さく見えるようになります。面長の方は、サイドにボリュームのある髪型や、ベリーショート・ショートヘアにカットして、髪の長さで顔全体のバランスがとれるように工夫するのがベストです。

・ベリーショート
サイドとバックを短く刈り込んだベリーショートヘアです。ショートよりも短めのヘアスタイルで、こちらも定番といえるでしょう。就活では、清潔感やクールさを醸し出すことができます。カットで毛の流れる方向を決めることができるので、寝ぐせがあまりできにくく、お手入れがしやすいといったメリットがあります。忙しい時でもさっとワックスを馴染ませれば、手軽にヘアスタイルを決められる点が魅力といえるでしょう。

男性|ベース型・四角顔の男性に似合う就活で好印象な髪型

ベース型・四角顔の男性の特徴は、縦と横の比率は等しい且つ、頬が角張っていることが挙げられます。顔の輪郭をあまり強調せず、毛先の方向を自由にして顔のバランスをとるのが大切です。毛先を散らばせて躍動感のある髪型やアレンジを加えやすい髪型がオススメですよ。

・ウルフカット
ウルフカットは、サイドや襟足の髪を長めに伸ばして、トップの部分をオオカミのたてがみのように立たせるヘアスタイルになります。就活では、ワイルドで行動力のありそうな男性の雰囲気を出すことができます。ショートヘアなどとのアレンジも楽しめますので、ワイルド感を出したいという方は、ウルフカット風にお願いしてみてください。

・ミディアム・セミロング
ミディアム・セミロングヘアは、落ち着いて知的な印象を与えることができます。あまり髪を切りたくない方はもちろん、顔の角ばった輪郭をカバーしたいという方にもオススメです。

男性|就活で不評な髪型

ここからは、就活で不評なメンズの髪型についてご紹介していきます。髪型は、就活で出会う採用担当者の好みや意識次第といえますが、一般的に不評といわれるものをここでは、2つ解説していきます。

(1)ある程度長さがある髪型
長髪やそれに類似する長めの髪はあまり印象がよくありません。特に長い髪を手でしきりに触っていたり、顔に髪がかかっていたりすると、清潔さとは離れてしまいます。

不評な長い髪として例えば、前髪・サイド・バックが同じ長さに揃えてカットされたボブヘアや、ふんわりとした軽い質感に仕上げるエアリーヘア、丸みを帯びた輪郭でおしゃれすぎるマッシュなどが挙げられます。癖がある場合には寝ぐせっぽく見えて目立ってしまいやすいので、基本的には避けるのがベストでしょう。

(2)ワイルドな印象になりすぎる髪型
おしゃれ坊主や、編み込んだ髪を縮れさせて仕上げるドレッドヘア、パーマを全体的にかけてボリューミーにするアフロ、髪のトップがつんつんしているツイストなどは、女性受けを狙えるかもしれませんが、就活の面接向きの髪型ではありません。尖がってワイルドすぎる髪型は、男らしい印象を与えるかもしれませんが、アグレッシブな印象も与えかねません。そういったリスクを低減するためには、ワイルドな印象の髪型を控える方が無難でしょう。

このような男性の髪型が就活で不評に思われる可能性が高いのですが、先ほど好印象な髪型の特徴で述べたように「清潔さ」が失われることも面接官の印象を左右することになります。髪のベタベタ感や頭皮の肌荒れ、寝ぐせなどをなくし、ひげや眉毛も整えて、全体的に頭・顔のバランスを整えるよう意識しましょう。

男性|就活の髪型でよくある質問集

ここからは、就活の男性の髪型に関するよくある質問についてお答えしていきます。

就活の男性の髪型|1.自分の髪型が変にじゃないか確認する方法は?

親しい友人や大学のキャリアセンター、美容院・理容院など第三者の意見を参考にしましょう。鏡や写真を見ただけでは、なかなか自分の印象は分かりづらいものです。就活では自己分析をしたり、面接の練習をしたり、第三者の協力が欠かせません。就活にふさわしい髪型にカットしてもらい、第三者に髪型の印象を尋ねてみましょう。

髪型は、あなたの自信と就活での行動を左右する1つの要因になります。自分のことを知り、堂々と説明会や面接に臨むためにも、別の誰かに確認してもらいましょう。直接人に聞くのが恥ずかしいという方は、SNSなどを活用してみてくださいね。

就活の男性の髪型|2.どのくらいの頻度で美容院・理容院に行けばいいの?

月に1回から2回程度、美容院や理容院に通うのがベストです。値段は、一般的に1000円~3000円の間でカットしてもらうと、お金にあまり負担がかからないでしょう。カットに行く時期の目安は、朝起きた時に寝ぐせがひどく時間をかけないとまとまらなくなった、髪のボリュームがアップして頭のかたちが大きく見えるようになった、といった時が合図といえます。

上記でさんざん述べたように、就活では清潔さが好印象な男性の髪型を形作る重要な要素になります。清潔さを保つためには、美容院や理容院にいつも以上に足を運んで、いつでも面接に飛び込めるような状態をキープしておきましょう。

まとめ

以上のように、男性の就活で好印象な髪型と不評な髪型についてご紹介しました。重要なことは、自分のことを客観的に捉えて、それを活かす努力ができるかということです。髪型でがらりと印象を変えることができますので、自分の顔や髪質を知って、好印象を与えられる髪型にカットし、自信を持って就活を進めていきましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。