合同説明会の服装は大事!身だしなみの整え方を紹介します!

合同説明会への参加を考えているならば服装のことが気になるものです。しっかりと身だしなみを整えておかないといけません。そこで、身だしなみの整え方について紹介します。

おすすめの就職サービス

合同説明会の服装が大事な理由

どうして合同説明会において服装が大事なのか、その理由を説明します。

企業は服装をチェックする

合同説明会において企業は服装をチェックする可能性があります。もちろん、実際に合同説明会に参加する学生はたくさんいるため、すべての学生の服装をチェックすることは難しいです。それでも、服装のマナーの悪い学生に目をつけておくということはするでしょう。合同説明会の会場において、極端にマナーの悪い学生がいれば目立ちます。そういう学生を企業がチェックするのは当然のことといえるでしょう。

服装は周りと比較されやすい

服装というのは周りと比較されやすいものです。そのため、合同説明会において服装のマナーを守っていないと目立ちやすいです。周りと比較してマナーの悪い学生がいれば、企業の担当者に注目されてしまうため、それは大きなリスクといえるでしょう。

説明会によって服装のルールは異なる

それぞれの説明会ごとに服装のルールが異なっている場合があります。たとえば、服装自由で気軽な気持ちで参加できるものもあれば、スーツの着用が義務付けられているような説明会もあるのです。そのため、それぞれのイベントごとにふさわしい身だしなみを整えることが大切です。

TPOに合った服装を用意しよう

TPOに合った服装を整えることは社会に出てから求められるスキルの1つです。服装というのは単に見た目の問題だけではなく、社会人としての意識や心構えがあらわれるものだからです。そのため、合同説明会で適切な服装ができない人はそれだけで印象が悪くなってしまうでしょう。正しい服装を整えることは、説明会に限らずこれから社会に出ていろいろなところで求められるスキルであると意識することが大切です。

合同説明会の服装のパターン

合同説明会における服装にはさまざまなパターンが存在します。そこで、どういった服装の種類があるのか簡単に説明しましょう。

スーツ

多くの説明会ではスーツを着用していれば問題ありません。基本的にすべての説明会はスーツを着用しておけば失敗することはないでしょう。たとえ、服装自由の説明会であっても、スーツを着用するのが基本といえます。スーツは実際に就職して働くようになってからも必要とされるものです。面接を受けるときにはスーツ着用がほとんど義務のようなものとなります。そのため、説明会の時点でスーツを着ることに慣れておくことは大切でしょう。しっかりと就活に通用するスーツを用意しておいてください。

オフィスカジュアル

説明会において、スーツ以外の選択肢としてオフィスカジュアルな格好で参加するというケースがあります。たとえば、服装自由であり、スーツを着ていなくても問題ない場合には、オフィスカジュアルを選ぶ人が多いです。オフィスカジュアルというのは、曖昧なスタイルといえます。スーツよりも着崩していて、オフィスワークをするのにふさわしいレベルにまとめておくことが大切です。清潔感を意識するのがポイントとなるでしょう。シャツやブラウスにジャケットを羽織って、下はシンプルなパンツやパンプス、スカートでまとめるといったものがよいです。説明会のオフィスカジュアルについては、それほど神経質にならなくてもよいでしょう。

ラフな格好

服装自由であり、私服で参加しても良いという説明会もあります。この場合は、私服を着ていくという人がいるかもしれません。ただし、私服で良いからといって、あまりにも派手な格好や不潔な格好などをするのはNGです。極端に目立つ格好をしていくと担当者に注目されてしまいます。それでは就活で不利になってしまうため、ラフな格好をするのは十分に注意しなければいけません。合同説明会の雰囲気によっては、ラフな格好が許される場合もあります。しかし、それは実際に参加してみるまではわからないことです。合同説明会で冒険したくないという人は、最低でもオフィスカジュアルのような格好にまとめておくとよいでしょう。

合同説明会の服装のポイント

合同説明会のための服装を整える上でのポイントについてまとめました。

基本はスーツを着ていく

合同説明会は、どのようなイベントであっても基本的にはスーツを着ていくことをおすすめします。スーツであれば失敗することは少ないからです。スーツを着ていくことで印象が悪くなることはありません。みんながどんな服装をしていくのか不安な場合はスーツを選びましょう。

業界によっては服装のセンスがチェックされる

合同説明会の服装については、あなたがどの業界の説明会に参加するかが問題となる場合があります。たとえば、ファッション業界の場合には、服装のセンスが見られるケースがあるからです。アパレル業界などの場合は私服を指定されるということが珍しくありません。普通の業界とは異なっていることを意識しましょう。特にカジュアルブランドの企業が多く集まる説明会の場合には、真面目なスーツを着用してしまうと周りから浮いてしまう恐れがあります。説明会で目立ってしまうのは避けたいという人が多いでしょう。

しっかりと服を着こなしていることを重視している企業もあります。そのような企業を狙っているならば、合同説明会の時点で自分のセンスをしっかりと発揮しておくべきでしょう。そうすれば、企業の担当者に注目されることもあります。自分なりにコーディネートのセンスを発揮して注目されることで、就活で有利になることがあるのです。

服装自由の説明会もスーツが無難

服装自由の説明会であり、一般的な業界の説明会であれば、スーツを着ていくのが無難でしょう。服装自由にしていたとしても、その業界が真面目な企業ばかりであれば、スーツを着ていくことで好印象となります。また、就活においてスーツを着慣れているかどうかは重要です。普段、スーツをほとんど着たことがない人は、スーツを着ている様子がどこか不格好になってしまいます。しかし、学生の場合はどうしてもスーツを着る機会が少ないものです。合同説明会はスーツを着ていく絶好の機会となるため、積極的にスーツを着ることをおすすめします。

私服ならばオフィスカジュアルがおすすめ

どうしてもスーツを着るのが嫌であり、私服を着たいと考えているならば、オフィスカジュアルを選びましょう。オフィスカジュアルであれば、ある程度まとまりがあって、清潔感もあり、無難な服装となります。就職をすれば、企業によってはオフィスカジュアルで仕事ができる機会もあるでしょう。そのときを見越して、オフィスカジュアルの服を用意しておくと便利です。オフィスカジュアルのコーディネートを練習する良い機会と考えることができます。

合同説明会の服装の注意点

合同説明会の服装を整えるときの注意点について説明します。

アクセサリーなどにもこだわる

服装は単に服にだけ注意すれば良いわけではありません。アクセサリーなどについてもこだわるべきです。たとえば、時計をつけていく場合には、あまり派手なものを選ぶべきではありません。目立たず真面目な印象を与えるものを選ぶべきでしょう。合同説明会というのはオシャレをしていく場ではありません。そのため、アクセサリーは最低限のものだけ身につけておくことが大切です。服装自由の場合は、アクセサリーについて多めに見てくれることがあります。それでも、ビジネスシーンで通用するようなアクセサリーを選びましょう。派手なものや多くのアクセサリーをジャラジャラつけるといったことはNGです。華美な見た目のものも避ける必要があります。

靴にも注意する

服装に注意していても靴に気をつけず失敗している人は意外とたくさんいます。しかし、ビジネスの世界においては靴を見られる機会は多いため注意しましょう。たとえば、スーツを着ているのにスニーカーを履くのはおかしいです。きちんとした革靴を履いていくべきでしょう。また、オフィスカジュアルの場合は靴をどうするべきか悩むかもしれません。オフィスカジュアルではスニーカーが許容されることが多いです。それでも不安であれば、革靴やパンプスなどを選んでおくとよいでしょう。華美なものは避けることが大切です。また、説明会の会場では歩き回ることになるため、動きやすい靴にすることを忘れないでください。

鞄のマナーについて

鞄については、説明会ではリュックを使っても問題ない場合は多いです。面接では手持ちのバッグを使うのが基本となるのですが、説明会の場合は多くの資料を受け取ることが多く、リュックの方が便利だからです。合同説明会で服装が自由なイベントの場合には、リュックを使っても問題ないケースが多いでしょう。もし真面目な雰囲気の説明会に参加するならば、きちんとしたビジネスバッグを用意したほうがよいです。

コートのマナーについて

冬場の説明会に参加する場合には、コートを着用することがあるかもしれません。コートは無地でシンプルなデザインのものを選ぶことが大切です。種類としてはトレンチコートやステンカラーコートといったものがよいでしょう。ダークカラーの色であれば、スーツの色との相性がよく印象がよいです。明るい色のスーツを着たいならば、清潔感のあるベージュ色のものがおすすめです。ベージュ色であれば落ち着いた印象を与えることができます。

まとめ

合同説明会に着ていく服装についてまとめました。どのような服装にするべきか悩んでしまう人は多いものです。基本はスーツであり、服装自由の場合にはオフィスカジュアルという選択肢があります。アパレル業界の場合にはオシャレをすることが認められます。TPOに合った服装を心がけましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。