合説は服装が大切?身だしなみの整え方のポイントを紹介

合説に参加するときにはどんな服装にすればいいのか悩んでしまう人がいるかもしれません。身だしなみは就活においてとても重要な要素であると考えられています。それでは、合説の服装についてポイントを解説しましょう。

おすすめの就職サービス

合説の服装が大事な理由

どうして合説において服装が大事なのかその理由について説明しましょう。

合同説明会の服装は注目される

合同説明会では意外と服装をチェックされることがあります。もちろん、基本的に合同説明会にはたくさんの人が在籍しているため、あなたがどこの大学の何という名前の学生であるのか特定される可能性は低いです。しかし、そこにいる担当者があなたの顔を覚えているというケースはあります。マナー違反の服装をしていれば注目される可能性は高くなるため気をつけましょう。

マナー違反するとチェックされる可能性がある

企業によっては合同説明会の段階から厳しくマナーをチェックしているケースがあります。この場合はマナー違反している就活生がチェックされて記録される可能性があるのです。そうなると今後の就活に大きなマイナスの影響を与えてしまいます。それでは就活でとても不利になってしまうため注意しましょう。

周りに迷惑をかけないことが大切

就活において周りに迷惑をかけないということはとても重要な点となります。あなたがマナー違反の服装をしていると周りの人に迷惑をかけることがあるのです。あなただけではなくあなたの周りにいる人まで注目されることもあります。悪目立ちしてしまうと、周りの人は落ち着いて説明会の話を聞くことができなくなるでしょう。それはとても迷惑なことであると理解してください。

きちんとした服装を整えると安心できる

合説の際に服装をきちんと整えておくと精神的に安心することができます。周りがしっかりとした服装をしているのに、自分だけ服装が乱れているのは嫌なものです。それでは心が全然落ち着かなくなってしまうでしょう。服装を整えることを心がければ、リラックスした状態で合説に参加することができ、集中して話を聞くことができます。

合説の服装のパターンについて

合説の服装についてはさまざまなパターンが存在しています。具体的に紹介しましょう。

スーツ

合説の服装として多くの人が選んでいるのはスーツです。スーツであれば、安心して着ることができるからです。一番無難な服装であり、スーツを着ていって失敗することは基本的にないでしょう。たとえば、合説の服装が指定されていないと何を着ていくべきか不安になってしまうものです。そんなときにはとりあえずスーツを選ぶことをおすすめします。そうすれば大失敗することは避けられるからです。

オフィスカジュアル

服装が自由な場合には、スーツ以外の選択肢としてオフィスカジュアルがあります。オフィスカジュアルというのは私服であっても、できる限りきっちりとした服装を整えるコーデです。たとえば、服装自由の会社で働くときには、オフィスカジュアルで働いている人がたくさんいます。そのため、将来のことを考えて、合説の時点でオフィスカジュアルの服装に慣れておくとよいでしょう。基本的にはシャツやブラウスを着て、その上にジャケットを羽織ります。下はパンツやスカート、あるいはパンプスを履くのが基本です。スーツよりも着崩している状態となります。

私服

合説の中には私服で参加するのも自由な場合があります。この場合は自分の普段着で参加しようという人がいるかもしれません。それでも、あまり派手な格好をするのは避けて、できるだけ地味で目立たない清潔感のある服装にすることをおすすめします。合説というのは企業からの話を真剣に聞くための場であり、その場の雰囲気を乱すような服装にするべきではありません。私服でOKだからといって、自由な格好をするのは避けるべきでしょう。

その他

たとえば、ファッション業界などではそれぞれの参加者のセンスを見るケースがあり、この場合はオシャレな服装をしてきても良いというケースがあります。合説の服装について細かな指定を設けていることもあるため、事前に確認しておくとよいでしょう。どんな合説でもスーツが正しいとは限らないのです。それぞれの業界ごとに服装に関する厳しさや服装に求めているものは異なっています。その場にふさわしい服装を用意しておくことが大切です。

合説の服装のポイント

合説のための服装を整える際のポイントについて紹介しましょう。

清潔感が大切

合説の服装についてどのような指定がされていたとしても、清潔感を心がけることは大切です。清潔感のない服装というのは誰からも不快に思われてしまうからです。それでは周りの人に迷惑をかけることになってしまうため気をつけてください。清潔感を何よりも重視しておくことで、スーツ以外の服装を選んだとしても大失敗を避けることができます。たとえば、合説の前に着ていく服をしっかりと洗濯しておくことは大切です。また、しっかりとアイロンをかけておき、だらしない状態にならないように気をつけることが重要です。

アイテムにも注意する

合説の服装では着ていく服だけではなくて、どのようなアイテムを身につけるのかにも注意することが大切です。たとえば、鞄や靴、アクセサリーなどには注意しましょう。スーツなのにスニーカーを履いていくというようなマナー違反なことはしないようにしてください。アクセサリーなどは最低限のものだけを身につけるようにしましょう。アイテムについては事前に新しいものを買っておくことをおすすめします。使い古してボロボロになっているようなものは清潔感がないからです。それでは企業の人達に対して失礼であると思われます。

基本的にスーツが無難

合説で着ていく服装についてはさまざまなパターンがあるのですが、基本的にはスーツが無難であると考えましょう。たとえ、私服がOKの合説だったとしても、スーツを着ていけないわけではないからです。ただし、主催者側からスーツを着ないでもらいたいと指示されている場合にはスーツを避けましょう。けれども、ほとんどの合説ではスーツを着ていくことがマナーとされていて、無難な選択といえます。わざわざオフィスカジュアルな格好を準備するのが面倒だという人もいるでしょう。基本的にどんな合説でも周りはスーツの人ばかりのため、スーツであれば目立たないというメリットもあります。

気になる場合は問い合わせをする

合説の服装について細かなマナーや規定がどうしても気になる場合には、あらかじめ問い合わせをしておくことをおすすめします。そうすれば、主催者側がしっかりと当日の服装のルールについて説明してくれるはずです。わざわざ服装のことを問い合わせするのは迷惑なのではないかと思う人がいるかもしれません。しかし、主催者側にとっては、参加してくれる就活生を困らせたくないと考えているため、服装に関する問い合わせにも快く対応してくれるケースが多いでしょう。

合説で服装自由の場合の考え方

合説で服装が自由であると設定されている場合の考え方について説明しましょう。

気楽な気持ちで参加してもらうため

そもそもどうして服装自由の合説があるかといえば、これは参加者にリラックスしてもらうためです。普通の合説はスーツで参加するのが一般的です。しかし、これでは参加者が緊張してしまう可能性が高いです。緊張している状態ではどうしても集中して話を聞くことができなくなってしまいます。それは合説を主催している側にとっては不都合なことです。そこで、リラックスして話を聞けるようにするために服装を自由にしています。

服装自由でも服装をチェックする会社はある

服装自由に設定していたとしても安心してはいけません。企業の中には服装を自由にしていても、服装をチェックするケースがあるからです。非常識な格好をしてくる就活生を採用しようとは思わないものです。服装自由という場だからこそ油断をしてマナー違反な服装をしてくるケースがあるため、そういう就活生を企業がチェックしている可能性があります。そのため、たとえ服装自由になっていたとしても油断しないように注意をして、しっかりと服装を整えておくことをおすすめします。

柄物や派手な色は避けたほうがよい

服装自由だからといって、どのような服装でも許されるというわけではありません。避けるべき服装としては派手な色や柄物などがあります。基本的には目立つ服装を避けるようにすることが大切です。合説というのは企業の話を聞くための場であり、お洒落をするための場であると勘違いしてはいけません。おしゃれに気を使って自由な服装をすることであなたが注目されてしまい、評価が落ちてしまう可能性があります。それではせっかく合説に参加したことが台無しになってしまうでしょう。

服装自由でスーツを着ても問題ない

服装自由の合説の場合であってもスーツを着ていって問題はありません。服装自由というのはスーツを禁止しているわけではないからです。服装が自由というのは、どのような格好をするべきかとても悩んでしまうものです。それでは大失敗してしまうリスクも存在します。それならば、あえて冒険するのではなくて、無難にスーツを着ていく方が安心できるでしょう。服装自由の合説でもスーツを着る人はたくさんいるため、周りの中で浮いてしまうということはありません。スーツであれば細かいコーディネートに気を使う必要はなく、すぐに準備を進めることができます。

まとめ

合説の服装についてまとめました。これから合説に参加するときに服装について悩んでしまう人は少なくありません。特に服装自由の合説の場合には、何を着ればいいのかわからずにとても悩んでしまうでしょう。そのような人はこちらの記事を参考にして服装を整えてください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。