リクルートスーツの着こなし方は動画で確認!【失敗しない就活】

リクルートスーツは黒、ワイシャツは白が鉄則というのはわかっていても、実際にどのような着こなし方をしたらいいのかわからないという学生は多いはずです。

こんな時は動画でリクルートスーツの選び方やシャツの合わせ方、ネクタイの選び方などを確認するのが一番です。

「百聞は一見にしかず」、文章による解説もいいものですが、動画を見て颯爽としたリクルートスーツの着こなしを勉強してみてください。

スーツがきちんと着こなせていれば、面接官が受ける印象もupすること間違いなしです。

おすすめの就職サービス

リクルートスーツの選び方は動画で確認!

リクルートスーツというのは就活生にとっては制服のようなものですから、ビジネススーツよりも選択肢の幅が狭いのが特徴です。

「リクルートスーツの選び方」で検索をすると動画がたくさん出てきますので、いくつかを見ながら賢い選び方を研究するのがおすすめです。

動画であれば言葉で表現しきれない部分も一目瞭然ですし、自分にはどんなリクルートスーツが似合うのかというイメージも頭に思い描きやすくなります。

動画を見る際には色に気をつける

オンラインでみる動画というのは、どうしても色の表現に制限があります。

特にスマホの小さな画面で見ていると、暗い色がよく識別できないことがありますから、動画はできるだけパソコンやタブレットで見るようにしましょう。

そうすれば黒や濃紺、チャコールグレーなどの違いもはっきりと分かりますし、布地の質感も大体想像できるようになります。

動画なら自分の思い違いを修正することもできる

リクルートスーツは黒の無地というのが最近の主流ですが、これを鵜呑みにしてスーツを選ぶ必要は特にありません。

黒のスーツというのは非常にフォーマルで、きついイメージもありますから、黒を着慣れていない人、どう見ても顔に似合わない人というのは多いものです。

ですから、黒のリクルートスーツの代わりに濃紺やチャコールグレーを選ぶのも決して悪くありません。

黒のリクルートスーツが台頭してきたのは1990年代の終わり頃からですが、それ以前は濃紺のスーツを着る学生が圧倒的に多かったものです。

むしろ、黒無地のスーツは礼服のイメージが強いため冠婚葬祭向けがメインで、リクルートスーツとしては着用しない傾向がありました。

チャコールグレーにしても、かつてはビジネスマンが「ドブネズミ」と呼ばれるほど着用されることが多かった色ですから、就活でも積極的に使うことができます。

黒と他の色のリクルートスーツを2着用意すれば完璧

大企業の会社説明会に行くと、全員が黒のリクルートスーツというシーンに遭遇することも少なくありませんが、堅実な業界には黒のリクルートスーツ、ベンチャー企業など社風が比較的自由な会社の説明会や面接には濃紺かチャコールグレーのスーツというように、TPOに応じて色を使い分けるのも一案です。

就活期間は春〜夏〜秋とけっこう長丁場ですから、リクルートスーツは高価なものを1着ではなくて、リーズナブルなものを2着揃えた方が活用法が広がります。

黒と濃紺、チャコールグレーのリクルートスーツがどんな印象を与えるのかは、動画でしっかりと確認しておけばスーツ店に購入に行く時にもそれほど迷うことがありません。

リクルートスーツの着こなし術を動画で学ぶ

学生の大半はスーツなんてほとんど着たことがないというのが実情ですが、ビジネススーツをきちっと着こなせることは社会人の基本的なマナーです。

動画を見れば着こなし術をいろいろと学ぶことができ、ワイシャツやネクタイの合わせ方も参考になるので、上手に活用するようにしましょう。

リクルートスーツは2つボタンが主流

リクルートではフロントボタンが2つあるシングルスーツが主流ですが、2つボタンでは上のボタンは掛けますが、下のボタンは外したままにしておくのがマナーとなっています。

紳士服の本場であるイギリスでもこのマナーが尊重されていますので、イギリスのビジネスマンが登場する動画などもよく見て着こなしを研究してください。

ただし、レディースの場合には同じ2つボタンであっても、上下のボタンを両方とも掛けるのがマナーですから間違えないようにしたいものです。

3つボタンのリクルートスーツはメンズの場合、やや変則的で幼稚なイメージになってしまいますので、特別な理由がない限りは着用しない方が無難です。

これに対してレディースでは3つボタンも2つボタンと同様に就活で着れる他、メンズでは使われない1つボタンのリクルートスーツも許容範囲です。

ボタンの数によってシルエットがかなり違ってきますので、動画を見てそれぞれの雰囲気を掴み、自分のリクルートスーツを選ぶ際の参考にしてみてください。

レディースではスカートスーツとパンツスーツのどちらを選ぶかも重要な問題

女子学生のリクルートスーツ選びでは、スカートスーツとパンツスーツのどちらを選ぶことができますが、逆に言えば、選び方次第では面接官に与える印象がまるっきり違ってきますので、慎重にデザインを選ぶことが重要な問題です。

スカートスーツは女性らしくて和やかな雰囲気なので、保守的な企業に就職したい女子学生はスカートスーツを選びましょう。

リクルートスーツではスカートはタイトが基本ですが、パンプスを履いてタイトスカートにすると足さばきが難しく、上手に歩けないことがありますので、動画で歩き方も勉強しておくといいでしょう。

どうしてもタイトスカートが似合わないという場合には、裾幅がやや広がったセミタイトやAライン、台形のスカートもおすすめです。

セミタイトなら面接室で椅子に腰掛けた時も裾線が上にずり上がる心配がないので、落ち着いて面接に臨むことができるというメリットがあります。

体系的にスカートよりもパンツが似合う女性ならパンツスーツを選んでも構わないのですが、金融業や保険業、公務員などといった固い職業に就きたいと考えている人にはパンツスーツはやや不向きです。

パンツスーツを着ていると活動的な女性というイメージをアピールすることができますが、ともすれば自己主張が強いタイプに見やすいので、和と協調性を重んじる保守的な企業の面接官からはネガティブな目で見られる心配があります。

逆に個性を重視されるアパレルや広告業界ではパンツスーツの方がウケがいいこともありますので、会社の社風などもよく研究してリクルートスーツを選ぶといいでしょう。

パンツには膝から裾にかけてのラインが真っ直ぐなストレートパンツの他に、裾がやや広がっているブーツカットや、逆に裾幅が狭くなっているテーパードパンツなどの種類があります。

テーパードパンツはくるぶしが見えるぐらいの長さで、リクルートスーツとはいってもおしゃれな感じがするので、美容業界やアパレル業界で働きたい女性にはおすすめです。

パンツスーツの場合はあまりピッタリのサイズを選んでしまうと座った時にウエストの部分が窮屈な感じになるので、片手が入るぐらいのゆとりのあるものを選ぶことが肝心です。

リクルートスーツに合わせるアイテムも動画でチェック

リクルートスーツに合わせるワイシャツやブラウスにはいくつかのバリエーションがあり、襟の形がちょっと違っただけでも全く違ったイメージを演出することができますから、動画でチェックしておいてアイテムを選べば失敗がありません。

メンズはレギュラーカラーかワイドカラーのワイシャツが定番

メンズの場合には、リクルートスーツにはレギュラーカラーかワイドカラーのワイシャツが定番となっています。

レギュラーカラーのシャツというのはいわゆる昔からあるワイシャツで万人向けですが、ホワイトカラーの方は体格ががっちりしている人によく似合います。

いずれも清潔感があり、リクルートスーツに合わせるには最適ですが、ネクタイを組み合わせるとまた印象が違ってきますので、いくつもの動画を見て自分にはどれが一番似合うかを研究するようにしたいものです。

ネクタイを結んだことがないという人も、動画を見ればすぐにコツが分かりますので、就活が解禁になる前から練習しておけば本番で慌てることがありません。

ワイシャツを選ぶ際の襟のフィット感などは、欧米のビジネスマンの襟元なども動画で見ながら決めるといいでしょう。

レディースはインナー次第でリクルートスーツを何通りにも着こなせる

レディースはメンズとは違い、リクルートスーツに合わせるインナーにバリエーションがあります。

メンズのワイシャツに相当するレギュラーカラーのブラウスは就活の必需品ですが、会社説明やインターンシップなどでややカジュアルな服装も容認されている時は襟なしのカットソーなどで変化をつけることができます。

カットソーの素材はポリエステルやコットン混、麻、ビスコースなど多種多様ですから、季節に合わせて自在に選べるのも大きなメリットです。

また、かっちりとしていながら明るくて女性らしい雰囲気をアピールできるスキッパーカラーのブラウスも就活では大活躍します。

まとめ

リクルートスーツの選び方のコツを解説したWebサイトはたくさんありますが、文章や写真だけを見ても、細部に関しては分かりにくいところがあることも確かです。

その点、動画であれば具体的にどんな印象になるのかをあらゆる角度から確認できますので、失敗のないリクルートスーツ選びをすることができます。

ボタンの掛け方やヘアスタイルの作り方、リクルートスーツにふさわしいメイクの方法なども動画で見れば一目瞭然ですから、ぜひ活用するようにしましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。