女性用リクルートスーツはここをポイントに選びたい!!

リクルートスーツというとひたすら地味で画一的という印象がありますが、女性の場合にはシルエットを重視して、自分らしさが引き立つ一着を選びたいものです。

就活では不可欠のリクルートスーツは、各学生の人となりを表す大切なアピール手段でもありますから、時間をかけて自分にぴったりのものを探し出しましょう。

ここでは、リクルートスーツを選ぶ際に重要なポイントについて順を追って解説していきます。

おすすめの就職サービス

女性向けのリクルートスーツはメンズよりも選択肢が広い

メンズの場合には、リクルートスーツといえば黒か濃紺と相場が決まっていますが、女性の場合にはこの2色以外にチャコールグレーや明るいグレーなども許容範囲です。

インナーもワイシャツ一辺倒のメンズに比べると、比較的様々なデザインのものを選べるので、自分の体型などを考慮しながら何度も試着してみて、納得のいくリクルートスーツを購入するようにしましょう。

最初にスカートスーツかパンツスーツかを決める

女性の場合にはスカートスーツまたはパンツスーツのいずれかを選ぶことができます。

スカートスーツは女性らしさが強調されて、しかもフォーマルなのでどのような企業の面接でも重宝します。

一方のパンツスーツは活動的な女性のイメージですが、自己主張が強いタイプに見えるので、製造業や金融業界などといった堅実な業界に就職を希望している人であれば、控えた方がいいかもしれません。

パンツスーツを着て行っても全く問題がないのはベンチャー企業やIT系企業、アパレル、広告業界などです。

スカートスーツではスカートのシルエットがポイント

スカートスーツではスカートのシルエットによって雰囲気がガラッと違ってきますので、選び方を間違えないようにしましょう。

スカート丈は上下のバランスが良くきれいなシルエットが作り出せる48cmか膝に掛かる55cmが基本ですが、自分の身長に対して丈があまり短いと、面接で椅子に腰掛けた時に裾が必要以上に上に来てしまいますので注意しなければなりません。

特に裾幅の狭いタイトスカートでは立っている時と座っている時のスカート丈に差が出やすいので、リクルートスーツを試着する時は椅子にも座ってみて、裾がどのぐらいまで上がるか確認することが大切です。

スカートのデザインで最もフォーマルなのはタイトスカートですが、細身のデザインだと体のラインがくっきりと見えて不真面目な印象にもなりかねないので、適度なゆとりのあるモデルを選ぶことが大切です。

タイトスカートでは裾幅が狭くて上手に歩けないという女性には、裾に向かってAラインに広がっている台形型のスカートがおすすめです。

フレアスカートはどんな体型でもカバーしてくれるデザインですが、ひらひらした感じがするので硬い企業の最終面接などでは避けた方が無難です。

ウエストから腰まではタイトで、腰から裾にかけてがフレアになっているマーメイドラインのスカートもリクルートスーツ売り場で時々見かけることがあります。

マーメイドラインは女性らしさを強調できる美しいシルエットが特徴ですが、他の就活生が全員タイトスカートの中でこのタイプのスカートを履いていると場違いな感じになってしまうので注意しましょう。

パンツスーツはストレートタイプが基本

パンツには膝から裾にかけてがまっすぐのラインになっているストレートパンツや、下にブーツを履くためのゆとりがとってあるブーツカットパンツなどがありますが、リクルートスーツとしてはストレートパンツが最も一般的です。

ストレートパンツはすっきりとした印象が特徴で、パンプスのヒール高を上手に合わせれば脚が長く見える点がメリットです。

ベンチャー企業など社風が自由なところ、あるいは美容業界アパレルなど、おしゃれ度が重視される業界では、足首が見えるクロップドパンツなどを履いて自分をアピールすることもできます。

クロップドパンツというのは膝から裾にかけて細くなっていくテーパードパンツの一種ですが、足首が見える短めの丈なので女性らしさも十分に演出できますし、軽快で明るいイメージを与えるにはぴったりです。

パンツを購入する際には、ウエストがぴったりのものを選んでしまうと椅子に腰掛けた時に窮屈な印象を与えるので、片手が入るぐらいの余裕があるサイズを選びましょう。

女性用リクルートスーツに合わせるブラウス

リクルートスーツに合わせるブラウスは、メンズと同様、白の無地が一般的です。

中には薄いピンクや薄いブルー、ベージュなどを合わせる女性もいますが、他の就活生との兼ね合いを見ながら自分一人だけ浮いてしまわないかどうか確認することが重要です。

基本のブラウスはレギュラーカラーかスキッパーカラー

リクルートスーツに合わせる基本のブラウスはレギュラーカラーまたはスキッパーカラーと決まっています。

レギュラーカラーのブラウスというのはメンズのワイシャツとほぼ同じデザインで、首元で第一ボタンを締めるようになっています。

きちんとして真面目な印象を与えるので、リクルートスーツにレギュラーカラーのブラウスを着ていけばどんな企業でも顰蹙をかうことはありませんが、女性らしさにはやや欠ける傾向にあります。

もう一つのスキッパーカラーというのは第一ボタンの位置が首元より下がっている開襟タイプのことで、襟をジャケットの外に出して着用します。

レギュラーカラーよりも明るくて快活なイメージになり、しかも首元が開いているので、真夏の就活にはおすすめのデザインです。

襟のないカットソーも人気

リクルートスーツのインナーとして、女性の間で人気が高いカットソーは、襟がないので夏場の就活にも最適です。

カットソーというとややカジュアルな感じがするかもしれませんが、襟ぐりの大きくない白の無地のカットソーをリクルートスーツに合わせれば、かなり上品な着こなしをすることができます。

カットソーは夏場でも長袖のものを選んだ方が、よりフォーマルな感じになります。

インナーに適した素材

レギュラーカラーやスキッパーカラーのブラウスの場合、コットン100%は吸湿性も良く、着心地の点では優れていますが、シワになりやすい点がデメリットです。

ですから、コットンとポリエステルの混紡を選べばアイロンがけにもそれほど神経質にならなくて済みますので、メンテナンスの手間が省けます。

形態安定加工の施されているブラウスなら、洗濯した後ノーアイロンですぐに着れますので、会社説明会が連日続くような時には便利です。

シルクなどの高級な素材は確かに光沢は美しいのですが、快活でかっちりした印象を与えたい就活の場では浮いてしまうことがあります。

女性用リクルートスーツに合わせる小物を選ぶ際のポイント

リクルートスーツとインナーを決めたら、次はシューズやバッグ、コートなどのアイテムもトータルでコーディネートします。

面接では予想以上に足元が目立つものですから、靴選びには時間をかけて、履きやすくしかも好感度の高いシューズを購入することが大切です。

リクルートスーツには黒のパンプスが定番

リクルートスーツに合わせるシューズは黒のパンプスと決まっています。

パンプスの中でもつま先の部分が丸いラウンドトゥか、やや角張っているスクエアトゥのプレーンパンプスがおすすめで、素材は本革製でも合成皮革でもどちらでもかまいません。

本革製のパンプスは素材の良さが魅力ですが、雨で濡れると縮んだりシミがついたりすることがあるので、梅雨時や雨の日の就活には合成皮革のパンプスの方がいいかもしれません。

上質のパンプスは本革製でしかも靴底がレザーソールになっていることが多いのですが、レザーソールは雨の日などは滑りやすくて危険なので、必ずラバーソールのものを選ぶことを心がけましょう。

就活では歩き回ることが多いので、履きやすさを最優先にして選ぶことが大切です。

午前中と夕方とでは足のサイズが違うので、就活パンプスを買う際にはむくみの出ている夕方が最適です。

リクルートスーツに合わせるバッグ

就活中はA4サイズのファイルを折らなくても入れられるバッグが必要不可欠ですが、会社説明会や面接の合間にカフェでノートパソコンを使うことも考えると、ノートパソコンも入る程度の大きさのバッグがおすすめです。

色は黒か濃紺が無難で、革本来の色は茶系は妙に目立ってしまうのでやめておいた方がいいでしょう。

面接室に入る時は腰掛けた椅子の足元にバッグを置くのがマナーなので、底に鋲が付いていて独り立ちできるタイプのバッグを選ばなければなりません。

間違ってもバッグを膝の上に置いたり、椅子の背にストラップを掛けたりしないようにしたいものです。

素材はシューズと同様、本革でも合成皮革でもどちらでもOKですが、本革でこのぐらいの大きさのバッグとなるとかなり値段が張ることも確かです。

まとめ

リクルートスーツを着用する期間はわずか1年足らずですが、タイトスカートにパンプスといった組み合わせはある程度慣れていないと自然な身のこなしができないので、日ごろから身に着けるアイテムとして取り入れておくようにしたいものです。

ジーンズにスニーカー一辺倒で歩き回っている女性がいきなりタイトスカートにヒールのあるパンプスを履いても、キビキビとした動作ができませんので注意しましょう。

理想的なのは、就活の前にインターンシップに参加しておいて、リクルートスーツの着こなしに慣れておくことです。

こうすれば、本番の面接の時に緊張しすぎてうまく歩けないといった困った状況に陥ることもありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。