【好印象を与えるには?】おすすめのリクルートスーツ

就活が解禁になるのは卒業年の前年度の3月からですが、リクルートスーツは就活が本番に入る前に用意しておくことをおすすめします。

リクルートスーツは言ってみれば就活生の制服のようなものですから、特にデザインやブランドに凝る必要はありませんが、面接官や採用担当者に好印象を与えることが大切です。

ここでは丈夫で清潔感のある印象を与えるリクルートスーツを選ぶ際のポイントについて見ていきましょう。

おすすめの就職サービス

リクルートスーツは黒か濃紺がおすすめ

リクルートスーツはきりっとして真面目な印象を採用担当者に与えることが大切ですから、色は黒または濃紺がおすすめです。

真っ黒は顔に似合わないという人はグレーでもかまいませんが、男子学生の場合にはダークグレーかチャコールグレーなどの濃い色にしましょう。

女子学生のリクルートスーツはメンズよりも許容範囲がやや広いので、明るいグレーを選んで女性らしさを強調することもできます。

いずれの色を選んでも、金融業界やメーカー(製造業)、公務員などといった堅い職業を目指している場合には柄物は避けて無地を選ぶようにしましょう。

ストライプなどの柄があるリクルートスーツは、マスコミや広告業界など、自己主張が重視される企業にしか着ていけません。

リクルートスーツの値段はいくらぐらいが相場?

就活は春先から冬にかけて続きますので、準備するリクルートスーツが一枚だけでは心もとないものです。

スーツは一日着たら1〜2日休ませると長持ちしますので、少なくとも2着は揃えておくことをおすすめします。

ですから、あまり高価なリクルートスーツを選んでしまうと2着購入するのは経済的に大変です。

リクルートスーツの値段は1万円から10万円以上のものまでありますが、この中で最も売れているのは1万円から3万円の価格帯です。

リクルートスーツはデザインも色も大体決まっているので量産できるというメリットがあります。

そのため、2万円前後の製品でもかなり納得できる縫製と素材のスーツが入手できます。

リクルートスーツにはワイシャツやカバン、靴などもコーディネートして購入しなければならないので、3万円以下のスーツを2着買って小物アイテムを揃えてもけっこうな値段になります。

経済的に余裕がある学生でも、面接官が来ているよりも明らかに上質だとわかる高額のリクルートスーツを買ってしまうと浮いてしまうことは覚悟しなければなりません。

リクルートスーツにはフロントボタン2つがおすすめ

就活ではスーツをいかにきちっと着こなせるか、ビジネスマンとしてのマナーを身に着けているかどうかが重点的に見られるわけですから、ファッション性はさておいて、最も無難なデザインのリクルートスーツを選ぶことが肝心です。

メンズの場合はフロントボタンが2つのシングルスーツが就活の定番で、これ以外のものはすべて「自己主張が強すぎる」「協調性がない」と判断されがちなので注意しましょう。

2つボタンの由来

2つボタンの上着の起源は、イギリスの貴族たちが着用していたモーニングコート(カット・アウェイ・フロックコート)です。

イギリスでフォーマルな上着として活躍していたモーニングコートの裾を落とし、メジャー用または部屋着として着ることのできるメンズの上着が誕生したのは19世紀のことですが、19世紀から20世紀初頭にかけてこの上着をアメリカのビジネスマンがビジネスの場で着用するようになりました。

最初はチョッキの着いた3つボタンのスリーピーススーツが主流でしたが、その後、第一ボタンが襟の裏に隠れている段返りが普及し、第二次大戦の頃から第一ボタンを省略した2つボタンの上着が流行するようになりました。

2つボタンの上着はメンズの場合、第一ボタンだけ留めて第二ボタンは外したままにしておくのがマナーですが、レディースでは上下両方とも留めます。

こういった細かいマナーをわきまえていないとビジネスマンとしての準備がまだできていないと判断されてしまうので、スーツ選びと同時に着方のマナーもよく研究しておくようにしましょう。

3つボタンのスーツも業種によっては許容範囲

堅実な業界に就職したいと考えているのであれば、黒の2つボタンのシングルスーツ以外は避けるのが原則ですが、ベンチャー企業や広告代理店など、古いしきたりには捕らわれない業界で活躍していきたいのであれば、3つボタンのリクルートスーツも着用可能です。

3つボタンは何年おきかで流行するモデルなので、そこそこいいクオリティのスーツを買っておけば社会人になってからも使えるというメリットもあります。

ただし、3つボタンの上着は細身の男性にはよく合いますが、体格がいい人にはあまり向いていませんので、購入を検討している場合には必ず試着してみるようにしましょう。

アパレル業界などでは段返りボタンも可

目指す業界がアパレルや美容業界というのであれば、ちょっとひとひねりした段返りボタンのリクルートスーツもありです。

段返りというのは基本的に3つボタンなのですが、第一ボタンがラペルの裏に隠れているのでちょっと見ただけでは2つボタンの上着に見えます。

尚、段返りボタンは20世紀初頭にアメリカの著名な紳士服メーカーが製品化したのが最初で、その後イタリアで生産されるようになったという経緯があるため、スーツの本場であるイギリスではほとんど見かけられません。

リクルートスーツにおすすめの小物アイテム

どのリクルートスーツにするかを決めたら、次はシャツやブラウス、靴などの小物アイテムをコーディネートしていかなければなりません。

スーツ姿では襟元のラインやバランスが非常に大切なので、ワイシャツやブラウスを買いに行く時は、必ず上着を持参して試着してみることをおすすめします。

襟元がきちんとしていればそれだけ面接では好印象を与えることができますし、襟ぐりが開きすぎていれば「何となくだらしない人」というイメージを持たれてしまいます。

同じ人間でも着ている洋服一つで印象が変わるわけですから、就活では洋服選びをおろそかにするわけにはいきません。

リクルートスーツにおすすめのワイシャツ

リクルートスーツにおすすめのワイシャツは、白の無地と決まっています。

黒か濃紺のリクルートスーツに白無地のワイシャツを着ていけば、どんな大企業の面接でも通用しますので、就活の大原則として必ず守るようにしてください。

ワイシャツの素材は、真夏であれば吸湿性の良いコットン100%であれば汗をよく吸い取ってくれますが、コットン100%はシワになりにくく、洗うたびに丹念にアイロンがけをしなければならないので手間がかかります。

その点、コットンとポリエステルの混紡であればシワになりにくいばかりか、形態安定加工がされていれば洗ってハンガーにかけて干すだけでアイロンは一切いりませんから、メンテナンスが非常に楽です。

就活中は企業の研究をしたり、エントリーシートを作成したりとただでさえ忙しいわけですから忙しいわけですから、衣類に関してはできるだけ手間のかからない、メンテナンスの楽なものを選びたいものです。

ワイシャツには最もオーソドックスなレギュラーカラーシャツの他にワイドカラーシャツ、ホリゾンタルカラーシャツ、ボタンダウンカラーシャツ、そしてウイングカラーシャツなどの種類がありますが、就活で使えるのはレギュラーカラーとワイドカラーの2つです。

ワイドカラーは襟の幅が広く、襟先がやや開いて胸元がすっきりと見えるので、太っている人や体格がいい人におすすめです。

どちらの襟でも、買う時はお店のスタッフに首回りを測ってもらってぴったりのサイズのものを選ぶことが大切です。

アパレル業界などでは面接でセンスの良し悪しを問われることがありますので、白無地以外のワイシャツを着てもOKなことがありますが、企業のトレンドやそこで働いている社員の服装などをよく研究した上で色もののシャツを選んだ方がいいでしょう。

リクルートスーツにおすすめのブラウス

女子学生はリクルートスーツにブラウスを合わせますが、最もフォーマルで間違いがないのはレギュラーカラーかスキッパーカラーのブラウスです。

レギュラーカラーはメンズのワイシャツとほとんど同じデザインで、きちんとしたイメージを作り出すことができます。

もう一つのスキッパーカラーというのは開襟のことで、襟をジャケットの外に出すデザインです。

レギュラーからよりも女性らしく快活なイメージになりますし、第一ボタンが首のくぼみよりもかなり下にあるので、真夏の就活では過ごしやすく、おすすめです。

レディースの場合には襟のないカットソーと呼ばれるインナーが用いられることもありますが、ややくだけた感じになるので、TPOをよく考えた上で着ていくことが重要になってきます。

リクルートスーツにおすすめの靴

リクルートスーツにおすすめの靴は、メンズでは紐の付いたタイプで、しかも甲の部分に切り替えの線が一本入っているストレートチップというデザインです。

レディースでは黒のプレーンなパンプスが定番ですので、必ず一足は用意しておくようにしましょう。

靴の素材は本皮でも合成皮革でもどちらでもOKですが、梅雨時は本革だとメンテナンスが大変です。

まとめ

リクルートスーツは清潔感や協調性を大事にしながら選べば、就活で失敗することはまずありません。

スーツ専門店のスタッフはシャツの合わせ方やネクタイの選び方にも精通しているので、アドバイスをよく聴きながらスーツ一式を揃えることをおすすめします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。