有利に就活したいならこのメールアドレスがおすすめ!

就活の場では、ちょっと前までは郵便書簡で必要事項のやり取りをするのが習慣でしたが、最近では郵便の代わりにメールを使う機会が増えました。

とはいえ、メールアドレスはどんなものでもいいというわけではありません。

リクルートスーツに合わせるネクタイの色によって同じ人でも印象がガラッと違うように、メールアドレスもちょっと工夫をするだけで採用担当者が受けるイメージが全然違ってくるものです。

ここでは就活において有利になるメールアドレスの選び方を具体的に見ていきましょう。

おすすめの就職サービス

就活に使わない方がいいメールアドレス

「メールアドレスなんてどれでも同じなんじゃないの?」と考える人もいるかもしれませんが、採用担当者からすれば常識があるメールアドレス選びができていない学生は気になるものです。

ですから就活を有利に進めていく上で不利にならない、無難なメールアドレスを選ぶことをおすすめします。

今まで使っていたメールアドレスが就職活動には不向きだと判断したら、就活専用に新しくメールアドレスを作ってしまうのが一番です。

フリーメールアドレスは就活では使わない方が無難

メールアドレスというと、近頃はフリーメールアドレスを使用する人が大変多くなっていますが、就活の場ではフリーメールのアドレスは基本的に使わない方が無難です。

無料でいくつでも使えるのでついつい利用してしまいがちなフリーメールアドレスですが、フリーメールだと添付できるドキュメントの容量に制限があり、就活では使えないことがあります。

フリーメールによっては広告が入ってしまうものもありますが、これも就活用としては不向きです。

また、フリーメールでは重要なメールでもスパムに分類されてしまうことがたびたびあるため、採用担当者からの大切なメールを受け取っても気づかずに見逃してしまう危険性があります。

フリーメールの中でもGmailは広告が入らず、容量も大きいので、どうしても他のメールアドレスが見つからない時には使用してもいいでしょう。

携帯電話のメールアドレスも就活には不向き

「docomo.ne.jp」や「i.softbank.jp」、「ezweb.ne.jp」などのような携帯電話のメールアドレス(キャリアメールアドレス)も、就活で使用するには不向きです。

キャリアメールアドレスというのは契約している携帯電話会社の提供しているドメインを使用していますから、電話会社を乗り換えてしまうと使えなくなる、いわば「捨てアド」です。

キャリアメールは特別な設定をすれば手持ちのスマホだけではなく、パソコンやタブレットから見ることも可能ですが、基本的には友人同士で絵文字を入れたメールを送るという要素が強いので、フォーマルな場である就活では使わないことをおすすめします。

ブログやSNSのメールも就活には向いていない

ブログやSNSを作成するとメールアドレスも同時に作れることが多いのですが、ブログやSNSはあくまでも趣味で利用する場ですから、就活に使うメールアドレスに使うと顰蹙をかうことがあります。

こういったメールアドレスは途中から使えなくなることもあるので要注意です。

就職に使っても差し支えのないメールアドレス

フリーメールもだめ、キャリアメールアドレスもダメとなると、有料のメールアドレスを使うしかないような印象を受けますが、実は無料でしかも就活メールに適したメールアドレスは簡単に作ることができるのです。

大学で提供しているメールアドレスがイチオシ

就活生が使う上でイチオシなのが、大学で提供しているメールアドレスです。

どこの大学かがひと目でわかるので信用度が上がりますし、何よりも真面目な就活生らしいイメージを強調することができます。

ほとんどの大学では卒業後も同じメールアドレスを引き続き使うことができますので、就活を機会にぜひ作っておきましょう。

大学メールアドレスは氏名や学籍番号を入力するだけで簡単に作成することができます。

Gmailも就活用に使える

所属している大学にメールアドレスを提供するサービスがないという場合には、Gmailを使うのもNGではありません。

Gmailは容量が15GBと非常に多く、しかもカレンダー)連絡先を同期させることができるので、スケジュール管理が重要な就活では大変役に立ちます。

「就活用のメールアドレスにGmailは好ましくない」と言った採用担当者がいて話題になりましたが、これはあくまでも極端なケースですから、他に選択肢がない場合にはGmailを使用してもかまわないでしょう。

Gmailならスマホで24時間受け取ることができますから、「重要な会社説明会のお知らせメールが来てたのを今見たけど、時すでに遅し」といったことになる心配もありません。

ただし、フリーメールでは思わぬメールがスパムに分類されてしまうことがあるので、メールチェックの際には必ずスパムメールのファイルも見るようにしたいものです。

好ましいメールアドレスの例

メールアドレスでは@の前半は自分で指定しますが、就活で使用するアドレスは必ず自分の氏名で構成した文字列を使うようにしましょう。

例えば「就活太郎」という名前であれば、「shukatsu.tarou@****.com」といった感じです。

既に希望するアドレスが使われている場合には名前の後ろに数字を加えて「shukatsu.tarou387@****.com」のように設定します。

自分の趣味や好きなもので構成した「fishing578@****.com」「22takarazuka@****.com」などといったメールアドレスはふざけた印象を与えてしまいますから、フォーマルなメールアドレスを持っていない人は新しく作り直すことが大切です。

メールアドレスの選択と同時に就活で注意したいポイント

好感の持てるメールアドレスが作成できたら、次はメールの書き方についても研究しましょう。

以前は郵便やFAXで済ませていた連絡も、最近はほとんどメールで行われることが多くなりましたから、メールの正しい書き方を身につけておけば社会人になってからも役立ちます。

メールで大切なのが「件名づけ」

メールを送信する際に最も大切なのは、「件名づけ」です。

ビジネスの場では一人ひとりの社員が毎日大量のメールを受信していますが、特に就活期間となると、採用担当者は数百通のメールを受信することも決して稀ではありません。

こんな時、件名がなかったり不明瞭だったりするメールを送ってしまうと「メールの書き方を知らない」と判断されるばかりか、ひどい時にはメールを読んでもらえない可能性すらあります。

ですから就活でメールを送る際には、件名に必ず自分のフルネームと大学名、用件を明記することが大切です。

例としては「会社訪問の御礼(○○大学 就活太郎)」「○○大学の就活太郎です。【△日の面談日程変更のお願い】」といった感じです。

相手から受けたメールの場合、返信機能を使うと「Re:」が表示されますが、メールの内容が受けたメールに返信する要件の場合には「Re:」をそのまま残した上で、大学名と氏名も付け加えます。

送るメールの内容が受けたメールと別件である場合には返信機能を使わずに新しくメールを作成するのがマナーです。

間違っても件名が「Re:Re:Re:」などとならないように気を配りましょう。

本文はわかりやすく、簡潔に

メール本文はわかりやすく、しかも簡潔な文章でまとめるように心がけたいものです。

本文の冒頭には相手の会社名と所属部課、氏名(△△ △△様)を省略せずに書きます。

会社説明会でお世話になったことを感謝するためのメールであれば、最初に「○月○日の会社説明会では大変お世話になり、ありがとうございました」と述べれば気持ちがスムーズに伝わります。

前置きがあまり長いと余計な時間をとらせてしまうので、避けた方が無難です。

最後の署名も忘れずに

フォーマルなメールでは、本文の最後に必ず署名を入れるのがマナーです。

署名に入れるのは「氏名」「所属(大学名・学部・学科・学年)」「連絡先(メールアドレス・電話番号)」の3点ですが、読みにくい氏名の場合にはローマ字かひらがなでふりがなを入れておくのがおすすめです。

電話番号は自宅の固定電話よりも、日中や出先でも連絡の取れる携帯の番号を記入しておきます。

署名欄にメールアドレスを複数記入している人を時々見かけますが、採用担当者がどれなのか迷ってしまうので、一つだけにしておきましょう。

見本としては次のような感じです。

ーーーーーーーーーーーーーーー
就活 太郎(Shukatsu Tarou)
○○大学○○学部○○学科○年
携帯電話:090-****-****
メールアドレス:****@*****.com
ーーーーーーーーーーーーーーー

まとめ

メールアドレスはごく些細なディテールですが、フォーマルでビジネスの世界でも通用するものを作るだけで気持ちも引き締まり、就活にも身が入るはずです。

履きやすくて長時間歩いても疲れないリクルートシューズを準備する、アイロンがけの必要がない形態安定加工のされたワイシャツやブラウスを用意する、自己分析を行って自分に最適の業界・職種は何なのかを正確に把握するなどなど、細かいことの積み重ねによって就活は成り立っています。

一つ一つのディテールを大事にしていけば自分に対する自信のようなものが生まれ、それが就活で成功するポイントになることを忘れてはいけません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。