就活スーツはいくらぐらいのお値段のものがおすすめ?

就活解禁が始まる前から用意しておきたいものには履歴書、エントリーシート、就活スーツなどがありますが、スーツはいくらぐらいのお値段のものを選んだらいいのか、迷う人も多いはずです。

就活期間というのは意外に長く、春夏秋冬すべてに対応できるスーツを選ばなくてはなりませんから、最低でも2着は用意したいものです。

ここでは具体的にどのくらいのお値段のスーツを選べばいいのか、順を追って見ていきましょう。

おすすめの就職サービス

就活スーツを選ぶ際の値段の目安

就活のために着用するリクルートスーツのほとんどは、就活で使うことだけを前提として作られています。

ですから、本格的に社会人になった時に着用するビジネススーツよりは低価格のものがほとんどです。

就活スーツで最も売れている価格帯は1万5,000円〜3万円

就活スーツは1万円以下の格安のものから5万円以上のものまでさまざまですが、最もよく売れているのは男子学生・女子学生共に1万5,000円〜3万円の価格帯のものです。

就活スーツの値段は素材の良し悪しによって違ってきますが、購入する場所によっても値段が変わりますので、どんな場所でどんな素材の就活スーツを買うかをだいたい決めておくといいでしょう。

就活スーツをオンラインで購入する

就活スーツを最も手軽に購入できるのはオンラインです。

オンラインショップであれば夜中でも購入することが可能ですし、何百軒もあるショップが扱っている膨大な数の就活スーツの中から好きな色やデザインのものを選ぶことができるのがメリットです。

オンラインショップで扱っている就活スーツは値段を絞り込んで簡単に検索ができるため、予算を決めてある人には便利ですが、画像だけでは布地の質感や手触り、厚さ、光沢の有無、実際に目で見た色などがわかりにくい点がデメリットとなっています。

試着ももちろんできませんが、サイズ交換可のオンラインショップが多いので、購入して到着したらすぐに試着してみて、合わないようであれば早めに交換してもらうといいでしょう。

デパートの紳士服売り場はやや高め

デパートの紳士服売り場でも就活スーツが販売されていますが、縫製や布地のクオリティが高いものが多く、就職後、社会人になってからも引き続き着れるものが多いのが特徴です。

デパートで就活スーツを購入する際の値段は最低でも5万円以上を見積もっておいた方がいいでしょう。

中には10万円以上する就活スーツもありますが、面接官が着ているスーツよりもはるかに上等なスーツであることが見ただけでわかるような就活スーツは嫌味になってしまいますので、避けた方が無難でしょう。

品数が多いスーツ専門店

就活生の多くはスーツ専門店で就活スーツを購入しています。

スーツ専門店というのは生産と流通を効率化して値段を抑えた就活スーツを提供していますから、高機能で縫製もしっかりした製品をお得な価格で購入することができます。

スーツ専門店の主力就活スーツの値段帯は1万円〜3万円ですから、2着同時に買ってもそれほど懐が痛みません。

スーツ専門店のスタッフは就活スーツの見立てにも慣れていますから、サイズやシルエット、素材などについて相談をすれば的確なアドバイスをしてくれます。

就活用のワイシャツや靴などももちろん豊富に扱っており、ネクタイの結び方まで教えてくれるので、ぜひ一度は行ってみましょう。

衣料量販店でも就活スーツは購入できる

リーズナブルな衣料を大量に扱っている衣料量販店でも就活スーツを購入できますが、値段があまりに安いものは縫製に雑な部分があったりするので注意が必要です。

衣料量販店の中には就活スーツにシャツとネクタイ、バッグ、シューズをセットにして販売しているところもあり、手間ひまをかけずに一式を揃えたい人にはおすすめです。

裾上げの値段も事前に確認しよう

就活スーツを購入する際はズボンの裾上げをしてもらわなければなりませんが、値段に裾上げの料金が含まれていないこともよくありますから、前もって確認するようにしましょう。

ウエスト周りのサイズ調整をしてもらう場合にも追加料金が必要になります。

就活スーツのインナーを選ぶ際の値段の目安

就活スーツを購入したら、それにぴったりのシャツやブラウスも揃えなければなりません。

値段の高い就活スーツを購入した場合には、インナーもそれなりにクオリティの高いものを選ぶことが大切です。

インナーは上着との襟のバランスが非常に大切ですから、シャツやブラウスを買う時は必ずスーツの上着を持参するようにしたいものです。

ワイシャツの相場は3,000円〜6,000円

就活スーツに合わせるシャツは白でしかも無地のワイシャツと決まっていますが、値段的には3,000円〜6,000円のシャツがおすすめです。

1,000円程度で買えるコットン100%のワイシャツもありますが、一回洗っただけで縮んで着れなくなってしまったり、袖が短かったりと不具合もしばしばみられるようです。

コットン100%のワイシャツは吸湿性がよく肌触りもいいのですが、シワになりやすく、洗濯方法を間違えると縮んでしまう傾向があるので、就活用にはポリエステルとの混紡を選んだ方が扱いが楽です。

女子学生用のブラウスも白の無地が定番で、値段は紳士用と同じ、3,000円〜6,000円であれば丈夫で耐久性のあるブラウスが買えます。

レディースの就活ブラウスはレギュラーカラーとスキッパーカラーが主流ですが、金融業など堅実なイメージが重視される企業ではメンズのワイシャツとほぼ同じデザインのレギュラーカラーを着ていく方がいいでしょう。

スキッパーカラーは首元の第一ボタンがなく、襟が開いているので華やかで女性らしいイメージになります。

首元までボタンを掛ける必要がないので、真夏の就活では涼しくて楽です。

就活スーツに合わせる小物の値段の目安

就活ではスーツとシャツ・ブラウス以外の小物も揃えておく必要があります。

一度に全部買おうとするとけっこうな出費になるので、大学3年生のうちから少しずつ買い揃えておくといいでしょう。

ネクタイの値段は3,000円〜6,000円が目安

ネクタイは黒白のスーツとシャツに彩りを与え、自分らしさを演出できる大切な小道具ですから、丹念に納得のいくまで選ぶようにするのがおすすめです。

値段は3,000円〜6,000円のものが無難ですが、できれば光沢が美しく、結び心地もしなやかなシルク100%のネクタイを選びたいものです。

就活用カバンはちょっと高め

就活ではA4サイズのファイルやノートパソコンなどがすっぽりと入る大きさのカバンが必要になりますが、素材的には軽くてメンテナンスが楽なナイロン製に人気があります。

ナイロン製のカバンの値段はメンズ・レディース共、5,000円〜1万円前後だと思っていれば間違いないでしょう。

風格のある本革製のブリーフバッグは就職後も使えますが、値段は1万円〜3万円と少し高くなります。

本革製は雨に降られるとシミになりやすいので、メンテナンスには気を配らなければなりません。

シューズは値段が1万円以上のものがおすすめ

就活中は毎日午前中から午後いっぱいにかけて歩き回ることが多くなるため、履き心地がよくて材質のいい靴を選ぶようにしたいものです。

男子学生は紐付きの黒靴が定番ですが、値段は1万円以上、高くて2万円程度が目安です。

女子学生の場合はスカートスーツでもパンツスーツでも黒のプレーンなパンプスを合わせますが、1万円前後のパンプスなら無難です。

就活中は歩き通しで夕方になると足がパンパンに腫れることも多いので、少しゆとりのあるシューズを選ぶことを忘れないようにしましょう。

できれば夕方に試してみて購入するのがおすすめです。

就活スーツに合わせるコートは比較的選択が自由

肌寒い春や秋のシーズンにはスーツの上に着るコートも大切なアイテムのひとつです。

コートは企業の玄関先かビルのエントランスで脱ぎ、たたんで腕にかけるのがマナーですから、デザインや色にはそれほど神経質にならなくてもだいじょうぶです。

デザインはトレンチコートかステンカラー、またはスタンドカラーコートが適していますが、色は黒以外に濃紺やグレー、ベージュなどから選ぶことができます。

女性なら白や生成りのコートもOKですが、裏地が派手な柄物になっているコートや、見るからに高価なブランドもの、ファー付きは避けるのがマナーです。

着脱可能なライナーの付いたコートを選べば冬にも着れて便利です。

値段的には1万円〜2.5万円を目安にするといいでしょう。

就活ではスーツ以外にも費用がかかる

就活でかかるのはスーツ一式を揃える費用だけではありません。

セミナーや面接に出席するためには交通費がかかりますが、地方に住んでいて首都圏の企業に就職志望となると、万単位の交通費がかかってしまいます。

それに加えて宿泊費などもかかりますから、スーツだけにお金をたくさんかけるわけにはいかないのです。

まとめ

就活では、企業の研究や資料集めにはお金をかける必要はありませんが、就活スーツ一式はある程度きちんとしたものを揃える必要があります。

しかも、就活スーツは最低でも2着、ブラウスやシャツも3〜4枚は用意しなければならないので、かなりの物入りになることは覚悟しておかなければなりません。

就活スーツ一式はカードで買って分割払いにすることもできますが、だからといって値段の高いものを買い過ぎないようにすることが大切です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。