就活スーツの選び方【女子学生のための徹底ガイド】

リクルートスーツは女子学生にとって就活に欠かせない強力なアイテムですが、選び方を間違えると面接の時に気まずい思いをしたり、気後れして必要以上に緊張してしまったりすることがあります。

女性というのは着ているものによって気分を左右されやすいものなので、リクルートスーツを選ぶ際には何度も試着してみて納得のいく一着を購入することが非常に大切です。

リクルートスーツはシンプルなデザインですが、スカートの丈やスリットの位置などといったごく些細なことで着心地が全然違ってきますから、エントリーシートを作成する時と同じように入念な選択をしなければなりません。

ここでは就活に成功するための上手なリクルートスーツ選びのポイントについて見ていきましょう。

おすすめの就職サービス

就活で好感を持たれる女子学生のスーツ

リクルートスーツを選ぶ時の大原則は、「採用担当者・面接官に好感を持たれるものを選ぶ」ということです。

いくらサイズがぴったりでデザインがおしゃれでも、個性が強すぎたり一般常識から外れていればマイナスのイメージを持たれてしまいます。

特に金融業界やメーカー(製造業)、公務員などの仕事を希望している場合には協調性と真面目さ、清潔感が何よりも重視されますから、そのことを頭に入れて就活スーツを選ばなければなりません。

リクルートスーツにおすすめの色と柄

リクルートスーツは原則的に黒か濃紺の無地がおすすめです。

フォーマルでしかも誠実感のある色といえばこの2つが最適ですが、グレーも知的で華やかな印象を与えますので、濃い色が似合わない人はグレーを選択するのもいいかもしれません。

他の女子学生とは一味違う就活スーツで勝負しようと柄物を選ぶ人も見かけられますが、アパレルや個性を尊重する広告業界・マスコミでもない限り、柄物はやめておいた方が無難です。

リクルートスーツにおすすめのデザイン

男子学生ならリクルートスーツは黒か濃紺無地の2つボタンシングルスーツと決まっていますが、女子学生の場合、ルールは少し緩やかです。

ジャケットの襟はシングルが原則ですが、ボタンに関しては1つ〜3つまでが許容範囲です。

1つボタンのジャケットだとウエストラインが強調されるので、女性らしい柔らかいイメージになります。

2つボタンはオーソドックスでどんな企業にも通用しますが、男子学生のリクルートスーツとは違って「アンダーボタンマナー」がありませんので、下のボタンも外さずにしっかりと掛けます。

3つボタンは襟元のV字の部分が小さくなり、誠実で勤勉な印象が強くなりますが、ボタンをすべて掛けるのが基本なため、バストのある女性にはデザイン的に向いていません。

自分にはどんなデザインのスーツが向いているのか、店員さんとよく相談しながら決めることをおすすめします。

スカートかパンツかでイメージはかなり変わる

女性の場合、スカートスーツにするかパンツスーツにするかというのは重要な問題です。

普段、パンツにスニーカーを履き慣れている女子学生が就活で急にタイトスカート+パンプスになると足さばきがうまくできず、上手に歩けないことがあります。

パンツスーツは活動的で明るいイメージがありますが、やや個性的なので、堅実な業界に就職を希望するのであればできるだけスカートスーツにした方が無難です。

ですからスカートとパンプスの生活に慣れていない女子学生は、就活が解禁になる前からスカートに慣れておくことが大切です。

女子学生が就活スーツを選ぶ際の細かいチェックポイント

就活スーツにはいろいろと細かい規則があり、それを守っていないと面接官に「常識がない」と判断されることもありますので、とにかく卒がなくて無難なものを選ぶようにしましょう。

スカートの選び方

スカートスーツを就活用に選ぶのであれば、スカートの丈とラインには気を配るようにしましょう。

まず、スカート丈は膝が隠れるぐらいの長さが目安です。

このぐらいの長さだと、椅子に腰掛けた時に裾が膝から5cmぐらい上になります。

ただ、体のラインにフィットしたタイトスカートだと、座った時に裾がもう少し上に上がってしまうことが考えられますから、試着をする際には実際に椅子にも座ってみて丈を検討するといいでしょう。

スカートのラインはタイトが最もフォーマルなイメージですが、裾幅が狭くて足さばきが難しいというデメリットがあります。

タイトスカートにはスリットが入っていることがほとんどですが、脇にスリットが入っているデザインだと、面接室で腰掛けた時に腿が見えてしまいますので、後ろに一つだけスリットの入ったデザインを選ぶようにしましょう。

タイトスカートでは大人っぽすぎて似合わないという女子学生にはセミタイトもおすすめです。

セミタイトは台形スカートとも呼ばれていますが、腰幅よりも裾の方がやや広くなっているので歩きやすく、体のラインがそれほど際立って見えないというメリットがあります。

腰のところまでがタイトで裾にかけてフレアの入っているマーメイドラインのスカートも女性らしくて素敵ですが、フレアの分量が少なめのデザインを選ばないと妙に目立ってしまい、顰蹙を買うことがあります。

Aラインのフレアスカートも足さばきが快適ですが、フレアがあまりたっぷり入っていると事務的な印象が薄れてしまい、面接の際などは場違いにさえ感じられるので、注意が必要です。

パンツの選び方

パンツスーツは長身ですらっとした女性によく合いますが、TPOや志望する企業の社内環境などをよく研究した上で着ていくようにした方が無難です。

会社説明会や面接では椅子に腰掛けるシーンが多いので、パンツを選ぶ際にはウエストのところに手が入るぐらいのゆとりのあるものを選ぶことが重要です。

パンツの長さは試着してみてから決めますが、ストレートタイプのパンツでは裾の部分がパンプスのヒールに1〜2cmかかるぐらいがちょうどいいので、できればパンプスを履いた状態で試着するのが理想的です。

膝の部分から裾にかけて幅が狭くなるテーパードパンツも就活スーツとして使われることがありますが、テーパードの中でも特にクロップドパンツは足首が見えるのが標準丈です。

パンツスーツを着用する時は、男性と同様、ベルトは必ずするようにします。

ペルトは幅2〜2.5cm程度の細めで、素材は黒の本皮製、バックルの色はシルバーが理想的です。

ブラウスはボトムスの中に入れるのが着こなしのルールですが、何度も立ったり座ったりしている間にブラウスがずり上がってしまうことがあります。

こんな時には、ボトムスのウエスト部分の内側にシリコン製のすべり止めテープをつけておくと便利です。

女子学生は就活スーツの小物アイテムにも気を配りたいもの

女子学生は就活スーツだけではなくて髪型やバッグ、靴、ストッキングなどの選択にも気を配ってトータルなコーディネートをしたいものですが、目立つものや華美なものはできるだけ避けるようにしましょう。

就活スーツに組み合わせるブラウス

就活スーツに合わせるブラウスは、白の無地が最も一般的です。

薄いピンクやベージュ、水色などもNGではありませんが、色のついたブラウスはマスコミやベンチャー企業、旅行業界など、少し華やかな雰囲気を求められている企業の面接に限り、金融業界の時は白のブラウスといったように使い分けるといいでしょう。

ブラウスのタイプはワイシャツと同じデザインのレギュラーカラーかスキッパーカラーがおすすめです。

レギュラーカラーは首元の一番上のボタンまで締めることによって、清潔感や誠実な印象を与えることができます。

スキッパーの方はいわゆる開襟のことで、首元が見えてすっきりするので夏場の就活には便利です。

襟のないカットソーは業界によってはOKのインナーアイテムで、就活の予行演習ともいえるインターンシップでも役立ってくれます。

コットン100%のカットソーはカジュアルに見えるだけではなく、シワにもなりやすいので、ポリエステル混かリヨセルまたはレーヨンの混じっているものを選ぶのが得策です。

意外と目立つ腕時計

面接の際に意外と目立つのが腕時計です。

スマホが普及して以来、腕時計を持たない学生が急増しましたが、就活の場ではきちんと腕時計を付けるのがマナーです。

腕時計のベルトは金属製か革製がベストで、色は金属であればシルバーがおすすめです。

ゴールドやピンクゴールドはかなり目立ってしまうのでおすすめできません。

革製のベルトの場合には黒かブラウン、ネイビーなどだと好印象を与えますが、ベルトの幅は細めの方が洗練されたイメージになります。

特に金属製のベルトの場合、ベルトがあまりルーズだと手を動かすたびにじゃらじゃらと音がしてうるさいので、手首にきっちり合うぐらいの長さに調節しておくのがおすすめです。

文字盤は白やピンク、水色などが好印象を与えますが、デジタル時計はやめて必ずアナログ時計を身に着けることが大切です。

尚、ハイブランドの腕時計をしていくと面接官の好意を得られないことがありますので、気をつける必要があります。

3万円以内の腕時計を選んでおけば間違いないでしょう。

就活スーツや靴、バッグなども高価なブランド品はあまりいい印象を与えません。

まとめ

就活中は1日で複数の企業を回るなど、アクティブな日々が予想されますから、就活スーツは1着だけではなくて複数用意したいものです。

そうすれば1着をクリーニングしている間に他のスーツを着ることができます。

就活では見た目の他に歩きやすさ、動きやすさが重要になってきますので、伸縮性のある素材を選ぶのも一案です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。