就活のリクルートスーツにストライプはNG?

就活で使うリクルートスーツというと無地が大半ですが、中には「ストライプなら大丈夫」という意見も見かけられます。

ストライプ柄のリクルートスーツは果たしてOKなのか、それともNGなのか?

ここではストライプ柄のリクルートスーツでも大丈夫なケースと駄目なケースについて見ていきましょう。

おすすめの就職サービス

就活のリクルートスーツがストライプだとNGなケース

就活が解禁になると、会社訪問やOB・OG訪問、面接などで企業を訪れる機会が増えますが、この際の服装は、特に「私服でお越しください」と言われない限りはリクルートスーツと決まっています。

リクルートスーツのほとんどは濃紺か黒、チャコールグレーの無地ですが、中にはストライプ柄のものもあります。

就活生全員が無地のリクルートスーツの中で個性を出そうと思った時はストライプ柄を選んでもよさそうなものですが、企業の採用担当者の中にはストライプ柄は好ましくないとみなしている人も多いようです。

では、どんな業界の企業ではストライプのリクルートスーツを控えた方がいいのでしょうか。

銀行や証券会社ではリクルートスーツにストライプはNG

ストライプのスーツを着ていくのは控えた方がいい業界としては、銀行や証券会社などの金融業界やメーカー(製造業)が筆頭に挙げられます。

ストライプ柄のスーツというのは洗練されていておしゃれなイメージがありますが、それと同時に「自己主張が強い」印象を第三者に与えます。

金融業や製造業はチームワークを何より大事にする社会で、誠実な仕事ぶりや確実さが求められますが、抜きん出た個性は必要ありません。

ですから、いずれかの業界を目指しているのなら個性の強いストライプのリクルートスーツは選ばず、無地のものを購入するようにしましょう。

公務員も正確さや協調性が求められる仕事ですから、ストライプのリクルートスーツはマイナス要素になってしまいます。

就活で重視されるのはおしゃれ度ではなくて、今後どれだけ活躍ができるか、どのようなスキルを持っているか、そして問題に直面した時にどれほどの解決能力があるかということです。

個性的なおしゃれはプライベートだけで楽しむものと割り切りましょう。

就活のリクルートスーツがストライプでもOKなケース

もう少し自由な社風の企業ではストライプのリクルートスーツでも構わないというところもありますが、あまり派手なストライプ柄は選ばないようにすることが肝心です。

ストライプ柄のリクルートスーツでもOKの企業

ストライプ柄のスーツは非常にスタイリッシュで、スマートな印象を与えることができますし、他の就活生とは一味違った自己をアピールするのに役立ってくれます。

ですからユニークなセンスを大切にする広告業界やアパレル業界、あるいはベンチャー企業に的を絞って就活を進めていきたいという学生ならストライプのスーツも一着用意しておいた方がいいかもしれません。

広告業界やアパレル業界が求めているのはトレンドに敏感な学生ですから、ストライプのリクルートスーツを着こなせる自信があれば、外観と内面の両方から自分の個性をアピールしていけばいいわけです。

ベンチャー企業に関しても、最終面接に「服装自由」とわざわざ明記してあったり、社長自身も日頃からビジネススーツで出勤していないことがあるため、個性を重視した服装はむしろプラスになります。

外資系の企業もリクルートスーツは無地でなければならないという固定観念はありませんから、ストライプ柄のリクルートスーツで自由に自己表現ができます。

規格にはまった黒・濃紺で統一されたリクルートスーツというのは日本独自の習慣です。

とは言え、ストライプがOKの企業でも極度に派手なストライプ柄は避け、常識の範囲内で上品なスーツを選ぶようにしたいものです。

スーツに使用されるストライプ柄の種類

スーツに使用されるストライプの柄にはいくつかの種類がありますが、一般にストライプの間隔が狭いとドレッシーで繊細なイメージに、間隔が広くなると力強く華やかなイメージになります。

ビジネススーツのストライプ柄には大まかに分けて「ペンシル・ストライプ」「チョーク・ストライプ」「ピン・ストライプ」「シャドーストライプ」の4種類があります。

就活で着用するスーツに最も適しているのがペンシル・ストライプで、文字通り鉛筆で描いたようなくっきりしたラインが特徴です。

チョーク・ストライプはペンシル・ストライプよりも太い、白チョークで描いたようなラインのストライプですが、別名「アル・カポネ」とも呼ばれるようにかなり派手で主張の強い柄のため、就活には向いていません。

ピン・ストライプというのはピンの頭をストライプ状に等間隔で並べた柄のことです。

シャドーストライプというのは同糸で、織り方によって糸の方向を変えたストライプのことで、遠くから見ると無地のように見えますが、近くで見ると光の当たる角度によって美しい縞模様が浮き上がります。

就活のスーツにストライプのアイテムを合わせるのはOK?

就活でストライプ柄のスーツを着用できるのは比較的限られた業界に限るということがわかりましたが、ではワイシャツやネクタイなどといったスーツ以外のアイテムに関してはどうでしょうか。

ストライプ柄のワイシャツ

スーツは無難な無地を選んだとして、ワイシャツにはストライプ柄を選んでも大丈夫だろうかと考える学生もいると思います。

結論から言えば、ワイシャツに関してもストライプ柄がNGな業界では避けるのがおすすめです。

ストライプ柄のシャツは他の就活生が全員白無地のワイシャツの中で見ると非常に目立つため、「和」を大切にして協調性を重んじる堅い業界の企業の採用担当者にはいい印象を与えません。

逆に広告業界やマスコミ、アパレル、外資系企業などでは自分らしさの出せるストライプのワイシャツは許容されています。

ストライプのワイシャツを選ぶ際には、白黒などコントラストの強い柄よりも薄いブルーやベージュなどのストライプ柄を選ぶとリクルートスーツにもしっくりと馴染みます。

就活が本番に入ってくると、1日のうちに午前と午後の2回、会社訪問や面接に行かなければならない日も出てくるかもしれませんが、夏場であれば予備のワイシャツを持っていくのもいいアイディアです。

面接室というのはけっこう汗の匂いが気になりますから、午前中で汗だくになったワイシャツを着替えていけばマナーにも適っています。

こういった細かい気配りができるかどうか、一般常識があるかどうかも就活を乗り切って内定を獲得するには重要なポイントとなることを忘れてはいけません。

ストライプ柄のネクタイ

ネクタイに関しては、ほとんどの業界ではストライプ柄は容認されています。

ネクタイでよく使われるストライプは「レジメンタルストライプ」といって、斜めのストライプ柄になっています。

レジメンタルとは「連帯」という意味で、英国陸軍の各連隊に伝わっている連隊旗にちなんだ柄のことで、起源は16世紀にまで遡ります。

レジメンタルストライプが斜め右上に向かうのに対して、斜め左上に向かうストライプは「リバースストライプ」または「アメリカ式ストライプ」と呼ばれています。

リクルートスーツには定番のストライプ柄ネクタイですが、レジメンタルストライプは軍隊を起源としているため、外資系企業ではあまり使われないことがあるということも覚えておきましょう。

ストライプのネクタイは色や幅に気を配って選べばどんな体型の人にも合いますし、色によって全く違った印象を作り出すことができます。

就活の定番は青か紺のストライプですから、必ず一本は用意しておくといいでしょう。

青のストライプは誠実で勤勉な印象を与えるだけではなく、清潔感があります。

水色のストライプも好印象を与えやすい色で、特に暑い夏場にはおすすめです。

金融業界や公務員など堅い業界では上品で落ち着きがあり、知的でしかも勤勉な感じのするグレーのストライプが重宝します。

赤やエンジ系のネクタイは情熱的でポジティブなイメージですから、最終面接や集団面接で自分を最大限にアピールしたい時に便利です。

黄色のストライプもリクルートスーツにはぴったりで、協調性や親近感などを演出することができます。

服装よりも髪型を見られている

ちなみに大手の就活情報サイトが行ったアンケートによれば、採用担当者が面接の際に気になるポイントの第一位は「髪型(64.2%)」という結果が出ました。

次点が「ヒゲ(57.9%)」、以下に「ワイシャツ(53.9%)」「スーツ(53.3%)」「靴(50.0%)」と続いていますから、スーツやワイシャツにこだわるのももちろんのことですが、髪をきちんと切ったりヒゲをきれいに剃ることにも最大限の注意を図るべきだということがわかります。

まとめ

就活で企業を訪問するのは数ヶ月の期間ですから、その間身につけるリクルートスーツは自分のセンスからは多少外れていても、無難なものを選ぶに越したことはありません。

「この企業は無地がいいのか、それともストライプでも大丈夫だろうか」と迷った時には、無地を選択しておくのがおすすめです。

個性を主張できる企業だとしても、ワイシャツやネクタイなどの小物アイテムでいくらでも調節できるからです。

リクルートスーツの予算に関しては、安からず高からずが理想です。

就活が終わってもビジネススーツとして着れるからといって老舗でオーダーして作ってもらい、面接官よりも上質のスーツを着ていくのも一般常識けら外れてしまいますので注意したいものです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。