就活で好感を持たれるスーツとは?【選ぶ際のポイント】

就活をスムーズに行うためには、自己分析をして最適の職種を知る、志望業界の研究をする、インターンシップで経験を積むなどの下準備が必要ですが、それと並行してスーツ選びも重要なポイントです。

重要なのは外観ではないとはいえ、きちんとした身だしなみが身についているかどうかは選考の際の重要な判断になることも確かです。

清潔感を与える印象、好感の持てる着こなしができる人は、それだけでメリットとなりますから、スーツ選びはおざなりにせず、エントリーシート作成などとは同じように念を入れるようにしたいものです。

おすすめの就職サービス

就活スーツの基本【男子学生編】

普段はジーンズにTシャツかトレーナーで済ませている人も、就活の際にはスーツが必須になりますから、できるだけ早いうちに準備しておくのがおすすめです。

会社訪問やOB・OG訪問、面接などの時に「当日は平服でお越しください」と言われることがありますが、企業においては平服は私服ではなくてスーツのことを意味しています。

就活の予行演習ともいえるインターンシップでもスーツは必要になりますから、夏用と冬用の最低でも2着は用意しておきたいものです。

就活にふさわしいスーツの色と柄

就活で使うスーツは、ベーシックなものを選ぶのが基本です。

色はネイビーかチャコールグレー、黒のいずれかが大原則です。

ベージュや明るめのグレーは採用担当者にマイナスのイメージを持たれてしまうことがありますので避けましょう。

柄ものも印象がくだけてしまうので、ストライプやチェックはやめて無地を選ぶことが大切です。

就活スーツのデザイン

デザインに関して言えば、シングルの2つボタンがリクルートスーツの定番です。

ダブルやシングルの3つボタンはフォーマルさに欠けるので避けるのが好ましいのですが、志望する企業がアパレル業界で服装のセンスも自分をアピールする要素のひとつになっている場合には、企業の傾向をよく研究した上でダブルのスーツなどを着用しても構いません。

パンツはタックが少ないほうがスマートに見えます。

就活スーツに合わせるシャツ

就活スーツに合わせるシャツはやはり白の無地が最適で、襟の形はレギュラーカラーかワイドカラーがおすすめです。

レギュラーカラーのワイシャツは細身か標準体型の人に向いていますが、体躯が大きくてがっちりしている人、首が太めの人はワイドカラーのワイシャツを選ぶとバランス良くまとまります。

就活スーツに合わせるネクタイ

ネクタイはまったくの無地よりも、むしろストライプ柄や小柄のものを選んだ方が明るい印象を与えることができます。

色は紫やグリーン、オレンジなどの個性的な色は避け、ネイビーや赤・エンジ系などを選ぶとしっくりしますが、赤・エンジ系はアピール力が強く、やる気を感じさせる色なので、集団面接などの時に効果を発揮します。

一方のネイビーやブルー系は知的でしかも信頼感のおける雰囲気作りに役立ちますから、個人面接・最終面接にぴったりです。

また、履歴書の写真を撮る際には明るさや社交性を感じさせるイエロー系のネクタイもおすすめです。

就活スーツの予算

大手の紳士服メーカーが行なったアンケートによると、就活スーツの予算は「1万円以上2万円未満」と答えた学生が31.4%、「2万円以上3万円未満」と答えた学生が36.7%でした。

就活中は連日の会社訪問などハードなスケジュールをこなさなければならないことも多いため、「着倒すからそれほど高価なスーツでなくてもいい」と考えている学生が多いようです。

6万円以上の就活スーツを準備しようと考えている学生は、全体の2.8%にとどまりました。

就活スーツの基本【女子学生編】

女子学生の就活スーツは男子学生ほど厳格な決まりはありませんが、それだけに、選び方で迷ってしまうという人も多いのではないでしょうか。

女性は身に着けているものによってイメージががらっと変わってしまうことがあるので、家族や友人の意見などもよく聞きながら就活スーツを選ぶ必要があります。

パンツかスカートか

スーツの色に関しては黒かネイビー、グレーなどが基本で、柄は無地がおすすめです。

女子学生の場合、就活スーツを選ぶ際に最も重要なのがボトムスの選択です。

スカートか、それともパンツにするかで採用担当者に与えるイメージは全然違ってきますが、どちらにするかで迷った場合にはどの採用担当者からも好感を持たれるスカートにしましょう。

スカートは膝丈のタイトスカートならどんな企業にもしっくりと合いますが、体型的にタイトが似合わないのであれば台形スカートでもかまいません。

フレアスカートやマーメイドラインはフェミニンな印象になりますが、ともすると華美になりがちなので、ボリュームはあくまで抑えることが大切です。

活動的なイメージのパンツスーツはベンチャー企業や広告・アパレル業界などに就職したい女性には向いていますが、身体にフィットし過ぎていて脚のラインがくっきりと見えるようなパンツはもちろん避けたいものです。

機能性も重視して就活スーツは2着揃えておくと便利

就活が本格的にスタートすると、毎日のように説明会や企業を訪問することになりますが、雨に降られた時のことも考えて、就活スーツを2着揃えておくと便利です。

汚れるたびにクリーニングに出しているとクリーニング代がかさむので、自宅の洗濯機で洗えるウォッシャブル機能のついた就活スーツを選ぶのもいいアイディアです。

こうすれば就活期間中、スーツをいつでも清潔な状態に保つことができますし、消臭・抗菌機能が付いていれば言うことはありません。

就活スーツに合わせるブラウス

就活スーツに合わせるブラウスは、基本的には白の無地が理想的です。

清楚な白い襟元は採用担当者に好印象をアピールするためには欠かせない武器ですから、必ず就活スーツと合わせて試着した上で購入することをおすすめします。

白以外であれば誠実な感じが強調される薄いベージュや知的な印象を与える薄いブルー、女性らしく柔らかな雰囲気を演出する薄いピンクなども就活用として使えますから、いくつかの色を取り混ぜて3〜4枚購入しておくといいでしょう。

襟の形は首のところに第一ボタンがある「レギュラーカラー」、または第一ボタンがなく、襟をジャケットの外側に出すタイプの「スキッパーカラー」を選ぶのが無難です。

単に気に入ったデザインだからということでブラウスを選ばず、必ず試着してみて首回りや袖丈もチェックすることが大事です。

ブラウスの上から就活スーツも試着してみて、ジャケットの袖口からブラウスの袖口が見えない程度の袖丈のものを選ぶ必要があります。

就活ではスーツだけではなく足元も見られている

就活でも特に面接となると、かなり目立つのが足元ですから、就活スーツとシャツ・ブラウスをコーディネートしたらシューズも念を入れて選ぶようにしましょう。

高価なシューズである必要はありませんが、フォーマルなデザインでしかも長時間履いていても疲れにくいものを選ぶことが重要です。

就活期間中は、時には1日に2箇所の会社訪問をしなければならなくなることもあるかもしれませんから、見栄えは良くても履き心地の悪い靴だと歩くだけで体力を消費してしまいます。

男子学生用の就活シューズ

男子学生の就活シューズは黒の革靴が基本ですが、紐なしよりは紐靴(レースアップ)の方がフォーマルで、きびきびしたビジネスマンの印象を与えます。

紳士靴というのは甲のデザインにUチップやウィングチップなどといった種類がありますが、就活用にはストレートチップが向いています。

ストレートチップというのは甲の部分に縫い目のラインが真横に走っているデザインで、就活はもちろんのこと、冠婚葬祭でも幅広く活躍してくれます。

革靴のソール部分は革底とゴム底の2タイプがありますが、長時間歩き回っても疲れにくく、雨が降っていても滑りにくいゴム底タイプが就活では重宝します。

女子学生用の就活シューズ

女子学生の場合、就活用のシューズは黒色の革製のパンプスでヒール高は3〜5cmが定番です。

歩きやすいという点ではヒールのない靴が良さそうな感じがするかもしれませんが、ヒールが全くない靴はカジュアルな印象を与えてしまいます。

パンプスの中にはつま先の先端が尖った「ポインテッドトゥ」やつま先が覗く「オープントゥ」などもありますが、真面目で実直なイメージに欠けてしまいますから、オーソドックスなつま先に丸みのある「ラウンドトゥ」または角ばった「スクエアトゥ」を選ぶことが肝心です。

就活用のシューズを購入する際に失敗しやすいのが「足にぴったりのシューズを選ぶ」ことです。

就活で1日中歩き回っていると夕方には足がむくむものですが、ぴったりサイズのシューズを選んでしまうと夕方にはシューズがきつくなって靴ずれするばかりか、足がパンパンに腫れて歩けなくなってしまうことさえあります。

ですから1サイズ大きめのものを買うか、あるいは実際に1日中歩き回って夕方になってからシューズを試して購入するのが得策です。

まとめ

就活スーツを着こなせる学生は、それだけでビジネスマンとしての心構えを一歩クリアしたことになります。

自分に似合う就活スーツを見つけるには、フォーマルスーツ専門店で店員さんと相談しながら選ぶことが大切です。

襟の形や肩幅、背中のライン、ジャケットの丈などが少し違うだけで第三者に与える印象は大きく違ってきますから、何度も納得のいくまで試着した上で気に入った一枚を選ぶべきです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。