最終面接に通過するには?ポイントや注意点を解説!

就活の最終ステップとして最終面接があります。これに通過することができなければ、希望する企業に就職を果たすことはできません。そこで、最終面接を通過するためのポイントや注意点について解説します。

おすすめの就職サービス

最終面接はとても重要

就活において最終面接はとても重要です。その理由について説明しましょう。

最終面接を突破すれば採用される

就活で採用されるかどうか決まるのは最終面接のときです。そのときにしっかりとアピールすることができれば、企業はあなたを採用しようと本気で考えます。そのため、最終面接はしっかりと準備をして、万全の状態で臨むことが大切です。

最終面接は役員が担当することが多い

最終面接の特徴は役員が担当することが多い点です。役員を前にして堂々と受け答えをすることが求められます。あなたを本当に採用するかどうか決めるための面接のため、役員がしっかりとあなたのことをチェックするのです。

最終面接で落ちることは珍しくない

最終面接は単に意思確認の場であると考えている人がいるかもしれません。しかし、実際には最終面接で落とされたという人は珍しくないです。最終面接まで進めば絶対に採用されるというわけではないのです。このことに注意しておかないと失敗するでしょう。最後まで気を抜くことなく面接を受けることが求められているのです。

最終面接で失敗すると取り返しがつかない

せっかく複数の選考過程を切り抜けてきたのに最終面接で落とされてしまうととてもショックなものです。最終面接で失敗してしまえば、これまでの努力はすべて水の泡となってしまいます。それではあなたの今後の就活のモチベーションにまで影響するでしょう。そのため、最終面接で落ちないようにできる限りの準備をしておくことが大切です。けっして油断してはいけないのです。

最終面接とそれまでの面接の違い

最終面接はそれまでの面接とは異なる点が多いです。具体的にどういった違いがあるのか説明しましょう。

入社後を踏まえた質問が増える

最終面接はあなたを採用する可能性が高いことを前提として質問されることになります。そのため、入社後のことを踏まえた質問が増えるのが特徴です。たとえば、実際に入社してからどのようなことに挑戦したいのか質問されることがあります。また、具体的な業務において、自身のスキルをどのように生かすことができるか質問されるケースもあるでしょう。あなたが入社したあとのことについて真剣に考えているかどうかが試されるのです。そこで、いい加減な返答をしてしまうと評価が落ちてしまうため注意しましょう。

入社意欲を確認する

最終面接ではあなたの入社意欲について確認されます。あなたを採用したとしても、すぐに退職されてしまうと企業にとっては大きなダメージとなるからです。そのため、あなたが本当に入社して真面目に働くつもりがあるかどうかチェックされます。採用されたとしても、真剣に入社する意思がない人は採用を蹴ってしまうこともあるでしょう。それでは、企業にとっては採用コストが無駄になってしまうのです。あなたが本気で入社したいと思っているかどうか、その気持ちを確認される質問に答える必要があります。

以前の面接と同じ質問をされるケースがある

最終面接では特別な質問をされるだけではなくて、これまでの面接で聞かれたことをあらためて質問されるケースもあります。その理由は、最終面接では役員が同席することになるため、あらためて重要な質問が繰り返されることがあるからです。そのため、以前の面接で答えたため同じ質問をされることはないだろうと安心してはいけないのです。これまで受け答えした質問についてもしっかりと対策した上で面接を受けることを心がけましょう。

より厳しくチェックされる

基本的に最終面接ではこれまでの面接よりもさらに厳しい質問を受けることになると覚悟しましょう。今までの面接で一番厳しくチェックされると考えてください。企業によってはわざとプレッシャーを与えるようなことをするケースもあります。いわゆる圧迫面接のようなことが行われる場合もあるのです。論理的な思考力を試されるだけではなく、度胸があるのか、精神力があるのかといったことも試されるのが最終面接です。そのため、甘い気持ちで受けてしまうと簡単に落ちてしまうことがあるため注意しましょう。

最終面接を通過するためのポイント

これから最終面接を受けて通過するためのポイントについて解説しましょう。

新しい印象を与える

最終面接の段階では複数の候補者が残っている状態です。最終的にその候補者の中から誰が選ばれるのかという戦いになることを自覚しましょう。そこで、他の候補者とは違う自分の魅力を伝えるようにしてください。これまでの面接と同じような受け答えをしていると、あなたに関する新しい印象を与えることができません。それでは面接官からの評価が低くなってしまい、落ちてしまう可能性が高まります。最終面接の段階でこれまで見せてこなかった新たな一面を提示できるようにすることが大切です。

より深い回答ができるように準備する

最終面接までは無難な回答をしているだけでも通過するというケースは多いです。しかし、最終面接については、これまでと同じ無難な回答をしているだけではインパクトが弱いため落とされる可能性が高いです。そこで、最終面接についてはより深い回答ができるように意識することが大切です。企業や業界についてしっかりと研究を重ねて、自己分析も深く行い、説得力があり印象に残る回答ができるように準備をしておきましょう。100点満点の回答ができるようにしないと簡単に落とされるのが最終面接です。

企業や経営者に対して共感を持つ

最終面接では企業や経営者に対する共感を持つことを意識することが大切です。回答するときには、自分が企業の関係者であるという意識を持って考えるとよいでしょう。経営者目線からの回答ができる人は面接でとても好印象となります。他人事のような反応をしてはいけないのです。これからあなたが実際に入社して働くことになるという点を意識しましょう。たとえば、会社に問題に関する質問を受けることがあります。そのときには、経営者としてどう考えるべきか、どのような対策を取るべきかという視点を持った回答が求められるのです。

熱意をアピールする

最終面接では自分が絶対にその会社に入社したいのだという強い意思を示すことが大切です。そうしないとライバルに負けてしまう可能性があります。最終面接に残っている時点で、他の候補者とあなたの差はごくわずかなのです。その中で自分が採用を勝ち取るためには、最終的には熱意や気持ちといった要素が強くなります。自分はどうしてもその会社に入ってやりたいことがある、頑張りたいことがあると強くアピールすれば、採用担当者の心を動かすことができるでしょう。そのような回答をするためには事前にしっかりと会社について調べておくことが大切です。

最終面接の注意点

最終面接を受ける際に何を注意するべきなのか説明しましょう。

以前の面接の受け答えを確認しておく

最終面接を受けるまえに以前の面接での受け答えについて復習しておくことが大切です。ひょっとしたら同じ質問をされることもあるからです。もし同じ質問をされたとしたら、内容は基本的に変えない方がよいでしょう。言い回しは変わってもいいのです、意味合いが変わらないように注意してください。もし以前の受け答えと内容が違っていると、その点を指摘されてしまうかもしれません。また、以前にきちんと答えられなかった質問があるならば、その質問の回答をしっかりと考えておくとよいでしょう。

逆質問に注意する

最終面接を受けると最後に逆質問をする機会が与えられるかもしれません。逆質問ではあなたの方から面接官に対して質問をする機会が与えられます。そこで何もありませんと答えるべきではないです。きちんと聞きたいことについて質問をすることが求められます。真剣に企業について調べてきたのであれば、何か聞きたいことが出てくるものです。そこで気の利いた逆質問ができないと評価が落ちてしまう可能性があるため注意しましょう。逆質問は調べればすぐにわかるようなことを聞くべきではないです。また、待遇のことを質問するのは避けた方がよいでしょう。仕事の熱意をアピールできるような質問をおすすめします。

時間をかけて万全の準備をしておく

最終面接をこれから受けるにあたってはしっかりと準備をしておくことが大切です。きちんと準備していないとそのことがバレてしまうでしょう。小手先の準備では切り抜けることができないような質問を受けることもあるからです。しっかりと対策していないと対応できないような難しい質問をされる可能性は高いです。そのことを意識して、万全の準備を整えておきましょう。どのような質問を受けることになるのかあらかじめ想定しておいてください。ネット上には最終面接で聞かれたことに関してさまざまな情報があります。それらに目を通しておくとよいでしょう。

最終面接のお礼はするべきか?

最終面接を受けたあとにはお礼をするべきかどうか悩む人がいるかもしれません。最終面接を終えれば、それですべての選考過程は終了することになります。そのことについてお礼を伝えるのは社会人のマナーとして正しいことといえます。採用担当者にとっては、お礼メールを受け取ると嬉しい気持ちになるため、マイナスになることはありません。ただし、きちんとマナーを守ったメールを送らないと逆効果になるため注意しましょう。

まとめ

最終面接についてポイントをまとめました。就活を成功させるためには最終面接を突破することが大切です。こちらを参考にしてしっかりと最終面接のための準備をしてください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。