転職エージェント経由で面接を受けてから1週間以上が経つのに最終結果が届かない場合【気になる理由を徹底解説】します

転職エージェントに登録をして、希望の企業企業が見つかると面接に進むこともあるでしょう。
事前に対策や準備をしてから挑んだ面接の最終結果が気になる方は多いはずです。
基本的に転職エージェント経由で面接を受けて居るのであれば、結果は直接自分に元に届くのではなく、転職エージェントから伝えられることになります。

転職の面接結果はなるべく早く知りたいですよね。
待っている時間は普段流れている時間よりもはるかに長く感じるものです。
しかし、待てど暮らせど最終の結果が来ないとなると「不採用だった?」と不安になることもあるでしょう。

この記事では、転職エージェント経由で受けた面接の最終結果が届かない「理由」や、遅れている場合はどのように対応をすれば良いのか…という対処法について詳しく解説をします。
記事を読んでいる方の中には「どうすればいいのか分からない」と不安を感じている方もいるでしょう。
きっと記事を読むことで、対処法が分かり安心できるはずです。

おすすめの就職サービス

知っておきたい転職エージェント経由での面接の流れについて!

まず皆さんに知ってほしいのが、転職エージェントに登録をした場合、企業との面接まではどのような流れで進むのかということです。
利用を悩んでいる方は、どのような流れで面接まで進むのかを知ることで今後の転職活動の動きが明確になるでしょう。

①登録をした後は転職エージェントと直接面談か電話面談を行う

転職エージェントに登録をしたのであれば、在籍をするキャリアアドバイザーと面談を行います。
そこでは、これまでの職務経歴やスキルについての質問をされることが多いでしょう。
また、退職理由や希望企業の条件なども聞かれることが多いので、予めメモなどに記入をするなどして、面談を効率よく行うことを心がけてください。

②自分に合う企業探しを行うor転職エージェントから提案をされる求人を確認する

面談が終わると、転職活動をスタートさせます。
自分の希望条件に合う企業を探しながら、キャリアアドバイザーから提案をされる企業の確認を進めてください。
面談の際に自分の転職意欲や希望条件をしっかり伝えておくことで、ミスマッチ率の低い求人を紹介される確率も減るでしょう。

③応募したい求人が見つかれば提出書類の作成&添削を行ってもらう

応募をしたいと感じる求人を見つけたのであれば、面接に向けて準備を行う必要があります。
各企業によって提出書類には違いがあるので、確認をしてください。

そして、履歴書や職務経歴書の提出をする前に、キャリアアドバイザーに添削をしてもらうようにしましょう。
転職エージェントに登録をすると添削サポートを行ってもらえることは多く、安心材料のひとつになるはずです。

④面接に向けて対策を行ってもらう

必要書類の準備ができたのであれば、面接対策を行ってもらいましょう。
転職エージェントに登録をする最大の魅力は、やはり「内定を貰える転職活動を行うことができること」です。
書類の添削や、面接対策などは1人で行うことが難しい部分でもあります。
そういった面をサポートしてもらえると、安心をして転職活動を行えるのではないでしょうか。

面接結果が最終的に転職エージェントから届くのは平均的にどのぐらい?

転職エージェント経由で企業との面接が行われるまでの流れを説明しました。
登録をしてからどのような流れで面接までの期間が進むのかを知ることで、今後の計画が立てやすくなるのではないでしょうか。
では、面接を受けた後はどのくらいの期間で「合否連絡」がくるのか気になる方は多いでしょう。

最終結果がなかなか届かない現状に不安を感じる方もいるはずです。
一般的に合否連絡には「1週間ほど」の期間がかかることが多いことを覚えておくようにしましょう。

面接が終わると、合否連絡がくるまでの毎日の時間はとても長く感じます。
したがって2,3日待っているだけで「まだかな…」と不安を感じることもあるはずです。
しかし、大体どの企業も合否連絡までに1週間ほどの時間がかかるので、気持ちに余裕を持って待つようにしてください。

転職エージェント経由で受けた最終面接の結果が届くのが遅くなる理由について

一般的に面接の最終的な結果が届くまでには1週間ほどの時間がかかると話しました。
もし、1週間以上たっても面接結果が届かなかった場合「どうして連絡が来ないのだろう」と不安になる方が多いはず。
中には「忘れられているのではないか」と感じる方もいるでしょう。

まず、面接結果が1週間以上になる理由にはいくつかのケースがあります。
ここからはケースと共に面接結果の連絡が遅くなる理由を紹介するのでチェックしてください。

企業側に問題があり結果が届くのが遅れているケース

企業側の都合で面接の結果連絡が遅れてしまうケースは多いです。
その理由として考えられるものは下記の通りです。

・他に面接を行っている転職希望者がいるから
・新卒採用の時期と被ってしまい、転職採用が後回しになっているから
・企業が本命応募者の連絡を待っているから

上記のような理由が原因となり面接結果が届くことが遅れている事は多いです。
企業側は同時に複数の転職面談を行っていることが多くなります。
したがって、選考に時間がかかりやすくなるのです。

また、転職の応募時期というのはとても大切で、新卒面接の時期と被ると優先されるのは「新卒」になることが多く、最終連絡が来るまでに時間がかかりやすくなります。

転職エージェント側の問題で結果連絡が遅れているケース

企業側が早い段階で面接結果を出していても、実は転職エージェント側の都合で連絡が遅れているケースもあります。
その理由として考えられるものをチェックしましょう。

・面接をした企業に対して結果の確認を取っていないから
・結果が不合格だったため、新しく紹介をできる企業を探しているから
・連絡を忘れられているから

転職エージェント側が結果を伝えてこない理由として一番多いのが「不合格だったため、新しく紹介をできる企業を探しているから」という理由です。
転職エージェントは、転職を成功させてこそ企業側から報酬を受け取ることができます。
したがって、不合格となってしまった転職希望者がいれば、新たな転職先を探す必要があるのです。

転職エージェントやキャリアアドバイザーによって違いはありますが、多くの場合は面接の結果が不合格だったことを伝えたと同時に「こういった企業があります」と新しい転職先を紹介してくれるでしょう。
探すことに時間がかかっているケースもあるので、1週間以上待っても連絡が来ない場合はこちらから連絡を入れるようにしてください。

転職エージェント経由で面接を受けた場合実は面接で最終結果が分かる!?【合否】のサインをチェック

面接を終えてから最終結果が届くまでの期間はとても長く感じるでしょう。
そんな時は、一度自分の面接を思い返してみてください。
思い返すことで、企業側が面接の際に出していた合否のサインが見えてくるかもしれません。

面接結果が【不採用】となりやすいサイン

①予め「採用の場合のみ連絡をします」などといった断りの言葉を伝えられた
②面接官が自分に対して興味が無さそうだった
③否定をされるような言葉をかけられた

不採用のサインは結構分かりやすいものが多いです。
例えば、面接担当者の態度があからさまに自分に興味が無いような態度だった…なんてこともあるでしょう。
また、仕事を共に行う相手かもしれないのにも関わらず否定的な言葉をかけられた場合は、不採用である確率が高いです。
しかし、面接の際に否定的な言葉を伝えてくるような企業は「こちらから願い下げ」と思うべきです。
転職をしてから辛い思いをする可能性も考えられるので、面接は「自分が企業を見極めること」も大事になります。

面接結果が【採用】となりやすいサイン

ここからは面接結果が採用である可能性が考えられるサインを紹介します。
面接を振り返りながら重なる点が無いのかを確認してください。

・自分に興味を持ち、回答を掘り下げられることが多かった
・入社日や条件など、具体的な質問が多かった
・面接時間が長く様々なことを聞かれた

面接官に興味を持たれて話を掘り下げられることや、入社について具体的な説明と質問をされる場合は、採用である可能性が高いと考えることができるでしょう。

あまりにも面接結果の最終連絡が遅い場合はどうすれば良い?

最後にお伝えをしておきたいのが、面接結果の連絡が遅い場合の対処法についてです。
一週間以上待っても連絡が来ない場合は、転職エージェントに連絡をするようにしましょう。
こちらはマナー違反にはならないので安心してください。
ただし、自分から「企業」に連絡を取るのはNGです。

転職エージェントを利用して転職を進めている以上、企業との直接的なやりとりは禁止されていると覚えておくようにしましょう。

まとめ

この記事では、転職エージェント経由で受けた面接の最終結果が出ることが遅い「理由」や「対処法」について紹介をしました。
一般的に合否結果が届くまでには1週間かかることを覚えておくようにしましょう。
それ以上かかる場合は、何らかの問題が起きている可能性があるため、早めに転職エージェントに確認をとるようにしてください。
また、企業に直接確認を取るのはNG行動なので、気を付けるようにしましょう。

この記事が転職活動のお役に立てましたら幸いです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。