転職エージェントを利用する際【電話面談】になる場合も!落ちないための方法をチェック

転職エージェントに登録をし利用を始めるとまず「電話面談」が行われるケースが多いです。
電話面談は気軽に受けられるものですが、適当に受けると選考落ちとなり、仕事を紹介してもらえなくなる可能性もあります。

また、転職エージェントによっては電話面談と直接の面談を選べることもあり「どちらが良いのかが分からない」と悩んでしまう方もいるでしょう。

この記事では、転職エージェントに登録をし、電話面談を行うことについて様々なポイントを解説します。
電話面談のメリット・デメリットや、登録から面談までの流れなど…詳しく知っておくことは今後転職活動を行う上で役に立つはずです。

おすすめの就職サービス

転職エージェントとは?どんなサービスがある?

転職エージェントがどのようなサービスを運営しているのかをおさらいしておきましょう。
まず転職エージェントを運営している企業ごとで、行っているサービスには違いがあります。
しかし、大まかな支援の流れは同じになることが多いです。

登録をした後、電話面談などで転職希望者の現在の状況を伺い、紹介できる求人があれば直接面談などに進みます。
その後、内定に向けての面接相談や履歴書添削に進む人もいれば、改めてアドバイザーと希望条件についての相談などを行う人もいるでしょう。

転職エージェントは、転職のサポートを最初から最後まで行ってくれます。
例えば、企業との面接も転職エージェント側が日程調節をしてくれますし、内定後の条件相談や、入社日の調整なども行ってくれるのです。

したがって、1人で転職活動を行うことに不安を感じている方にとって、転職エージェントの利用は心強い味方になるでしょう。
また、自分1人では知りえることのできない「非公開求人」を紹介してくれることから、よりマッチング率の高い自分に合った求人を見つけられる可能性も高くなります。

転職エージェントの面談は電話でOK?直接の方が良い?

転職エージェントに登録をすると「面談」を行うことになります。
各転職エージェントにより、電話面談になるか、直接面談になるのかは変わってくるのですが、どちらかを選択できることもあるのです。

もし「電話面談か直接面談を行いたいのですが、どちらがよろしいでしょうか?」と尋ねられた場合、あなたならどちらを選びますか?
多くの方が、気軽にできる電話面談を選びたくなるでしょう。
しかし、転職活動となれば「直接の方が良いかな」と感じる気持ちから、電話面談ではなく直接の面談を選んでしまう人が多いです。

転職エージェントのサイトによっては「直接面談をおすすめする」との旨が書かれていることもあります。
しかし、電話面談を行うことは悪いことではありません。
むしろ転職活動を効率的に進めていくために利用することをおすすめします。

電話面談の魅力とは

電話面談というのは「家の中」で行えます。
この気軽さはとても魅力的ではないでしょうか?
やはり直接面談に行くとなると、服装も髪型も全て整えて、きっちりとした状態で向かわなければいけないため、準備の時間が必要です。
もちろん転職エージェントの会社がある場所まで向かう労力と時間も必要になります。

「今後の人生を左右する転職活動なのだから、それぐらいはしなければいけない」と感じる方もいるかもしれませんが、全てに全力で挑むとどこかで燃料切れのような状態になってしまうこともあるでしょう。
転職活動は効率的に行うことが「早い内定」に必要になるため、時間を確保できる時間が長くなる電話面談はおすすめです。

また、電話面談であれば「夜の時間帯」にも対応をしてもらえる確率が高くなります。
例えば、仕事終わりなどにも対応をしてくれることもあるでしょう。
転職活動は現状続けている仕事と並行をして行う方が多く、うまくバランスを取るためには電話面談を行うことは大事です。

【事前に知っておこう】転職エージェントとの電話面談の流れを紹介

電話面談を行う魅力を知ることができたなら、次いで「電話面談の流れ」を知っておきましょう。
事前に流れを把握することができると予め「伝えるポイント」を踏まえて面談を進めることができるでしょう。
電話面談では「明確に考えていることを言葉にして伝えること」が重要視されるため、予め何を聞かれるのかを知っておくことは大事です。

①まずは自己紹介

自己紹介は長々と行う必要はありません。
簡潔に伝えるようにしましょう。
また、転職エージェントのキャリアアドバイザーからの自己紹介も注意して聞くようにしてください。
話し方の雰囲気とかを聞くことは、相性が良いかどうかを確かめる機会になるでしょう。

②自身のキャリアについて説明をする

自己紹介と併せて行うことにもなりますが、学歴や職歴といったキャリアやスキルについての説明も行うようにしましょう。
ここは自発的に伝えなくても、相手が「スキルや資格について教えてもらえますか?」などと聞いてくれるはずです。

ただし、自分から説明をすることで相手が掘り下げて聞いてくれることもあるので、できれば自己紹介と一緒に説明をするようにしてください。

③転職の目的や退職理由を伝える(ここで希望条件も伝えること)

転職をしたいと思った理由を明確に伝えることは大事です。
例えば「収入面での不満から転職を考えた」とか「職場の雰囲気を変えたいと思ったから」など…それぞれで考えていることは違うでしょう。
ここをしっかり伝えることができないと、ミスマッチが起こりやすいのでできるだけ具体的に伝えるようにしてください。

また、譲れない希望条件などが決まっている方はこのタイミングで伝えることも大事になります。

④どのように転職活動を行っていきたいかの確認

転職活動を行っている方の中には、他の転職エージェントを利用していることもあるでしょう。
今後どのように転職エージェントを絞るのか、またどのぐらいの期間で転職を進めたいのかなど…今後の動きについても詳しく伝えるようにしておきましょう。

もし悩んでいる場合はその旨を伝えることで、アドバイスがもらえることもあります。
考えていることは「伝える」ことを意識してください。

電話面談だけを行うことの【デメリット】

電話面談は気軽に行える点が魅力的で、効率的に転職活動を行えるメリットがあります。
しかし、電話面談だけを行うことには「デメリット」になる側面もあるので、併せておぼえておくようにしましょう。

自分の表情が伝わらないので想いや熱意が届かない可能性があること

電話相談だけを行う際の最大のデメリットは、やはり「想いが伝わりにくい点」です。
直接会って話をすると話し方や表情、仕草などから「熱意」が伝わります。
しかし、電話面談だけでは相手の表情が全く見えないため、直接面談より熱意を伝えることができないのです。

全く同じ話をされた場合、相手の表情が見えているか見えていないのかで受取ての印象は大きく変わります。
したがって、転職活動への意欲が強い方には電話面談だけの転職活動はあまりおすすめができません。

特に、自分の想いをちゃんと受け取ってほしいといった想いを持っている方は、できるだけ直接面談を選ぶ方が納得をして転職活動を続けられることになるでしょう。

【直接面談】を進められてしまう可能性があること

電話面談あるあるとも言えますが、電話面談だけではやはり伝わりにくい点から、担当のキャリアアドバイザーの方に「一度直接会ってお話をしませんか?」と伝えられてしまうケースは多いです。
一度電話で話していて相手の雰囲気が分かると「直接会って話すのも良いか」と納得できる方は、そのまま直接面談に進んでも良いでしょう。

しかし、電話面談を「効率的に転職活動を行うため」に選んだのであれば、少し無駄な時間になったと感じる方もいるかもしれません。
また、転職エージェント側によっては電話面談後の直接面談を「ルール」としているところもあるので、それなら最初から直接面談で良かったのでは?と感じてしまうことになる可能性もあるのです。

電話面談で落ちないために!成功させるポイントを紹介

電話面談のメリットとデメリットを知ることができたのであれば、「自分はどうすればいいか」を考えられる機会ができたのではないでしょうか。
そんな電話面談では「対応次第」で選考落ちとなってしまう可能性があります。

最後に皆さんには電話面談で落ちないために必要なポイントを紹介するので覚えておくようにしましょう。

自分の想いは明確に伝えること

事前に聞かれる内容を把握しておくことが大事なのは、電話面談で自分の想いを明確に伝えるためです。
電話面談の時間には限りがあるので、なるべく簡潔な言葉を選ぶことが必要になります。
しかし、ただ返答に応えるだけだと「想い」が伝わらないこともあるでしょう。

したがって、事前に聞かれる質問にどう答えることができれば想いを明確に伝えることができるのかを考えるようにしてください。

ハキハキと喋り、相手に伝える意識を持つこと

電話面談は直接面談に比べると想いが伝わりにくい部分があります。
電話は自分が思っている以上に「暗い印象」になりやすいと覚えておくようにしましょう。
ハキハキと伝えることが大事になります。

まとめ

この記事では転職エージェントと電話面談をする際の「メリット・デメリット」についての紹介をしました。
電話面談は気軽にできる転職相談の方法になるので、利用を悩んでいるかたは是非一度縁和面談を行ってみてはいかがでしょうか。
転職市場での価値など、自分だけでは知りうることのできない情報を知ることもできるはずです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。