リクルートエージェントの面談が【電話のみ】だった場合は選考に落ちている証拠って本当?

リクルートエージェントに登録をすると、担当の方から登録確認のメールがきます。
その後、電話面談に進めるのですが電話面談後に連絡が来ず、転職のサポートを受けることがで着なかったという人は結構いるそうです。
したがって、電話面談のみの場合は「選考に落ちている可能性が高い」と考えられます。

どうして選考に落ちてしまうのでしょう。
その理由が気になる方も多いはずです。
この記事では、リクルートエージェントとの面談が電話面談のみだった場合の原因や、電話面談を行う際に気を付けるべきポイントを紹介します。

是非参考にしてください。

おすすめの就職サービス

リクルートエージェントのサービスとは

そもそも「リクルートエージェントはどのようなサービスを行っているのか」が気になった方もいるのではないでしょうか。
まず、リクルートエージェントは「転職エージェント」になります。
母体となる会社は「リクルート」で、人材紹介業界の中では最大手とも呼べる大きな企業です。

CMや広告がきっかけで知っている方は多いのではないでしょうか?
そんな転職エージェントであるリクルートエージェントには、実績のあるキャリアアドバイザーが在籍をしています。
これまで数々の転職を成功させてきたアドバイザーだからこそできる「企業とのマッチング」は転職希望者にとって有難いサポートではないでしょうか。

人材業界で40年以上走っている会社だからこそ、様々な大手企業とのコネクションがあり、リクルートエージェントでしか求人を出していないという企業もあるほどです。
そのため、求人の量と質は業界随一と言えるでしょう。

転職サポートはマッチングはもちろんのこと、面接対策や、履歴書添削など幅広く行ってもらえます。
転職に対して感じている悩みも親身に聞いてくれるでしょう。
的確なアドバイスがもらえるため、キャリアアドバイザーとの信頼関係も築けるはずです。

【本題】リクルートエージェントが電話面談だけを行う時は選考落ち?

リクルートエージェントの転職サービスについて紹介をしました。
この支援を受けられるのも、電話面談を通過してからになります。
したがって、電話面談で選考落ちとなってしまうと支援を受けることができません。
登録をした段階で紹介をできる案件がある方は、早速オフィスでの面談を促されることもあることを覚えておくようにしましょう。

リクルートエージェントに登録をしてからの流れとして、まず電話面談を行われることが多いです。
その際に「現在〇〇様にご紹介できる案件はございません」といった内容を伝えられてしまった場合は、そこで支援が終了となることを覚えておきましょう。

相手側に「現在は無い」と伝えられると「時期を待てば案内してもらえる」と勘違いをする人は多いです。
しかし、ここでいう「現在」には「今」という時期を表しているのではなく「現段階のスキルでは」という意味になると覚えておくようにしましょう。
したがって、電話面談で紹介できる案件が無いと言われてしまうと、リクルートエージェントからの支援を受けられる可能性は低くなります。

その他に考えられる支援が受けられないケース

上述したように電話面談の際に「紹介できる案件が無い」と伝えられてしまうと、リクルートエージェントからの転職サポートを受けられる可能性は低いと言えるでしょう。
実はこの他にも考えられる「支援が受けられないケース」があるので併せて覚えておいてください。

①初回の電話面談後以降、全く連絡が来ない場合
②自分から連絡をしない限り対応をしてもらえない場合

この2つのケースは過去リクルートエージェントに登録をし、サポートを受けることができなかった人に実際起きたケースです。
初回の面談が終わった後に全くエージェント側から連絡が来ないということは「紹介できる案件が無い」ということを表しています。

基本的にリクルートエージェントでは紹介できる求人があると必ず電話をしてくるため、こちらからかけない限り電話対応をしてくれないという場合は、紹介できる求人が無いということを理解しておきましょう。

リクルートエージェントとの面談が電話だけになる【理由】

冒頭でも説明をしたように、現段階のスキルや職歴から「紹介できる企業がない」場合は、電話面談だけになってしまう可能性が高いです。
転職を考えている方は、自分のスキルでどのような企業に転職ができるのかを考える方も多いでしょう。

転職エージェントに登録をすると、転職市場においての自分の市場価値を知ることができるので、参考程度に登録をしてみることで、転職を考える機会にもなるはずです。

また、スキル以外の問題で「電話面談で終了」となってしまう理由があります。
それは、電話面談での印象が悪かった場合です。
あくまでも電話面談は自分と企業の仲介役をしてくれる相手との電話面談になることを覚えておくようにしましょう。
例えば、現職の愚痴ばかりを話してしまう方や、ハキハキと喋ることができず悪い印象を耐えてしまうことがあるかもしれません。

リクルートエージェントをはじめとする転職エージェントは、転職を成功させることで企業側から報酬を受け取っています。
したがって、電話面談の時点で「転職できる確率が低そう」と感じさせてしまうとその時点で支援をお断りされる可能性があるのです。

キャリアアドバイザーは相談に乗ってくれる存在ですが、あくまでも転職を仲介してくれる存在であることを忘れないようにしてください。

リクルートエージェントとの電話面談で【好印象】を与える秘訣

上述をしたように、電話面談での印象が悪いとサポートを断られてしまう可能性があります。
ここからは、リクルートエージェントとの電話面談で好印象を与えられる秘訣を紹介します。
ポイントを抑えておくことで、悪い印象を与えることは無いでしょう。

ポイント①退職を決めた理由はハッキリと伝える

人それぞれ退職を決めた理由は様々でしょう。
中には、自己都合がなどが原因でその理由を濁したくなる人もいるかもしれません。
あまりにもプライベートな場合は、伝える必要は無いのですが、できる範囲で伝えることは大事になります。

また、理由を伝えるとなると頭の中がゴチャゴチャしてしまい、上手く言葉にできない人もいるでしょう。
そうならないためには、事前にノートに記入をしておくなどしてハッキリと簡潔に伝えられることを心がけてください。

ポイント②転職をするにあたり希望をする条件は明確に伝える

希望条件を伝えると転職ができないのではないかと不安に感じている人は多いです。
しかし、転職は「自分のため」に必要なことなので、希望条件を雑に扱ってしまうと必ず痛い目をみます。
事前に「どのような条件があるのか」を考え、メモをしておきましょう。
絶対に妥協できない条件(例:最寄り駅から徒歩10分以内に会社がある事)は、特に明確に伝える必要があります。

そして、希望条件を伝える際も相手に理解をしてもらいやすいように整理をして簡潔に伝えることが大事になるでしょう。

ポイント③感じたことや想いはなるべく言葉にして伝えること

電話面談は相手の表情が見えないため、意志がどうしても伝わりにくくなります。
そこをカバーするためには、積極的に言葉を伝えることが必要になるでしょう。
例えば、キャリアアドバイザーが質問をしてきたのであれば「そうです」と返答をするだけではなく「前職でこう感じたので、次の会社ではこのような働き方をしたいと考えています」と詳細に伝えることを意識してください。

返答の裏にある背景を見せることができるだけで、キャリアアドバイザーが感じるあなたへの印象はクッキリとしてくるでしょう。
電話面談で良い印象を与えるためには、明確に言葉で伝えることが大事になると覚えておいてください。

電話面談のメリット・デメリットを紹介

今後リクルートエージェントとの電話面談を行う上で気を付けるべきポイントを紹介しました。
最後に皆さんには「電話面談のメリット・デメリット」について解説をします。
地方に住んでいて、なかなか支社に行くことができないと電話面談のみで転職活動を進めることになる場合もあるのです。

電話面談のメリット

・直接支社を訪れる必要が無いため自分の都合が合わせやすい
・自宅から短時間で削段ができること
・休みの日にわざわざ出かける必要が無いこと
・転職業界が限られている場合は、電話面談だけで求人を紹介してもらうことができる

電話相談には、支社まで向かう労力や費用を抑えることができるメリットがあります。
自身の時間を有効的に使いたい方にとってはうってつけの相談方法と言えるでしょう。

電話面談のデメリット

・自身の人柄を伝えにくい
・電話だけでは説明しづらいことがある
・必要書類を提出する際の添削が口頭説明のみになり理解しづらい
・希望職種が複数ある場合など、電話面談だけでは自身のビジョンを伝えづらい

相手の顔や雰囲気を知っていると、電話面談でも表情は伝わってきますが、直接話をしたことが無い相手とのやりとりは意思の疎通が難しくなるケースが多いです。

まとめ

この記事では、リクルートエージェントで「電話面談のみ」だった場合について紹介しました。
電話面談の際に紹介できる求人がないと伝えられてしまうと、サポート終了になる可能性が高いと覚えておくようにしましょう。

また、電話面談を行う際に気を付けるべきポイントは「明確に言葉で想いを伝えること」です。
表情が伝わりにくいからこそ注意をするようにしてください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。