違いが気になる!【リクルートエージェント】と【リクナビネクスト】について徹底解説

転職活動をしていると、様々な転職エージェントの広告を目にすることもあるでしょう。
1人で転職活動をしているとモチベーションが下がることや、転職に対しての不安を感じることから、なかなか想い通りに進められないこともあるはずです。
そういった悩みを感じている方には「転職エージェント」の利用をおすすめします。

しかし、転職エージェントの数は多くどのエージェントを利用すべきかと悩むこともあるでしょう。
特に「リクルートエージェント」と「リクナビネクスト」に関しては、どのような違いがあるのかが分からないとの声も多く寄せられています。

この記事では、そんなリクルートエージェントとリクナビネクストについて「違い」や「どのような人が利用をすべきか」を紹介するので是非参考にしてください。

おすすめの就職サービス

そもそも転職エージェントとは何?サービスについて紹介

「そもそも転職エージェントって何?」と感じている方もいるかもしれません。
転職エージェントというのは、転職希望者に向けて「企業への人材紹介」を行うサービスになります。
転職希望者と転職希望者を募集している企業との間に立つ「仲介役」をしてくれるサービスです。

ただ、仲介をしてくれるだけではなく、提出書類の添削や面談対策を行ってくれるなど、転職を行うにあたり必要な対策を共に行ってくれます。
各転職エージェントには実績のあるキャリアアドバイザーが在籍をしており、担当として1人1人の転職活動のサポートをしてくれるでしょう。

このサポート方法は転職エージェントにより違いがあり、職種ごとにキャリアアドバイザーが在籍をしている転職エージェントもあれば、企業と転職希望者両方の担当につくキャリアアドバイザーが在籍をしている転職エージェントもあります。

そのため、多くの転職希望者は複数社の転職エージェントに登録をしていることが多いでしょう。

リクルートエージェントとリクナビネクストの【母体】は同じ会社!

リクルートエージェントとリクナビネクストの違いについて紹介をする前に、まず知ってほしいのが、この二つは「同じ会社が運営をしている」ということです。
母体となっている会社は「リクルートホールディングス」という、人材紹介系企業の中では最大手とも呼べる企業になります。
人材関係の事業を行っているのは子会社の「リクルートキャリア」です。

きっと「リクルート」のCMを目にした事がある方は多いのではないでしょうか?
転職はもちろん、新卒の就活エージェントなども運営をしている企業で、その実績は業界内でも格段と高い企業となっています。

リクルートエージェントとリクナビネクストは名前が似ているため、一体どんな企業が運営をしているのか気になっていた方もいるかもしれません。
どちらも同じ企業が運営をしていることを知れると「サービスに違いがあること」を理解できる機会にもなるでしょう。

【違いは何?】リクルートエージェントとリクナビネクストについて

リクルートエージェントとリクナビネクストを運営している企業が同じであることを知れたのであれば、その違いがより気になった方もいるはずです。

大きく違うのは「転職エージェント」であるか「転職サイト」であるのかになります。

リクルートエージェントとは

転職エージェントのひとつであるリクルートエージェントでは、転職支援をキャリアアドバイザーに行ってもらえます。
企業とのマッチングや、面談対策、また入社時期の調整といった細かい支援を行ってくれることが特徴と言えるでしょう。

また、転職エージェントが保有している企業の求人情報は非公開求人であることが多いです。
こちらは、転職エージェントしか知りえない求人情報になり、紹介をしてもらわない限り知ることができなくなります。

そして、業界最大手と呼べるリクルートエージェントが紹介できる非公開求人の数は他の転職エージェントに比べて多く、実績のある転職エージェントだからこそ紹介をすることができると言えるでしょう。
大手企業の求人などが揃っているのが、リクルートエージェントの特徴でもあります。

リクナビネクストとは

リクナビネクストは、リクルートが運営をする「転職情報サイト」です。
こちらは企業から申し込まれた求人をサイトに掲載をしています。
したがって、求人は全て公開求人となっており、転職希望者が自身で応募をし、内定まで完結をさせる必要があるのです。

また、求人の掲載期間であれば誰でも応募をすることができるため、気軽に転職を考えることができるサイトといえるでしょう。
転職を考えている方の多くは、リクナビネクストのサイトを見たことがあるのではないでしょうか?

転職エージェントと転職サイトの最大の違いについて解説

転職エージェントと転職サイトの最大の違いは、やはり「転職をサポートしてもらえるかどうか」です。
転職サイトというのは、求人情報が載っているだけになるため、応募から内定まで全ての工程を自分1人で行う必要があります。
提出書類の添削などをしてもらうことはできません。

ここをマイナスに捉えてしまう方は、やはり「誰かと共に転職活動をすること」がおすすめです。
逆に「自分のペースで転職活動を行いたい」と考えている方にとっては、転職エージェントより転職サイトに登録をする方が合っていると考えることもできるでしょう。

転職エージェントに登録をすれば専任のキャリアアドバイザーがついてくれるため「ひとりで転職活動を行っている」という感覚にはならないはずです。
転職の最初から最後まで、共に走ってくれる伴走者のような存在がいると、モチベーションを保ちながら転職活動に取り組めることでしょう。

自分の転職活動のスタイルはどちらに合っているのかを考えることで、向き不向きが見えてくるはずです。
是非一度この機会に転職活動をどのように行っていくのかを考えてみてください。

それぞれに【使うべき人】がいる!活用方法を解説

ここまで、リクルートエージェントとリクナビネクストの違いについて解説をしました。
リクルートエージェントは転職エージェントで、サポートをしてくれるサービスを行っています。
リクナビネクストは、転職求人が掲載されたサイトで求人を探し自分のペースで転職を行いたい人にオススメのサービスです。

このように、リクルートエージェントとリクナビネクストの利用にはそれぞれメリットデメリットがあり、どう感じとるかは「自分次第」だったりします。
そのため、ここからはリクルートエージェントの利用が向いている人と、リクナビネクストの利用が向いている人を紹介するので是非参考にしてください。

リクルートエージェントの利用が向いている人

・1人で転職活動を行うことに不安を感じている方
・初めての転職活動で提出書類の添削などをしてほしい方
・少し受け身な所があり、マッチする企業を客観的に知りたい方

このように、自分1人で転職活動を行うよりも誰かと共に転職活動を行いたいと感じている方もいるでしょう。
添削や面接対策などは自分でやることに限界を感じてしまう方もいるはずです。
そういった全体的なサポートをしっかりと受けたい方は、リクルートエージェントの利用が向いているでしょう。

リクナビネクストの利用が向いている人

・自分のペースで転職活動を行いたい方
・まだ転職活動を本格的に始める予定は無く求人を知ってみたい方
・登録をし企業からのスカウトを待ってみたい方

リクナビネクストはあくまでも「求人掲載サイト」です。
ただし、自身の職務経歴などを登録しておくことで企業側からオファーを受けることができます。
「今すぐに就職活動を行うわけではないけど、市場価値を知りたい」という方や「経験職種ならどんな企業に就職化できるのかを知りたい」と考えている方は、こちらの登録がおすすめです。

リクルート運営以外でおすすめできる転職エージェント・転職サイト

転職エージェントに登録をする方の多くは、複数の転職エージェントを利用していることが多いです。
そのため、最後に皆さんにはリクルートエージェント以外におすすめできる転職エージェントを紹介します。

求人の質が高い【doda】

CMで目にしたことがある方もおおいであろう転職エージェントの「doda」は、求人数はもちろんのこと「質の高い求人が多い」と言われています。
人材紹介系の企業の中では大手なので、安心して支援を受けることができるでしょう。
リクルートエージェントと掛け持ちで登録をするのもオススメです。

キャリアアップしたい方におすすめの【ビズリーチ】

ビズリーチで転職活動をする方の多くは、キャリアアップを考えていることが多く、ハイクラス向けの転職サイトです。
そのため、自身の年収が低いとスカウトが来ないなどのデメリットもありますが、自分の現段階での転職市場価値を確認することもできるでしょう。
キャリアアップをするために今後転職を視野に入れている方は一度登録をしてみるのも良いかもしれません。

まとめ

リクルートエージェントとリクナビネクストの違いが分からなかった方も、きっと記事を読んだことで理解ができたのではないでしょうか?
転職エージェントと転職サイトの登録には「向き不向き」があります。
また、現段階でどのぐらい転職活動をしたいかの意欲によって選ぶものは変わってくるでしょう。

悩んだ時は「どちらも利用する」というのもひとつの選択肢になります。
記事を読んで少しでも今の自分に合う転職の方法を見つることができたら幸いです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。