リクルートが運営をする【リクルートエージェント】と【リクナビ】の違いはなに?面談などの攻略法も一緒に解説します

転職活動を始めると「リクルート」という言葉を聞く機会は増えるでしょう。
リクルートというのは、人材紹介業界で最前線を走る大手企業です。
CMや電車内広告などでその文字を見た経験がある方は多いでしょう。

そんなリクルートが運営をする転職ポータルサイト「リクナビ」を転職で利用している方は多いのですが、それ以上にオススメなのが、リクルートが運営をする転職エージェント「リクルートエージェント」です。
この記事では、そんな転職サイトと転職エージェントの違いや、転職エージェントに登録をすると必ず行われる「面談」について紹介をします。

転職活動を始めるにあたり、1人でやることに対して不安を感じている方は是非「リクルート」が運営をする転職サイトや転職エージェントの利用を考えてみてください。
きっとこの記事を読むことで参考になるはずです。

おすすめの就職サービス

面談方法を知る前に!転職エージェント業界大手でリクナビを運営する【リクルート】について紹介

冒頭でも紹介をしましたが「リクルート」について詳しく説明をします。
「株式会社リクルート」は人材総合サービスを行う企業で、界隈の中で「最大手」と呼ばれる企業です。
転職はもちろん、新卒エージェントまで幅広くサービスを展開しており、例年多くの方が利用をしています。

特に、転職ポータルサイトである「リクナビ」は登録者数はもちろんのこと、公開求人数も多いことで有名です。
業界内で実績がある企業だからこそ公開できる求人も多く、転職活動をするなら「まずリクナビに登録をする」と言った人は比較的多くいます。

そんなリクルートが運営をする転職エージェントが「リクルートエージェント」です。
こちらに登録をすると大手リクルートだからこそ保有をしている非公開求人を紹介してもらうこともできます。
登録料などは必要が無く、大手のサポートを安心して受けることができると転職活動者の多くが利用をしているのです。

したがって、転職活動をはじめて行う方、1人で行うことが心細いと感じる方にはオススメできるサイトであり、転職エージェントになります。

リクナビとリクルートエージェントに登録をすると、どちらでも面談は行われるの?

「リクナビ」と「リクルートエージェント」の違いや、母体である「リクルート」について紹介をしました。
どのような会社が運営をしているのかが分かると、安心をして登録ができるのではないでしょうか?

そんなリクナビ・リクルートエージェントは「どちらも並行をして活用をしている」という人が比較的多い印象があります。
片方は「転職ポータルサイト」で、もう片方は「転職エージェント」です。
登録をすると「面談」などが行われるのか気になる方も多いでしょう
ここからは、登録をしてからの流れについて紹介をします。

リクナビに登録をしてからの流れ

まずリクナビは求人を掲載しているポータルサイトになります。
学生のための就職情報が掲載されているサイトもあれば、派遣専用のサイトもあります。
そして転職活動専用のポータルサイトが「リクナビNEXT」というサイトになると覚えておいてください。

こちらの会員登録は無料で行うことができ、自分のスキルや情報を入力することでマッチング率の高い求人を紹介してくれます。
また、気になった企業側からスカウトが来ることもあるのです。

基本的にこちらのサービスは自分が主体になって動くことが必須になります。
求人を探すことも、面談の日程調整も自分自身で行うと覚えておくようにしましょう。
また、相談などを含めた直接的なサポートを受けることはできません。

リクルートエージェントに登録をしてからの流れ

リクルートエージェントは「転職エージェント」になるので、登録をすると在籍をしているキャリアアドバイザーから支援を受けることができます。
支援の幅は広く、転職を始める瞬間から内定が決まった後の入社日調整までです。

リクナビは公開求人が掲載されている転職ポータルサイトなので、自主性が必要になりますが、リクルートエージェントに登録をすると「二人三脚」のような形で転職活動を進めることができます。
したがって、面談も必ず行うことになると覚えておくようにしましょう。

登録をすると電話面談が行われることが多く、その後マッチングする求人が見つかれば直接面談に進むケースは多いです。
残念ながら紹介をできる求人が無いと、電話面談の際にお断りをされてしまうこともあると覚えておいてください。

リクルートエージェントとの電話面談ではどんなことを聞かれる?

上述をしたようにリクルートエージェントに登録をすると、まず担当のキャリアアドバイザーと電話面談を行う流れになります。
そこでどのようなことを聞かれるのかを予め知っておくことは、電話面談での印象を下げない秘訣になるので覚えておいてください。

①これまでのスキルについて

電話面談では「マッチングする求人があるのかどうか」にキャリアアドバイザーは着目をしながら話を聞いています。
したがって、まず聞かれるのが「スキル・資格」についてです。
これまでどのような仕事をしてきて、どんなスキルを得たのかを話す必要があります。

突然聞かれると言葉にできない人も多いため、できればメモなどに記載をしておくことがオススメです。

②転職を考えた理由や退職理由について

次いで聞かれるのが、転職を希望する理由や、退職理由についてです。
退職理由は電話面談はもちろん、希望企業との面接の際にも聞かれる確率が高くなります。
なかなか言いづらい理由もあるかもしれませんが、悩んでいることが二度繰り返されるような企業に転職をしないためには「退職理由」はちゃんと伝えることが大事になります。

退職理由を伝えることができると、希望条件が明確になってくるのです。
したがって、キャリアアドバイザー自身もあなたに合う企業を探し出しやすくなるでしょう。

③転職意欲や転職時期について

これはどの転職エージェントに在籍をするキャリアアドバイザーが同じ想いを持っているでしょう。
やはり「転職意欲の高い人のサポートをしたい」と感じるはずです。
したがって、転職意欲があまりない方や、今すぐの転職を考えていない方は電話面談の時点でお断りをされてしまう可能性があります。

あまり乗り気ではない場合でも、転職意欲が全くないということは言葉にしないことがお互いのためになるでしょう。

直接面談は重要!転職サイト【リクナビ】を運営する【リクルートエージェント】で直接面談を受ける際の注意点をチェック

電話面談が終わると、直接面談に進むケースが多くなります。
直接面談を行ってもらう際は、かしこまりすぎる必要はないですが、気を抜きすぎてはいけません。
あなたにマッチングをする企業を紹介してくれ、また互いの転職に対する想いを理解していく必要がある場です。

まず、直接会って話をすることが大事になるので「第一印象を良くすること」を意識しましょう。
身だしなみを整えて臨むことは大事です。
何を着て行けば良いか分からない方はスーツだと間違いありません。
しかし今後の転職面接で「オフィスカジュアルで来てください」と言われることもあるため、服装チェックの意を込めて自分なりのオフィスカジュアルで行くのも良いでしょう。

そうすることでキャリアアドバイザーに服装のチェックをしてもらうことができます。
直接会う機会はそう多くはありません。
1回の時間を有効的に使うことを心がけてください。

また、予め直接面談で聞かれそうな事にに対する答えを用意しておくことも大事になります。
例えば、スキルについて何か提示した方が理解をしてもらえやすいのであれば、ポーフォリオなどを用意しておくことも必要になるでしょう。

そして、話をする際は相手の目を見て「話を聞く姿勢」を持つようにしてください。
当たり前の話ではありますが、タメ口で話すこともいけません。
気軽に相談をできる相手に思うことは良いことですが、あくまでも「転職活動の相談をする場」であることを忘れないようにしましょう。

リクナビを利用するうえでの注意点を紹介

リクルートが運営をする転職ポータルサイト「リクナビネクスト」を利用する際の注意点を最後に紹介します。
意外な場所に落とし穴があるので注意をしてください。

まず、こちらに掲載をされている求人は「公開求人」であるため、どうしても質の悪い求人があります。
中にはブラックな働き方を強要されそうな企業の求人もあるので、見極める力をつける必要があるでしょう。

また、上述した内容にはなりますが、こちらでは転職支援を行ってもらうことはできません。
相談に乗って貰いたいなどの想いがある場合は、リクナビネクストとリクルートエージェントのどちらにも登録をし、面談を行ってもらう必要があります。

稀に、リクナビネクストに登録をするだけで転職サポートを受けることができると勘違いしてしまう人がいるので、間違えないようにしましょう。
おすすめはどちらにも登録をし、有効活用をすることです。

まとめ

リクナビネクストとリクルートエージェントの違いや、転職エージェントに登録をすると行われる面談について詳しく紹介をしてきました。
人材紹介会社の大手であるリクルートが運営をするサービスはどれも安心をして受けることができます。

この機会に是非利用を考えてみてはいかがでしょうか。
転職活動は1人で行うよりも、客観的な視点でサポートをもらえると内定が取りやすいですよ。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。