マイナビエージェントに断られた理由には特徴がある?断られないためにポイントをチェック

転職エージェントを利用して転職活動を行う方は増えています。
ここ最近転職市場には様々な企業が参入をしていて、利用者側は自分に合った転職のサービスを見つけることができるでしょう。
そんな転職エージェントの中で、きっと一度は聞いた経験があるであろうエージェントが「マイナビエージェント」です。

幅広い世代の方が登録をしている大手の転職エージェントですが、実は登録をしたものの「断られてしまった…」というケースは結構あります。
どうして断られてしまうのでしょう。

この記事では、マイナビエージェントに登録をして断られた人の原因や断られるケースを紹介します。
原因やケースを知ることで今後利用を考えている方は「対策」を打つことができるはずです。

是非参考にしてください。

おすすめの就職サービス

そもそもマイナビエージェントとは?サービスの特徴を解説

「そもそもマイナビエージェントはどんなサービスを提供しているの?」と気になっている方もいるでしょう。
名前はよく聞くけど、実際どのようなことをしている企業であるのかが分からないことってありますよね。

まず、マイナビエージェントは高い転職成功率を誇る転職エージェントです。
各業界・職種別にキャリアアドバイザーが在籍をしていり、転職に精通をした方からサポートを受けることができます。
また「転職」について視野を広く持たれているキャリアアドバイザーが多いため、求職者に合う「未経験職種」や「他業界」の紹介をしてくれることもあるでしょう。

マイナビエージェントの特徴として「キャリアアドバイザー」以外に「リクルーティングアドバイザー」と呼ばれるアドバイザーが在籍をしています。
転職求人を出している企業に通い、「転職に関する情報を収集」しているため、欲している人材の情報や、社風などを転職希望者に伝えることができるのです。

そのため、転職をする際にギャップを感じることが無い点や、転職希望者にマッチする企業を見つけることができるといえるでしょう。
マッチング力が魅力なのが「マイナビエージェント」であると覚えておいてください。

意外と多い!マイナビエージェントに【サポート途中】で断られた場合

マッチング力に強く、多種多様な求人を紹介してくれるマイナビエージェントですが、実は「利用を断られてしまった」という方は少なくありません。
意外と多いのが「サポート途中で断られたケース」です。
サポート途中で断られるとは一体どのような状態をさすのでしょう。
詳しく解説するのでチェックしてください。

まず、サポート途中で断られるということは、面談を受け、求人の紹介もされていた状態を指します。
この状態でサポートを断られてしまう人の原因は大きく分けて3つに分かれます。

①高い希望条件を提示している

キャリアアップを目指している方や、現在就職をしている企業よりも大幅に収入を増やしたいと考えている方もいるでしょう。
そういった希望を持つことは大事ですが、あまりにも高すぎる条件を出すとマッチングしない可能性が高いです。

例えば、キャリアアドバイザーの方が経歴などを考えて「一番良い」と提案をしてくれた、現状よりは収入が増える企業を「希望条件ではない」と断ってしまうことが繰り返された場合、「提案できる企業が無い」とサポート終了になってしまう可能性があります。

②紹介をした企業の内定辞退を繰り返している

転職エージェントは転職を成功させ入社できた企業から報酬を貰うことで成り立っています。
これはマイナビエージェントだけではなく、ほとんどの転職エージェントがそうです。

したがって、転職が決まりそうなのに何度も内定辞退を繰り返すなどの行為をしていると、キャリアアドバイザーには必要以上に労力がかかってしまうでしょう。
転職希望者にとって、転職は人生を大きく動かすほど重要なことであることには間違いりありません。
そのため「合わない」と感じた企業の内定辞退をすることはいけないことではないのです。

しかし、何度も繰り返しているということはキャリアアドバイザーと転職に対する価値観が合っていないなど「ミスマッチが起こりやすい状態」であると考えることができるでしょう。
この状態で人材紹介を行い続けるこてゃ、エージェント側にとって大きな損害となってしまうため、サポートを打ち切られてしまう確率は高くなります。

③連絡の返信が遅いなどのビジネスマナーができていない

サポート途中で打ち切られてしまう理由として意外と多いのが「ビジネスマナーがなっていない」という理由です。
例えば、返信が遅く全くやりとりができていない人や、重要なメールを無視し続けている人などは打ち切られる可能性が高くなります。

こういった当たり前のビジネスマナーができていないと、エージェント側は転職をする意欲が無いとみなされてしまうことや、転職先を紹介することに不安を感じるでしょう。
上述したように、転職エージェントは転職を成功させた企業から成功報酬を受け取り成り立っているため、ビジネスマナーが出来ていない人が転職を成功させられる確率は低いと早い段階で見切るケースは高くなります。

連絡を取ることが送れてしまう場合は、お詫びのメールを送るなどして「信頼関係」を築くようにしてください。

マイナビエージェントに登録をしたもののサポートを断られた!意外と多い断られる【原因】

ここまでサポート途中で断られた原因を紹介しました。
マイナビエージェント側からすれば、やはり転職意欲が高く、成功できる人に労力を使いたいと思うでしょう。
また、希望条件を限定するなどしてしまうとサポートを断られてしまう可能性は高くなります。

では、登録をしたものの「紹介する求人がありません」と断られてしまう人にはどのような原因があるのでしょうか。
ここからは、考えられる原因を3つ紹介します。

①転職回数が多い

転職回数が多い方もいるかもしれません。
それぞれに事情があるとは思うのですが、転職エージェント側として仕事を紹介するとなる際に転職回数が多すぎると「紹介をしても辞められてしまう」と考えることや、長続きせず早期退職をされてしまうと考えられることもあるでしょう。

早期退職となった場合、転職エージェント側は報酬を受け取れないこともあり、その可能性が高いとみなされる人に人材紹介をしないケースは結構多いです。

では「多すぎる」とは一般的にどのくらいの回数なのでしょう。
大学卒業と同時に新卒で就職をしたと考え、回数を紹介します。
まず、入社後3年以内である25歳であれば「2回まで」が一般的に多すぎない回数です。
29際(新卒から入社後7年以内)であれば2~4回までが多すぎないと言われる回数ですが、4回転職をしていると考えると、2年に1度のペースで転職をしていることになるため、多いと感じる方もいるでしょう。

②マイナビエージェントの拠点と離れているため紹介ができない

意外とこの理由でサポートをしてもらえない人は多いです。
マイナビエージェントが活動拠点を置いているのは全国の6か所になります。
「東京・大阪・名古屋・横浜・福岡・北海道」です。

例えば、兵庫県や京都府といった「大阪に通える範囲」に住んでいる方は大阪のマイナビエージェントを訪れることもできるでしょう。
しかし、なかなか通うことが難しい地方に住んでいると、直接の面談ができずお断りされる可能性があります。

③正社員経歴が無いため

人それぞれに事情があるので、高校を卒業してフリーターや派遣社員として働いていた方もいるでしょう。
働いていることで社会人としての知識や、職種のスキルは持っているかもしれません。
しかし、マイナビエージェントでは正社員経歴が全くない方のサポートをお断りしていることもあります。

冒頭でも紹介したように、転職エージェントには様々な企業が参入しており、色にも違いがあるのです。
例えば、大手企業への転職に特化をしている転職エージェントもあれば、外資系に特化している企業もあります。

マイナビエージェントはそもそものスキルやキャリアが高い人のサポートに特化している部分もあり、大手の書類選考をまず通過できそうな人をサポート対象にしていることもあるのです。

正社員経歴が無いと、転職活動をサポートしてもらえない転職エージェントは意外と多いので、自分の経歴でサポートをしてくれるエージェント探しが「転職の鍵」になるといえるでしょう。

マイナビエージェントに一度断られた場合、再挑戦は可能?

ここまで、マイナビエージェントに断られた原因について紹介をしてきました。
断られた場合は、諦めて他の転職エージェントに登録を考える方が多いでしょう。
しかし「再挑戦できない」ということはありません。

どうしてもマイナビエージェントで転職をしたいという想いがあるのなら、少し時間を置いてから再登録するようにしましょう。
しかし、以前と同じ経歴ではサポートを受けられる可能性はほとんどありません。
したがって、資格を取ることや、現在の職種でより高り役職を目指すなど、スキルアップが必要になります。

転職エージェントの数はかなり多いため、現段階で転職を考えているのであれば、他の転職エージェントに登録をすることがおすすめですが、マイナビエージェントが紹介をする企業にどうしても転職をしたいと考える方は再挑戦を考えても良いかもしれません。

まとめ

この記事では、マイナビエージェントに断られた原因について詳しく紹介をしました。
転職エージェントにはそれぞれが持つ色味があり、マイナビエージェントは比較的「スキルを持っている人」をサポートしている傾向があることを覚えておくようにしましょう。

現段階の自分のスキルでは、どんな企業を紹介してもらえるのかを確かめるために登録をしてみてもいいかもしれません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。