転職エージェントに面談をしてもらう日の服装は私服?スーツ?

転職活動を行うにあたり、転職エージェントの利用をする人は多いでしょう。
登録をして、担当のキャリアアドバイザーとやり取りをすると「面談」を行ってもらえる段階に進むこともあるはずです。
いざ、転職エージェントとの面談を行うとなった場合「どのような服装で向かうべきか」と悩む方も多いでしょう。

この記事では、転職エージェントとの面談にいく際の「服装」や、予め準備をしておくべきものについて紹介します。
初めて転職エージェントの利用をする方や、直近で面談を受ける予定がある方は是非参考にしてください。
第一印象で好印象を与えることはとても重要なことになります。

おすすめの就職サービス

【服装を知る前に】転職エージェントに面談をしてもらう目的

転職エージェントと面談を行う際の服装について知る前に、どうして面談を行うのか…という「目的」を知っておきましょう。
面談には様々な目的がありますが、最大の目的はやはり「キャリアアドバイザーと転職希望者が互いに理解を深め合うこと」です。

転職活動というのは、今後の人生を左右するほど大事な分岐点になります。
そこを転職エージェントと共に歩んで行く上で、互いが「やりたい仕事」や「向いている仕事」について理解ができていないと、必ずミスマッチがおきてしまうのです。
転職エージェントに在籍をするキャリアアドバイザーの方から、より良いサポートを受けたいと思うのであれば、自分の考えをしっかり相手に伝える必要があります。

面談はそういった意思を伝える機会にもなるでしょう。
また、転職活動をするうえで悩んでいることなどを吐き出せる機会にもなるはずです。
転職エージェントとの担当者と話をするとなると、つい緊張をしてしまう人は多いでしょう。
しかし、面談は面接ではないので、肩の力を抜いて今後一緒に転職を行っていくアドバイザーコミュニケーションを取ることを意識してください。

転職エージェントとの面談日の服装に決まりはある?

記事の冒頭でも説明をしたように、転職エージェントとの面談に向かう際の服装に悩んでしまう人は多いです。
結論から伝えると、面談の際はスーツで訪れる必要はありません。
ただし、スーツで訪れることに間違いはないので「私服で良いんだ」と感じ、カジュアルな服装を選ぶうえで「これいいのかな?」と悩みが増えてしまう方もいるでしょう。

そういった悩みが原因で面談に向かうモチベーションを下げてしまうこともあれば、転職活動に対して不安が積もる可能性は高くなります。
したがって、変に悩むのであれば「100%間違いないスーツで向かう」というのは、一つの選択肢と言えるでしょう。

また「私服で良い」と伝えている転職エージェントのキャリアアドバイザーも1人の人間なので、どんな服装に対しても違和感を抱かないというわけではありません。
ラフに話せる機会とはいえ、あくまでも「転職の相談をする相手」と話す意識をしましょう。

例えば、露出度の高い服で向かうことや、Tシャツにジーパンといったカジュアルすぎる服でいくのは避けてください。
「オフィスカジュアル」な服装で向かうことがオススメです。

初対面の第一印象というのは、なかなか変わりません。
第一印象が良いだけで「転職に対してやる気がある」とみなされ、より良いサポートを受けられる可能性もあるのです。
そう考えると、転職エージェントとの面談に向かう際の服装は重要になると考えることができるでしょう。


男性が気をつけるべきポイントは「ラフすぎない格好にすること」です。
ジーンズやハーフパンツといった服装は避けるようにしましょう。
トップスはトレーナーなどを着るより、やはりポロシャツや襟付きのシャツを着用すると良い印象を与えることができます。

「私服で良いです」という言葉を鵜呑みにしてラフすぎる格好で向かうと印象が悪くなってしまうことを覚えておきましょう。
あくまでも転職の面談に行く意識が必要になります。

面談の際におすすめな服装【女性編】

女性も男性と同様に「ラフすぎる格好」には注意が必要です。
また、夏場のサンダルにも気を付けてください。
できれば、パンプスを合わせることがオススメです。

アクセサリーをつけたい気持ちも分かりますが、あくまでも転職活動の面談なので、面談前に取るようにしましょう。
短すぎるスカートや個性的過ぎる服装などは、どうしても印象が悪くなってしまいます。
自分の着たいと感じる服装を着ることは素敵なことですが「TPOを考えること」は転職活動に必要になるでしょう。

転職エージェントとの面談日の流れについて

ここまで、転職エージェントとの面談に行く際の服装について紹介をしてきました。
どのような服装で行けば良いのかが分かったのであれば、当日の流れについて把握をしておきましょう。
初めて面談に行く方は、予め「どのような流れで進むのか」を知っておくことで不安は軽減されるはずです。

①簡単な自己紹介

基本中の基本ですが、初対面の二人なので「挨拶や自己紹介」から始まることがほとんどです。
面談となると緊張を感じる人も多いでしょうが、評価をされたり落とされるような場所ではありませんので肩の力は抜いて、自分の意思を伝える意識をしましょう。
ただ、ラフすぎるのは印象が悪くなるため、自己紹介は履歴書に沿って行うなど…事前準備をしっかりしておくことは大事です。

②転職に対する意思や現在の状況について

互いの自己紹介が終われば、転職エージェントの担当者から質問をされることになるでしょう。
選考状況や、他者の転職エージェントの利用があるかなど…様々なことを聞かれると思うので、嘘をつかずに答えてください。
特に「他者利用はされていますか?」との質問に、気まずくなりたくないという理由で「していません」と嘘をついてしまう人がいます。

しかし、一般的に転職活動では複数社に登録をしている方は多いので、利用をしているのであればその旨を伝えるようにしてください。
転職エージェントの担当者は面談の際に「うちですぐに転職活動を行ってくれそうかどうか」を見極めているため、転職の意思が高いことを伝えると迅速なサポートに入ってくれる可能性が高くなります。

したがって、少しでも面談を行ったエージェントで転職先を探したい意思があるのなら「すぐに転職をしたいと考えており、複数のエージェントに登録はしておりますが、複数社で転職活動を行うことは時間の確保が難しく、職場からすぐに向かうことができる御社に面談のお願いをしました」などと伝えることで、転職の意思や「御社ファースト」の意思を見せることができるでしょう。

③転職希望者のスキルや職務経歴について

次いで聞かれるのが、あなたのスキルは職務経歴についてです。
履歴書を持参するのと同時に、予め記入をしておいた職務経歴書などがあると、間違えることもなければ、伝え忘れもなくなるでしょう。
効率よく面談を進めることが大事になるので、事前準備は必要です。

④希望職種や条件について

キャリアアドバイザーが求人情報を絞りこむために必要とする情報です。
たくさんの条件がいるかもしれませんが、条件が厳しすぎると「紹介ができる求人が無い」と言われてしまう可能性は高くなり、そこでサポート終了となるかもしれません。
そうならないためには「自分ではこのような条件を希望しておりますが、こちらの志向に合う求人などがあればご紹介いただけると幸いです」など、向こうの提案を聞く姿勢を見せるようすることで、サポートをしてもらえる確率は高くなります。

転職エージェントとの面談は【自分自身も相手をチェックすることが大事】

転職エージェントとの面談になると「自分が見られている」という意識が強く、つい緊張をしてしまう人も多いはずです。
しかし、この面談は「あなたが転職エージェントの担当者を見る機会」にもなります。
自分の転職相談をこの人に任せて良いのかを見極めなければなりません。

例えば、話し方やその人が持つ雰囲気、また自分の話をしっかりと理解しようとする姿勢を見せてくれているのかなど…。
確認をするようにしてください。
少しでも違和感を感じる場合は、担当を変えてもらうこともできます。

大袈裟な言い方かもしれませんが、人生の分岐点を一緒に考えてくれる人なので、自分で見極めることが重要になるでしょう。

【事前準備で当日の印象は変わる】面談までに用意をしておくとよいもの

最後に皆さんには転職エージェントとの面談日までに用意をしておくと良いものを紹介します。
まず、持ち物として必ず必要になるのが「履歴書」「職務経歴書」「筆記用具」」です。
この3つは予めエージェント側から連絡で伝えられていることも多くなります。

それ以外に持っていくと良いものは、自分の希望条件やスキルをまとめた用紙があると話しを進めやすいでしょう。
何を話したいのかを箇条書きにまとめておくことで、効率良く話を進められるはずです。
当日緊張をしてしまい、話すことが飛んでしまう人もいるかもしれません。

「自分は緊張しそうだな」と思う方は、予めの準備を忘れないようにしましょう。

まとめ

転職エージェントとの面談に行く際の服装について紹介をしました。
一般的に「私服OK」と記載があることが多いですが、ラフすぎる格好はやめておきましょう。
あくまでも転職活動の一環である意識を持つことが大事です。

おすすめはオフィスカジュアルな服装で向かうことです。
そうすることで、キャリアアドバイザーの方に「オフィスカジュアルがこれで間違っていないか」を確かめることができるでしょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。