転職エージェントに初めて訪れるときの服装は何がよい? 転職活動の服装選びとその理由を解説

転職エージェントに登録すると多くの場合、転職エージェント側の担当者と面談をおこなうことが多いです。これは実際に登録した人物が実在しているか、登録内容に嘘の記載がないかといった情報を確認するためでもあります。しかし、それ以外にも多くの理由もあり面談をおこなうことが多いです。このように転職エージェントに登録すると、たいてい1~3回は転職エージェント側の担当者と会うことになります。

そういったとき、服装はどうすればよいか悩む人も多いと思います。そこで今回は転職エージェントと会うときの服装について詳しく解説していきます。あわせて転職エージェントの役割や転職活動の服装についても詳しく解説していきます。今転職活動をおこなう予定の人は、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめの就職サービス

転職エージェントと面談するときの服装は? 基本はビジネススタイル

最初に転職エージェントと面談するときの服装について解説していきます。転職エージェントは私たち求職者に仕事を紹介し、その紹介料を企業側からいただくことで利益としています。そして求職者側から費用を貰うことは少なく、企業側からの紹介料で成り立っています。無料で利用できるため会社として意識していない人が多いですが、立派な営利企業のため契約を結んでいます。

そのため、転職エージェント側から一方的に契約を切られることもあり得ます。あくまで無料ではありますが契約を結んでいるということには注意しましょう。そんな転職エージェントと面談するときですが、服装はどのように選ぶべきでしょうか。回答としてはビジネススタイルで行くべきです。会社員を経験した方なら当然だとは思いますが、契約の場にカジュアルな私服で訪れる人はあり得ませんよね。

基本的にはビジネスの現場で着用する服装を選ぶことを心がければ問題ありません。男性ならスーツ一式(夏場はYシャツのみでも可)でネクタイ着用、靴は革靴で最低限の清潔感を意識しましょう。女性ならビジネス用の派手ではない服装を着用し、余裕があれば薄めの化粧とハイヒールが理想です。このように当たり前の服装を選択すればさほど問題にはありません。

しかし、今紹介した服装以外でも問題ないケースも存在します。それは転職エージェント側から服装の指定があったときです。具体的には私服可と指定があったときです。この場合はあまり派手な私服でなければ、私服で面談に望んでも問題ありません。しかし、あくまで私服可というだけなので男性女性最低限の身だしなみは意識しましょう。転職エージェント側からの印象は今後重要になります。

このように指定がなければビジネススタイル、あるときは常識の範囲で指定した服装を選ぶことがおすすめです。しかし、筆者の個人意見としては面接時にビジネススタイルの服装を着用するので、予行練習としてビジネススタイルを推奨します。ところで、転職エージェントと面談するときなぜ服装にこだわる理由があるのかを知っていますか?実はこの面談は書類の真偽確認以外にもう1つ大事な役割があります。

その役割をおこなうために服装が大きく関係するため、転職エージェント側は面談を求めていつ側面があります。その役割とは何でしょうか?次は転職エージェントの役割について解説していきます。

転職エージェントの役割は? 服装の指導といった包括的な役割もある

次に転職エージェントの役割について解説します。転職エージェントの役割は企業と転職者を繋げる橋渡しというものです。しかし、ただ企業に転職者を紹介するのではありません。転職エージェントはそれ以外の役割を持っています。それは企業側の求める人材の選定、そして転職者の定着をおこなうことです。まず前提として、既卒の就職活動では面接の回数が1回であることが多いです。

これは面接というものが企業側の負担が大きい選考になるからです。そこで使われるのが転職エージェントです。企業側は自社で面接をおこなわず、転職エージェントに面談や仕事の紹介という形で選考活動を依頼しています。その選考で紹介する企業を選びつつ選考をおこなうという形です。そのため企業としては転職エージェントを通して転職活動を推奨しており、その要望に答える形で転職エージェントが存在します。

転職エージェントは新卒の就職活動における1~3次選考も兼任しているわけです。そしてもう1つ重要な役割が定着率をあげることです。既卒の就職活動は過去に違う会社に勤めていたことのある人材を採用するということもあり、転職されるというリスクが高くなりがちです。そのため企業側も採用した人材がすぐに転職や離職をすることを警戒します。そこでポイントとなるのが転職エージェントの存在です。

転職エージェントを通して就職活動をおこなうことで、転職エージェントに対する恩というものが発生します。そのため1~3ヶ月といった短期の離職が発生しにくくなりやすいというメリットがあります。また採用後のアフターケアをおこなう転職エージェントも珍しくなく、短期離職を防ぐための様々な制度も存在します。それほど既卒の就職活動においては短期離職が問題視されています。

このように既卒の就職活動において転職エージェントの役割は重要であり、転職活動では必須と言えるものです。そして転職エージェントも求人を紹介する人材は選ぶということです。もし経歴が優秀で転職エージェントが求人を紹介したいとしても、本人の服装がよくないときは求人を紹介して貰えないこともあります。そのため服装といったマナー関連は特に注意していきたいですね。

また転職エージェントの中でも主にフリーターに特化したものの場合、服装について指導をおこなっているものもあります。それだけビジネスの場では服装が重要視されるということですね。では最後にビジネスシーンでの服装について傾向と特徴を解説していきます。

服装はどう決める? 転職エージェントに聞いてみた

最後にビジネスシーンでの服装について選び方と特徴を解説していきます。今回はケースごとに転職エージェントに傾向と特徴をまとめていただいたので、それを基準に解説していきます。ぜひ参考にしてみてください。

最初に一般的な企業の面接を受けるときの服装です。これはビジネススタイルと呼ばれるスーツやそれに準じた服装なら特に問題はありません。そのとき、できる限り主張の少ないものを選ぶとなおよいです。具体的には柄や色のついたインナー、Yシャツを使わず無地で統一する。ベルトやネクタイといったアクセサリーは地味なものを選ぶ。化粧は薄くおこない、アイシャドウは暗めのものを選ぶ。

こういったことにこだわることでよい印象を与えることができます。また応募業種が営業や受付業務の場合は清潔感にも意識をおこないたいです。特に男性の場合、ひげや髪型といった第一印象を決めるポイントが多くあります。そのため手入れは日々意識することを心がけましょう。女性については笑顔を意識すると印象がよくなるのでおすすめです。

次は外資系やIT系によくある私服可とある面接を受けるときの服装についてです。この場合はとても難しいケースもあり、一概には言えませんが私服で行くことが望ましいです。理由としては私服可というケースでビジネススタイルで訪れると、固い人材と認識されてしまう可能性があるからです。この系統の求人は革新的な人材を求めているため、あまりビジネススタイルを好まないというわけです。

もちろんビジネススタイルでも問題はありませんが、印象に影響を与えるためできる限り私服を選ぶようにしましょう。この場合の私服は前述した派手でないものを中心に選びましょう。男性女性問わずアクセサリーの多用はNGですが、ワンポイントであればアクセサリーも問題ありません。基準としては初めて遊ぶ友人に見せられる服装を、意識して貰えれば問題ありません。

最後はブルーカラーと呼ばれる主に現場仕事となる職場の面接を受けるときの服装についてです。この場合は基本的にはビジネススタイルで問題ありませんが、女性は靴について注意をしたほうがよいです。その理由として面接時に現場の紹介をおこなうことがあり、ハイヒールで長距離移動をおこなう可能性があるからです。そのため使い慣れた別の靴を用意してくと、好印象になることがあります。

このように目的と業種にあわせた服装を選択することで、好印象を与えることが可能です。ぜひ参考にしてみてください。

服装に囚われたくない、その考え方の注意点

近年では服装を自由にしようという風潮があります。女性のKo too運動などが代表的であり、多くの賛同者を集めています。しかし、ビジネスシーンで特に採用面接時にその考え方はおすすめしません。理由としては単純にメリットが少ないからです。採用後の働いているときならまだしも、採用前の面接で強い個性を出して、メリットがあるケースはほとんどありません。

むしろ企業側から危険な因子と判断される可能性のほうが高いです。あくまで採用前は無難に個性を出しすぎず、個性を出すのは面接の中身を心がけるようにしましょう。

まとめ 転職エージェントと面談するときでも服装は重要

まとめとして今記事では転職エージェントと面談するときに服装はどのようにすればよいかについて解説しました。服装の選び方とその理由や転職エージェントの役割を解説し、面接時の服装のポイントについて解説しました。転職エージェントも営利企業のため人は選びます。そのことを忘れずに最適な服装を選ぶように心がけましょう。あなたの転職活動が成功することを祈っています。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。