転職エージェントの内定は辞退できる? 内定辞退のやり方と手順を解説

転職エージェントを使って転職をしたとき、内定辞退ができるって知っていますか?もちろん、内定辞退は正当な権利です。しかし、仕事を紹介された身としては内定辞退はおこないにくいものです。そのため内定辞退ができることを知っていても内定を受けてしまう人もたくさんいます。そこで今記事では内定辞退のやり方について詳しく解説します。あわせて内定辞退の手順についても解説します。

もし今転職活動をおこなっていて、内定辞退を検討している人はぜひ参考にしてみてください。

おすすめの就職サービス

内定辞退とは? 転職エージェントを通した転職活動の問題点

最初に今記事のテーマでもある内定辞退について解説します。内定辞退はその名の通り内定を辞退することです。この内定というものは企業側から採用を内々に決定したという意思表示のことです。簡単にまとめると採用したいと企業側から合格を貰ったということです。この内定については法的に正式なものとされており、書面では契約していませんが正式な法的根拠を持ちます。

この内定ですがあくまで企業側からの回答なので、採用された側である私たちの回答ではありません。そのため、内定をいただいた企業を辞退することは可能です。しかし、内定辞退は可能ですが、何も考えずに内定辞退をすることは避けるべきです。その理由としては主に2つあります。今回はその理由について詳しく解説していきます。

理由 もともと入社する気がないと判断される

1つ目の理由は内定辞退をする理由がはっきりしていない場合、そもそも入社する気がないと判断される可能性があります。これは企業、転職エージェント共に疑われる可能性があります。そもそも既卒の転職活動は即戦力を確保したがる傾向が強いです。そのため、経歴やスキルが重視されます。企業側も新しく人材を雇って育てるというより、すでにある程度育った人材を採用するというイメージです。

このような状況で転職エージェントを通じて面接に来たという人材はあまり手放したくはありません。そのため面接までいった人材は多くの場合採用されます。そういった状況で理由のない内定辞退を連続しておこなうと印象が悪くなります。企業側は直接関係がないことが多いですが、問題となるのは転職エージェント側です。せっかく紹介した求人を理由もなく内定辞退されてしまうとなると、求人を紹介して貰えなくなります。

そのため、理由のない内定辞退は避けるべきだと考えます。

理由 コストが無駄になる

2つ目の理由は面接をおこなうまでに掛けたコストが無駄になるということです。これは企業側、転職エージェント、そして私たち求職者側にも当てはまります。面接まで進んだということは少なくとも、面接をおこなうまでは入社の意思があるということです。もし入社する意思がない場合、そもそも面接まで進まないことがほとんどです。そのため面接のときに、何か思うことがあって内定辞退をするというケースを除けばコストの無駄になります。

もちろん、実際面接してみないと分からないこともあり内定辞退は権利なので法的に問題はありません。しかし、少なくとも面接をするために私たちも時間や費用といったコストを掛けています。そのコストも積もり積もって大きくなるので、面接まで進んだ場合は理由もない内定辞退は避けるようにしましょう。

このように内定辞退はきちんとした理由がある場合におこなうことが、お互いのためでもあります。特に転職活動において転職エージェントとの関係は重要なため、関係は良好のまま進めたいですね。しかし、転職活動において転職エージェントが重要なことをあまり理解していない人は多いです。そこで次は転職エージェントについて詳しく解説していきます。

転職エージェントとは 内定辞退も転職エージェントを通しておこなう

次に転職エージェントの役割について解説します。転職エージェントの役割は企業と転職者を繋げる橋渡しというものです。しかし、ただ企業に転職者を紹介するのではありません。転職エージェントはそれ以外の役割を持っています。それは企業側の求める人材の選定、そして転職者の定着をおこなうことです。まず前提として、既卒の就職活動では面接の回数が1回であることが多いです。

これは面接というものが企業側の負担が大きい選考になるからです。そこで使われるのが転職エージェントです。企業側は自社で面接をおこなわず、転職エージェントに面談や仕事の紹介という形で選考活動を依頼しています。その選考で紹介する企業を選びつつ選考をおこなうという形です。そのため企業としては転職エージェントを通して転職活動を推奨しており、その要望に答える形で転職エージェントが存在します。

転職エージェントは新卒の就職活動における1~3次選考も兼任しているわけです。そしてもう1つ重要な役割が定着率をあげることです。既卒の就職活動は過去に違う会社に勤めていたことのある人材を採用するということもあり、転職されるというリスクが高くなりがちです。そのため企業側も採用した人材がすぐに転職や離職をすることを警戒します。そこでポイントとなるのが転職エージェントの存在です。

転職エージェントを通して就職活動をおこなうことで、転職エージェントに対する恩というものが発生します。そのため1~3ヶ月といった短期の離職が発生しにくくなりやすいというメリットがあります。また採用後のアフターケアをおこなう転職エージェントも珍しくなく、短期離職を防ぐための様々な制度も存在します。それほど既卒の就職活動においては短期離職が問題視されています。

このように既卒の就職活動において転職エージェントの役割は重要であり、転職活動では必須と言えるものです。そして転職エージェントは転職活動の窓口としての役割、採用の初期段階という2つの側面を持ちます。しかし、この転職エージェントはあくまで個別の会社であり企業側の一部署というわけではありません。そのため、複数の企業を一度に紹介するといったこともおこないます。

そうした場合、すべてに内定が出るケースも当然あります。そこで、最後に内定を辞退してもよいケースとその手順について解説します。

内定辞退をおこなう手順とは? 基本的には転職エージェントに依頼する

最後に内定辞退をおこなう手順について解説します。転職活動の場合、新卒の就職活動と違い内定辞退は転職エージェントを通じておこないます。そのため、もし企業に直接連絡できる状況だとしても転職エージェントに話を通してから内定辞退をおこなう必要があります。当然転職エージェントを通じて内定辞退をおこなうので、内定辞退にはきちんとした理由が必要です。では具体的にどのような理由なら内定辞退が可能でしょうか?

・面接時に説明された条件が求人票と大きく違った
・面接時に企業側との信頼関係を築けなかった
・複数の求人を受けており、よりよい条件の企業の内定がでた

基本的に内定辞退の理由としては上記3つが多いです。もちろん個別のケースは存在しますが、今回はこの3つについて詳しく見ていきます。

まず、面接時に説明された条件が求人票と大きく違ったについてです。これは給与や雇用形態、勤務先や勤務内容といったことが求人票と大きく違う場合に該当します。例えば求人票では月給30万だったのに、実際の契約では月給20万だった。もしくは求人票では都内勤務であったのに、実際の勤務先は地方であった。こういった求人票と実際の条件が食い違っているケースは内定辞退をおこなって問題ありません。

しかし、微細な違いの場合はこの限りではありません。例えば勤務地が都内でも、本社ではなく支社であったというケースが微細な違いと判断されます。基本的には求人票通りの条件であることが前提ですが、稀にあり得るケースなので注して確認するようにしましょう。

次は、面接時に企業側との信頼関係を築けなかったについてです。これは面接時に暴言を受けた、企業側から不当な扱いを受けたなどのケースが該当します。条件に問題はなくてもその企業と信頼関係を築けないと判断した場合、内定辞退をおこなって問題ありません。

最後は、複数の求人を受けており、よりよい条件の企業の内定がでたについてです。これはそもそも転職エージェント側が内定辞退を前提に求人を紹介しているため、内定が出た企業から選ぶ形となっています。そのため内定辞退をすることに問題があると判断されることはありません。企業側にもその旨を説明していることも多いため、こちらで気にかける必要はないでしょう。

このように正式な理由があるときは内定辞退をおこなっても問題ありません。ではその方法について解説します。内定辞退の方法は、転職エージェント側の担当者にその旨を伝えるだけです。こちら側から何か手続きをするといったことはありません。理由として転職エージェントを通した転職活動では、窓口はすべて転職エージェントが担当します。そのため企業側も個別に対応することはほとんどありません。

そのため、転職エージェントに内定辞退の理由を伝えそれが正当な理由ならば内定辞退は完了です。とても手軽ですね。しかし、手軽だからと言って理由もない内定辞退をおこなうと、信頼関係が崩れてしまうのでそこだけは注意が必要です。

まとめ 内定辞退をおこなうときは転職エージェントとの関係に注意

まとめとして今記事では内定辞退と転職エージェントの関係について解説しました。内定辞退のポイントや転職エージェントの役割を解説し、内定辞退をおこなうときの理由と手順について解説しました。内定辞退は正式な理由がない場合、転職エージェントとの信頼関係に影響が出るということだけは意識していきたいですね。今記事があなたの転職活動に役立つことを願っています。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。