転職エージェントからの連絡がうざいという人必見、その連絡はなぜ来るのか

転職活動には転職エージェントは必須な時代です。そのため多くの場合転職エージェントを利用して転職活動をおこないます。しかし、使ってみたらうざいぐらいに連絡してくることがあります。ひどいときには1日で電話が5回、メールが10通以上届くこともあり正直気持ちは分かります。しかし、これは転職エージェントから嫌がらせでもなければ理由もしっかりあります。

頭ごなしにうざいというのはいささか早計です。そこでなぜ転職エージェントがうざいぐらい連絡してくるのか、その理由について詳しく解説します。もしマイナスのイメージを持っているという人は、ぜひ今記事を最後まで読んでみてください。

おすすめの就職サービス

転職エージェントとは? うざいと言われることもあるが重要な存在

最初に転職エージェントの役割について解説します。転職エージェントの役割は企業と転職者を繋げる橋渡しというものです。しかし、ただ企業に転職者を紹介するのではありません。転職エージェントはそれ以外の役割を持っています。それは企業側の求める人材の選定、そして転職者の定着をおこなうことです。まず前提として、既卒の就職活動では面接の回数が1回であることが多いです。

これは面接というものが企業側の負担が大きい選考になるからです。そこで使われるのが転職エージェントです。企業側は自社で面接をおこなわず、転職エージェントに面談や仕事の紹介という形で選考活動を依頼しています。その選考で紹介する企業を選びつつ選考をおこなうという形です。そのため企業としては転職エージェントを通して転職活動を推奨しており、その要望に答える形で転職エージェントが存在します。

転職エージェントは新卒の就職活動における1~3次選考も兼任しているわけです。そしてもう1つ重要な役割が定着率をあげることです。既卒の就職活動は過去に違う会社に勤めていたことのある人材を採用するということもあり、転職されるというリスクが高くなりがちです。そのため企業側も採用した人材がすぐに転職や離職をすることを警戒します。そこでポイントとなるのが転職エージェントの存在です。

転職エージェントを通して就職活動をおこなうことで、転職エージェントに対する恩というものが発生します。そのため1~3ヶ月といった短期の離職が発生しにくくなりやすいというメリットがあります。また採用後のアフターケアをおこなう転職エージェントも珍しくなく、短期離職を防ぐための様々な制度も存在します。それほど既卒の就職活動においては短期離職が問題視されています。

このように既卒の就職活動において転職エージェントの役割は重要であり、転職活動では必須と言えるものです。しかし、この転職エージェントですがインターネットを中心に評判が悪いことが多いです。その理由の大半が連絡が多い、メールがたくさん来る、電話が仕事中なのにかかってくるといった内容です。もちろん、転職エージェントが悪いケースもあります。しかし、すべてがそうとは限りません。

そこで次はなぜ転職エージェントから頻繁に連絡が来るのか、その理由について詳しく解説します。

転職エージェントからうざいぐらい連絡が来る理由は?

次に転職エージェントからうざいぐらい連絡が来る理由について解説します。まず前提として転職エージェントは利用者側は原則無料で使うことができます。転職エージェントも元を辿れば普通の営利企業であり、利益を稼ぐ必要があります。しかし、それなのに無料で使うことができるというのは少し疑問です。ではなぜ転職エージェントは無料で使うことができるのでしょうか?

その答えは転職エージェントは企業側から報酬を受け取っているからです。そのおかげで私たちは無料で使うことができるというわけですね。つまり、転職エージェントとしては本当の意味でのお客様は企業です。そのためある程度企業側に有利なことをしてしまうこともあり得ます。そういった前提で話を見ていきましょう。まず、無料ではありますが転職エージェントと私たちは契約をしています。

その契約内容は転職活動をおこなうにあたって求人の紹介をおこなう、代わりに希望の企業を見つけたら入社してもらう。こんなイメージの契約をしていると思ってください。そのため転職エージェントの本音としては、入社してもらわないと困るということです。もちろん企業を選ぶ最終決定は私たちがおこないます。しかし、転職エージェントとしてはできる限り早く企業に入社して貰いたいが本音です。

このように視点を変えれば転職エージェントが頻繁に連絡して来る理由も分かると思います。できる限り早く納得した転職先を見つけてほしいという気持ちが、頻繁な連絡に繋がっているというわけですね。またそれ以外の理由も存在します。それは求人の中には時間的な制限があるものもあるからです。例えばIT系の条件のよい求人などは、そこまで多くの数がありません。

それこそ先着数名しか応募できないといったケースも存在します。このような場合、転職エージェントは先に回答を貰えた人を紹介することが多いです。そのため早めの意思表示を貰いたいため、繰り返し連絡してくることがあります。これは私たちのためでもあるので、ある種仕方ないことだと思います。このように転職エージェントの連絡がうざいという人はその理由を考えて見ることをおすすめします。

しっかり理由を考えればその理由も分かると思います。と、言って見たものの、やはり日中の頻繁な連絡はうざいと思う気持ちも分かります。特に会社に内緒で転職活動をおこなうケースもあり、日中の連絡を避けてほしい人も多いです。そこで最後に日中に頻繁に連絡が来ないように対策する方法を解説します。

転職エージェントからのうざい連絡 その対策方法とは?

最後に転職エージェントからのうざい連絡を防ぐ対策方法について解説します。今回は2つの方法を解説します。ぜひ参考にしてみてください。

方法1 前もって連絡が通じない旨を伝える

1つ目の方法は転職エージェント側に前もって日中の連絡を不可と伝えておくことです。これは転職エージェントに始めて登録するときに、質問されることもある項目なので一般的な方法です。前もって連絡が付かない時間を指定することで、緊急時以外の連絡がなくなるためストレスが低減されます。社会人なら平日8時~20時を指定しておけば、ほとんどの場合連絡が来ることもありません。

これでうざいと感じることはほとんどなくなるでしょう。しかし、この方法には2つ欠点があります。1つ目は電話は防げますが、メールに関しては防ぐことができません。メールが大量に溜まっていると確認するのも億劫ですし、返信をするのも大変です。また大量のメールにまぎれて大事なメールを見逃す可能性もあります。そのため、転職エージェントに登録するときは新しくメールアドレスを作ることをおすすめします。

そしてもう1つの欠点が時間制限のある求人は紹介されにくくなることです。こればかりは先着順で紹介されるので仕方ないことですね。もしかしたら担当者によっては取り置きして貰えることもありますので、最初の面談で可能な限り詳細な条件を伝えておくことをおすすめします。

方法2 アプリで転職活動をおこなう

2つ目の方法はアプリで転職活動をおこなうことです。近年転職エージェントでもデジタル化が進み、リクルートを中心とした大手の転職エージェントではアプリで転職活動が可能になりました。それらアプリを利用することでうざいという感情を抑えることが可能です。具体的なアプリを利用した転職活動のメリットを紹介します。一番のメリットがほとんど電話が来ないことです。

アプリでの転職活動はそのほとんどがアプリ内で完結します。最初の登録時に1~2回電話をすることはありますが、ほとんどがアプリでのやり取りになります。そのため日中電話がかかってくることはほとんどありません。会社に伝えず転職活動をおこなっている身としてはとてもありがたいですね。またメールについてもメールアドレスに配信されず、アプリ内で配信されます。

これで大量のメールに悩まされることもなくなります。また返信もアプリ内で可能で、興味のあるなしもボタン1つで回答が可能です。これなら大量に求人が紹介されても簡単に処理ができます。さらにあらかじめ設定することで求人の紹介をまとめておこなって貰う機能もあり、忙しく休日しか買う人できない人も安心です。このようにアプリを使った転職活動は魅力的ですが、当然デメリットもあります。

それはスマホを持っていないとできないということです。当たり前ですがアプリはパソコンでは起動できません。そのためもしスマホではなくガラケーを使っている人は使えません。日本のスマホ普及率は90%を超えているため、ほとんどの場合は大丈夫ですがそれだけは注意が必要です。またこのアプリに関しては大手の転職エージェントしかありません。地元特化の転職エージェントでは使えないので、そこにも注意しましょう。

まとめ 転職エージェントがうざいと思う前に

まとめとして今記事では転職エージェントから頻繁に連絡が来る理由を解説しました。転職エージェントの役割や転職エージェントから頻繁に連絡が来る理由を解説し、頻繁な連絡への対処法についても解説しました。転職エージェントも連絡するにはしっかりとした理由があります。それをうざいと思わず、しっかり対応できることが社会人としては重要です。今記事を参考に、うざいと思わず対応することを心がけましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。