転職エージェントの中でもっとも就職におすすめなのは? ランキング形式で紹介

転職エージェントを使って就職活動することが常識な時代になりました。その中でおすすめの転職エージェントはどこですか、と質問されたらあなたはどこを選びますか?転職エージェントも今や群雄割拠する時代であり、ここを選んでおけばよいというものはありません。その中でもおすすめの転職エージェントについて、知りたいとは思いませんか?

そこで今回は筆者調べでもっともおすすめする転職エージェントを、ランキング形式で紹介します。あわせて転職エージェントの選び方や役割についても解説していきます。ぜひ参考にして理想の就職を手に入れましょう。

おすすめの就職サービス

転職エージェントとは 就職活動に欠かせないおすすめ企業を紹介してくれる存在

転職エージェントの役割は企業と転職者を繋げる橋渡しというものです。しかし、ただ企業に転職者を紹介するのではありません。転職エージェントはそれ以外の役割を持っています。それは企業側の求める人材の選定、そして転職者の定着をおこなうことです。まず前提として、既卒の就職活動では面接の回数が1回であることが多いです。これは面接というものが企業側の負担が大きい選考になるからです。

そこで使われるのが転職エージェントです。企業側は自社で面接をおこなわず、転職エージェントに面談や仕事の紹介という形で選考活動を依頼しています。その選考で紹介する企業を選びつつ選考をおこなうという形です。そのため企業としては転職エージェントを通して転職活動を推奨しており、その要望に答える形で転職エージェントが存在します。転職エージェントは新卒の就職活動における1~3次選考も兼任しているわけです。

そしてもう1つ重要な役割が定着率をあげることです。既卒の就職活動は過去に違う会社に勤めていたことのある人材を採用するということもあり、転職されるというリスクが高くなりがちです。そのため企業側も採用した人材がすぐに転職や離職をすることを警戒します。そこでポイントとなるのが転職エージェントの存在です。転職エージェントを通して就職活動をおこなうことで、転職エージェントに対する恩というものが発生します。

そのため1~3ヶ月といった短期の離職が発生しにくくなりやすいというメリットがあります。また採用後のアフターケアをおこなう転職エージェントも珍しくなく、短期離職を防ぐための様々な制度も存在します。それほど既卒の就職活動においては短期離職が問題視されています。このように既卒の就職活動において転職エージェントの役割は重要であり、転職活動では必須と言えるものです。

そんな転職エージェントですが、今やたくさんの企業が参戦している人気な業種です。そのためどの転職エージェントを選ぶか、決めきれない人も多いと思います。そこで次は転職エージェントの選び方について解説していきます。

転職エージェントの選び方 地方就職に強いエージェントはおすすめできる?

次に転職エージェントの選び方について解説します。転職エージェントには全国の求人を扱う全国展開しているものと、地方の求人を扱う地場に特化したものの2種類があります。全国展開している転職エージェントは主にリクナビ、マイナビ、dodaといった大手転職エージェントです。特徴として全国展開による知名度の高さがあります。知名度が高いということは、それだけ注目が集まりやすく宣伝の効果が高いです。

そのため求人の量が多く、紹介できる求人の数が豊富になります。それ以外にも規模の大きさから全国に支店を持つ大企業や海外企業の求人が多く集まります。このように特徴として規模の大きさによる知名度の高さが、大手転職エージェントの特徴になります。また企業の求人の豊富さがそれだけで強みにもなり、求人の豊富さから人気の高まりやすいです。このように大手転職エージェントでは規模を活かした幅広い転職が可能です。

地場に特化した転職エージェントは各地方に存在します。各地方にそれぞれ有名な企業があり、地元では有名な企業というケースがほとんどです。地場に特化した転職エージェントの特徴としては、大手が扱わないような小さな求人を取り扱っていることが多いです。地方には部品製造や林業、民芸品作りといった求人に乗りずらい産業が多くあります。そのどれもが地元では有名なものということが多いです。

そういった小さな工業品は数人から数十人規模の会社、いわゆる中小企業で生産されていることが多いです。中小企業は掲載費の高さからハローワーク以外の求人をあまり出さないため、転職エージェントではなかなか紹介されません。しかし、地場に特化した転職エージェントはこういった中小企業の求人を紹介できることが多いです。このように規模が小さい会社に関しては地場に特化した転職エージェントの強みになります。

また地場に特化した転職エージェントではIターンやUターンといった、制度を利用した転職に対応できることも強みです。特に今は都市の一極集中が問題になっており、地方都市は年々人口が減少しています。そのため、国や自治体による移住が盛んに推奨されています。こういった理由で地場に特化した転職エージェントはその制度に対応できる求人を紹介できます。

地場に特化しているからこその強みですね。さらに地場に特化した求人が多いことから、転勤無しの求人も多く存在します。これらの強みが地場に特化した転職エージェントの特徴です。これらから転職エージェントを選ぶときは事業の規模や大企業を狙うには大手の転職エージェント、地方にこだわりたいときは地場に特化した転職エージェントを選ぶのがおすすめです。

このように転職エージェントを選ぶときは目的と用途に合わせて、今一番あった転職エージェントを選ぶように心がけましょう。このように多くの場合で、それぞれが用途にあわせた転職エージェントを選ぶことをおすすめします。しかし、特に理由がない場合転職エージェントを選ぶのが難しいという人もいます。そこで最後に筆者が選ぶおすすめ転職エージェントをランキング形式で紹介します。

転職エージェントおすすめ3選 就職先の豊富さが基準?

最後に転職エージェントのおすすめ3選をランキング形式で発表します。今回は都内での就職活動に限定してランキング化しました。地方都市や個別の市町村については地域密着型の転職エージェントや、ハローワークもおすすめです。詳しくは各地方についての転職情報を参考にしてみてください。

おすすめする転職エージェント第1位はリクルートです。リクルートの中でも今回はアプリで転職も可能なリクナビ転職をおすすめします。リクナビ転職は転職に特化した転職エージェントで、求人の豊富さが最大のメリットです。その求人の種類は15種類、100業種を超えます。そのため、あなたにぴったりの求人を見つけやすいです。企業の規模としては大手から中堅まで幅広くあり、全国展開の仕事や海外転勤の仕事もあります。

そのため地方、都内、海外のすべてを網羅できる転職エージェントとなります。規模の大きさによるバックアップ体制の豊富さ、ネットだけで登録が完結する手軽さも強みですね。大手転職エージェントであることを最大限に活かしたリクナビ転職はおすすめできる転職エージェントの1位です。

おすすめする転職エージェント第2位はマイナビ転職です。マイナビ転職はマイナビ系列の転職サイトで、リクルートと並んで最大手の1つです。マイナビ転職はリクルート系列同様求人の豊富さや、勤務先の広さが強みですが他にも特徴があります。それは特集の豊富さです。特に地方や女性向け、介護といった特集がよく組まれており自分で仕事を探すのが難しいという層に人気です。

女性向けの仕事では保育士や看護師を始め、ブランドショップや百貨店なども取り扱いがあります。憧れの仕事を探しやすいというメリットもあり、今回おすすめできる転職エージェント2位に選びました。

おすすめする転職エージェント第3位はハタラクティブです。ハタラクティブは都内を中心に事業を展開している転職エージェントです。このハタラクティブの特徴として職歴のないフリーターに特化した、転職エージェントであることが挙げられます。一般に正社員以外の職歴を職歴と認めない企業も多く、長い期間フリーターを続けているとそれだけで正社員での転職が難しくなります。

そのため、職歴に自信がない人は転職エージェントに登録したがらないことがあります。しかし、ハタラクティブの場合は違います。ハタラクティブはフリーター専門の転職エージェントということもあり、職歴に自信がない人でも問題ありません。また企業側も同じ認識のため、空白期間があっても問題視されにくいです。大手が求人の規模で勝負する中で、いまだ開拓していない層を取り込んだ戦略と言えます。

この戦略性の高さ、なにより転職エージェントとしての実力が高いため今回3位に選びました。ランキング結果は以上となります。どうでしたか、ぜひ参考にしてみてください。

まとめ 転職エージェントを使っての就職はおすすめ

まとめとして今記事では転職エージェントのおすすめを解説していきました。今回は主に大手の転職エージェントを紹介しましたが、地場に密着した転職エージェントにもよい転職エージェントは存在します。地方でしか求人がないためランクインこそしませんでしたが、地方で就職するときにはとてもおすすめです。もし今転職を考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

大手も地方特化もどちらもノウハウは豊富なため、ぜひともアドバイスをいただきましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。