経理への転職活動にはどの転職エージェントがおすすめ? その理由を解説

転職活動をおこなうと求人の数にばらつきがあることが分かります。これは転職エージェントを通しても同じで、経理や人事といった事務職の求人が少ない傾向があります。それだけ事務職が人気ということですね。しかし、人気のためか求人をなかなか紹介してもらえないことがあります。転職エージェントも利益を出すため、ある程度紹介する求人を選ぶのは仕方ありません。

しかし、事務職の中でも経理の求人については紹介されやすい方法があります。そこで今回は転職エージェントを使って転職するとき、経理の求人を紹介されやすい方法を解説します。またあわせて経理の求人に応募するときに大切なことも紹介します。経理の仕事に転職を考えている方は、ぜひ参考にして読んでいってください。

おすすめの就職サービス

経理のお仕事とは? 転職エージェントでも人気な仕事

最初に経理の仕事について解説していきます。経理という仕事は会社の金銭管理を一手に引き受ける仕事です。その範囲は広く会社の運転資金、利益、給与、福利厚生、税金といったお金が関係しているものにはすべて経理が関係しています。そのため、経理はかなりの専門性が高いと言われています。特に大企業では専門の会計ソフトを導入したりと、経理の仕事の専門性がより増します。

そんな経理ですが転職をおこなうときにとても人気のお仕事の1つです。その理由としては主に2つあります。1つ目はお金を扱っているため、比較的経営者に近い目線で仕事ができるということです。特にお金の管理をおこなう部署で役職を持つ人などは、ある程度の権限もあります。経営者とまでは言えませんが、経営に近いポジションのためやりがいが高い仕事の1つになります。

将来独立して会社を経営する、自分で新しい部門を立ち上げるといったことにも役立ちます。そういったこともあり経理は新卒、既卒関わらず人気の仕事となっています。2つ目は事務職であるからです。これは新卒、既卒関わらず事務職が人気というのが原因です。事務職とは利益を生み出す現場にでない、裏方の業務を担当する仕事全般を指します。この事務職に憧れを持つのが日本の就職活動の特徴です。

そのため、事務職となる経理の求人はとても人気です。有効求人倍率と呼ばれるその求人の人気を表すデータでも、事務職は4を上回ることが多いです。簡単にいうと1つの求人に4人以上が応募しているという状況です。こういった背景があり、転職エージェントでもあまり経理の仕事を紹介してもらえません。では実際に経理の仕事を紹介してもらう方法はあるのでしょうか?次はその方法について解説していきます。

経理の求人を紹介してもらうには? 転職エージェントに評価されることが重要

次に経理の求人を紹介してもらう方法について解説します。転職エージェントも利益を出すためにある程度効率的な転職活動を推奨してきます。その中でいかに経理の求人を紹介してもらえるかが重要になります。では具体的なその方法について解説していきます。最初に前提としてパソコンを使える必要があります。それも少し使えるというレベルではなく、エクセルのような表計算ソフトを自由に使えるレベルが必要です。

事務職の中でもエクセルが使えないと厳しいのが経理です。そのため必ずエクセルの基本動作はマスターしておきましょう。またあわせて覚えておきたいのが簿記の知識です。これは業務上必須ではないのですが、お金のやり取りをおこなうため資格として簿記があると有利です。このパソコンを使える、エクセルを使える、簿記の知識か資格があるは重要です。そしてこれに追加してもう1つ重要なことがあります。

それは経理の仕事を経験したことがあるかです。転職活動では実務経験と呼ばれるもので、この実務経験がない場合はなかなか経理の求人を紹介してもらえません。既卒の転職活動の場合、ほとんどがこの実務経験を基準に求人を紹介します。そのため全く経理の経歴がない人に、経理の求人が紹介されることはほとんどありません。では現在経理の経験がない人は経理に転職できないのでしょうか?

その答えはNOです。経理は専門性が高い職業ですが、あわせて一般的に経理の業務を兼任する仕事も多いからです。簡潔にまとめると仕事でお金の管理や、人材の管理といった仕事を経験していたことがあれば経理への転職は可能です。お金の管理は割と現場仕事でもおこなうので、職歴で経理の求人を紹介されないということはありません。経理の経験があることを転職エージェントに伝えることが重要ですね。

このように経理の求人を紹介して貰うためには経理のスキルと経験があることを転職エージェントに伝えることが重要です。こういった自分の経歴を転職エージェントに伝えるのはとても重要なので、必ず伝えるようにしましょう。ここまで経理について解説してきましたが、そもそもなぜ転職エージェントは経理の求人を誰にでも紹介してくれないのだろうかと疑問を持つ人も多いと思います。

そこでなぜ転職エージェントは経理の求人を紹介してくれないか、その理由について解説していきます。

転職エージェントが経理の求人を紹介してくれない理由とは

転職エージェントが経理の求人を紹介してくれない理由は、転職エージェントの役割が関係しています。一般的な新卒の就職活動ではエージェントは求人を紹介するのが役割です。しかし、既卒の就職活動における転職エージェントの役割は少し異なります。実際の役割として一番近いのは企業と転職者を繋げる総合的な橋渡しというものです。そのため多くの転職エージェントは求人の紹介以外にも多くの役割、業務をおこなっています。

それは企業側の求める人材の選定、そして転職者の定着をおこなうことです。まず前提として、既卒の就職活動では面接の回数が1回であることが多いです。これは面接というものが企業側の負担が大きい選考になるからです。そこで使われるのが転職エージェントです。企業側は自社で面接をおこなわず、転職エージェントに面談や仕事の紹介という形で選考活動を依頼しています。その選考で紹介する企業を選びつつ選考をおこなうという形です。

そのため企業としては転職エージェントを通して転職活動を推奨しており、その要望に答える形で転職エージェントが存在します。転職エージェントは新卒の就職活動における1~3次選考も兼任しているわけです。そしてもう1つ重要な役割が定着率をあげることです。既卒の就職活動は過去に違う会社に勤めていたことのある人材を採用するということもあり、転職されるというリスクが高くなりがちです。

そのため企業側も採用した人材がすぐに転職や離職をすることを警戒します。そこでポイントとなるのが転職エージェントの存在です。転職エージェントを通して就職活動をおこなうことで、転職エージェントに対する恩というものが発生します。そのため1~3ヶ月といった短期の離職が発生しにくくなりやすいというメリットがあります。

また採用後のアフターケアをおこなう転職エージェントも珍しくなく、短期離職を防ぐための様々な制度も存在します。それほど既卒の就職活動においては短期離職が問題視されています。このように既卒の就職活動において転職エージェントの役割は重要であり、転職活動では必須と言えるものです。このように転職エージェントは転職活動に大きな役割を持っています。

そういった都合もあり、紹介する求人を選んでいます。人気のある事務職はその傾向が強いため、経理の求人はなかなか紹介されなイメージとなっています。しかし、実際に経理の仕事を紹介してもらいたい人は多いです。そこで最後に経理の仕事を紹介してもらいやすい転職エージェントを解説していきます。

経理の転職活動でおすすめする転職エージェントはここだ!

最後に経理を目指すときにおすすめしたい転職エージェントを解説します。今回はその理由についても解説していきますので、ぜひ最後まで読んでいってください。

まず大前提として経理の求人は数が少ないので、求人の扱っている数が多い転職エージェントがおすすめです。リクナビNEXT、マイナビ転職、dodaといった大手転職エージェントが該当します。これらは求人の数が多いため、相対的に経理の求人も多く扱っています。もし経理の求人を紹介してもらいたいなら、これら大手の転職エージェントすべてに登録することがおすすめです。

手間はかかりますが、豊富な求人を集めるのが転職成功への第1歩です。次に経理や人事といった求人を専門に扱っている転職エージェントへの登録をおこないます。こちらはある程度スキルが必要ですが、経歴やスキルがある人についてはおすすめです。求人を紹介されるときは必ず事務職なので断る手間がないのもよいですね。最後は事務職求人の中でも正社員以外の求人を選ぶことです。

正社員で事務職の求人は倍率が高めですが、期間社員や準社員は倍率が低めです。そのため最初の3年は期間社員として働き、のちに正社員登用を目指すのもありです。最近は正社員登用制度も充実しているので、おすすめの方法です。このようにポイントを抑えれば経理の求人も紹介してもらえます。ぜひ参考にしてみてください。

まとめ 経理の求人は転職エージェントでも珍しい

まとめとして今記事では経理の求人を転職エージェントから、紹介してもらう方法について解説しました。経理の仕事内容や求人を紹介してもらうために必要なことを解説し、最終的にどのような方法が有効かについて解説しました。経理を含む事務職は人気であり、どうしても倍率が高まります。その状況でも経理の仕事に転職できる例もありますので、諦める前にぜひ挑戦してみましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。