介護に転職するときにおすすめの転職エージェントは?その理由を解説

転職活動をおこなうとき、よく候補に挙がるのが介護です。介護は今後も需要が増加するとされる求人の1つで、将来的にも明るい未来が予想されている業種の1つです。一時期介護職の労働条件の悪さが話題にもなりましたが、政府からの公的補助もあり今ではかなり改善されています。そんな介護職ですが、転職エージェントを通して転職することが可能です。しかし、どの転職エージェントを使うのがよいかについてはあまり知られていません。

そこで今回は介護の転職に強い転職エージェントについて、その理由を詳しく解説します。あわせて転職エージェントの特徴や介護職に転職するときのポイントについても解説します。ぜひ参考にしてみてください。

おすすめの就職サービス

転職エージェントとは 介護から工事までほとんどの職業を対応

最初に転職エージェントの役割について解説します。転職エージェントの役割は企業と転職者を繋げる橋渡しというものです。しかし、ただ企業に転職者を紹介するのではありません。転職エージェントはそれ以外の役割を持っています。それは企業側の求める人材の選定、そして転職者の定着をおこなうことです。まず前提として、既卒の就職活動では面接の回数が1回であることが多いです。

これは面接というものが企業側の負担が大きい選考になるからです。そこで使われるのが転職エージェントです。企業側は自社で面接をおこなわず、転職エージェントに面談や仕事の紹介という形で選考活動を依頼しています。その選考で紹介する企業を選びつつ選考をおこなうという形です。そのため企業としては転職エージェントを通して転職活動を推奨しており、その要望に答える形で転職エージェントが存在します。

転職エージェントは新卒の就職活動における1~3次選考も兼任しているわけです。そしてもう1つ重要な役割が定着率をあげることです。既卒の就職活動は過去に違う会社に勤めていたことのある人材を採用するということもあり、転職されるというリスクが高くなりがちです。そのため企業側も採用した人材がすぐに転職や離職をすることを警戒します。そこでポイントとなるのが転職エージェントの存在です。

転職エージェントを通して就職活動をおこなうことで、転職エージェントに対する恩というものが発生します。そのため1~3ヶ月といった短期の離職が発生しにくくなりやすいというメリットがあります。また採用後のアフターケアをおこなう転職エージェントも珍しくなく、短期離職を防ぐための様々な制度も存在します。それほど既卒の就職活動においては短期離職が問題視されています。

このように既卒の就職活動において転職エージェントの役割は重要であり、転職活動では必須と言えるものです。もちろん介護職においても転職エージェントは重要です。しかし、介護職には大きくわけて2つの求人があります。次はその違いについて解説します。

介護のお仕事にも種類がある? 転職エージェントでも扱いが異なる

次に介護の求人の違いについて解説します。介護の求人には大きく分けて2種類存在します。それぞれ募集要項が異なり、応募条件やエージェントの扱いも変わります。ではその詳細について解説します。1つ目は現場で介護を実際にする求人です。一般的にはケアスタッフと呼ばれる求人です。現場で作業をおこなうことが中心で、一部車の運転や事務作業をおこなうこともあります。

この求人の特徴は学歴や経歴より、やる気やポテンシャルのような意欲が評価されるということです。そのため、学歴不問で若い男性を中心に募集がされています。現場職と言われるため、仕事としての負荷も高くきつい仕事とされがちです。しかし、やりがいに関しては高く人の役に立っているという実感を持ちやすい仕事です。待遇も年々よくなっており、今注目されている求人の1つです。

2つ目はケアマネージャーと呼ばれるデイスタッフを管理する仕事です。主な業務としてはデイスタッフの管理や介護の計画を立てる、金銭管理といった裏方業務になります。そしてこちらの仕事には応募条件がいくつかの応募条件が設定されることが多いです。具体的には学歴、事務職の経歴、パソコンや人材管理の経験が設定されることが多いです。学歴に関しては事業所ごとに一定の人数資格を有する必要があるためです。

介護士の資格は取得が難しいほうなので、その難しさが理由の1つです。また事務職となるので人事や経理の経験がある人が優遇されます。即戦力を期待されているため、ある程度経歴が必要なのは仕方ありません。さらに仕事柄パソコンを使うことが多いため、パソコンのスキルが必須となります。比較的若い人物が求人で求められますが、男女問わず採用されるのも特徴ですね。

このように同じ介護の求人でも内容によって詳細は大きく変わります。もちろん求人の詳細が変わると得意とするエージェントも変わるため、正確に求人内容を伝える必要があります。では実際に介護の求人に強い転職エージェントとは一体どこでしょうか?最後は介護に強い転職エージェントを解説します。

介護職に転職するならどの転職エージェントがおすすめ? その理由とは

最後に介護職に転職するときにおすすめする転職エージェントを解説していきます。なぜおすすめなのか、その理由についても詳しく解説しますのでぜひ参考にしてみてください。今回は3つの転職エージェントを紹介します。

最初におすすめするのは介護求人ナビです。介護求人ナビはその名の通り介護職の転職に特化した転職エージェントであり、求人はすべて介護とそれに携わる求人です。介護求人ナビをおすすめする理由としては、4万件近くの介護求人を全国で取り扱っているということがあります。介護だけで4万件は他のどの転職エージェントより大きく、最大手と言ってよいレベルです。

求人の豊富さがそれだけ転職先の選択肢になるので、介護求人ナビで理想の転職ができる可能性が高まります。また実際に転職した人の声、給与モデルや面接レポートといった気になることがたくさん公開されています。実際に転職した後に理想と違ってやめてしまうということは多々ありますが、これだけ情報を確認できていると正確なイメージを持って転職ができそうですね。

このように介護転職ナビは介護においては、もっとも規模の大きい転職エージェントと言えます。もし介護職への転職を検討しているのならぜひ登録して欲しい、おすすめできる転職エージェントです。

次におすすめするのはジョブメドレーです。ジョブメドレーは医療系、介護系に特化した転職エージェントです。全国の求人を扱っており先ほど紹介した介護転職ナビと、同じクラスの求人を紹介できる大手転職エージェントです。ジョブメドレーをおすすめするポイントとしては、規模の大きさと介護だけではなく医療系も求人があることです。業界経験者では当たり前のことですが、介護と医療は密接な関係があります。

介護は介護士やヘルパーと呼ばれる人がおこないますが、大規模な施設の場合医療関係者が常駐することも珍しくありません。それは介護のレベルによってや施設の目的によって異なるため、すべての施設でとは限りませんが医療系スタッフの役割も大きいです。そんな2つの仕事に特化した転職エージェントのため、業界に詳しく的確なアドバイスが貰えます。そのため失敗しない転職が可能です。

また給与等の条件を詳細に記載してあることや、オープニングスタッフといった未経験でも採用されやすい求人を扱っていることもおすすめするポイントです。介護職のすべてを理解しているプロが転職のアドバイスをおこなう、ジョブメドレーはぜひともおすすめです。

最後におすすめする転職エージェントはリクナビ転職です。リクナビ転職はリクルート系列の転職エージェントであり、転職エージェントの最大手の1つです。介護職に特化しているわけではありませんが、豊富な求人を取り扱っているため今回おすすめします。リクナビ転職をおすすめする理由は転職エージェントとしての実績の高さ、そして世界各国に広がる規模の大きさです。

リクルートは創業して40年以上転職エージェントとして活動しており、累計41万人以上が転職に成功しています。この実績は転職エージェントとしては最大のものであり、実績の高さが転職の成功しやすさを表しています。また他の介護系の転職エージェントと違い、海外の求人を取り扱っていることも特徴です。医療の最先端であるドイツ、アメリカの求人も扱っているため、キャリアアップを望む人には特におすすめできます。

医療系の求人も充実しており、国内外問わず多くの求人を扱っていることがもっとも大きなポイントです。求人の種類やアドバイスについては介護に特化した転職エージェントには勝てませんが、大手ならではのサポート体制の充実さも魅力の1つです。最近ではアプリでも転職活動が可能なため、介護職への転職を検討している人にはおすすめしたい転職エージェントです。

まとめ 介護職への転職も転職エージェントにおまかせ

まとめとして今記事では介護職の転職にはどの転職エージェントがおすすめかについて解説しました。転職エージェントの役割や介護職の求人の違いについて解説し、実際におすすめできる転職エージェントを3つ紹介しました。介護は専門性の高い分野のため、転職エージェントのようなプロの役割が高まります。今後も介護職は需要が増える産業のため、転職者は増加していきます。

今記事を読んで興味を持ったあなた、ぜひ参考に転職をしてみませんか?あなたの転職活動の助けになれば幸いです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。