福岡での転職にリクルートはおすすめ? 転職エージェントの選び方と注意点を解説

リクルートと言えば転職エージェントの中でも最大手であり、多くの求人を扱っています。そんなリクルートですが地方の求人が少ないとの話があります。特に福岡、札幌といった東京から距離がある地方ほど求人が少ないとのことです。果たしてそれは本当でしょうか?そもそも転職エージェントの中で地方に強い転職エージェントはあるのでしょうか。そこで今回は転職エージェントと地方求人について、詳しく解説していきます。

今回は一例として福岡の求人を代表に扱っていきます。果たして本当にリクルートは地方の求人が少ないのか、ぜひ確認していってください。

おすすめの就職サービス

リクルートとは 福岡や北海道にも展開している転職エージェント

最初はリクルートについて解説していきます。リクルートは持ち株会社であり、正式にはリクルートホールディングスと呼ばれています。主に人材紹介業、金融業、IT関連事業をおこなっており、転職エージェントとしても有名です。転職エージェントとしてはリクナビNEXTというブランドを用いており、新卒求人から転職求人まで幅広い求人を扱っています。そんなリクルートの強みは2つあります。

1つ目は転職エージェントとして最大クラスの規模を誇るその事業規模です。一般的な転職エージェントに比べ、リクルートの規模はそれこそ数倍以上の大きさを誇ります。そのためとにかく求人の数、求人の広さ、求人の種類には自信があります。例えばよく転職候補に挙がるIT系だけでも11種類の項目があり、それぞれに50件を超える求人が存在します。求人の総数は数えきれないほどあるためあなたにぴったりの求人を見つけやすいです。

また求人の種類も多く、2020年5月現在で下記の取り扱いがあります。

営業
事務・管理
企画・マーケティング・経営・管理職
サービス・販売・外食
Web・インターネット・ゲーム
Webサイト・インターネットサービス
クリエイティブ(メディア・アパレル・デザイン)
専門職(コンサルタント・士業・金融・不動産)
ITエンジニア(システム開発・SE・インフラ)
エンジニア(機械・電気・電子・半導体・制御)
素材・化学・食品・医薬品技術職
医療・福祉・介護
建築・土木技術職
技能工・設備・交通・運輸
教育・保育・公務員・農林水産・その他

あまりにも数が多いため細かな詳細は省略しますが、15項目100種類以上の職種の求人を取り扱っています。これは他に比較がないリクルートのみの強みと言えます。さらに求人の地域も日本全国に加え、海外も含まれているのは嬉しいですね。このようにリクルートの強みとして、最大手ならではの求人の多さがあります。

2つ目は登録の簡単さです。リクルートの運営する転職エージェントリクナビNEXTはネットで簡単に登録できるだけでなく、登録するだけで様々な恩恵を得ることができます。たった5分の会員登録でスカウト機能を始め、希望職種の新着求人をまとめて紹介する機能など多くの機能を使うことができます。またリクナビNEXTにしか掲載していない求人も多く、85%はリクナビNEXTにしかない求人となっています。

このように多くのメリットを受けることができる会員登録がわずか5分で終了する簡単さが大きな強みになります。スカウト機能や診断機能といった今では当たり前の機能もリクルートが先駆けで普及した機能であり、常に時代の最先端の転職活動を提供しています。このようにリクルートは転職エージェントとして優れた実績、求人を誇った企業です。このような転職エージェントが転職活動では必須となります。

しかし、このリクルートは地方の求人が少ないとの噂があります。果たしてそれは本当でしょうか?そこで次は実際の求人の数を確認しながら、そのことについて確認していきます。

転職エージェントリクルートは本当に地方の求人が少ない? 実際に福岡の求人数をもとに確認してみた

次にリクルートは本当に地方の求人が少ないか確認していきます。今回は例として福岡の求人数を参考にしていきます。まずは勤務地を福岡に設定したときの求人の数を見ていきます。結果としては公開求人4,082件、非公開求人3,742件が見つかりました。(2020年6月現在)この人数を福岡在住の人口で割ることで、都道府県単位の人口比率求人数を計算していきます。

福岡の人口は約510万人なので、おおよそ1万人あたりに15件の求人がある計算となります。この計算には現在働いている人間やお年寄り、子供が含まれているのでそれらを除外します。日本の失業率は約2%なので1万人中おおよそ200人が求職者となります。以上から求められる数値を人口比率求人数として定義します。では実際の福岡の数字、および他地方について見ていきましょう。

人口比率求人数(リクルートの場合)
東京 0.38
大阪 0.1
愛知 0.12
北海道 0.03
福岡 0.075

結果としてはこのようになりました。確かに東京を中心とした大阪、愛知といった都市圏では求職者1人当たりの求人数が多い傾向があります。逆に福岡や北海道といった地方都市になればなるほど、求職者1人当たりの求人数が少なくなっています。結果としてみればリクルートは地方になればなるほど、求人が少ない傾向であると言えます。ではなぜそのようになっているのでしょうか?

なぜリクルートは地方の求人が少ないのか、その理由とは

なぜ、リクルートは地方の求人が少ないのか、その理由は1つしかありません。それは単純に地方に仕事やモノ、カネといったリソースがないからです。兼ねてより東京の1極集中が問題になっている日本ですが、求人についてもその傾向が顕著に現れだしています。今回例として扱った福岡は日本の地方都市の中では、最大級に栄えている都市です。その福岡ですら求人数は東京の1/50程度しかありません。

この結果からいかに東京に多くのものが集中しているかということが分かると思います。これはリクルートに限った話ではないため、この結果からリクルートは地方の就職活動についておすすめできないとはなりません。しかし、実態として転職エージェントは地方になればなるほど求人の数が減ります。これでは地方で就職活動をするとき、転職エージェントに頼れなくなります。

既卒の転職活動において、転職エージェントの役割は大きいためこれでは問題です。そこで最後に地方でも転職エージェントを利用して転職をおこなう方法を解説していきます。先ほど同様今回も例として福岡を扱います。

リクルートのような転職エージェントを地方でも使う方法 福岡編

最後に地方でも転職エージェントを利用して転職をおこなう方法を解説していきます。前提として転職エージェントの規模の大きさは、それだけで転職エージェントの実力となります。これは信用力や求人の数が関係するため想像がつきやすいと思います。しかし、地方になればなるほど求人数が減るのもまた事実です。このような状況のとき、転職エージェントはどのように使うべきでしょうか?

回答としては地方に特化した転職エージェントを使う、もしくはできる限り大手の転職エージェントが正解となります。まずは地方に特化した転職エージェントについて解説します。例えば福岡の場合、YOUTURNという福岡県内の転職に特化した転職エージェントがあります。今回はこのYOUTURNの特徴をみていきます。YOUTURNは福岡に特化した転職エージェントであり、福岡に特化した地場の転職エージェントです。

大手と違い事業規模こそ小さいですが、大手に負けない魅力的な強みがあります。それはYOUTURN自体が移住実践者や地元企業とのネットワークを重視していることです。YOUTURNを通して福岡に移住した先輩たちとのコミュニティでは悩み相談等に応じています。これは移住者には心強いサービスですね。

また地場企業に対しても強固なネットワークを持ち、現在存在しないポジションを提案し求人を作成するといった新たな試みもおこなわれています。これらに加え、日本屈指のコンサルタント力の高さもあります。そのコンサルタント力の高さは表彰されており、GOOD AGENT AWARDというコンサルタント賞の大賞を受賞したこともあります。

このコミュニティの豊富さと高いコンサルタントの高さがYOUTURNの強みです。このように地元に強い転職エージェントを使うことで、比較的有利に地方でも転職活動が可能となります。次にできる限り大手の転職エージェントを使うという方法があります。この方法についてとてもシンプルに求人数が多いからです。地方は求人が少ないですが、その中でも地方の取り扱いが多いのは大手の転職エージェントです。

今回の場合、福岡の求人数は全国展開している中ではもっとも多いのがリクルートです。そのため、リクルートは地方の求人数が少ないと言っても最大級です。イメージで選ぶよりしっかり数字を見て選ぶことで、こういった誤解は防げますのでぜひ意識していきたいですね。

まとめ リクルートは転職エージェント最大規模のため福岡の転職でもおすすめ

まとめとして今記事ではリクルートは地方の求人数が少ないかについて解説してきました。結果としてはリクルートは地方になればなるほど求人数が減少する傾向にあります。しかし、それは他の転職エージェントも変わりません。そのため、例で出したような福岡専門の転職エージェントのような地元に特化した転職エージェントを使う。もしくは最大手であるリクルートを使うことをおすすめします。ぜひ参考にしてみてください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。