リクルートのような転職エージェントでおこなう面談、おこなう場所は選べる?

転職エージェントでは登録時に面談をおこなうことが多くあります。例えばリクルートでは場所を指定しての面談や、もしくは電話による面談をおこないます。しかし、電話での面談では表情や仕草といった第一印象を決める要素が確認できません。お互いのためにも本来は対面での面談をおこないたいですね。そこで気になるのが面談ができる場所がどれくらいあるかです。

そこで今回は大手転職エージェントリクルートで面談をおこなえる場所について詳しく見ていきます。あわせてリクルートについてや転職エージェントについても詳しく解説していきます。もし今転職を考えている人は、ぜひ最後まで読んでいってください。

おすすめの就職サービス

リクルートとは 転職エージェント最大手であり面談場所も豊富に存在

最初にリクルートについて解説します。リクルートは持ち株会社であり、正式にはリクルートホールディングスと呼ばれています。主に人材紹介業、金融業、IT関連事業をおこなっており、転職エージェントとしても有名です。転職エージェントとしてはリクナビNEXTというブランドを用いており、新卒求人から転職求人まで幅広い求人を扱っています。そんなリクルートの強みは2つあります。

1つ目は転職エージェントとして最大クラスの規模を誇るその事業規模です。一般的な転職エージェントに比べ、リクルートの規模はそれこそ数倍以上の大きさを誇ります。そのためとにかく求人の数、求人の広さ、求人の種類には自信があります。例えばよく転職候補に挙がるIT系だけでも11種類の項目があり、それぞれに50件を超える求人が存在します。求人の総数は数えきれないほどあるためあなたにぴったりの求人を見つけやすいです。

また求人の種類も多く、2020年5月現在で下記の取り扱いがあります。

営業
事務・管理
企画・マーケティング・経営・管理職
サービス・販売・外食
Web・インターネット・ゲーム
Webサイト・インターネットサービス
クリエイティブ(メディア・アパレル・デザイン)
専門職(コンサルタント・士業・金融・不動産)
ITエンジニア(システム開発・SE・インフラ)
エンジニア(機械・電気・電子・半導体・制御)
素材・化学・食品・医薬品技術職
医療・福祉・介護
建築・土木技術職
技能工・設備・交通・運輸
教育・保育・公務員・農林水産・その他

あまりにも数が多いため細かな詳細は省略しますが、15項目100種類以上の職種の求人を取り扱っています。これは他に比較がないリクルートのみの強みと言えます。さらに求人の地域も日本全国に加え、海外も含まれているのは嬉しいですね。このようにリクルートの強みとして、最大手ならではの求人の多さがあります。

2つ目は登録の簡単さです。リクルートの運営する転職エージェントリクナビNEXTはネットで簡単に登録できるだけでなく、登録するだけで様々な恩恵を得ることができます。たった5分の会員登録でスカウト機能を始め、希望職種の新着求人をまとめて紹介する機能など多くの機能を使うことができます。またリクナビNEXTにしか掲載していない求人も多く、85%はリクナビNEXTにしかない求人となっています。

このように多くのメリットを受けることができる会員登録がわずか5分で終了する簡単さが大きな強みになります。スカウト機能や診断機能といった今では当たり前の機能もリクルートが先駆けで普及した機能であり、常に時代の最先端の転職活動を提供しています。このようにリクルートは転職エージェントとして優れた実績、求人を誇った企業です。このような転職エージェントが転職活動では必須となります。

しかし、ここまで読んで新卒で就職活動をおこなって今まで転職活動の経験がない人はある疑問をもちます。「転職エージェントって本当に必要なのか」と思われるのも当然です。実際新卒の就職活動では合同説明会といったことでリクルートを使う人はいても必須とはではありません。しかし、既卒の転職活動に関しては転職エージェントは必須だと考えます。次はその理由について解説します。

転職エージェントとは リクルートのように全国で面談場所を選べる企業もあり

次は転職エージェントについて解説していきます。転職エージェントの役割は企業と転職者を繋げる橋渡しというものです。しかし、ただ企業に転職者を紹介するのではありません。転職エージェントはそれ以外の役割を持っています。それは企業側の求める人材の選定、そして転職者の定着をおこなうことです。まず前提として、既卒の就職活動では面接の回数が1回であることが多いです。

これは面接というものが企業側の負担が大きい選考になるからです。そこで使われるのが転職エージェントです。企業側は自社で面接をおこなわず、転職エージェントに面談や仕事の紹介という形で選考活動を依頼しています。その選考で紹介する企業を選びつつ選考をおこなうという形です。そのため企業としては転職エージェントを通して転職活動を推奨しており、その要望に答える形で転職エージェントが存在します。

転職エージェントは新卒の就職活動における1~3次選考も兼任しているわけです。そしてもう1つ重要な役割が定着率をあげることです。既卒の就職活動は過去に違う会社に勤めていたことのある人材を採用するということもあり、転職されるというリスクが高くなりがちです。そのため企業側も採用した人材がすぐに転職や離職をすることを警戒します。そこでポイントとなるのが転職エージェントの存在です。

転職エージェントを通して就職活動をおこなうことで、転職エージェントに対する恩というものが発生します。そのため1~3ヶ月といった短期の離職が発生しにくくなりやすいというメリットがあります。また採用後のアフターケアをおこなう転職エージェントも珍しくなく、短期離職を防ぐための様々な制度も存在します。それほど既卒の就職活動においては短期離職が問題視されています。

このように既卒の就職活動において転職エージェントの役割は重要であり、転職活動では必須と言えるものです。このように転職エージェントは転職活動の心強い味方であり、必ず利用したほうがよいと言えるものです。そんな転職エージェントですが、ネット上で完結するということもあり、あまり営業拠点を持っていないことも多いです。もし地方在住で転職活動をおこなう予定の人がいる場合、面談できる場所は気になりますよね。

そこで最後に2020年現在、リクルートの面談できる場所をまとめてみます。

転職エージェントリクルートが面談できる場所として設定している施設は? 一挙大公開

最後に2020年現在でリクルートが面談にて指定できる場所を大公開していきます。地方在住の方は参考にして、面談の計画を立てていきましょう。なお、現在では電話による面談も普及しているので近くにないという人は電話での面談も検討していきたいですね。

本社
・東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー
支社
・北海道札幌市中央区北四条西5-1 アスティ45ビル 10階
・宮城県仙台市青葉区一番町1-9-1 仙台トラストタワー 11F
・栃木県宇都宮市大通り4-1-18 宇都宮大同生命ビル 1F
・埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5 大宮ソニックシティビル 25階
・千葉県千葉市中央区新町1000番地 センシティタワー 7階
・東京都立川市曙町2-34-7 ファーレイーストビル7F
・神奈川県横浜市西区高島2-19-12 スカイビル 16階
・静岡県静岡市駿河区南町18-1 サウスポット静岡 5階
・愛知県名古屋市中村区名駅1-1-4
・京都府京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町88 K・I四条ビル 4階
・大阪府大阪市北区角田町8-1 梅田阪急ビルオフィスタワー 31F
・兵庫県神戸市中央区磯上通8-3-10 井門三宮ビル 4階
・岡山県岡山市北区駅元町1-6 岡山フコク生命駅前ビル 4階
・広島県広島市中区八丁堀14-4 JEI広島八丁堀ビル 10階
・福岡県福岡市中央区舞鶴1-1-3 リクルート天神ビル 6階

リクルート転職の拠点のみ、公式HPから抜粋して記載しました。それだけでも本社1、支社15という範囲です。特に首都圏は豊富であり、就職活動をするには困らない数がありますね。また各地方にも最低1か所以上あり、リクルート転職だけでもかなりの面談を対応できることが分かります。リクルートは転職エージェント以外にも、新卒就職活動でもエージェントとして知られています。

それらを加えるとほとんどすべての都道府県に対応が可能です。これもリクルートが大きな事業規模を持っていることが理由であり、これらの特徴が活かされた結果と言えます。転職エージェントは特に規模の大きさが重要となるため、この拠点の多さはそれだけで武器です。もしリクルートを使って転職したいと考えている場合、ぜひとも直接会って面談し理想のキャリアを築くようにしましょう。

まとめ 転職エージェントリクルートは面談場所も豊富でぜひとも登録したい

まとめとして今記事では転職エージェントリクルートについて詳しく解説しました。リクルートの強み、転職エージェントの特徴を解説し、具体的に面談を受けれる場所についても紹介しました。転職活動において求人の数は魅力の1つであり、豊富な求人は事業規模の大きさが重要です。そうしてみると面談場所を多く確保できているリクルートは最適な転職エージェントと言えるかもしれません。

もし今転職を検討している人は、ぜひともリクルートに登録して面談をおこないましょう。あなたの転職活動の成功を祈っています。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。