マイナビ転職がキャリア面談をする本当の理由は? 転職エージェントの役割や特徴を徹底解説!

マイナビ転職という転職エージェントをご存じですか?マイナビ転職は新卒就職で最大手の1つであるマイナビが運営している会社です。特徴としてキャリア面談と呼ばれる面談をおこない、あなたに適した就職先を紹介するといったものがあります。しかし、登録の段階で多くの情報を提供しているのにわざわざ面談をおこなうとは少し疑問を持ちます。そこで今回はマイナビ転職がなぜキャリア面談をおこなうのかについて解説します。

キャリア面談をおこなう理由とは、キャリア面談をどのように活かすのか、といった情報もあわせて解説していきます。ぜひ参考にして転職活動を成功させましょう。

おすすめの就職サービス

転職エージェントとは マイナビ面談やキャリア相談会も仕事の1つ

最初にマイナビ転職のような会社の総称である転職エージェントについて解説します。転職エージェントは求人を取り扱い、求職者に求人の紹介をするハローワーク的な会社をイメージされがちです。しかし、実際の役割は少し違います。それは企業と転職者を繋げる総合的な橋渡しというものです。転職エージェントは求人の紹介以外にも多くの役割を持っています。

それは企業側の求める人材の選定、そして転職者の定着をおこなうことです。まず前提として、既卒の就職活動では面接の回数が1回であることが多いです。これは面接というものが企業側の負担が大きい選考になるからです。そこで使われるのが転職エージェントです。企業側は自社で面接をおこなわず、転職エージェントに面談や仕事の紹介という形で選考活動を依頼しています。その選考で紹介する企業を選びつつ選考をおこなうという形です。

そのため企業としては転職エージェントを通して転職活動を推奨しており、その要望に答える形で転職エージェントが存在します。転職エージェントは新卒の就職活動における1~3次選考も兼任しているわけです。そしてもう1つ重要な役割が定着率をあげることです。既卒の就職活動は過去に違う会社に勤めていたことのある人材を採用するということもあり、転職されるというリスクが高くなりがちです。

そのため企業側も採用した人材がすぐに転職や離職をすることを警戒します。そこでポイントとなるのが転職エージェントの存在です。転職エージェントを通して就職活動をおこなうことで、転職エージェントに対する恩というものが発生します。そのため1~3ヶ月といった短期の離職が発生しにくくなりやすいというメリットがあります。

また採用後のアフターケアをおこなう転職エージェントも珍しくなく、短期離職を防ぐための様々な制度も存在します。それほど既卒の就職活動においては短期離職が問題視されています。このように既卒の就職活動において転職エージェントの役割は重要であり、転職活動では必須と言えるものです。このように転職エージェントは転職活動に大きな役割を持っています。

マイナビ転職も同様に企業側に最適な人材を紹介することが仕事となりますが、他の転職エージェントと違い独自の制度を持っています。それがキャリア面談と呼ばれるものです。次はそのキャリア面談について詳しく解説します。

なぜマイナビ転職がキャリア面談をおこなうのか? 転職エージェントごとの違い

次にキャリア面談について解説します。キャリア面談とは求職者の描いている将来プランをもとに、求人情報と求人者をマッチングさせる面談のことを言います。このキャリア面談は登録当初におこなうことが多く、主に求人を決めるためにおこなうと言われています。しかし、実際にこのキャリア面談でキャリアの決定をおこなっているかというとそうとは限りません。

キャリア面談の目的はキャリアの決定以外にもう1つ存在します。それは求職者の基本的な能力を確認する、いわば選考としておこなっています。転職エージェントでは多くの企業から求人を預かり、それにマッチする人材を紹介しています。しかし、求職者に求められているスキルを書面で確認するのはとても困難です。転職エージェントはあくまで橋渡しが仕事のため、求職者を面接して評価するということも難しいです。

そこで効率化のためにおこなうのがキャリア面談です。キャリア面談を通して求職者のスキルを判断し、紹介する求人の基準を定めるというわけです。そのためキャリア面談はある種選考の一部と考えて、最低限の準備をする必要があります。具体的には身だしなみ、話し方や態度、社会人としての常識が見られています。それぞれについて詳細を確認していきましょう。

身だしなみは男性ならひげや髪の毛、女性なら化粧の濃さといった最低限のマナーを守れば問題ありません。服装については指定がない場合はビジネスウェア、私服可とあれば派手すぎない私服で問題ありません。話し方、態度に関しては人として最低限のマナーを守れば問題ありませんが、相手側の話を聞くという姿勢を見せたほうがより好印象になります。そのため、適度な頷きを入れると効果的です。

社会人としての常識については改めて書くこともありませんが、メモをとることやアイスブレイクに反応するといったことができるとより高評価になります。このようにキャリア面談は新卒就活でいう選考序盤の基礎的な部分を兼任していることが多いです。あまり気を張る必要はありませんが、油断せずに望むようにしましょう。このキャリア面談はすべての転職エージェントで実施しているわけではありません。

大手のほうがおこなっている確率が高いという傾向はありますが、地方や時期によって変動します。今回紹介したマイナビ転職ではこのキャリア面談を登録時におこなっており、その結果最適な求人を紹介できています。そこで最後にマイナビ転職の特徴についてまとめていきたいと思います。

マイナビ転職の強みは一体何? 転職エージェントは面談を予定するだけが仕事ではない

最後にマイナビ転職の強みを解説していきます。マイナビ転職は転職エージェントの中でも最大手の1つであり、扱っている求人の数も豊富です。その数は常時2万件以上あると言われており、都心部以外でも多くの求人を扱っていることが特徴です。さらにマイナビ転職には独自の強みが存在します。それがキャリア面談を始めとした独自のサポート体制です。

マイナビ転職以外の転職エージェントでも同様なことをおこなっていますが、マイナビ転職はその充実さが違います。そのためマイナビ転職の強みの1つとしてサポート体制が挙げられます。キャリア面談を始めとし、転職フェアを定期的に開催しています。この転職フェアは主に35歳以下の若手を中心に支持を得ており、利用者の大半が35歳以下です。このことからマイナビ転職は若手に強い転職エージェントとも言えるでしょう。

また転職フェア以外にも求人を個別に分割してサイトを運営しているのも1つの特徴です。海外での求人を中心としたマイナビ転職グローバル、ITエンジニアを中心としたマイナビ転職ITエンジニア、女性向けの求人に特化したマイナビ転職女性のお仕事などが存在します。そのため需要やニーズに合わせた求人の提供が可能であり、若い世代を中心に評価されています。

このようにマイナビ転職の強みとしては、若い世代から支持の集まりやすいバックアップ体制やイベントの豊富さがあります。求人の数も多く、地方都市にも対応しているのでぜひとも転職活動をおこなうときには利用したいですね。

マイナビ転職以外にも豊富な転職エージェント、その選び方とは?

マイナビ転職のように若手に人気を集める転職エージェントは多数存在します。またそれ以外にもフリーターに特化した転職エージェント、ITエンジニアに特化した転職エージェントというように多くの転職エージェントが存在します。そこで転職エージェントを選ぶポイントについて解説していきます。最初にマイナビ、リクナビNEXTのような大手転職エージェントは、理由がない限り登録をすることをおすすめします。

その理由として大手特有の求人の豊富さがあります。求人の数はそれだけ転職エージェントの強みとなるので、業界大手の2社を利用しないという選択肢はあり得ません。またそれ以外の転職エージェントに関しては目的や転職先にあわせて選ぶことがおすすめです。例えばフリーターから転職をおこなうときは、自分の職歴に不安を感じる人が多いです。そういったときはフリーターの転職に特化した転職エージェントをおすすめします。

またある程度のキャリアを築いていて、転職で給与や待遇の改善を狙うケースでは高給求人専門の転職エージェントに登録するのもおすすめです。一般的な転職エージェントでは扱いにくい専門性の高い求人も、キャリアがある人しか登録できない転職エージェントでは取り扱いがあるからです。このように目的に応じて転職エージェントを選び分けることも転職活動では重要です。うまく使い分けて転職活動を成功させたいですね。

まとめ マイナビ転職のような転職エージェントが面談するのには理由がある

まとめとして今記事ではマイナビの転職がおこなうキャリア面談について解説をおこないました。転職エージェントの役割やキャリア面談の目的について解説し、マイナビ転職の強みについて解説しました。マイナビ転職は若者を中心としたキャリア作成を目的とした転職に強みを持っています。今の仕事から転職してキャリアを築こうとしている人は、ぜひマイナビ転職を検討してみてください。キャリア面談もおこなっているのでおすすめです。

あなたの転職活動に幸があることを祈っています。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。