フリーターの就職にはどの転職エージェントを選ぶべきか その理由とポイントを一挙公開!

フリーターから正社員に就職したいという声はよく耳にします。正社員の安定感はやはり無力的であり、転職エージェントでも多くの求人が応募条件にフリーター可となっています。もちろん今現在フリーターの人も正社員への転職は可能であり、元フリーターで活躍している人もたくさんいます。しかし、フリーターから正社員に転職するとき、多くの場合は転職エージェントを通さないと就職ができません。

それはフリーターに問題があるというより、転職エージェントの力が大きいためのものです。しかしながら、転職エージェントは不明なことも多く使いたくないという人も多くいます。そこで今記事では転職エージェントの特徴、またフリーターから正社員に就職するときにおすすめする転職エージェントを解説します。今正社員就職を考えている人はぜひ参考にしてみてください。

おすすめの就職サービス

転職エージェントとは フリーターの正社員就職に特化したエージェントも存在

最初に転職エージェントについて解説をおこないます。一般的な転職エージェントは主に現在正社員の方の転職活動に特化したものが多いです。これは転職エージェントの役割そのものが理由になります。それは企業と転職者を繋げる橋渡しというものです。しかし、ただ企業に転職者を紹介するのではありません。転職エージェントはそれ以外の役割を持っています。

それは企業側の求める人材の選定、そして転職者の定着をおこなうことです。まず前提として、既卒の就職活動では面接の回数が1回であることが多いです。これは面接というものが企業側の負担が大きい選考になるからです。そこで使われるのが転職エージェントです。企業側は自社で面接をおこなわず、転職エージェントに面談や仕事の紹介という形で選考活動を依頼しています。その選考で紹介する企業を選びつつ選考をおこなうという形です。

そのため企業としては転職エージェントを通して転職活動を推奨しており、その要望に答える形で転職エージェントが存在します。転職エージェントは新卒の就職活動における1~3次選考も兼任しているわけです。そしてもう1つ重要な役割が定着率をあげることです。既卒の就職活動は過去に違う会社に勤めていたことのある人材を採用するということもあり、転職されるというリスクが高くなりがちです。

そのため企業側も採用した人材がすぐに転職や離職をすることを警戒します。そこでポイントとなるのが転職エージェントの存在です。転職エージェントを通して就職活動をおこなうことで、転職エージェントに対する恩というものが発生します。そのため1~3ヶ月といった短期の離職が発生しにくくなりやすいというメリットがあります。

また採用後のアフターケアをおこなう転職エージェントも珍しくなく、短期離職を防ぐための様々な制度も存在します。それほど既卒の就職活動においては短期離職が問題視されています。このように既卒の就職活動において転職エージェントの役割は重要であり、転職活動では必須と言えるものです。このように転職エージェントは転職活動に大きな役割を持っています。

このように転職エージェントは転職者の選定をおこなう関係で、現在正社員で働いているか過去正社員で働いたことがある人に向けての求人が多くなります。しかし、世の中には正社員の職歴がなくフリーターの経験しかない人も一定数存在します。そのような人におすすめするのがフリーターに特化した転職エージェントの存在です。そこで次は転職エージェントの中でもフリーターに特化した転職エージェントの話を解説していきます。

フリーターから正社員への就職は簡単?転職エージェントが重視するポイントはこれだ!

転職エージェントの中でもフリーターに特化したエージェントも存在しており、この転職エージェントの正社員就職の成功率は高いです。それにはとある理由とポイントがあります。そこで次はそのとある理由とポイントについて詳しく解説していきます。まずとある理由についてですが、求人のうちすべての求人が即戦力を求めているというわけではないからです。

転職エージェントの紹介する求人は大きく分けて2種類あります。即戦力を求めている比較的に条件の厳しい求人と、ポテンシャル面を重視した条件の緩い求人です。フリーターの正社員就職で紹介される求人はほとんど後者となります。この後者の求人で求められるポイントが若さや成長性です。これらがフリーターから正社員への就職において重要視されるポイントとなります。

フリーターは正社員経験がないことが多いため、他社会人に比べて新しいルールや規則に柔軟に対応しやすいというメリットもあります。このメリットを重要視する企業も多く、フリーターから正社員転職に成功しやすい理由の1つにもなります。このように転職エージェントの中でもフリーターに特化したものが存在し、正社員転職に成功した例は多数存在します。

そこで最後に正社員転職におすすめする転職エージェントを紹介していきたいと思います。今フリーターから正社員に転職を考えている人必見です。

実際にフリーターから正社員就職するときにおすすめする転職エージェントは?

最後にフリーターから正社員就職するときにおすすめする転職エージェントを紹介します。今回は理由別に3つの転職エージェントを紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

最初に紹介する転職エージェントはリクルート系列のリクナビNEXTです。今回リクナビNEXTをおすすめする理由としては規模の大きさがあります。リクルート系列であるリクナビNEXTは転職エージェントの中でも最大の規模を誇り、扱っている求人数は10万件を超えると言われています。業種も様々で15項目100種類以上の求人が存在します。そのため多くの求人の中からぴったりの求人を見つけやすいです。

また求人が豊富であることから、ポテンシャル採用をおこなっている求人の多くが登録しています。職歴に不安な人もリクルート側からの紹介となれば、色眼鏡を使われることもなくなります。そのためフリーターに特化していなくても、充分な期待ができる転職エージェントです。登録はWebだけで簡単におこなるので、手軽に始められるのもよい点ですね。

次に紹介する転職エージェントはハタラクティブです。ハタラクティブはネット上で多く広告を売っていることからも聞いたことある人も多いと思われます。このハタラクティブの最大の特徴がフリーターから正社員への転職に特化していることです。要はフリーターに特化した転職エージェントであり、利用者のほとんどがフリーターです。そのためフリーターであるという職歴に負い目を持たず利用できることが最大の利点です。

紹介される求人もポテンシャル採用がほとんどであり、正社員の職歴がないことを前提に募集されている企業がほとんどです。企業との連携も高くアフターケアも優れているため、多くの利用者が正社員転職に成功しているのも納得の結果です。規模はそこまで大きくないので都心での転職活動が中心となってしまいますが、その点を除けばまさに最適な転職エージェントと言えるでしょう。

最後に紹介する転職エージェントはマイナビ転職です。マイナビ転職は新卒就活でよく使われるマイナビの転職版で、リクナビNEXTと並び転職において大手です。マイナビ転職をおすすめする理由として3大地方を中心に、都心以外でも多くの求人を取り扱っていることがあります。特に福岡、大阪、名古屋の求人が豊富であり、都心部から山間部まで幅広い求人を取り扱っています。

そのためあまり求人が多くない地方でも求人があり、多くの企業が掲載することによる知名度の高さも強みになります。リクナビNEXTと比較すると地方にも強いのが特徴的ですね。もちろんフリーターの転職活動にも対応しており、定期的に特集することもあります。このように地方在住者にも強いため、フリーターから正社員に転職するときにおすすめの転職エージェントと言えます。

フリーターから正社員に転職するときに覚えておきたいこととは?

今記事で扱っている転職エージェントを使うことで比較的簡単に正社員に転職することは可能です。しかし、注意したいこととしてポテンシャル採用はリスクもそれなりに高いということがあります。ポテンシャル採用のように見せかけた悪いい労働条件での採用をおこなう企業も一定数存在するからです。当然ある程度は転職エージェントが選別しますので、基本的には心配いりません。

しかし、転職前に比べて給料が下がる、待遇が悪くなるといったケースがないわけではありません。転職エージェントを使いながらも自分で会社の評判を調べる、可能であれば入社前に先輩社員の話を聞くといった対策をおこなうことも重要です。転職は人生を掛ける大イベントであり、それがフリーターから正社員への転職ならよりいっそ重要です。後悔しないように最大限努力をすることを忘れないようにしましょう。

まとめ 脱フリーターを狙って就職するなら転職エージェントを使うべき

まとめとして今記事ではフリーターから正社員に転職活動をおこなうときのポイントとおすすめする転職エージェントについて解説しました。転職エージェントの特徴やフリーターから正社員への転職活動をおこなうときの注意点を解説し、最終的におすすめする転職エージェントを紹介しました。正社員は今でもやはり安定の象徴であり、目指す人の多い就業形態です。今記事を読んで興味を持った人はぜひ転職してみてください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。