リクルートエージェントは電話が必要?知っておきたいポイントを解説!

これからリクルートエージェントを利用するときに細かな点について気になる人は多いでしょう。たとえば、電話が必要かどうか知っておきたい人は多いはずです。そこで、リクルートエージェントを利用するときの電話に関するポイントを解説しましょう。

おすすめの就職サービス

リクルートエージェントのやり取りは電話が基本

リクルートエージェントでやり取りをするときは、電話が基本となるため覚えておきましょう。それでは基本的な点について解説します。

リクルートエージェントはそれぞれに担当者がつく

リクルートエージェントは登録した人それぞれに担当者がつくというシステムです。それぞれの担当者がしっかりとサポートしてくれるため転職活動をスムーズに進めることができます。担当者からさまざまな情報提供を受けたり、アドバイスをもらったりすることが可能です。そのおかげで転職活動に成功する可能性を高められるでしょう。

担当者とは頻繁にやり取りをする必要がある

リクルートエージェントを利用するときには担当者と頻繁にやり取りする機会があります。さまざまな情報の提供を受けることは多いです。また、実際に企業と面接するときになった場合にスケジュール調整を頼むこともできます。条件交渉についても任せることができます。リクルートエージェントが用意する担当者には転職活動の最初から最後までお世話になるでしょう。

担当者とはメールや電話でやり取りをする

リクルートエージェントの担当者とやり取りをする方法はメールか電話が主なものです。そこで、自分の希望や要望を細く伝えることによって、あなたの希望通りの対応をしてくれるでしょう。

電話で面談することも可能

リクルートエージェントでは電話で面談することが可能なため、積極的に電話を活用することをおすすめします。メールでのやり取りはどうしても時間がかかってしまい、細かな点まで伝えにくいからです。電話であれば自分の希望や要望を一度に伝えることができて、細かな点についても確認し合うことができます。

リクルートエージェントから電話がかかるケース

リクルートエージェントを利用していて電話がかかってくるケースは少なくありません。どんなときに電話を受けることになるのか説明しましょう。

求人紹介

リクルートエージェントの担当者より求人紹介を受けるときには電話がかかってくることがあります。電話に出るとあなたに合った求人が見つかったことが報告されて、その求人の具体的な中身について教えてもらうことができます。そのため、電話がかかってきたときには、求人の紹介を受けられるかもしれないと期待しましょう。

アドバイス

リクルートエージェントから転職活動についてさまざまなアドバイスを電話で受けることが可能です。たとえば、あなたが転職活動について悩みを相談したならば、後日電話がかかってきて、あなたの悩みを解決するためのアドバイスをしてくれるかもしれません。電話口でアドバイスを受けることによって、あなたは転職活動の不安や悩みを解消できるでしょう。

採用結果などの連絡

実際に求人に応募して面接を受けた企業があるならば、その採用結果について電話で連絡を受けるケースがあります。リクルートエージェントの担当者はあなたの採用結果について情報を受け取っているからです。そのため、採用されたか不採用になったのか、いち早く担当者が電話で教えてくれるでしょう。もしどこかの企業の面接を受けたならば、その後に電話がかかってきたときには必ず出るようにしてください。そこで採用の結果を知ることができます。採用されたならば、お祝いの言葉をもらうことができるでしょう。

応募時期が過ぎたときなど

たとえば、求人の応募時期が過ぎてしまったなどの連絡を電話で受けることがあります。あなたがリクルートエージェントを利用していて何か失敗したりミスが生じたりしたときにも連絡を受けることはあります。入力情報が間違えていたり、不足していたりするときにも電話でその点について指摘を受けることがあるため注意しましょう。何か重要な事務連絡があるときには、すぐにあなたに対して電話をかけてくるため、すぐに対応することを心がけてください。

リクルートエージェントとの電話のポイント

リクルートエージェントの担当者と電話をするときのポイントについて解説しましょう。

できるだけ電話に出る

電話がかかってきたときには、できるだけ出るようにしましょう。リクルートエージェントからの電話はすべて何か意味があるものです。重要な要件があるからこそ、わざわざあなたに電話をかけてきています。それを無視してしまうとあなたが損をしてしまう可能性があるため注意しましょう。せっかくあなたにとって貴重な情報提供をしようとしているのだから、それにきちんと応じることは大切です。電話に出なかったことで後悔してしまう可能性もあるでしょう。

緊急の場合は折り返し電話をする

できるだけ電話に出るべきなのですが、さまざまな事情から電話に出られないというケースはよくあります。会議中だったり、トイレの最中だったりして電話に出られないことは多いです。そんなときには、留守電に要件が入っていることがあります。それが緊急の用事だった場合にはすぐに折り返し電話をすることをおすすめします。もともと、その日に重要な要件について電話を受ける予定だったならば、その内容についてすぐに確認することは大切です。素早く折返しの電話をすれば、担当者がすぐに対応してくれる可能性は高いです。

事前に電話が可能な時間帯を伝えておく

リクルートエージェントに電話をかけてもらうときには、事前に電話を受けられる時間帯を伝えておくことが大切です。そうすれば、電話に出られないという状況を避けることができます。ただし、基本的には日中の時間を指定することになります。早朝や深夜などはサービス時間外となるからです。たとえば、仕事の昼休みの時間を指定しておくとよいでしょう。その時間帯であれば、安心して電話に出ることができます。ただし、周りに同僚などがいるときに転職活動の話を電話でするのは避けたいという人もいるでしょう。リクルートエージェントからの電話に安心して対応できる時間帯を事前に決めておいてください。

メモを取っておく

リクルートエージェントからの電話に出るときには、メモを用意しておきましょう。重要な要件について電話で話されることがあるからです。そのときには、逐一メモを取っておくことが大切です。そうすれば、電話の用件をきちんと確認することができるため、後で忘れてもう一度電話をかけて聞き直すという事態を避けることができます。あるいは、電話を受けたときにその内容を録音しておくという方法もあります。これならば電話で話された内容をあらためて確認することができるため確実な方法といえるでしょう。

リクルートエージェントからの電話はしつこいのか?

リクルートエージェントからの電話はしつこいというイメージのある人がいるかもしれません。実際のところどうなのか説明しましょう。

しつこく電話がかかってくるケースはある

リクルートエージェントからしつこく電話がかかってくることは実際にあります。緊急の要件以外でも電話をかけてくることがあるため、それが鬱陶しいと感じる人がいるかもしれません。リクルートエージェントの担当者はあなたに対してちょっとしたことでもすぐに情報提供するために電話をかけてきます。それが仕事のため仕方のない部分があるのですが、鬱陶しいと思うならば、きちんと対処しておくことが大切です。

緊急時以外はメールで連絡してもらうように頼む

たとえば、本当に緊急のときの連絡以外はすべてメールによる連絡にしてもらうという方法があります。新しい求人が見つかるたびに電話がかかってくるのは迷惑だという人は多いでしょう。電話は必要最低限にしておきたいという人もいるはずです。そのような要望にもリクルートエージェントはしっかりと対応してくれるため安心しましょう。きちんと要望を伝えておけば、頻繁に電話がかかってくるという事態を避けられます。メールによる連絡であれば、多少回数が多かったとしてもあまり迷惑にはならないはずです。

対応が悪いときには担当者を変更してもらう

連絡方法などについての要望を伝えても担当者がしっかりと対応してくれないケースはあります。リクルートエージェントの担当者の質はそれぞれ大きく異なっているからです。ひょっとしたら、あなたの要望にきちんと応えてくれない人が担当者になるかもしれません。もし担当者に不満を感じたのであれば、変更してもらうことができます。担当者を変更することで、もっとまともな対応ができるスタッフが新しい担当者になってくれます。それならば、安心してやり取りができるようになるでしょう。担当者を変えてもらうことに遠慮する必要はありません。

希望条件を絞っておくと電話が減る

新しい求人が見つかるたびに電話がかかってきます。もしあまりにもたくさんの電話がかかってくるならば、あなたの希望条件に問題のあるケースが多いです。あなたの希望を満たす求人がたくさんあると電話の数が増えてしまいます。これからリクルートエージェントを利用するときには、できるだけ希望条件を絞っておくことが大切です。そうすれば、あなたの希望に合った求人がかなり絞られるため、頻繁に連絡が来るのを避けられるでしょう。選択肢を狭めることで企業選びに多くの時間をかける必要がなくなるためメリットもあります。

まとめ

リクルートエージェントからの電話についてまとめました。電話によって重要な連絡を受けることがあるため、できるだけ電話に出ることを心がけましょう。電話に関して不満な点があるならば、担当者に要望を伝えることでできる限りの対応をしてくれます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。