【必見】飲食業界で働く方に知ってほしいおすすめの転職エージェント大紹介

飲食業界で転職を考えている方、今後飲食業界で働きたいと考えている方もいるでしょう。
飲食業界で転職をするなら、一般の企業への転職とは違う「職種特化型転職エージェント」を利用して転職をすることがおすすめです。
総合型転職エージェントでも転職はできますが、求人数はやはり減ってしまうでしょう。

この記事では、飲食業界で転職を行う方に知ってほしい「おすすめの転職エージェント」を厳選して紹介します。
また、飲食業界で転職をするのなら知っておきたい転職のポイントなども解説するので、きっと記事を読めば転職をするイメージがつくでしょう。

保存版ともいえるので、是非参考にしてください。

おすすめの就職サービス

そもそも転職エージェントはどのようなサポートをしてくれるのか

記事を読んでいる方の中には、初めて転職活動を行う方もいるでしょう。
自力で転職をしようと考えている方もいるかもしれませんが、転職エージェントを利用することで、自分の希望に合った職場に就くことができるはずです。

しかし、転職エージェントが一体何かを知らない限り利用しようとは思えないでしょう。
ここからは、転職エージェントについて紹介をするのでまず目を通してみてください。

転職エージェントとは

転職エージェントは大きく分けて2種類に分類されます。
「総合型転職エージェント」と「職種特化型の転職エージェント」です。
総合型にはその名の通り、様々な職種と企業がごちゃまぜになっており、多くの求人を保有しています。
そして、職種特化型は「職種」に特化した求人のみ保有をされています。

例えば、医療系や教育系、そして飲食業に特化をした転職エージェントもあるのです。
したがって、飲食業界での転職を考えている方には、職種特化型の転職エージェントがおすすめになります。

転職エージェントが行ってくれるサポート

転職エージェントが行ってくれるサポートは、とても幅広いです。
登録をすると、まず担当のキャリアアドバイザーの方と電話面談を行い、転職の希望条件や、自身のスキルを伝えます。
後日、あなたの希望条件に合う企業があれば、直接面談が行われ、紹介をしてもらえるでしょう。

企業とのマッチングの他には、面接の対策から書類添削など。
転職を行う上で不安になりやすい箇所の支援を徹底的に行ってもらえます。
初めて転職活動を行う方や、ひとりで進めることが不安に感じる方にとって、徹底的なサポートは魅力的ではないでしょうか。

飲食業界の方は転職エージェントを選ぶ際、何に着目をすべきか

転職エージェントとはどのようなものであるのかを知ることができると「これから利用をしてみよう」と感じた方もいるでしょう。
是非転職エージェントは利用をしてほしいのですが、利用をする上で大事になるのが「転職エージェントの選び方」です。
着目ポイントを知ることで自分に合う転職エージェントを見つけることができるでしょう。

転職のサポートが充実しているか

転職エージェントは、あなたの転職サポートを行ってくれるのですが、中には「サポートあ充実していない」と感じるエージェントもあるかもしれません。
運営する企業によって、転職サポートの雰囲気は少しずつ違います。
また、直接的な面接回数が少ない、時間が短いなどの問題も出てくるでしょう。

そこで、実際に利用をした方の口コミを読んだり、どのようなサポートをしているのか公式サイトで確認をするなどしてください。
自分の目で確かめることはとても大事です。

転職エージェントの中には、面接対策などを行う拠点地が少ないケースもあります。
住んでいる場所に近くに通える拠点地がある転職エージェントを選ぶことは重要です。

飲食業界について熟知している転職エージェントであるか

飲食業界は、一般企業とは内部事情がかなり違うでしょう。
働き方はシフト制であることも多く、企業によっては残業が多いものもあるはずです。
そういった飲食業界の内部事情について詳しくない転職エージェントに頼ってしまうのは、少し危険と言えるでしょう。

紹介をされた場所で転職をしたところ、希望休が全く取れなかった…なんてケースもあるのが現実です。
飲食業界はどうしても「長時間労働」や「有給がとれない」といったブラック企業と呼ばれる企業が多くあります。

自身がどのような働き方をしたいか、また飲食業から飲食業への転職を考えている方は「どうして辞めるのか」の理由などを明確にさせておきましょう。
事前に譲れない希望条件を伝え、詳しく伝えることは良い企業と出会うための条件といえます。

飲食業界に転職をするなら!必ず知っておいて欲しい転職エージェント5選

ここからは飲食業界に転職をする方に知ってほしい「転職エージェント」を紹介します。
転職エージェントは複数利用をすることで、より多くの求人に出会うことができるでしょう。
利用を考えている方は、是非ここで紹介をする転職エージェントを利用してみてください。

飲食業界に特化しているエージェントなら!【クックビズ】

飲食業界への転職を考えている利用者数が圧倒的に多いのが「クックビズ」です。
こちらは、職種特化型の転職エージェントになり、飲食業界との強いパイプで繋がっています。
求人数はなんと5万件を超えるほどです。
多くの方がより多くの企業や店舗から転職先を探したいと思うでしょう。
クックビズは飲食業界に転職をするなら、初めに登録をすべき転職エージェントであるといえます。

職務内容は、ホールスタッフから本部職まで多岐にわたるので理想の働き方ができるでしょう。
そして、なんといってもの魅力は「業界を熟知したキャリアアドバイザーからの支援」です。
飲食業界を知っている人から転職支援を受けられる特別な転職エージェントといえるでしょう。

手厚いサポートに定評がある【doda】

dodaは総合転職エージェントですが、とにかくサポートが手厚いと評判が高いです。
転職の成功率も他社に比べると高く、利用者満足度も抜群に良い特徴があります。
飲食業界の求人は、職種特化型に比べると少なくはなり、多くがサービス業になってしまいますが、正社員雇用であるので、そちらは安心できるでしょう。

記事の中でもお伝えをしているように、転職エージェントを利用する際は、サポート力が重要になります。
求人数が多くても良い支援を受けられなければ、納得のいかない転職活動になる可能性もあるのです。

dodaはサポート力が抜群に良い転職エージェントなので、飲食業界で正社員としてサービスを行いたい方は是非利用をしてみてください。

定着率の高い企業に就職をしたいなら【エフジョブ】

エフジョブは転職エージェントの中では比較的求人数が少ないエージェントです。
しかし、企業とのコネクト力は高く、こちらを利用し転職をされた方の離職率はとても低いです。
これは求人の質が高いことを意味しており、また転職希望者とのミスマッチが少ない企業を紹介できる力があると考えることができるでしょう。

エフジョブが保有をしている飲食業界の業務内容は幅広いです。
ホールやキッチンスタッフ以外には、コンサルタント業務に就けることもあります。
他社の転職エージェントとかけもちをしながら利用をするよ良いでしょう。

求人数とサポート抜群の【パソナ】

パソナは総合型転職エージェントの中でも実績のあるエージェントです。
企業とのパイプは強く、保有している求人数は圧倒的な数を誇ります。
そして、人材業界で培ってきたサポートも定評があるのです。

初めて転職活動を行う方にとって重要になるのは、不安にならないサポートでしょう。
パソナはそういった不安を感じさせないサポートをしてくれるはずです。
パソナが保有をしている飲食業界の求人は、本社勤務の物が多いと覚えておくようにしましょう。
飲食業界でキャリアアップを考えている方には是非利用をしていただきたい転職エージェントです。

都市部で飲食業界に転職をするなら【飲食転職なび】

飲食転職なびは、名前から分かるように「職種特化型の転職エージェント」です。
こちらは公開の求人数は500件以下であるため、他の転職エージェントに比べると少ないでしょう。
しかし、飲食業の求人を自分の目で探すことができる機会になるはずです。

そして、こちらで掲載をされている求人からは各店舗や企業の雰囲気や「どうして募集に至ったのか」などの詳細が掲載されています。
こういった情報を知れると、自身で企業がどのような企業であるかの理解がしやすいでしょう。

こちらの求人は主に首都圏が多いため、都市部で飲食業界への転職を考えている方は利用をしてみてください。

まとめ

この記事では飲食業界へ転職をするなら、是非利用をしてほしい「転職エージェント」について紹介をしました。
最後に皆さんに知っておいてほしいのが、飲食業界の現状についてです。
飲食業界は、離職率が各業界内で1位の業界で、「ブラック企業」とされる企業が多い現実があります。

人手不足の企業も多いため、転職活動をすると内定は比較的貰いやすいでしょう。
しかし、年収が多職種より低いこと、福利厚生が少ないといった問題は浮彫になっています。
したがって、飲食業界での転職を考えている方は、他の業界と比べながら転職活動を行うことも大事になるでしょう。

様々な職種や、自身の希望条件やスキルなら「どのような企業に就職をできるのか」を考えることで、本当に就くべき職種が見えてくるはずです。
そして、飲食業で働くことを決めている方は、転職エージェントを利用いて「希望に合う企業探し」に手を抜かないようにしてください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。