業界大手のリクルートが運営をする就職エージェント【リクナビエージェント】の評判を徹底解説

リクナビエージェントは、リクルートグループが運営をする業界最大手の「就職エージェント」です。
利用者数が圧倒的に多く、就職に進む学生の方であれば一度は利用をするといっても過言ではないでしょう。

しかし、多くの人が使っているからといって自分に合うのかどうかは分からない部分もあります。
この記事では、これから就職活動を行う方でリクナビエージェントを利用するか悩んでいる方に向けて、評判を解説します。

きっと記事を読めば、リクナビエージェントを利用するかどうかの判断をすることができるでしょう。

おすすめの就職サービス

【評判を知る前に】そもそも就職エージェントとは?リクナビエージェントとはどんなサービスを提供をしている?

まず紹介をするのが「就職エージェントとは」「リクナビエージェントが提供をしているサービスについて」です。
学生の方で「皆が使っている就職エージェントに登録をするとどんなことをしてもらえるのか」と気になっている方は多いでしょう。
知ることは、自分が利用するかどうかを考える機会になるはずです。

学生の多くが利用をする就職エージェントとは

就職エージェントというのは、就職のサポートを行ってくれる物のことを指しています。
多くは人材紹介系の企業が運営をしていることが多いです。
「就職のサポート」と一括りにしても、行ってもらえるサポートは多岐にわたります。

例えば、就職活動を行う上で重要になる「面接の対策」や「提出をする書類の添削」を行ってくれることもあれば、面接日の調整や、企業とのマッチングなど…。
就職に関わる幅広いサポートを行ってくれます。

したがって、就職エージェントは共に就職活動を進めてくれる存在と考えることができるでしょう。
就職活動をひとりで乗り越えるのは、やはり孤独に感じてしまうこともあります。
「誰かと共に頑張っている」と思えることは、少しの希望になるはずです。

リクルートグループが運営をする【リクナビエージェント】について

就職のサポートを行ってくれる就職エージェントの数は、かなり多いです。
ネットが普及し、WEB上から企業へのエントリーをすることが当たり前になってきた時代だからこそ、より「就職エージェント」を利用する方は増えています。

そんな就職エージェントの中でも、最大手と呼べるのが「リクルートグループ」が運営をする、リクルナビエージェントです。
リクルートグループは人材紹介系の企業で、就職サポート以外には、転職エージェントの運営や、派遣紹介など…様々なジャンルのサービスを提供しています。

業界内での実績もあり、多くの企業とコネクトがあるところが「利用者数」に深く関係をしているのでしょう。
就職活動をしている学生は、きっと「多数の求人を目にしたい」と考えるはずです。
リクナビエージェントが保有をしている求人数は、公開・非公開合わせると圧倒的に多い特徴があります。
だからこそ、利用をする学生が多いと言えるでしょう。

就職エージェントと就職サイトの違いをチェック

就職エージェントがどのようなサービスを提供しているのかを知ることができたのであれば、よく見かける「就職サイト」との違いを知っていきましょう。

実は、リクルートグループも就職ポータルサイトである「リクナビ」を運営しています。
こちらには公開求人が掲載されており、誰でも気軽に就職先を探すことができるのです。
企業の探し方は勤務地や希望条件から絞り込むことができ、自分が望む企業を探しやすいでしょう。

また、自己分析をテスト形式で行うことができるため、就活に必要な「自身を客観視すること」ができるはずです。
登録・利用は無料なので「まずは就職サイトに登録をする」という方は多くいます。

就職エージェントとの違いは、担当のキャリアアドバイザーからのサポートがあるかどうかです。
就職エージェントは「就職支援」を提供しているため、あなたにキャリアアドバイザーがつき、共に就職活動を進めてくれます。
就職サイトはあくまでも情報を掲載しているサイトになるので、就職支援は行ってくれません。

この違いを間違えてしまい、稀に「就職サイトに登録をすれば支援を行ってもらえる」と思ってしまう人がいるので注意をしてください。

【就職エージェントの利用を考えている方へ】リクナビエージェントの評判を一挙公開!

就職エージェントやリクナビエージェントについて知ることができると「利用してみようかな」と思った人もいるでしょう。
そんな方に是非知ってほしいのが「実際に利用をしたの口コミ」です。
ここからは、リクナビエージェントに寄せられている評判をいくつか紹介するので是非参考にしてください。

リクナビエージェントに寄せられている良い評判

・丁寧なキャリアアドバイザーの人が親身に相談に乗ってくれた
・何をしたいのかが分からない自分に合う企業を探す方法を教えてくれた
・面接対策が丁寧で本番緊張をしなかった
・面談の日程調整などがアプリで行えるので楽だった

リクナビエージェントのキャリアアドバイザーの方は、多数の内定実績を持つ優秀な方が多いです。
キャリアアドバイザーの視点から、あなたに合う企業を紹介してくれるでしょう。
「将来何をすればいいのかが分からない」と悩んでいる方は、相談をしてみると「合う仕事」が見つかるかもしれません。

リクナビエージェントに寄せられている悪い評判

・地方に住んでいるので電話面談しかできず、あまり親身になってくれなかった
・ミスマッチな企業を紹介された
・連絡の返信が遅くやりとりが不安だった
・自分のペースで進めることができないので、合わせるのが大変だった

リクナビエージェントに寄せられている悪い評判を見ると、キャリアアドバイザーの方との相性や、やり取りをする中で生まれる疑問が多いです。
これからの人生を託すような感覚を持ってしまうため、レスポンスが遅いと心配になることもあるでしょう。

また、リクルートの拠点が無い地域にお住まいの方は、やりとりが電話のみになることや、地方の求人数が少なく満足ができないかもしれません。

就職エージェントは評判で決める人も多い!リクナビエージェントを利用する【メリット・デメリット】

リクナビエージェントに寄せられている評判を知ると、利用するかどうかを考える機会ができたでしょう。
上記を踏まえた上で、ここからはリクナビエージェントを利用する「メリット」「デメリット」を紹介するので、参考にしてください。

リクナビエージェントを利用するメリット

・業界最大手の就職エージェントだからこそ保有できる多数の求人から企業を探すことができる
・都内近郊に住んでいる人は検索できる求人数が多い
・面接対策や書類添削が充実しており、就活への不安が軽減される
・一人で就職活動を行わずに済む

リクナビエージェントを利用するメリットは、やはり数多くの求人を目にすることができることでしょう。
特に、都内近郊に住んでいて都市部での就職を考えている方であれば、様々な企業の求人野中から就職先を探すことができます。

また、拠点地で行われる面接対策や書類添削などのサービスは充実しているため、不安を感じることなく面接に臨めるはずです。

リクナビエージェントを利用するデメリット

・地方求人が少ない
・地方在住だと電話面談しかできず、サービスが充実していないと感じやすい
・連絡頻度が遅く不安になる
・求人のプッシュが強引なことがあり、断りにくい

リクナビエージェントは地方在住の方で、地方での就職を考えている方は求人数の数がどうしても減ってしまうため、満足できない可能性があります。
また、面接対策などができる拠点に足を運ぶことができないと、十分なサービスを受けることができないでしょう。

ただ、求人数はゼロではないので就職エージェントの複数利用のひとつに入れることをおすすめします。

就職エージェントを利用するなら併用すべき!おすすめの就職エージェントを紹介します

ここまでリクナビエージェントについて紹介をしてきました。
メリット・デメリットを知ることで「自分に合うか」を考えることができたでしょう。
そんな就活エージェントは複数利用をすることがおすすめです。

最後にリクナビエージェント以外でおすすめできる就職エージェントを紹介するので、併せてチェックしてください。

優良企業の求人が多い【doda新卒エージェント】

優良企業の求人を多数保有しているのがdoda新卒エージェントです。
求人数は4000以上になると言われています。
また、利用満足度は97%を超えるとされており、良質なサポートを受けられるでしょう。

インターン情報数が多い【キャリタス就活エージェント】

就活支援サポート歴は短いですが、業界内でめきめきと力をつけているキャリタス就活エージェントは、他社にない求人を保有している魅力があります。
また、インターン情報を多数取り扱ているので、まず利用をする学生が多いのです。

入社後の支援が魅力的な【type就活エージェント】

type就活エージェントは、多数の就活イベントや就活関連のニュースを更新している就活エージェントです。
登録をするだけで、様々な情報を得ることができるでしょう。
また、入社後のキャリアアップ支援も行っているため、末永いお付き合いができるでしょう。

まとめ

多くの学生が利用をしている「リクナビエージェント」について紹介をしました。
評判や利用をするメリット・デメリットを知ることで、自分に合うサービスが提供されているのかを考えることができるでしょう。
数多くの求人数を誇る企業なので、是非登録をしてみてください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。