リクナビ就職エージェントの退会方法は複雑?簡単にできるステップを紹介します

リクルートグループは、人材紹介系の企業の中では「最大手」と言われている大きな組織です。
転職用のポータルサイトである「リクナビNEXT」の運営や、就活支援サポートを行うリクナビ就職エージェントの運営など…。

人材紹介に関わるサービスを幅広く提供しています。
そんな、リクルートグループが運営をするリクナビ就職エージェントを利用されている方は多いです。
知名度と人気度を兼ね備えたサービスですが、利用された方の中には「退会方法が難しかった」と言う人もいます。

就職活動を始めると、就職エージェントを複数社利用する方は多いでしょう。
最後には「どの就職エージェントを利用するか」を決めるため、いくつかの就職エージェントは退会をしなければなりません。

この記事では、リクルート就職エージェントの退会方法や、退会前に知っておきたい「辞めて良いのか」の判断基準などをお伝えします。
是非参考にしてください。

おすすめの就職サービス

そもそも就職エージェントって何?

これから就活を行う方の中には「そもそも就職エージェントって何?」と考えている方も多いのではないでしょうか。
就職エージェントがどのような物であるのかを知ることで、今後利用をするかどうかを考える機会になるでしょう。

まず、就職エージェントは多数の企業が運営をしています。
したがって、転職エージェントによって色が違います。
例えば、上位大学に通っている方が多く利用している就職エージェントがあれば、グローバル企業の求人を多数保有している就職エージェントがあるなど…。
様々です。

ターゲット層には違いがあっても、基本的な流れやサポートは似ています。
就職エージェントでは、学生と企業のマッチングを行ったり、面接対策を行い、内定率を上げる支援をしているのです。
また、面接日の調整や、内定後の支援などを行う就職エージェントも多く、就職活動を二人三脚で行ってくれる存在になるでしょう。

専任のキャリアアドバイザーが共に就職活動を行ってくれるため、ひとりで就職活動を行うことへの不安は感じないはずです。

リクルートグルプが運営をするリクナビ就職エージェントとは!リクナビとの関わりやどのようなサービスを運営している?

記事の冒頭でもお伝えしましたが「リクルートグループ」は、人材紹介系界隈の企業の中では、最大手と呼ばれる企業です。
きっとCMや電車内広告など…様々な場所で「リクルート」という言葉を聞いた経験があるのではないでしょうか。

そんなリクルートグループが運営をする就職エージェント「リクルートエージェント」の特徴や、ポータルサイトである「リクナビ」との関わりを紹介します。
是非参考にしてください。

利用者数が圧倒的に多い!【リクナビエージェントの特徴】

リクルートエージェントの最大の特徴は「利用者数」です。
業界最大手のリクルートグループが運営をしている就職エージェントなので、とにかく利用をしている学生が多い特徴があります。
やはり、知名度と実績のある就職エージェントは「安心してお願いができる」と考える人は多いでしょう。

学生であれば「友達が利用している就職エージェントに自分も登録をする」という人も多いため、リクルートエージェントを利用する学生は数珠繋ぎ形式で広がっていくのです。
最近は「まずはリクルートエージェントに登録をすること」が、就活の始まりを意識させる行動にもなっているそうです。

また、業界最大の利用者数の他の特徴として知っておいてほしいのが「圧倒的な求人数」でしょう。
実績と信頼のおける、リクルートグループが運営をしている就職エージェントだからこそ、企業とコネクトが強いのです。
したがって、リクルートエージェントからしか応募をすることができない「非公開求人」は多数あります。

就職活動をする方は「多くの企業の中から会う企業を探したい」と思うでしょう。
そんな方にとって、求人数のリクルートエージェントは、まず登録をすべきと言えるはずです。

併用をすることで内定率がアップする!?【リクナビ】の特徴

リクルートエージェントは就職のサポートを行う「就職エージェント」です。
そんな就職エージェントと間違えやすいのが「リクナビ」になります。
こちらは、就職ノウハウや求人情報が掲載をされている「ポータルサイト」です。

したがって、専任のキャリアアドバイザーの方がついて支援をしてくれることはありません。
名前が似ているため間違えやすいですが、リクナビを利用することで就職サポートを受けることができると考えている人は多いので、間違えないようにしてください。

こちらは、リクナビ就職エージェントと併用をして登録をすることで、自分の希望条件ではどのような企業に就職をできるのかなどを探すことができるでしょう。

どのような人が【リクナビエージェント】や【リクナビ】を利用すべき?すぐに退会しないためにチェックしよう

ここまで、リクルートエージェントやリクナビの特徴を紹介してきました。
二つの違いが理解できると「どのような人が利用をすべきか」が分かったのではないでしょうか?
リクナビNEXTとリクナビエージェントは、根本的なターゲット層が違うので、間違えて登録をしないようにしてください。

ここからは、リクナビエージェントの利用をおすすめできるのはどのような人であるのかを紹介します。

リクナビエージェントの利用をおすすめできる人

・就職活動をひとりで行うことに不安がある人
・就職活動を行うにあたり「どのような企業が自分に合うのか」が分からない人
・リクルートの拠点地近郊に住んでいて面談に通える方

リクナビエージェントは、実績のあるリクルートが運営をする就職エージェントなので、とりあえず登録をすることに問題は無いでしょう。
まず登録をすることで、どのような企業が自分に合うのか、また自分を客観視する機会になるはずです。

また、リクナビエージェントの面談ができる拠点は全国に16箇所あります。
北は北海道、南は福岡までの範囲に16箇所の拠点地があるため、対面の面談に通えることが重要になるでしょう。

しかし、地方に住まれている学生の方が「利用できない」というわけではありません。
その場合は電話面談なども行ってくれるので、安心をしてください。
ただし、地方の求人数は都市部と比べるとどうしても少なくなってしまうことは覚えておくようにしましょう。

リクナビの利用をおすすめできる人

・希望条件で入社できる企業を知りたい人
・就職活動についての事前知識をつけたい人
・自分のペースで就職活動を行いたい人
・地方に住んでいて直接的な面談を受けることができない方

リクナビはあくまでも就職ノウハウや公開求人情報が掲載をされているポータルサイトになります。
したがって、専任のキャリアアドバイザーから就職のサポートを行ってもらうことができません。

自身のペースで就職活動を進めたい方や、まず「企業を調べたい」という方はこちらの利用をすることがおすすめです。
ただし、良いと感じる企業があれば「リクナビ」も併用して行うことで、内定率は各段と上がるでしょう。

したがって、まずはリクナビに登録をし、その後にリクルートエージェントに登録をすることがおすすめです。

【意外と多い】リクナビエージェントの退会ができない理由

複数社の就職エージェントに登録をする学生は多いでしょう。
そうなると、最終的には「一つの就職エージェントに絞る」ことが必要になります。
したがって、「リクナビエージェントを退会したい」と考える方も出てくるはずです。

記事の冒頭でも伝えたように、リクナビエージェントの退会方法に戸惑ってしまう人は多くいます。
自分の中では退会が完了したように思っていても、その後もメールが届く…なんてケースを経験している方は多いのです。

これは、正式に退会申請ができていない証拠です。
完全に退会をするためには、個人情報の削除依頼をお願いする必要もあります。
ここからは、退会をするstepを紹介するので是非参考にしてください。

簡単!リクナビエージェントを退会する方法

・担当のキャリアアドバイザーに申し出る
・お問い合わせフォームからサービス停止を申し出る

退会が完了できないことがあると聞くと、難しいイメージを持つ方もいるでしょう。
しかし、実際はそうではありません。
リクナビエージェントは簡単に退会ができるのです。

方法は担当のキャリアアドバイザーにサービスの停止をしたいことを申し出るか、お問い合わせフォームからサービス停止の希望を伝えるだけでになります。
問い合わせフォームからメールを送る場合は、あなたの名前をフルネームで送ること、また大学名と登録メールアドレスの記入をあらかじめしておくと、すぐに停止を行ってくれるでしょう。

その際に、個人情報の削除についても伝えるようにしてください。
ここを忘れてしまい人は多いので注意が必要です。

まとめ

この記事では、就職エージェントである「リクナビエージェント」を退会する前に知っておきたい、リクナビエージェントの特徴を紹介しました。
また、退会が完了できないと悩んでいる方に知ってほしい「退会方法」も解説したので、分からなかった方はこちらを読んで実行をしてみてください。

記事の中でも伝えたように、リクナビエージェントは専任のキャリアアドバイザーと二人三脚で就職活動を行えるものになります。
リクナビはポータルサイトになるので、ここを間違えないように気を付けてください。
就活を行う方には、是非とも併用をおすすめします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。