医師が転職をするなら必ず利用をしている!?エムスリーキャリアエージェントについてご紹介

転職エージェントは「総合型転職エージェント」と「業種特化型転職エージェント」の2種類に分かれます。
業種特化型転職エージェントは、各職種に特化をした求人情報を保有する転職エージェントです。

その中でも、医療業界に特化した転職サポートを行っているのが「エムスリーキャリアエージェント」になります。
医療業界に在籍をしている方の多くが知る転職エージェントで、医師の方も利用をされているのです。

この記事では、そんなエムスリーキャリアエージェントの特徴や、利用をするメリット・デメリットについて詳しく紹介をします。
現在、医療業界で勤めていて転職を考えている方もいるかもしれません。
是非記事を読んで、医療業界に特化をした転職サービスがどのようなものであるのかをチェックしてください。

おすすめの就職サービス

エムスリーキャリアエージェントの【エムスリー】にはどんな意味がある?

まず皆さんに紹介するのが「エムスリーキャリアエージェント」の意味についてです。
「m3キャリアエージェント」と表記をされるこちらの転職エージェントですが「エムスリー(m3)」は、Mから始まる3つの言葉からきています。

医療という意味がある「Medicine」メディアという意味がある「Media」そして、変革という意味がある「Metamorphosis」の頭文字を取り「エムスリー」というサービス名になっているのです。

転職エージェントの中でも、エムスリーキャリアエージェントは特殊になります。
やはり「業種特化型」の転職サポートになるので、多くの方が利用をする総合型の転職エージェントとは違うのです。

エムスリーキャリアエージェントの特徴とは

エムスリーキャリアエージェントは、他の転職エージェントと大きく違うのは、やはり「医療業界に特化した転職支援を行っている」という点でしょう。
ここからは、そんなエムスリーキャリアエージェントの特徴を紹介するので是非参考にしてください。

《特徴①》対象は医療業界!業界の情報を知るならまずは登録すべし!

何といっても、エムスリーキャリアエージェントの対象は「医療業界」です。
現在、医療職に就いている方であればその業界がどのような業界であるのかはある程度理解できているでしょう。
しかし、医療業界に興味はあるけど未経験だから転職ができるのか不安…と感じている方もいるはずです。

そんな方にとって、エムスリーキャリアエージェントの登録は「業界を知る機会」になるでしょう。
未経験の方でも医療業界は目指すことは可能です。
「どの職種であれば目指すことができるのか」を知ることや「希望する職種はどのような働き方が基本なのか」など…。
エムスリーキャリアエージェントに登録をすると、自分だけでは知ることのできない医療業界に情報を得ることができるでしょう。

また、エムスリーグループが運営をしている「m3.com」というサイトでは、医療業界関係者に向けて様々なニュースを届けています。
転職情報だけではなく、臨床現場から届く情報なども掲載されているため、登録をして目を通すだけでも勉強になるでしょう。

《特徴②》医療業界関係の求人数が圧倒的に多い

業界特化型の転職エージェントであり、医療業界という特殊な業界に精通をしているエムスリーキャリアエージェントは、利用する方はもちろん、企業からも絶大な信頼を得ています。
したがって、取り扱うことのできる医療業界の求人数は圧倒的に多いのです。

特に、医師の求人数が多く、働き方も常勤から非常勤まで様々なものがあります。
求人は診療科目別に見ることができ、特に多いのが内科系の求人です。
もちろん、外科系や小児科・産婦人科といったその他の診療科目の求人も多いため、自分が探している診療科目の求人を探すことができるでしょう。

また、求人の数はは関東圏が多いですが、大阪などの都市部の求人の取り扱いも多いです。
「こういう求人って関東だけだよね?」と感じている方もいるかもしれませんが、大阪・愛知・福岡などであれば、求人を検索することができます。

ただ、地方の求人はどうしても少なくなってしまうことを覚えておくようにしましょう。

《特徴③》医療経営士の資格を保持するコンサルタントが交渉を行ってくれる

エムスリーキャリアエージェントは、医療業界に特化をする転職を支援している転職エージェントになります。
したがって、資格を保有する方のサポートをすることになるため、転職の支援をするキャリアコンサルタントも「医療業界に詳しい」必要があるのです。

エムスリーキャリアエージェントに所属をしているキャリアコンサルタントの方は「医療経営士」という資格を保持しています。
この資格が無いと、こちらではキャリアコンサルタントを勤めることはできません。
医療経営士の資格を持っていると、医療機関との条件交渉を行うことができ、より良い条件で転職希望者を転職させることができるでしょう。

マネジメント力のある方がキャリアコンサルタントをされているので、信頼をして転職サポートを行ってもらうことができるはずです。

エムスリーキャリアエージェントを利用する【メリット】とは

エムスリーキャリアエージェントの特徴を紹介しました。
医療業界を目指している方や、現在医師などの職に就いている方で転職を考えている方は「一度利用をしてみようか」と考えているかもしれません。

ここからは、エムスリーキャリアエージェントを利用するメリットを紹介するので是非参考にしてください。

利用者の満足度が高く、実績のある転職エージェントであること

エムスリーキャリアエージェントを利用した方の満足度は非常に高いです。
正直な所、医療業界というのは資格が必要な職種であるため、転職支援を行うことが難しいとされています。
キャリアコンサルトをしている方は資格が確実に必要になるなど…幅広い知識を持っている必要があるのです。

そういった方が在籍をしている転職エージェントだからこそ、素晴らしいサポートを受けることができます。
医師の方が「良い」とこれほどまでの太鼓判を押す転職エージェントは他には無いでしょう。

自身の希望条件にマッチングする企業を見つけてくれるコンサルタントがいること

上述したように、エムスリーキャリアエージェントに在籍をしているキャリアコンサルタントの方は全員資格を保有している能力のある方ばかりです。

したがって、希望条件に合う転職先を探してくれるでしょう。
もし、公開・非公開求人共に転職をしたいと感じる企業が無い場合、キャリアコンサルトの方が医療機関と交渉をしてくれることもあるのです。

希望条件に合う病院や医療機関は見つかるのだろうか?と考えている方は、是非エムスリーキャリアエージェントの利用をしてみてください。

【関東在住の方は嬉しい】求人数が多く、選択肢が広がること

エムしりーキャリアエージェントが保有をしている求人の多くは「関東圏」の病院や医療機関です。
首都圏には最新の医療技術が揃い高度な治療を行う病院が多く点在しています。
そういった病院での勤務をお考えの方や、首都圏近郊での勤務をお考えの方にとっては、幅広い選択肢の中から転職先を探すことができるでしょう。

エムスリーキャリアエージェントの拠点は東京にあるため、相談やサポートを行ってもらうために足を運びやすいはずです。

もちろん、求人は関東圏だけではなく福岡や大阪、愛知と言った都市部のものもあるのでご安心ください。

エムスリーキャリアエージェントを利用する【デメリット】とは

ここまで、エムスリーキャリアエージェントを利用するメリットを紹介しました。
ここからは「デメリット」を紹介します。
良いところだけを見ると、いざ利用をしたときに期待度が高くなりすぎてしまう可能性があるのです。
デメリットを知ることは、利用をするうえで必要になるのでチェックしてください。

担当のキャリアコンサルトの方が転職を進めるため、自分のペースで行うことができない

医療経営士の資格を持った方が伴走者となり、一緒に転職活動を行ってくれるところは、エムスリーキャリアエージェントを利用する魅力です。
しかし、この魅力を「あまり魅力ではない」と感じる方もいるでしょう。

自分のペースで転職活動を行い方にとって、ほとんどの転職活動を投げている状態に違和感を感じる人もいるのです。
また、キャリアコンサルタントの方のペースに自分が合わせる形になるため「急いでほしいのに…」と思ってしまう人もいるかもしれません。

万が一、急ぎで転職をする場合は、予め伝える必要があるでしょう。

地方に住んでいる方からみると求人数は少なくなってしまう

関東圏の求人数は本当に多く、常勤・非常勤問わず多数の求人が用意されています。
自分が希望をする条件に当てはまる病院や医療機関も見つかると言えるでしょう。
しかし、地方になってしまうと、どうしても求人数は減ってしまいます。

無いわけではないのですが、関東圏に比べると圧倒的に少ないのが現実です。
しかし、これはどの転職エージェントでも起こりうることなので、地方勤務をお考えの方は複数社に登録をして、多くの求人を目にすることをおすすめします。

まとめ

医療業界の転職に特化しているエムスリーキャリアエージェントについて紹介をしました。
資格を保有する信頼できるキャリアコンサルタントの方と転職活動を行えるのは、魅力的ではないでしょうか?
ただし、伴走者がいることを「面倒」に感じてしまう人にとっては、デメリットになることもあるので、自分に合う方法は何かをまずは考えるようにしてください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。