50代で転職エージェントを利用する場合、どのエージェントを使うべき?おすすめ紹介します

50代で転職を考えた場合、悩むのが「どのように転職活動を行っていくのか」ではないでしょうか。
「年齢が年齢だから未経験の職種には就くことができないだろうし…」と転職をしたい気持ちがあっても、なかなか一歩踏み出せない状況に陥りやすいはずです。

50代で転職を考えている方におすすめしたいのが「転職エージェントの利用」をして、転職支援を受けることです。
転職エージェントの登録は無料で、利用料も必要ありません。

多くの方が利用を考える転職エージェントですが、実際使うとなると「50代でも利用できるものはあるのか?」と不安になる方も多いです。
この記事では、50代で転職を考えている方に知っておいてほしい「おすすめの転職エージェント」を紹介します。

おすすめの就職サービス

50代で転職エージェントは利用できるのか

「そもそも50代で転職エージェントに登録をして支援を受けることができるの?」と不安を感じている方もいるでしょう。
結論から伝えると、50代の方でも転職エージェントは利用できますし、しっかりとサポートをしてもらうことが可能です。

ただし、転職エージェントには「ターゲット層」を設定しているものもあります。
例えば、20代の既卒・第二新卒の人向けの転職エージェント!と謳っているところに登録をしても、自分に合う求人を紹介してもらえない可能性が高いです。

したがって、50代の方が転職エージェントを利用するうえで大事になるのは「選び方」になります。
ここを間違えてしまうと元も子もありません。

50代で転職エージェントを利用する際の【選び方】

50代で転職エージェントを利用するのであれば「選び方」が今後の転職活動の方向を決めるカギとなるでしょう。
転職エージェントの数は多く「とりあえず調べて出てきたもので良いや」と登録をして利用を開始する人もいます。

もちろん、この方法でも求人が見つからないことはないでしょう。
しかし、自分に合う企業が見つからない可能性が高いので、転職エージェント選びは求人選びより重要になると考えて探してください。

①状況や希望条件を理解し【合う企業】を紹介してくれるのか

転職エージェントを探すうえで重要になるのは、担当のキャリアアドバイザーの方との相性です。
どれだけ好条件な求人を持っている転職エージェントに登録をしても、ここが相性が悪い方に担当をされると、転職活動は思うように進まない可能性が高くなります。

良いキャリアアドバイザーは、転職希望者の状況や希望条件をくみ取り、より良い企業を提案する力を持っている人です。
ただ条件が当てはまるから…という理由で企業を紹介しません。

このポイントは、登録をして利用をしなければ分からないため、転職エージェントの利用を考えているのであれば、複数社に登録をすることがおすすめです。
すると、何名かのキャリアアドバイザーからの意見を聞くことができ、合うと感じる方にお願いができるでしょう。

②転職支援をするサポートをどのくらい行ってくれるのか

転職エージェントを選ぶのでれば、サポートをどのくらい行ってもらえるのかも重要なポイントになります。
特に、50代で転職活動をするとなれば「経験がある」として、そこを蔑ろにされてしまうこともあるのです。

好条件の求人を紹介するだけして、その後のサポートを行ってくれないとなれば、転職活動への不安を感じることになるでしょう。
転職エージェントは、モチベーションを保ちながら転職活動を行うために利用をすると考えるべきです。

したがって、その転職エージェントを利用すると、どのくらいのサポートを受けることができるのかを確かめておく必要はあるでしょう。
サポート内容などを予め調べておくようにしてください。

③現代の仕事よりも好条件の求人が用意されているのか

やはり50代で転職活動を行うとなれば、転職エージェントによって求人量の差があります。
転職エージェントの中には、20-30代向けの求人をより多く保有している所が多く、どうしても50代向けの求人の保有が少ないことも多いです。

自分に合うキャリアアドバイザーの方がみつかったとしても、求人数が少なければ働きたいと感じる企業を見つけることはできないでしょう。
したがって、どのくらいの求人数を保有しているのかをチェックする必要があります。

また、転職エージェントの利用は1社だけにするのではなく、2社以上利用することで、より多くの求人に触れることができるでしょう。

転職エージェントを50代から利用をするなら!注意をすべきポイント!

50代で転職エージェントを利用する際、どのような選び方をすれば良いのかを紹介しました。
求人数とキャリアアドバイザーとの相性は、とても重要になると覚えておくようにしましょう。

転職エージェントの選び方が分かり、利用を始めることになると、その時点で安心してしまう方は多いです。
しかし、利用をする上で「注意すべきポイント」がいくつかあります。
ここからはそのポイントを紹介するので参考にしてください。

①転職は【すぐにしたい】という意欲を伝えること

担当のキャリアアドバイザーの方は、あなた以外の人への支援も行ってます。
すると「優先順位」を決めることになるのですが「早く内定が決まりそうな人」を優先する傾向があるのです。

転職エージェントというのは、内定を決めた企業から成功報酬を受け取る形をとっているので、転職意欲が高い人の支援を優先します。
したがって「いつごろの転職をお考えですか?」と尋ねられた場合「良い求人が見つかればすぐにしたいです」と伝えるようにしましょう。

あまり意欲が高くなく「良い求人があれば…」と感じている方は、ここで「今すぐとは考えていないのですが…」と伝えてしまうことがあります。
しかし、ここで意欲が高くないことを伝えると、優先順位が下がりサポート率が下がるので、転職エージェントの利用は「転職をする」とある程度の行動ができる状況になってからがおすすめです。

②職務経歴などに嘘をつかないこと

当たり前のことではありますが、スキルや経歴に嘘をつくのはやめましょう。
「年齢が年齢だから、スキルが高くないとハイキャリアは目指せない…」という心配から嘘をつきたくなる気持ちは分かります。

しかし、嘘をついたスキルのまま書類選考を追加し、面接を受け、内定を貰ってしまった場合「後戻りができない」状況になるでしょう。
「入社したら勝ちだから、嘘をついても大丈夫」なんてことはありません。

また、良くあるのが、一度利用をしていた転職エージェントの登録情報を書き換えることです。少しでも良い企業への転職をしたいと考え、退会をしてから嘘のスキルを登録する人もいるのですが、退会をしても以前の登録情報は残っているため、転職エージェント側にバレてしまいます。

③キャリアアドバイザーの意見を全て真に受けないこと

転職エージェントを利用する上で意外とあるのが、キャリアアドバイザーの方に情を抱いてしまい、ピンとこない企業の面接を受けてしまう方は多いです。
また、そちらで内定をもらったことで「引くに引けなくなってしまった…」という方もいるのが現実です。

信頼関係を築くことは大切ですが、情を持ちすぎると「この人のために内定をきめなければ…」と焦る原因になることもあるでしょう。
「そんなことにはならない」と感じている方もいると思いますが、長い期間サポートを受けて居ると、人間というのはどうしても情が移ってしまうものです。

信頼関係と情を持つことはベクトルが違うことを覚えておくようにしましょう。

【保存版】50代が利用すべき転職エージェントはこれ!

ここまで、50代で転職エージェントを利用する場合に気を付けてほしい「ポイント」や「転職エージェントの選び方」を紹介しました。
上記を踏まえたうえで、最後におすすめの転職エージェントを紹介します。
「どの転職エージェントを利用すれば良いのか悩んでいる」という方は、ここで紹介をする転職エージェントにまずは登録をしてみてください。

実績のあるキャリアアドバイザーからのサポートを受けられる【パソナ】

転職活動に不安があり、サポート重視で転職エージェントを選びたい方にはパソナはおすすめです。
特に、女性の方の転職を支援している転職エージェントなので、女性の方にはおすすめができます。

どの地域に住んでいても安心のサポートを受けられる【doda】

dodaは業界内でも大手の転職エージェントになります。
どの地域に住んでいても、手厚いサポートを受けることができ、内定率も高いです。
地方に住んでいると「サポートを受けられるのか」と不安を感じる方も多いですが、dodaであれば大丈夫でしょう。

ヘッドハンティングを受けることができる【ビズリーチ】

ハイキャリアの転職を考えている方におすすめなのが、ビズリーチです。
管理職や専門職に就いている方へのヘッドハンティングが行われています。
このサービス力は業界内でも高く、より良い条件で転職をしたい方におすすめです。

まとめ

50代で転職エージェントの利用はできるの?
そんな疑問を考えている方に向けて、知っておくべき選び方やポイントを紹介しました。
年齢がネックになることはないので、転職を考えている方は是非記事の中で紹介をした転職エージェントを利用してみてはいかがでしょうか。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。