転職エージェントに設定してもらった面接は辞退してもいい? 正しい方法ならOK!

転職エージェントによる転職活動は、有効な手段のひとつです。転職エージェントにしっかりと自分の希望を伝えることができていれば、自分の理想にほど近い企業の面接をセッティングしてもらえます。しかしながら、様々な事情で、設定してもらった面接を辞退したい、ということもあるはずです。
せっかくセッティングしてもらったのに、辞退するのは失礼ではないか、と考える方もいると思います。そこでここでは、転職エージェントに設定してもらった面接を辞退する方法をまとめていきましょう。

おすすめの就職サービス

転職エージェントに設定してもらった面接は辞退してもいいの?

そもそも、転職エージェントに設定してもらった面接は辞退できるのでしょうか。結論からいえば、面接を辞退するのは誰にセッティングしてもらったものであっても、その人の自由です。基本的に、面接を辞退したことで違約金や何らかの罪に問われることはありません。

辞退する人は意外と多い

意外に思うかもしれませんが、面接を辞退する人は意外と多いのです。もちろん、転職エージェントに設定してもらった面接においてもそれは例外ではありません。ある企業の調査によると、全就職者の実に70%前後が、面接を辞退した経験を持っているようです。つまり、面接を辞退することは決して特別悪いことではありません。
ただし、転職エージェントに設定してもらった面接だということを考えると、双方に余計な時間を使わせたということに罪悪感を覚える方も多いようです。

辞退の理由は様々

実際に面接を辞退している人は、色々な理由で面接を辞退しています。その中でも最も多いのが、「自分に合っていないと感じた」「面接してみたところ雰囲気が悪かった」といった、いわば認識違いが原因となった理由です。
他にも、他社での内定が決まったといった、やむを得ない事情があります。企業や転職エージェントとしては、実際に働き始めてから辞められるよりも、面接前に辞退されたほうが余裕を持って対応できるのでありがたいようです。特に、働き始めてから1年も経過しない内に早期退職されてしまうと、起業もエージェントの方も時間的損失を負うので、「合わない」と思ったら気にせず辞退しましょう。

面接を辞退する方法【転職エージェントにも伝えましょう】

面接を辞退する方法は簡単です。基本的にはメールで企業と転職エージェントに、面接を辞退する旨を伝えれば問題ありません。ただし、辞退する時期によってお互いに与える損失が異なるので、採用フローが進めば進むほど、丁重に断る必要があります。
そこで以下では、面接を辞退する方法を時期別に、例文を出しながら解説していきましょう。

一次面接の前に辞退

一次面接の前といっても、「書類面接は通過した」のか、「書類面接の前」なのかによって、断り方が違います。もし、書類面接のために書類は出したものの、その選考を中止してほしいと考えた場合は、転職エージェントにメールで以下のような文章を送りましょう。
いつも大変お世話になっております。先日書類選考を進めて頂いていた××のことについてご連絡差し上げました。お忙しいところ大変申し訳ないのですが、選考を辞退させて頂きたいです。仕事内容を含めて様々な点を鑑みた結果、辞退以外の道はないと考えました。〇〇様には大変ご迷惑をおかけしますが、上記の旨、宜しくお願い申し上げます。
この時のポイントは、「申し訳なさそうな文章を書く」ことにあります。そのためには、自分が悩みぬいた末の結論であること、相手の立場も理解して申し訳ないと思っていることを取り入れましょう。しかし、この段階での面接辞退は転職エージェントにとってもよくあることなので、それほど気にされることはありません。
むしろ、問題になるのは書類面接を通過した後の面接を断る場合です。この場合は、転職エージェントのほうも、取引先の交渉に入っており、時期によってはすでに話がまとまっている可能性もあります。よって、「早い時期に」「申し訳なさそうに」メールを送ってください。
ここであまりにも失礼な態度を取ってしまうと、エージェント側から見放されてしまう可能性もあるので気をつけましょう。そのため、可能であればメールだけではなく、電話でも直接謝罪してください。具体的な例文は以下の通りです。
いつも大変お世話になっております。△△(自分の名前)です。このたび、面接を調整頂いている××(会社の名前)についてご連絡があります。大変恐縮ですが、××との面接を辞退させて頂きたいです。書類選考通過後に様々な点を考慮しましたが、このような結論になってしまい、大変申し訳ございません。〇〇様にはお手数をおかけしてしまい、深くお詫びを申し上げます。以上、何卒よろしくお願いいたします。

面接の後に辞退

面接の後に辞退する場合も、先述した例文と同様です。ただ、その場合は、「なぜ辞退したいのか」をもっと詳細に書きましょう。なぜなら、面接した後に辞退を申し出ることは、目標の直前で梯子を外させるようなものだからです。
また、この段階で辞退されるとなると、転職エージェントの方も、今後のサポートの仕方を考えなければなりません。何が気に入らずに辞退するのか、企業に臨む具体的な条件はどんなものなのか、メールで明記しましょう。特に、今後も転職エージェントにサポートしてもらいたい場合は、その点を正確に書いてください。

内定後に辞退

内定後に辞退するということは、企業・転職エージェントの双方にかなり大きな迷惑をかけます。特に就職エージェントにとっては、ようやく胸をなでおろしたときから振り出しに戻ってしまうような気持ちです。
とはいえ、複数の企業に面接へ行った就活生が内定後に辞退することは決して珍しいことではありません。そのため、転職エージェントの方も理解してくれるはずです。なぜなら、内定したのにも関わらず辞退するというのは、相応の理由があってこのことだからです。
ただ、お互いに負担がかかることには違いないので、必ず電話とメール、両方でお詫びの意志を示しましょう。メールの文面は前述したものと一緒ですが、別の場所で内定が出た場合はその旨を伝え、これまでサポートしてくれたことに対するお礼を述べてください。
万が一、「内定承諾後」に内定を辞退したいという場合は、かなり大きな問題になります。なぜなら、企業側はすでに就活生受け入れたのための準備を進めている可能性があるからです。レアケースではありますが、企業が就活生に対して準備したものの規模次第では、その損害賠償を受けなければならない可能性もあります。
そのため、内定承諾からすぐに辞退したいと考えた場合は、なるべく早く辞退の意志を示してください。そして、エージェントと企業の双方に対して、深くお詫びのメールを送りましょう。

面接を辞退する前に意識したい点【転職エージェントとの関係について】

面接を辞退する理由は様々です。一度勝ち取った面接をわざわざ辞退するのですから、その理由は深刻なものだと思います。ただ、面接を辞退するために転職エージェントにメールを送る前に、いくつか意識しておかなければならない点があります。それは、転職エージェントとの関係です。

面接の辞退は就活生の権利

転職エージェントの中には、転職の成功報酬が欲しいあまり、「辞退はできない」と辞退の申請を突っぱねるエージェントもいます。しかし、面接の辞退は就活生すべてに認められた権利です。もし辞退は認めないと言われたら、エージェントを雇っている企業に連絡しましょう。

エージェントにも立場があることを考えて話しましょう

転職エージェントは、対象者の就職が成功したことによってお金を貰えます。これが成功報酬です。逆に、就職が失敗してしまえば、それは「営業に失敗した」ことと同義になり、社内での立場も苦しいものになってしまいます。
よって、エージェント側も転職が成功してもらいたいと思っているのです。そのため、面接を断るということは、エージェントの立場からすると出来るだけ避けたいことといえます。結果、少し強引に面接を受けさせようとしたり、励ましを繰り返すエージェントもいるでしょう。
それは、転職エージェントにも立場があるからの行動です。転職エージェントに辞退を申し入れるときは、その点を理解してあげましょう。

あからさまに態度が悪いのなら他のエージェントに替えてもらう方法もあります

転職エージェントの態度が、辞退を申し入れた瞬間に悪くなることがあります。もしそうなったのなら、大本の企業に連絡して、エージェントを変えてもらいましょう。もちろん、他のエージェントを利用する手もあります。

面接の辞退は普通のこと! ただし、礼儀正しく【転職エージェントにも企業にも】

面接の辞退を、深刻な間違えだと考える方も多いかもしれません。しかし、実際のところ、面接の辞退は多くの就活生や転職者が行っており、あるアンケートでは半分以上の方が面接の辞退を経験しています。よって、面接を辞退すること自体に罪悪感を覚える必要はありません。
ただし、面接の辞退が、企業と転職エージェントの両方に迷惑をかけることは間違いありません。そのことを意識して、丁寧に、礼儀正しく、面接を辞退するようにしましょう。そうすることで、お互いの関係に亀裂が入らずに済みますし、気持ちよく転職活動を進められるからです。

まとめ

転職エージェントが設定した面接を受ける・受けないは、本人の自由意志で決められます。ただ、もし辞退する場合は、礼を尽くして申し訳なさそうに辞退するのが適切でしょう。なぜなら、それも社会において重要なスキルだからです。
むしろ、転職エージェントに遠慮して面接を受け、内定をもらってしまったときの方がより辞退するのが気まずくなってしまいます。そのままずるずると就職し、結局合わずに早期退職という形が、転職エージェントにとって最悪のパターンです。よって、辞退するときは勇気を出して、その理由を説明して辞退しましょう。転職は自分の人生における岐路。決めるのは自分なのです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。