転職が怖いと感じる人は多いって本当?怖いと感じる理由や怖くてもチャレンジをすべき理由

「そろそろ転職をしようかな」そんな気持ちがこみ上げてくると、転職活動を行うことを視野にいれるのではないでしょうか。
しかし、実際に転職活動を行うとなれば「怖い」といった気持ちで胸がいっぱいになり、なかなか転職活動に踏み出せない人もいるかもしれません。

「みんな前向きに転職活動をしているのに、どうして私だけこんな気持ちを感じてしまうんだろう」とネガティブになる人もいるでしょう。
しかし、転職が怖いと感じるのはあなただけではありません。
多くの人が「怖い」と感じています。そのため、自分が弱いから怖いと感じるんだ…とネガティブになる必要はないですよ。

この記事では、転職が怖いと感じる人に向けて『怖いと感じる理由』や「失敗しないためにすべきこと』を紹介します。

おすすめの就職サービス

転職が怖いと感じる人は多い!どうして怖いと感じる?

まずは「転職が怖いと感じる理由」をチェックしてください。
自分以外の人が「転職をすることは怖い」と感じる理由を知る事は、新たな発見になるかもしれません。また、自分と同じ気持ちを持っている人がいることが分かると「この不安を感じているのは自分だけではない」と安心できるでしょう。

転職をしたのに人間関係など、以前の職場と同じことで悩む可能性があるから

せっかく転職をしたのにも関わらず、以前の職場で悩んでいたことと同じことで悩む人は結構います。
特に、人間関係の部分は、予め全てが見えるわけではないですし、転職活動を行う中で一番不安に感じるポイントかもしれません。

そういった「転職をしないと見えない部分」に不安を感じてしまうと、なかなか踏み出す勇気が持てないものです。
転職をしたものの「前と同じだ」と思ってしまうと、より自分が傷つくことになる可能性もあり、そういった未来を想像すると「それなら転職はしない方が良い」と決断をする人もいます。

転職先に馴染めないかもしれない不安

転職をしたものの、入社した会社の雰囲気に慣れることができなかった…。
そんな未来を思い浮かべると不安になってしまう人もいるでしょう。
職場内の人間関係が良好でも、自分が馴染めるかどうかは入ってみなければ分かりません。
元々の職場の雰囲気に馴染むためには、既存の社員が心を開く必要があるため、自分の努力だけではうまくいかないこともあるでしょう。

特に、主体的なコミュニケーションを取ることが苦手ない人もいるはずです。
挨拶など基本的なことができても、たわいもない会話の「第一声」は、誰でも緊張をしてしまうはず。
そういった部分に不安を感じていると、「馴染めない可能性がある」と新しい職場に入ることを躊躇ってしまいやすくなります。

転職を失敗するかもしれない可能性があることが怖い

それぞれで思い浮かべる「転職の失敗」には違いがあるでしょう。
例えば、思っていたより給与が上がらなかったことを心配と感じたり、雰囲気やイメージが違うと感じることもあるはずです。
また、人間関係に問題が生じ、入社をして早々「疲れた」と感じることもあるでしょう。

どうしてだか入社後のことをイメージすると、良いイメージではなく「悪いイメージ」を思い浮かべてしまう人は多いです。
「転職したいけど不安が的中するかもしれない」そんな気持ちの人もいるでしょう。
転職は、現在より状況を良くするためにするものなので、万が一悪い方向に物事が進む可能性を考えると「現状維持で良いかな」と感じてしまう人もいるはずです。

自分のスキルで挑戦できる転職先が見つからないかもしれないから

転職活動を始めることに対して不安を感じている人は多いです。
例えば、転職サイトなどに登録をして求人を探していると「自分のスキルで入れる会社が無い」と感じてしまうこともあるかもしれません。

学歴の悩みや、これまでの職種の悩み、これからやりたいことはあるけどスキルが無い…など。
様々な壁を感じてしまうことに対して「現実を見たくない」という気持ちが湧き上がってくることもあるでしょう。

転職活動は始めるまでに時間がかかってしまうケースが多いです。
いざ始めると「やるしかない!」とモチベーションが上がる人もいるのですが、そこに到達するまでに時間がかかってしまうのでしょう。

怖くても逃げるより転職活動に向き合った方が良い理由

転職が怖いと感じる理由を知ると「自分と同じ不安を感じている人はいるんだ」と少し安心できた人もいるでしょう。
「一人じゃない」という安心感はとても大きな原動力になるはずです。
転職活動を怖いと感じる人の中には、転職をすることを諦めよう…と思う人もいるのですが、それはおすすめできません。

ここからは、怖くても転職活動に向き合った方が良い理由を紹介します。

①転職にも『適齢期』があるから

転職活動は40代でも50代でも行える時代にはなりました。
しかし、求人数の母数を見ると、圧倒的に若い方が選択肢は増えます。
例えば、若いうちであれば未経験歓迎と謳う求人にも応募しやすいでしょう。
採用担当は「伸びしろがある年齢だし、雇おう」と思うこともあるはずです。

年齢で転職ができないと決めつけることはできませんが、求人数を比較したり、失敗をした経験がある人の数を見ると、やはり「若いうちに転職をすること」は、失敗しないための秘訣といえるでしょう。

②スキルアップを目指したり、自分の「やりたいこと」に挑戦できるから

転職に対して怖い気持ちを抱いてしまうのは仕方がないことです。
そんな時は転職に「現在の状況を良くするためにすること」という前向きなイメージを持つようにしてみましょう。
例えば、スキルアップができる環境に入ることで仕事に新しいやりがいが生まれることもあるはず。
未経験職種に挑戦をすれば「やりたい」と思っていた願いが叶うこともあるでしょう。

このように、転職は「自分の状況を良くするためにすること」であると、改めて思いなおすことは大事になりますし、人生を変える「挑戦する機会」になるのです。

③人間関係の悩みが解消されるから

転職をすることが怖いと感じてしまう理由の中には「人間関係がどうなるか分からないから」といったものもあります。
前職を人間関係に耐え切れず辞めてしまった人にとって、このポイントが一番重要になるでしょう。
しかし、人間関係は「入社をしてみないと分からない」というのが現実です。

ただ、ひとつ言えることは、転職活動をする上で「職場の雰囲気」や「人間関係がどうなっているのか」は重要視しながら見るはずです。
前の会社で辛い思いをした人は、そういった部分に敏感になっているため「ここは良さそう」「ここはダメ」と察知できる能力がいつのまにか備わっていることもあります。

例えば面接官と話したときに「この人が上司の会社は多分キツくなるな…」と感じることもあるかもしれません。
転職活動は、自分が企業をチェックする側にもなるので、いざ転職を決めた会社での人間関係は以前より良好だと感じる人が多いのです。

転職に失敗をすると考えるから怖い!失敗しないコツをチェック

転職に対して「怖い」と思うことがあっても、思い切って転職に踏み切ることは大事になります。
しかし、不安を感じている以上、ちょっとしたことが原因で心がポキッと折れてしまったり、ネガティブになりやすくなるでしょう。
そうならないためには「転職のコツ」を覚えておくことをおすすめします。

①『どうして辞めたのか』を明確にしておくこと

辞めた理由が明確になっていないと、転職先で前職と同じことで躓いてしまったり、悩んでしまう可能性があります。
そうならないためには「どうして辞めたのか」を明確にしておくようにしましょう。
例えば、人間関係・福利厚生・残業など…。
様々なことがきっかけで「辞めたい」と感じることはあるでしょう。

ここを明確にしておくことで「どのような企業を探せば良いのか」が分かり、失敗しない転職先探しになるはずです。

③自己分析をしておくこと

転職活動を行う上で何より大切になるのが「事前準備」をすることです。
事前準備ができていないと、いざ希望企業を見つけてからの活動がかなりバタバタするでしょう。
特に「自己分析」には時間をかける必要があるので、自分のスキルや経歴の見直しを転職活動を始める前に行うようにしてください。
そうすることで、転職活動の不安はかなり軽減され、すんなり進めることができるでしょう。

転職活動において、焦りは最大の敵になります。

転職が怖いなら相談すべき!【おすすめのエージェント】

転職に不安を感じるのであれば、転職エージェントの利用をしてください。
伴走者として、共に転職活動を進めてくれるよきパートナーになるでしょう。
例えば、面接の対策や書類添削といった「応募をするうえでの悩み」を解決してくれることはもちろんのこと、企業情報を多数保有しているため、より自分に合った企業を見つけるキッカケになるはずです。

特におすすめの転職エージェントは『doda』になります。
こちらは、業界では老舗のエージェントとなり、豊富な実績、手厚いサポートが人気です。
登録をして損は無いでしょう。

まとめ

この記事では、転職に対して「怖い」と感じる人に知ってほしい「転職が怖い理由」や「成功のコツ」などを紹介しました。
転職が怖いと感じることは自然なことなので、自分だけが弱いとネガティブになる必要はありません。
そして、転職をすることは、現在の状況を良くするために必要なので、是非多い腰を上げて行動に移ってみてください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。