転職の最終面接後に結果が出るのが遅い場合は不採用?遅くなる理由や採用の秘訣を紹介します

転職の最終面接を受けたら、「早く結果が出てほしい」と思う人は多いでしょう。
好印象の面接であれば「すぐに結果の連絡が来るかもしれない!」と思うこともあるはずです。
しかし、待ってもなかなか最終面接の結果は来ず、あっという間に1週間が経つと「落ちた?」と不安になる人もいるでしょう。

しかし、合否の連絡は「採用・不採用」に関わらず、メールなどで伝えられるケースが多いです。
そうなるとより、「いつ届くのか」が気になるでしょうし、「最終面接の結果が届くことが遅いのは不採用だから?」と不安になる人もいるでしょう。

この記事では、転職の最終面接結果が届くまでにはどのくらいの時間がかかるのかを紹介しながら、遅い理由や、結果を待っている間にすることなど…一連の流れを徹底解説します。
是非参考にしてください。

おすすめの就職サービス

転職の最終面接結果は平均どのくらいで届く?

まず皆さんに覚えておいてほしいことがあります。
それは「最終面接の結果は平均どのくらいで届くのか」ということについてです。
最終面接の結果であれば「より早く知りたい」と思う人もいるでしょう。
採用か不採用かでは、直近の動きも変わりますし、未来も大きく変わるはず。

だからこそ「2,3日待つのも長く感じる」という気持ちは分かりますが、1週間程度待つのは採用市場においてはごく当たり前のことであると覚えておくようにしてください。
中には、10日ほどの期間で結果を伝えている企業もあるほどです。

そのため、最終面接結果が届くことに1週間以上の日にちがかかっても「不採用だった」と気を落とす必要は無いといえるでしょう。
1週間結果が来ないのは、当たり前のことだと予め覚えておくことで、最終面接の後は少し楽に日々を過ごせるはずです。

転職の面接の最終結果が遅くなる理由とは

最終面接の結果はなるべく早く知りたいと思う人は多いでしょう。しかし、平均7~10日かかる時点で「早く届く」とは言えない現状があります。
最終面接となれば、その時点で「採用・不採用」が決まっているような気もしますよね。
「どうして7日~10日もの時間がかかってしまうのだろう」と疑問に感じる人もいるのではないでしょうか?

転職の面接結果が遅れることにはちゃんとした理由があります。
理由を知ることができると、7日~10日待つ不安を軽減させることができるはずです。

【企業側の理由】中途採用の採用は新卒採用よりも慎重になるから

企業側にとって『中途採用』と『新卒採用』は、まるで別物です。
かかってくるコストが違うため、中途採用は新卒採用に比べると慎重になります。
中途で採用をした人材には、即戦力になってほしいと考えている企業がほとんどです。その思いの分、高い年収を提示している企業も多いでしょう。
したがって、考える時間が必要になるため、早々と最終面接の結果を出すことは難しいのです。

【企業側の理由】他の候補者の面接が終わることを待っているから

中途採用を行っている企業は、一人だけの面接を行っているわけではありません。
最終面接の段階までくると、人数はある程度絞れていますが、複数名の候補者がいるでしょう。
中途採用は一度に複数名採らないケースも多く、かなり慎重に決めることになります。

したがって、初めに面接を行った人の印象が良くても、即採用の連絡をすることはできないのです。全ての面接が終わるまで待たなければ「不公平」になるでしょう。
この場合は、面接の際に「〇日ぐらいまでに結果の連絡をいたします」と言われるケースもありますが、何も言われないケースもあるので、中途で面接を受けた人は「自分以外にも受けて居る人がいる」と認識をしていてください。

<【企業側の理由】担当者が採用と決めても【最終承認】までに時間がかかるから

採用担当者はあくまでも「面接をする役職」であることが多く、最終的な判断は、上層部に任せている企業もあります。
中途採用の面接が全て終わり、あなたが採用されることになっても、その段階で連絡をするというわけにはいかないのです。
大抵の場合は「こういう人を採用する」といった内容を管理職などに伝え、最終承認を貰う必要があります。

記事の中で何度も伝えている内容にはなりますが、中途採用は慎重に採用活動を行う企業は多いため、時間がかかるのは当たり前だと思うようにしてください。

【転職エージェント側の理由】不採用だった場合、新たに応募をしてもらえる企業を探しているから

最終面接の結果が届くまでに時間がかかってしまう理由の中には、企業側ではなく「転職エージェント側」に理由があるケースもあるのです。
例えば、最終面接の結果が「不採用」だった場合、転職エージェントはそれを本人に伝えなければなりません。
不採用結果を受けて落ち込んでしまう人もいるでしょう。
また、それが原因で「もう転職活動はしない」なんて気分になる人もいるかもしれません。

転職エージェントは、内定者を出すことで企業から報酬を受け取る制度になっています。そのため、転職希望者からは利用料金を取らないケースがほとんどです。
もし、不採用になったことがきっかけで「ここではもう転職活動はしない」と言われてしまうと、ここまでのサポートが水の泡になってしまうでしょう。

そういった事態は避けられないケースもありますが、転職希望者がモチベーションを保ち、次の転職先を探すサポートをするのも転職エージェントの仕事ですし、なるべく「うちで転職を決めてほしい」と思うはずです。

そこで、不採用通知が早い段階で来ていても、新しい応募先を探すなどに時間をかけているケースもあり、結果を伝えるまでに時間がかかってしまうことを覚えておくようにしましょう。

<h2最終面接の結果があまりにも遅い場合は転職を受けた企業に問い合わせをしても良い?

最終面接結果が届くまでに時間がかかってしまう理由が分かると、待つ時間もそこまで苦痛にはならないかもしれません。
ただし、2週間以上待つなど「あまりにも遅い」と感じる場合は、企業へ連絡をした方が良いのかと悩んでしまう人もいるでしょう。
しかし、転職エージェントを利用しているとなると「どちらに連絡をすべきか」また「問い合わせはしてもいいのか」と悩んでしまう人もいるはずです。

結果から伝えると、1週間以上待っている場合は問い合わせをすることに問題はありません。
あまり無いケースではありますが、企業側や転職エージェント側が忘れているケースは結構あります。

企業に問い合わせるときは、慎重にメールを送るようにしましょう。
送り先は面接をしてくださった方に届くことも大事です。
件名は無題ではなく「採用結果について」などと記入をしてください。
文中につたない部分があると、印象が悪くなる可能性もあるので、企業へ直接問い合わせをするときは気を付けましょう。

また、転職エージェントを利用している場合は、転職エージェント側に問い合わせをすることが無難です。
担当のキャリアコンサルタントに、連絡が来ない旨を伝えてください。
その際に大事になるのが「その企業に入りたい」という志望意欲を伝えておくことです。

転職エージェントに所属をするキャリアコンサルタントはあなた以外にも受け持っている転職希望者がいるため、企業への問い合わせを後回しにされてしまうこともあります。
そうならないためには「内定をもらったことを考えて準備をしたい」などを伝えると、早く状況確認をしてくれる可能性が高くなるでしょう。

最終の面接結果を待っている間にもすべきことはある!転職を行う上ですべきことを紹介

中途採用の最終結果が出るまでには、時間がかかることはごく一般的な話です。そのため、あまり焦らず「待つ時間を大切にすること」も必要になるでしょう。
ここからは、最終面接の結果を待っている間にできることを紹介します。

不採用の場合も視野にいれて、気になる企業を探しておくこと

最終面接まで進んでいるといえども、不採用になってしまう可能性はあります。どれだけ好印象な面接を終えることができても、自分の後に面接をする人がどのようなスキルを持っているのかも分からなくて当然と言えるでしょう。
だからこそ考えておかなければならないのが「不採用になった場合」です。

例えば、既に気になっている企業があるのなら応募をすることを視野にいれ、改めて書類に記入するスキルを洗いだすことも良いでしょう。
特に気になる企業が無い場合は、新しい転職エージェントに登録をするなどして視野を広げることもおすすめです。

複数社に応募をしている場合は【内定だった場合】を考えておくこと

転職活動を行っている人の多くは、一度にいくつもの会社に応募をしている人もいるでしょう。もし、最終面接まで進んだ企業で内定をもらえた場合「どうしたいか」を考える必要はあります。
例えば、今最終面接を受けて居る企業が第二希望で、第一希望の最終面接は来週ある…なんてケースもあるかもしれません。

しかし、第一希望の最終面接は確実に受かるという補償もないでしょう。内定の連連絡が来た時に後悔しない道を選択できるように心構えをしておいてください。

まとめ

この記事では、転職の最終面接結果が遅い場合の理由や、待っている間にすべきことを紹介しました。
最終面接の結果が遅いと悩んでしまうのは仕方がないことです。
待っている間にできることもあるので、無駄にしないような行動をするようにしてください。
この記事を読んだことが、少しでも面接結果が届かない不安の軽減へ繋がれば幸いです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。