看護師から異業種への転職は厳しい?転職するなら知っておきたいポイントを徹底解説

看護師をされている人の中には「転職をしたい」と考えている人もいるでしょう。
「病院を変わりたい」と思っている人もいれば「看護師ではない職種に就きたい」と思っている人もいるかもしれません。
看護師になるまで時間をかけて勉強をし、実習をして、やっと得ることができた国家資格であることを考えると「他業種へ転職は勿体ない」と思う人もいるでしょう。

しかし、国家資格があればまた看護師の仕事をブランクはありますが、始めることができます。そう考えると「せっかくの人生だから看護師以外の職に就いても良いかも」と行動をするのも一つの道かもしれません。

この記事では、看護師から異業種へ転職をすることは難しいのか、また転職をするのであれば抑えておくべきポイントを紹介します。

おすすめの就職サービス

看護師から異業種への転職率は高い!?転職を決める理由をチェック

「せっかく看護師になれたのに、看護師から異業種へ転職をする人はいるの?」
そんな疑問を持った人もいるかもしれません。
しかし、看護師は「離職率」が高い職種であり、他の職種と比べても異業種への転職は多い傾向があります。

ここからは、看護師の人がどうして離職率が高いのか、そして異業種への転職を決める理由をチェックしましょう。

激務に追われる日々で体力的にも精神的にも参ってしまったから

看護師は人の命を守り、患者さんと向き合う仕事をします。
時間帯も24時間勤務体制なので、夜勤をする日もあるでしょう。
そういった日々は、おだやかな日々は続かないものです。

毎日命と向き合う責任感のある仕事をすると、自分の精神力も削られてしまいます。
もちろん、日々の激務から体力的に辛さを感じることもあるでしょう。
20代は体力が持ったとしても、やはり年齢を重ねると共に体力が落ちることは当たり前です。
看護師の離職率が多職種と比べて圧倒的に高いのは、やはり責任感のある仕事で体力面も精神面もボロボロになってしまうからでしょう。

職場の人間関係に悩んでしまったから

看護師は男女問わずできる仕事ではありますが、イメージとして多いのは女性ではないでしょうか?女性だらけの職場というのは、同性からすれば「かなり気を遣う」現実があるはずです。
特に、看護師の職場は想像以上に体育会系であることが多く、先輩・後輩の関係がしっかりしています。

新人の時にメンタルをやられてしまい、看護師という仕事にやりがいを感じているものの、辞めてしまう人は実は年々増えているのです。
これは、年代ごとに「仕事への向き合い方」や「考え方」が変わってきたことも関わっているでしょう。

「最近の若い子はメンタルが弱い…私が若かったころは…」と過去の話をする人もいますが、やはり「今は今」「過去は過去」でしかないので、古くから働いている人が今の時代に順応しない限り離職率はあがっていくばかりといえます。

そういった背景があるからこそ、人間関係が原因で看護師の道を諦めてしまう人が多いことを覚えておくようにしましょう。

看護師から転職をしやすい職種とは

看護師の離職率が高い理由を知ると、納得した方もいるのではないでしょうか。
どのような仕事も責任を感じるものですが、看護師という仕事は、様々な職種の中でも特に責任感を問われる仕事でもあります。
したがって、責任感に押しつぶされてしまうこともあるのです。

では、ここからは看護師から転職をしやすい職種について紹介をします。
もし現段階で「異業種への転職を考えている」という人がいるのであれば、きっと参考になるでしょう。

美容クリニック勤務

美容クリニックで働くことになると、職種は看護師のままになるため、異業種への転職にはならないかもしれません。
ただ、美容クリニック勤務の看護師は病院勤務とは違い、夜勤をする必要はないでしょう。
また、業務内容も病院勤務とは全く違う働き方をするため、美容関係に興味がある人にはおすすめできます。

看護師という資格を活かして転職を考えるのもひとつの選択肢になるでしょう。
病院以外でも看護師として働ける場所はあるので、視野にいれてみてください。

事務職

医療事務の資格が無いとできない仕事もありますが、未経験から比較的始めやすい職種になります。
業務内容は、看護師とは違い座っての作業が多くなるため、体力的に辛さを感じて辞めた人にはおすすめです。
また、勤務時間は8-17、9-18など、プライベートを大切にすることができる勤務時間帯になります。

看護師の仕事をしている時に、プライベートの時間が確保できない、また周りの人と休みが合わないと悩んいた人にも事務職はおすすめです。

助産師

助産師になるためには、新たに資格を取得する必要があります。
しかし、看護師のキャリアを活かして資格を取得できるため、キャリアップを考えている人にはおすすめです。
看護師という仕事にやりがいを感じている方もいるでしょう。
そういった方が、今の状況から抜け出したいと考えたときにまず考えてほしいのが「学んで力をつけること」です。

看護師という資格を取って、そこで満足するのではなく、働く中で見つけたやりたい分野についての知識が付くと、必然的に立場も上がるでしょう。

看護師から異業種へ転職をする【メリット】【デメリット】

ここからは、看護師から異業種へ転職する「メリット」「デメリット」について紹介をします。
「転職しようかな、どうしよう」と悩んでいる人は、どんなメリットがあって、どんなデメリットがあるのか転職を視野に入れている人は是非参考にしてください。

看護師から異業種へ転職をする【メリット】

看護師から異業種へ転職をするメリットとして、まず考えられるのが「規則正しい生活を行うことができること」です。
やはり、病院勤務の看護師になると、夜勤を行うことは当たり前になるでしょう。
本来であれば寝る時間の夜中に働くことで、体力的にも精神的にも辛くなりやすくなります。
日々のサイクルが安定しないと、不調が起きやすいのです。

そういった部分に悩みを抱えている人にとって、異業種への転職は「夜勤が無い喜び」を感じることもできるでしょう。
夜勤があるのか、ないのかで働く意欲が変わりそう打と感じているのであれば、看護師から異業種への転職は大きなメリットになるはずです。

また、女性が多い職場での人間関係に頭を悩ませていた人にとっては、転職をすることで気持ちは楽になるかもしれません。
もちろん、男性がいる職場の方が100%楽とは言い切ることはできませんし、男性がいる職場なりの悩みも出てくるでしょう。

しかし、今の環境から出ることは、人間関係を改善させるために必要になるので

看護師から異業種へ転職する【デメリット】

看護師から異業種へ転職するデメリットとして考えられるのが、新しい環境に慣れないことや、仕事をゼロから覚え直さないといけないことでしょう。
また、看護師は資格を持って働くため、ある程度のルールが決まっています。
しかし、販売などのサービス業は、誰でも始められる魅力があるからこそ、働く職員の方向がバラバラになりやすいのも特徴のひとつです。

そういった働き方に違和感を持ち「やはり看護師に戻ろう」と感じる人もいます。
しかし、これは転職失敗と考えるより「転職したからこそ気付けたこと」になるため、良い経験になったと考える方が良いでしょう。

看護師から転職を考えているのなら知っておきたい【転職サイト】

看護師から転職を考えているのであれば、転職サイトを利用することで「働きたい職場」を探すことになるでしょう。
ここからはおすすめの転職サイトを紹介します。

①看護師のお仕事

看護師のお仕事は、登録・相談が無料で気軽に職場探しができる転職サイトです。
手厚いサポートはもちろん、時間が無い看護師の人でもサクサク転職活動が進められるようにラインなどでやりとりができるのは魅力的ではないでしょうか?

②ナースではたらこ

ナースではたらこは、看護師の満足度が1位の転職サイトです。
看護師として働く転職先を探すことができます。
働き方の中には「日勤のみの常勤」でも検索ができるため、夜勤をしたくない看護師の人にとっては良いサービスになるのではないでしょうか。

転職エージェントの利用をして早期内定をゲットしよう

転職サイトは自分のペースで転職活動を行うことになります。もし、早期内定を貰いたいと考えている人や、一人で転職活動をすることに不安を感じている人がいるのであれば「転職エージェントの利用」がおすすめです。
最後に看護師から転職を考えている人におすすめの転職エージェントを紹介します。

女性の転職を応援してくれる!【パソナキャリア】

パソナキャリアは総合型の転職エージェントです。
看護師として働くのではなく、異業種に進みたい人におすすめの転職エージェントになります。
魅力はなんといっても「女性の転職へのサポートが手厚いこと」です。
セミナーや相談会も多数開催されているので、聞きたいことが聞ける環境が整っています。
安心して自分の転職活動を任せることができるでしょう。

まとめ

この記事では看護師から転職を考えている人に、看護師の離職率についての紹介や、異業種で働く「メリット」「デメリット」について紹介をしました。
看護師という責任ある仕事をしていると、精神的にも体力的にも疲れてしまうことはあるでしょう。
「辞めたい」と思うのであれば、一度違う職種へ進むことも一つの選択肢になります。
国家資格があればブランクはありますが、出戻りも可能なので、「やりたい」と感じる道へまずは進む選択をすると良いでしょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。