グーグルへの転職は難しい?企業の評判や転職を成功させるための方法をチェック

グーグルは、世界的に有名な「インターネット企業」です。国内で知らない人はそういないのではないでしょうか。
そんな知名度が高くて、実績もある、超大手企業で働きたいと思う人もいるはずです。
しかし、あまりに知名度が高すぎる企業であるため、実際に働いている人が居るイメージが持てない…という人もいるかもしれません。

しかし、合同会社グーグルは新卒採用・中途採用ともに人材を募集しています。
したがって、目指すことができない企業ではないのです。
この記事では、そんなグーグルへの転職を考えている人に知ってほしいお役立ち情報を詳しく解説します。

きっと記事を読めばグーグルに中途採用で入るには、どのような行動すべきかが見えてくるでしょう。

おすすめの就職サービス

転職は厳しい道のり?グーグルとはどのような企業?

まず皆さんに紹介するのが「グーグル」とはどのような企業で、どんなサービスを展開しているのかについてです。
超大手企業なので、ある程度のことを知っている人は多いかもしれません。
しかし、意外と知らないサービスを展開していることもあるので、この機会に改めて「グーグル」がどのような企業であるのかを知っておきましょう。

アメリカに本社を置く「Google」の日本法人が「合同会社グーグル」です。
皆さんが一度は目にしたことがあるであろう「検索エンジン」事業や、オンライン広告、ソフトウェアの開発事業などを行っています。
また、利用されている人も多い「Gmail」などのサービスの展開、そして2006年には「YouTube」を買収しており、幅広いサービスを提供しているのです。

日本に法人があるように、事業展開は世界各国に広がっています。
グローバルな企業に入社をするということは、それなりの「英語力」も必要になることが分かるでしょう。
ただし、転勤が100%あるというわけではなく、挑戦したい人にチャンスが与えられるイメージを持っておくことがおすすめです。

グーグルが行っている事業は、日常的に触れることが多いものばかりで、お世話になっていると感じるものも多いでしょう。
それほどの超大手企業なので、やはり入社志望者も必然的に多くなるのです。

グーグルへ転職をしたらどのような職種に就くことができるのか

ここからは合同会社グーグルへ入社をするために覚えておくべき情報を紹介します。
時期により募集している職種には違いがありますが、グーグルで働くとなればどのような職種に就くことができるのかをチェックしてください。
自分が働くことが出来そうな職種があるのかを知ることで、本格的に転職に向けて動くことができるでしょう。

グーグルで働くときくと「エンジニア」などの分野で働くイメージを持つ人も多いはずです。
企業の核となるエンジニアや、テクノロジー分野はもちろん採用枠として用意されています。
しかし、それだけではないのです。

例えば、ファシリティといって「オフィス作りに取り組む部署」があったり、合同会社グーグルのビジネスをサポートするファイナンスの部署もあります。
また、セールス職や人事など、他の企業でも必要となる職種の募集もしているのです。
したがって、グーグルで働くから特殊な資格がいるというわけではありません。
エンジニア・テクノロージ領域に詳しくなくても、関心があれば入れる職種があるかもしれないということを覚えておきましょう。

転職が難しい意味が分かる!グーグルが求める人材について

グーグルがどのような職種の募集をしているのかが分かると「努力をすれば入れるかもしれない」と自信が湧いた人もいるかもしれません。
では、そんなグーグルに入るうえで必ず覚えておくべきことがあります。
それは、グーグルが一体どのような人材を求めているのかです。
ここからは、グーグルが求める人材について知っていきましょう。

新しい視点や経験をチームにもたらす人材

グーグルは常に業界のトップを走っている企業です。そのため、安定ではなく「新しい事」を求めています。臨機応変な行動力、現在働いている社員にはない新しい視点から物事を捉えることができる人こそ、グーグルで働くことができる人材なのでしょう。

チームで動いている企業なので、新しい人材が入り視野が広がることで、メンバー全員が新しい経験をすることになります。
そういったムーブメントを巻き起こせるようなパワーを持つ人が、グーグルが求める人材になると覚えておくようにしてください。

したがって、受け身でなかなか行動ができない人はグーグルで働くことは向いていないでしょう。チームで動くため協調性は必要になりますが、主体的で動くことは何よりも必要になるはずです。

【転職活動をする前にチェック】合同会社グーグルの評判

グーグルで働くイメージが出来てきたのであれば、気になる「評判」をみてみましょう。
実際に働いた経験がある人が話す口コミを知ることで、自分がグーグルで働くイメージができるはずです。

頑張りが認められやすい環境!給与もアップする

グーグルで働く魅力は、スキルが認められやすい環境で、評価は公平性を保っていると言われています。
優秀な人材が揃っている企業へ入社をすると、努力が認められるのか不安になる人もいるかもしれません。
しかし、グーグルでは公平な評価が行われ、頑張りが形となり認められています。

超大手企業の看板を背負って働くことができる

捉え方によってはプレッシャーにも感じることですが、やはり超大手企業である「グーグルで働いている」という看板は、自分の自信につながるのではないでしょうか?
もちろん、名ばかりの社員になってはいけませんが、大きな企業で働いているということを良いプレッシャーに捉えることで、モチベーションが上がる人もいるはずです。

社内の風通しが良く働きやすい

グーグルは世界各国に事業所を置くグローバル企業です。
したがって、日本の古風な考え方は通らなくて当たり前になります。
社内の風通しが良く、働きやすい企業としても有名なグーグルで実際に働く人は、想像以上に働きやすい環境が整っていると口を揃えるのです。

社員が「働きやすい」と感じる企業は、やはり魅力的な企業ではないでしょうか。

優秀な人材が多いため自分の力で成長をしていく努力をしないといけない

グーグルは「優秀な人材」が揃っている企業でもあります。一人一人の能力が高く、スキルや経験値も豊富です。したがって、自分から行動をしない限りスキルアップの場が設けられないケースは意外とあります。

それぞれが、自分でやることや、スキルアップのためになることを自然と行っていた吏、自発的にスキルアップの機会を作り上げているため、受け身でいる限りスキルアップは難しいです。ただ働いているだけでもスキルアップにはなるかもしれませんが、グーグルが求める「新しい視点を届けられる人材」になるためには、自分からアクションを起こさなければいけません。

周りにいる優秀な社員を見て、スキルを盗むぐらいの気持ちで日々働くことは必要になるでしょう。

グーグルへの転職を成功させるためには

グーグルが求める人材になるためには、主体性がかなり必要になります。では、そんなグーグルへの転職を決め、いざ転職活動を行うのであれば、是非知っておいてほしいのが「成功のコツ」です。
ここからは、グーグルへの転職を成功させるために必ず知っておいて欲しいコツを紹介します。

実績のある転職エージェントの利用をすること

グーグルへの転職を考えているのであれば、必ず利用してほしいのが「転職エージェント」です。
転職エージェントは、転職のサポートを最初から最後まで行ってくれ、共に希望企業への採用を目指してくれる存在になります。

どうして転職エージェントを利用してほしいのかというと、転職エージェントの中には、過去にグーグルへの転職を成功させた実績があるエージェントがあるからです。
実績があるということは、グーグルに転職するためのノウハウを知っていることになります。

本気でグーグルへの転職を考えているのであれば、是が非でも「転職ノウハウ」を知りたいと思うのではないでしょうか?
転職エージェントの登録・利用は無料でできるので、まずは登録をすることから始めてください。

グーグルへの転職を考えているのなら【利用すべき転職エージェント】

グーグルへの転職をするのであれば、転職エージェントの利用はマストです。
最後に皆さんには、グーグルへの転職を考えているのであれば利用をしてほしい転職エージェントを紹介します。

グーグルの採用担当者からスカウトの可能性がある!?【ビズリーチ】

ビズリーチに登録をすると、職務経歴書などを入力し保存しておくことになるのですが、こちらは各企業の採用担当者がチェックをする点です。
したがって、目に留まればグーグルの採用担当者からスカウトメールが届く可能性もあります。

また、ビズリーチはハイキャリアを目指す人にうってつけの求人を保有しているため、キャリアアップを考えているのであれば登録をして、まず損は無いでしょう。

まとめ

この記事では、グーグルへの転職を考えている人に向けて、企業の特徴から転職成功のコツまで解説をしました。
超大手企業なので、転職のイメージがしにくいかもしれませんが、この記事を読んでグーグルへ転職をするイメージが少しでも湧いているのであれば幸いです。

エンジニア職ではなく、事務職などの需要もあるので、気になるのであれば転職エージェントを利用し、グーグルへの転職を目指してみてください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。