キーエンスに転職をしたいなら!企業の特徴と求める人材を知っておこう

『キーエンスに転職をしたい』そんな想いを抱いている人もいるのではないでしょうか?世界に認められる企業であるキーエンスに転職ができると、これからの人生が一段と変わる可能性も秘められています。
なんといっても「日本一の平均年収」を誇る会社ですから、挑戦できるのであれば挑戦をしたい!と、まるで記念受験のように就職・転職の書類を出す人がいるほどです。

それほど有名な企業ですから、転職は一筋縄ではいきません。しかし、転職が成功している人もいると考えると、はなから諦めるのは勿体ないでしょう。この記事では、株式会社キーエンスの転職事情や、転職をするためにはどうすればいいのかを紹介します。

転職を考えていて、希望企業の中にキーエンスがある人は、是非この機会を今後の転職活動に役立ててください。

おすすめの就職サービス

【転職事情を知る前に】キーエンスとはどのような企業?

株式会社キーエンスは大阪府に本社を置く「BtoB」企業になります。
そのため、あまり多くの人には馴染みのない企業ですが、コンビニやスーパーで利用をするバーコードリーダーハンディをはじめとした製品を目にしたことがある人はいるかもしれません。

BtoB企業とは「Business to Business」の略称で、企業を相手に事業や取引を行う会社の事を指します。株式会社キーエンスは、BtoB企業の中では圧倒的な実績を残す企業で、世界各国に取引先があるため『世界から認められる企業』として名高いのです。

そんなキーエンスが有名が転職業界で有名かつ人気があるのは「社員の平均年収」でしょう。平均年収日本一になったこともあり、平均年収は大手企業を抑えています。20代で高級外車を購入できる年収を得ることのできる企業には「入社をしたい」と希望者が多くいます。

もちろん、こちらで高年収を手に入れるためには、自分の動きが何より大切になるのですが「入れば勝ち」という考えがあるように、その企業に入ることで日本一の平均年収に近づくことができると考える人は多いのでしょう。

キーエンスに転職をしたいのなら!企業はどのような人材を求めているのか

キーエンスの公式HPから採用情報を確認すると、様々な職種で人材を募集していることが見受けられます。特に中途採用枠が幅広いので「この職種なら入ることができるかもしれない」と感じる人もいるかもしれません。
各職種の募集要項や応募条件を確認し、必要な条件をクリアしているのであれば是非応募を考えてみてください。

キーエンスに転職を考え、応募をしようとしている人に必ず知っておいて欲しいのが「どのような人材を求めているのか」です。
どれだけ入りたいと感じている企業であっても、経営理念や方針に合わないと納得のいく仕事をこなすことはできません。また、例え入社ができてもモヤモヤとした気持ちを抱いたまま働くことになり、企業にとっても転職者にとってもマイナスになってしまうのです。

中には「平均収入一位の企業に入社できるなら何でも我慢できる」と思う人もいるかもしれませんが、収入というのはどれだけ利益をあげることができたのかという実績を見られることになり、入社をしたからといって上がり続けるという現実はないのです。

その点を踏まえたうえで、キーエンスが求める人材を紹介します。

①仕事の目的を明確にし、主体的な行動ができる人

キーエンスで働くうえで「主体性」は何より大事になるでしょう。会社独自の雰囲気と仕事の進め方に慣れながら、自身のやり方を見つけビジョンを描きながら働ける人ではない、この企業での活躍はできません。

②『顧客ファースト』の考え方・行動ができる人

キーエンスはBtoB企業なので、取引先である企業を何よりも最優先します。顧客である企業に「付加価値を提供すること」の意識ができないと、働くことは難しくなるでしょう。そのため、顧客ファーストの考え方、そして考えに伴う行動ができなければいけません。

③論理的な考えができ、自身の信念を曲げることがない人

どの仕事を行う上でも必要になる「論理的な考え方」はキーエンスで働く上でも必要になります。仕事に情熱を注ぐと、時に論理的な考え方から外れてしまうこともあるかもしれません。しかし、情熱を持って仕事をするからこそ論理的な考え方をし続ける必要があるのです。
この意識が継続して出来ない人は「原則・原理」で物事を捉えて仕事をするキーエンスでは働くことが難しいといえるでしょう。

転職をするとどのくらいの年収になる?キーエンスの給与事情

キーエンスに転職を考える人の多くが「日本一の平均年収」に心を奪われていることでしょう。もちろん、企業の方針や経営理念などを知ったうえで転職を考えている人もいると思いますが、給与が高いという点は決め手になるはずです。

そんなキーエンスで働く社員の平均年間収入は『2088万円』だと言われています。
他の大手企業と比べても圧倒的に多い年収です。
しかし、この年収に到達をしている人たちは残業はもちろんのこと、上記で紹介をした主体的な行動で活躍が認められていることを覚えておくようにしましょう。

残業量がとにかく多い

主体的な行動を求められるということは「1人で責任のある仕事を行う」ことになります。したがって、1人1人が抱えている仕事量はかなり多くなるのです。
残業時間の平均は63時間以上で、1日12-13時間働いている計算になります。
9時に勤務開始をして退勤が22時。そこから家に帰るということは、平日ゆったりと過ごす時間は無いと考えるべきでしょう。

平均年収が高いということは、それだけしなければいけない仕事があるということを改めて覚えておくようにしてください。

キーエンスへの転職を成功させるためのコツ

キーエンスに転職をするために必要な情報を知ることができると「やっぱり転職したい」と改めて思った人もいるでしょう。
しかし、キーエンスへの転職を考えている人は多く、並々ならぬ努力が必要になります。
ここからは、キーエンスへの転職を成功させるためのコツを紹介するので是非参考にしてください。

転職エージェントの利用をすること

キーエンスに転職をしたいのであれば、必ず利用をしてほしいのが「転職エージェント」です。
転職エージェントは、様々な企業が運営をしている転職サポートサービスになります。
1人で転職を行うことが不安な人や、初めての転職活動をするのであれば是非利用をしてほしいのですが、キーエンスへの転職を考えている人には特に利用をすることがおすすめです。

まず、転職エージェントを利用すると、キーエンスに詳しいキャリアコンサルタントかが企業情報を聞くことができるでしょう。
また、専任のキャリアコンサルタントが「キーエンス対策」として面接や書類添削を行ってくれるため、安心をして転職活動を行うことができるはずです。
不安を少しでも感じてしまうと、モチベーションが下がってしまうため、キーエンスに入社をするモチベーション継続するためにも、一人で突っ走るのではなく、二人三脚で転職活動を行うことをおすすめします。

もし、キーエンスへの転職が決まった場合は、転職エージェントを通して「希望条件の交渉」ができたり、配属部署の情報を教えてもらうこともできるのです。
こういった点は、自分ひとりでは行えない部分なので、頼れる機関を頼ることは実はとても大事になります。
キーエンスへの転職を考えている多くの人は、転職エージェントの利用をするでしょう。

キーエンスに転職をするなら!利用したい【転職エージェント】

キーエンスへの転職を考えているのであれば、転職エージェントの利用はマストです。
ここからは、おすすめの転職エージェントを紹介するので、是非参考にしてください。

手厚いサポート力が人気のdoda

dodaは数ある転職エージェントの中で『手厚いサポート力』に定評があります。
キーエンスを目指す人の中には、他の企業情報も知っておきたいと思う人もいるでしょう。
dodaは在籍しているキャリアコンサルタントの提案力が優れているため、力になってくれるはずです。

業界随一の転職エージェント!登録損は無しのリクルートエージェント

業界最大手のリクルートエージェントにはまず登録をする事が大事になるでしょう。
過去にキーエンスへの転職サポートを行っている実績もあるため、企業情報はもちろん、面接対策などで力になってもらえるはずです。

転職エージェントは複数利用することがおすすめになるため、まずリクルートエージェントの登録は必須といえるでしょう。

20代で登録をするなら!マイナビエージェント

20代で転職を考えている人の利用が圧倒的に多いのが『マイナビエージェント』です。
サポートはもちろん、提案力にも長けており、転職の悩み相談にも乗ってくれるはずです。
キーエンスへの転職を行うのであれば、自分がどのようにすればいいのか、また現段階のスキルで挑戦は可能なのか…など、気になることを親身に話すことができるでしょう。

まとめ

この記事ではキーエンスへの転職を考えている人に知ってほしい「転職情報」や「転職成功のコツ」を紹介しました。
日本一の平均年収を誇るBtoB企業なので、目指す人は多いです。
そこを勝ち残るためには、「入社をしてからのビジョンを明確に描くこと」そして、自分1人で転職活動をしないことが必要になるでしょう。

この記事が今後の転職活動の約お役に立てましたら幸いです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。