50代の転職の現実は厳しい?失敗をする人が多い理由を徹底解説

50代で「転職がしたい」と思っても「現実的に厳しいから難しい」と諦めてしまう人もいるでしょう。したい気持ちよりも無理な気持ちが勝ってしまうと転職活動を始めようとは思えなくなるものです。

しかし、「転職したい」と感じている気持ちは消えることはないでしょう。このまま同じ職場で働き続ける人生を選択することは一つの方法ですが、後悔が残る可能性もあります。「やらずに後悔をするより、やって後悔をする」このような言葉があるように、厳しいと感じる現実にも向き合うことは大事です。

この記事では、50代で転職をする現実はどうなのかについて紹介をするとともに、転職を叶えるためにはどうすべきかを紹介します。

おすすめの就職サービス

【現実は厳しい】50代の転職市場を知っておこう

50代で転職をする現実は、はっきり言って「難しい」というのが現実です。しかし、転職ができないわけではありません。実は、最近50代で転職をする人は増加しています。そのため、受け入れ企業も増えており、中には未経験を歓迎するような企業もあるため、はなから「50代だから転職はできない」と諦めてしまうことはないと言えるでしょう。

50代でも受け入れている企業が増えていると知ると安心できますよね。しかし、20~30代のように多くの転職先があるわけではありません。そのため、50代での転職は長い時間を要することが多く、途中で諦めたくなってしまう可能性が高いです。

しかし、転職活動に予想以上の時間がかかるのはきっと多くの50代の人が悩む部分ではあるので、自分だけではないと気持ちを落ち着かせて納得のいく転職ができるように行動をすることが大事になります。

【失敗をする人が多い転職の現実】50代という年齢は関係ある?

50代で転職をすると「失敗した」と感じる人は多いです。この「失敗」は転職が出来なかったことに対する失敗ではありません。転職先が決まった企業に入社をしてから続けることができなかった…という現実に対する失敗になるのです。

中には、転職が上手くいかず、転職活動をしたこと自体が失敗だったと感じている人もいるでしょう。例えば、思い切って長年働いた会社を辞めて転職に踏み切った人からすれば、決まらない現実は想定できなかったかもしれません。

こういった様々な失敗と直面すると「50代という年齢がネックだ」と思う人は多いでしょう。もちろん、多少なりとも年齢が問題になっている可能性はあります。企業によっては50代であれば書類選考で落としてしまうこともあるため、年齢は関係ないとは言い切れません。

しかし、全ての原因が50代だけという年齢にあるのかと言われると、きっとそうではないでしょう。50代の転職は「求められるもの」や「転職した会社での立ち振る舞い」などが大切になるため、年齢というよりは「これまでの自分の行動」が転職活動に直結をするのです。

50代で転職を決める理由はどんなものがある?

50代で転職を考えている人はどのような理由で転職を決めるのでしょうか。その理由が気になる人もいるはずです。記事を読んでいる人の中には「こんな理由で転職を決めて良いのか」と悩んでいる人もいるかもしれません。
ここからは、50代で転職を決める理由として多いものをいくつか紹介するので、是非チェックしてください。

給与面以外の待遇が良くなかったから

50代まで仕事を続けいると給与面の待遇は良いことがあっても、それ以外の待遇に不満を感じる人は多いです。少しゆっくり働きたいと思う人もいるかもしれません。全く有給がとれないなど…今後の人生を考えうえで不満が出てくることもあるでしょう。
長年連れ添った奥さんとゆっくり旅行に行きたいとか、親の面倒を見なければいけない…など。

50代になると、これまでの暮らしとは違う暮らしをする必要もあります。したがって、給与よりも「待遇」が気になり、転職を決める人が多いのです。

社内の人間関係に問題が起きたから

どの年代でも転職を考える理由としてあることですが、人間関係に問題が生じ転職をする人は多いです。関係が悪い人が社内にいると、働き続けることに息苦しさを感じてしまうこともあるでしょう。50代になれば「社内に自分のことを苦手な人がいて当たり前」と思えるようにはなっているかもしれません。

人と人が関係を持つ以上、合う合わないは必ず出てきます。しかし、嫌いなことを態度に出されるのはいつまで経っても慣れないものです。どれだけ長く同じ会社で働いていても、新たに入ってきた人がきっかけで転職を考えるようになる人もいます。

『もっとやりたい仕事がある』と感じたから

50代で転職をする人の中には「もっと挑戦したいことがある」と新しいことにチャレンジをする姿勢を持って転職を決めている人もいます。
「50代でやりたいことがあるなんて…変じゃない?」と周囲からどう見られているのかが気になる人もいるかもしれません。
しかし、たった一度しかない人生なので「やりたいこと」を優先することも大事になるでしょう。

もし今「新しいことにチャレンジしたい」という気持ちで退職を考えているのであれば、周りの目は気にせず「自分がどうしたいか」を考えてみてください。もちろん、家庭がある人は家族への相談はお忘れなく…!

失敗をする人には特徴があるのが現実!転職を失敗する50代の特徴3選

転職に失敗をする50代の人には共通をする特徴があります。せっかく転職をするのであれば失敗をすることなく納得のいく転職がしたいと思う人が多いでしょう。
ここからは、転職を失敗する50代の人の特徴を紹介します。自分にも同じ特徴が無いかをチェックしてください。

自身のスキルに自信過剰になり、転職市場を理解できていない

50代で転職に失敗をする人の中には、予め考えていた「理想の転職先」が自身の転職市場に合っていないケースがあります。特に、これまでやってきたことに自信を抱きすぎた結果、自意識過剰になっている人もいるでしょう。

思い描く理想の転職市場と、現実の転職市場に違いがありすぎる人は実は多いので、自分を客観視することは重要になります。できれば、友人や転職エージェントの人からの意見をきくようにしてください。

妥協ができない

転職に失敗をする理由としてかなりの確率で考えられるのが『妥協ができない』という点です。特に50代になると、これまでしてきた経験などから「これだけは譲りたくない」というこだわりや、妥協ができないポイントがかなり増えてしまう傾向があります。

こだわりを持って仕事を行うことはとても大切なことですが、転職活動を行うのであれば、多少なりともの妥協をすることは必要になるでしょう。
妥協ができないと、転職のチャンスを逃してしまったり、選択肢がかなり狭まる可能性があることを覚えておくようにしてください。

厳しい現実乗り越えよう!50代で転職を成功させるためのコツ3選

50代で転職活動を行うと「厳しい」と感じる現実に向き合うことも多くなるでしょう。しかし、諦める必要はありません。「できない」と決めつけてしまうと、どうしてもネガティブな気持ちが勝ってしまい、より転職活動がうまくいかない可能性があります。

ここからは、50代で転職活動を成功させるためのコツを紹介するので是非覚えておくようにしましょう。

①スキルや経験を見つめなおすこと

転職活動をすると決めたのであれば、まずはこれまで自分がしてきたことを見つめなおしてみましょう。スキルや経験を紙に書き出すなどすることで、自身の現状と向き合うことができるでしょう。

これまで自分が歩んできた道を振り返る機会は意外と少ないので、転職活動を行うタイミングで思い出してみてください。忘れていた特技や、経験を思い出すことで、希望する企業の幅が広がるかもしれません。

②こだわりを持ちすぎず譲れるポイントをみつけること

こだわりを持ちすぎず、譲れるポイントを見つけることは50代で転職をするうえで必要になります。例えば「前の会社では管理職についていたからそれ以上の役割に就きたい」などといったこだわりは、できれば手放すようにしましょう。

スキルや経験値があれば必然と決まるものです。過剰に自分のことを信じすぎていると、企業側にとっては「扱いにくい人」と感じてしまうことも多く、共に働きたいとは思ってもらえないかもしれません。

「自分はこういう役職じゃないと働かない」なんて気持ちを持っていては、一向に転職はできないでしょう。

③年収の妥協点を見つけること

役職のこだわりを手放すと同時に、同じく妥協が必要になるのが「年収」です。
もちろん、あからさまに年収を下げる必要はありません。ただ、キャリアアップやハイクラスな企業への転職しか考えていないと、自身とのスキルに差が生まれてしまうことは結構あります。

長年働いていた会社だから就けていた役職は意外と多いです。外に出てみると、自分が考えているよりも低い役職を提示されることは結構ある話なので、謙虚な心を持って転職活動に臨むようにしてください。

まとめ

この記事では、50代で転職をする際に直面する「厳しい現実」について紹介をしました。
転職は難しいと思われがちですが、実際はそうではありません。もちろん、厳しいと感じることもあるでしょう。それでも、自身のスキルと向き合うことで必ず「良い」と思える転職先に出会えるはずです。

大事なのは謙虚な心で転職活動を行うことになります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。