【失敗しやすいって本当?】40代の転職事情を徹底解説!

40代で転職を考えている方はいませんか?キャリアアップを視野にいれて新しい企業で働きたいと考えている人もいれば、年齢を考えて働き方を変えようと思っている方もいるでしょう。
いざ、転職に向けて動き出そうとすると、不安になることも出てくるかもしれません。

例えば「40代で転職は成功するの?」といった悩みや「失敗してしまうんじゃないか…」といった不安を持つ人もいるでしょう。
40代で転職をしている人が周囲にいないと、直接的な声を聞くことがないため不安になる方は多いです。

この記事では、40代で転職を考えている人に向けて「転職事情」を徹底的に解説します。きっと記事を読めば、転職活動を行うイメージができるでしょう。
また、転職を成功させるにはどうすればいいのかも解説するので是非参考にしてください。

おすすめの就職サービス

そもそも40代で転職はできる?

そもそも40代で転職はできるの?と不安を感じている方はいるでしょう。
結論から伝えると、40代でも転職はできるので安心をしてください。
ただし、どこでも就職ができるというわけではないのも現実です。

例えば、未経験職種への転職が難しくなってしまったり、年齢制限のかる企業への転職はできません。こういった話を聞くと「やはり難しいんだ」と不安な気持ちが強まる人もいるでしょう。しかし、落ち込むのはまだ早いですよ。

転職サポートを行ってくれる転職エージェントの中には、40代向けに求人を公開している場所もあるため、失敗をすることなく転職を成功させることができる可能性もあります。
自分で動き努力をすることで、やりたいことは叶えられる可能性があると覚えておくようにしましょう。

40代で転職に失敗をしてしまう人は書類選考で落ちてしまうって本当?

40代で転職活動を行う方の中には、なかなか書類選考に通過をすることができない…といった悩みを抱えている人が実は多いです。どうして書類選考に通過できないのでしょうか。通過できないことには共通の理由があるため、ここで書類選考で落ちてしまう理由を知っておきましょう。知ることは「落ちないための一歩」になるため、40代で転職を考えている方は目を通すようにしてください。

1,スキルや経験値が足りていないから

スキルや経験値が足りておらず、応募企業に「うちには合わない」と思われてしまうことがあります。これは、どの年代の転職活動でも起こりうる書類選考落ちの理由のひとつです。
特に40代であれば、管理職など「社員や企業をまとめる役割」に就いていることも多く、転職をするのであれば、それなりの経験値やスキルを求められてしまう傾向があるでしょう。

例えば、同じ職種でキャリアアップや働き方を変えるために転職をするのなら、スキルや経験値から「どのような働き方をしてくれるのか」を採用担当は考えることになります。現段階で同じような40代の方が会社で働いているのであれば「人員を増やす理由にはならない」と思われてしまうかもしれません。

40代での転職活動は「是非うちに来て欲しい」と思われるようなスキルや経験値が重要になることを覚えておくようにしましょう。

2,40代を採用できないから

公開求人など、自分で探した求人の中には「記載はされていないものの40代を採用枠にいれていない企業」は結構あります。
転職者向けの求人を出す企業の中には、そもそも40代の方から応募がくるとは想定していないことも多く、書類選考落ちになってしまう可能性があがるのです。

転職で40代は求められていないとは言えませんが、企業によっては20~30代しか採用をする予定が無い企業は意外とあることを頭の中に入れておきましょう。そのため、応募をする際は企業の雰囲気を見ること、どのくらいの年齢層が多く働いているのかを確認することが重要になります。

3,転職回数が多く入社をしても辞められると思われてしまうから

40代で転職を考えている人の中には、過去に幾度かの転職を繰り返している人もいるかもしれません。2回程度であれば、年齢的に考えておかしくはない数ですが、10回を超えるほどの転職を繰り返すなどしてしまうと書類をみた担当者は驚くでしょう。

やはり転職の回数が多いと「馴染めない理由がある」「うちに入社をしてもすぐに辞められてしまいそう」と思われてしまう可能性が高いです。したがって、転職回数があきらかに多いと書類選考落ちになってしまう可能性もあると考えるようにしてください。
ただし、だからといって諦める必要は全くないので「応募をやめる」選択はしないようにしましょう。

4,書き方に問題があるから

転職エージェントなどで「40代でも応募ができますよ」と言われた求人に応募をしたところ、書類選考落ちになってしまった経験をしている方は多いです。その理由として考えられるのが「書き方」になります。
というのも、同じように40代で転職を考えている人は、きっとその企業へ応募をする確率が高くなるでしょう。

すると、企業側へやってくる提出書類の内容が似たり寄ったりになってしまう可能性は意外と高いのです。40代で転職活動を成功させるためには「是非うちに来て欲しい」と思ってもらう必要があります。中身を読みたくなるような書き方をするのは意外と難しいポイントです。読みやすい書類を提出できることを心がける必要があります。

40代での転職が失敗に終わる【理由】厳しい現実から目を背けないようにしよう

40代で転職の失敗した経験がある方は実は85%を超えているといわれています。書類落ちばかりの転職活動の日々は、正直かなり辛い現実になるでしょう。しかし、諦めてしまうと「やりたい」と感じていることは一向に始めることができないのです。

ここからは、40代で転職が失敗する【理由】を紹介します。理由と向き合うことは精神的にも厳しく目をそむけたくなるかもしれませんが、知っておくことは必ず今後の転職活動に活かせるでしょう。

同じキャリアを持つ人材が同社にいるから

40代で転職を成功させるためには、希望企業が「欲しい」と思うスキルやキャリアを積んでいる必要があります。スキルやキャリアは仕事をしていると、ついてくるものですが、転職を成功させるにはそれ以上のものが必要になるのです。

というのも、希望企業で既に働いている同年代の方の中には、あなたと同じようなキャリアやスキルを持っている人がいることでしょう。そうなると「わざわざ採用する必要が無い」と思われてしまい、転職失敗に終わってしまいます。

若い人材を募集しているから

これは仕方のないことですが、やはり人材を募集している企業は「長く続けてくれそうな若い人材」を求めているのです。例えば、20代であれば「これからうちの会社で成績を伸ばして、いつかは引っ張ってくれる存在になってほしい」と長いスパンで働いてもらうことを考えることができるでしょう。

しかし、40代であれば既にスキルを持っていることや、自分なりのやり方があることが原因で扱いにくいと感じられてしまうこともあります。したがって、40代という年齢はどうしても転職活動に影響を与えてしまうことがあるのです。

40代で転職できる企業数が少ないから

そもそもの話にはなってしまいますが、やはり40代で転職できる企業は、20~30代の人に比べると少ないのが現実です。転職サイトなどを見ても「数が少ない」と痛感することはあるでしょう。しかし、転職エージェントによっては40代向けの求人を保有しているエージェントもあるので諦めずに探す努力をすることは大事になります。

また、自分1人で探すのではなく、転職エージェントやハローワークなど、人の手を借りて求人を探すことも重要になると覚えておいてください。

40代でも転職はできる!おすすめの転職エージェント紹介

40代で転職活動を成功させるためには、1人で転職活動を行わないことも大事になります。転職支援を行ってくれる転職エージェントを頼るようにしましょう。
最後に皆さんには、40代でも利用できるおすすめの転職エージェントを紹介します。

圧倒的な求人数!リクルートエージェント

人材業界最大手とも呼べるリクルートグループが運営をしている「リクルートエージェント」は、とにかく求人数が多いことで有名です。業界No1の求人数なので、きっと40代でも働くことができる企業を見つけることができるでしょう。

まだまだキャリアアップを目指すなら!ビズリーチ

ビズリーチはハイクラス向けの求人に特化しているサービスを提供しています。まだまだ年収を伸ばしたい方や、キャリアアップを目指している方にとっては、この上ない求人を確認できるサイトといえるでしょう。
また、ヘッドハンティングサービスも行われているため、登録をすることで合う企業を見つけてもらえる可能性があります。

女性のサポートが抜群!パソナキャリア

パソナキャリアは女性の転職支援が手厚く、不安なく転職活動を行うことができると人気があります。40代で初めて転職活動を行う方もいるかもしれません。業界のことから、今後にビジョンなど…親身に相談に乗ってもらえますよ。

まとめ

この記事では、40代で転職に失敗をする理由や、失敗しない転職活動を行うために必要になる転職エージェントの紹介をしました。
40代での転職は難しいと言われていますが、しっかり転職活動を行うことで失敗をせずに済みます。
自分のキャリアやスキルと向き合い、マッチングする企業を探してみてください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。