40代で転職をするのは難しい?転職の現実と成功の秘訣を解説します

40代で転職をを考えている人はいませんか?長年働いた会社を退職しキャリアアップのために転職をすることを視野に入れている人もいるでしょう。「新しい職場で頑張りたい」と考えていても「40代で転職はできるのか」と不安を感じている人もいるかもしれません。

年齢の壁に阻まれてしまい転職に踏み出せない40代の方は多くいます。
しかし、悩めば悩むほど時間は過ぎて行くものです。
この記事では、40代で転職をするのは現実的なのかどうかを悩んでいる方に向けて、転職市場についての解説や、40代の転職で起こりやすい失敗例などを紹介します。

きっと記事を読めば「40代で転職をするのは現実的に難しいのかどうか」が分かるでしょう。是非転職を行う上で参考にしてください。

おすすめの就職サービス

40代の転職の現実は厳しい?それとも厳しくない?

40代で転職を考えると「現実的に厳しいのではないか」と考える人が多いです。年齢の壁はどうしても感じてしまうものでしょう。

結論から伝えると「40代だから転職ができないという現実は無い」です。
しかし、年齢が転職活動に影響をしないということはありません。
やはり、40代という年齢がネックとなり、20代や30代で転職活動を行うよりも厳しい現実は待ち受けています。

ただ、誰しもが厳しい現実と向き合うわけでもないのです。40代の方の中には「是非うちで働いて欲しい」と即戦力で採用される人もいます。したがって、年齢が全てではなく「40代になるまでに培ってきたスキルや経験」が転職活動に大きく影響をしていると考えることができるでしょう。

したがって、厳しいと感じる人もいれば、厳しくないと感じる人もいると覚えておくようにしてください。
自分がしてきたことで現実は変わるでしょう。

40代の転職が厳しいと言われるのはなぜ?

40代の転職は「厳しい」と言われることが多いです。もちろん、スキルや経験があれば希望企業にすんなりと転職ができる人もいます。しかし、転職を行った人の多くは「厳しい」と感じているその理由が気になるのではないでしょうか。
ここからは、40代の転職が厳しい現実について理由を解説するので是非目を通すようにしてください。

【40代の人が転職すること】を想定していない企業が多いから

企業側は求人を出す際「40代の人が応募をしてくること」を想定していないケースが多いです。もちろん「応募不可」にはしていないのですが、転職で応募をしてくるのは20~30代だろうと想定をしていることも多いのが現実になります。

そのため、40代で応募をすると最初の書類選考で落とされてしまうケースも少なくはないのです。企業側からすれば「〇歳まで」と求人に書くことは転職希望者に悪いイメージを持たれることもあるため書かないケースもあります。
しかし、実際は企業側で転職希望者のターゲットを絞っていることも多いため、40代で応募をすると書類選考で省かれてしまうケースがあることを覚えておくようにしましょう。

高すぎる条件を設定している転職希望者が多いから

転職希望者の「企業に求める条件」が高すぎるため、厳しい現実を目の当たりにするケースは意外と多いです。希望条件をある程度妥協することができればすんなりと転職ができるような人もいるのですが、プライドや目指している地位が高すぎる点が原因で自らの首を絞めていることもあります。

もちろん、キャリアアップを考えることも、希望条件を前回の会社より良くすることは大事です。しかし、スキルやこれまでの経験に合わない希望条件を出すと、応募できる求人すら見つからないこともあるでしょう。

企業側の年齢層・マネジメント層の心境から

40代の転職が厳しいと感じる現実には「企業側の年齢層」や「マネジメント層」が関わっていることもあります。例えば、マネジメント層が若手で構成をされている企業もあるでしょう。

そうなると、部下がかなり年上という現実になるのです。もちろん、気にしない人もいるでしょうが、やはり指導をするうえで気まずいと感じてしまう人は必ずいます。
どのように伝えれば良いのかが分からなかったり、「扱いづらい」と感じてしまう人もいるでしょう。

40代で就職をする人がどれだけフレッシュな気持ちで言われたことを受け入れようとしていても、「40代の部下が入る」と聞くと身構えてしまう人はいるのです。
したがって、40代の採用い消極的になってしまう企業は多いと考えることができます。

転職の現実は厳しい…40代で起こりうる【転職の失敗例】

40代での転職は、20~30代の転職に比べるとやはり厳しい現実を目の当たりにすることも多いでしょう。実は、40代で転職を行う方の86%は失敗を経験しているのです。
ここからは、40代で転職を行った方の失敗例を紹介するので、是非チェックしてください。

自身の能力を過信しすぎて転職先でしんどい思いをすることになった

40代で転職をする方は、さらなる高みを目指していることもあるでしょう。そのため、大手企業や、より地位と収入がアップする企業の面接を受けることになるはずです。
面接で自分のスキルを話すときに、これまでやってきたことを大袈裟に話してしまう人もいるかもしれません。

嘘とまではいかない大袈裟な話は、自分の能力を過信しているからこそできる話ではないでしょうか。「こんなことができます」と面接で言われた時点で、企業側はそれ相応のスキルを入社してからもとめてくるのが普通です。

仮に本来のスキルより高いスキルを伝えた企業から内定がもらえたとしましょう。企業側は即戦力で指導もできて当たり前といった認識で仕事を振ってくるかもしれません。しかし、自身の能力を過信しすぎた結果、思うように仕事が進まず、企業側に疑いを持たれてしまうこともあるでしょう。

すると、社内での居心地は日に日に悪くなるばかりで、早期退職をしたケースもあるのです。

【現実は甘くはないけどまだ大丈夫!】40代で転職成功させるコツ

40代で転職活動を行うことは、そう簡単なことではありません。しかし、転職が成功しないという現実は無いのです。自分の努力次第で必ず合う企業を見つけることができるでしょう。
ここからは40代で転職を成功させるコツを紹介します。

①とにかく多くの情報を集めること

厳しい転職活動の現実を乗り越えるためには、多くの情報が必要になります。転職ポータルサイトから公開求人を見る事、またハローワークなどに足を運ぶことも必要でしょう。
スーパーなどに無料で置かれているタウン誌などにも求人情報が掲載されていることもあります。

とにかく「自分の手で情報を集めること」がまずは大事になるので意識をして行うようにしてください。

②複数社の転職エージェントの利用をすること

40代で転職をする場合は、自分ひとりで転職活動を行うことはおすすめできません。確実に転職をしたいのであれば必ず転職エージェントを利用するようにしてください。
それも、複数社に登録をして「自身の市場価値」を知ることや「見れる求人数を増やすこと」は重要になります。

専任のキャリアアドバイザーがいるので、転職に対する考え方を理解し、より良い企業を提案してくれる人との出会いが運命を大きく変えるでしょう。

③譲れない点・妥協点を明確にしておくこと

40代で転職を行う場合「妥協をすること」は重要になります。もちろん、何でも妥協をすれば良いというわけではありません。「これだけは譲れない」というポイントと「妥協できるポイント」を明確にしておくことで、ミスマッチの少ない企業と出会える確率は上がるのです。

この点を明確に決められないまま転職を始めてしまい、想像をしていた働き方が出来なかった…という人は多いので、事前準備は重要になります。

40代で転職をするなら!利用をすべき転職エージェント

40代で転職を成功させたいのであれば、転職エージェントの利用は必ずすべきです。専任のキャリアアドバイザーからマッチング率の高い企業を提案してもらうことができます。
最後に40代で転職を考えている方に是非利用をしてほしい転職エージェントを紹介するので、登録を検討してみてください。

質の高い求人が用意されている総合型転職エージェント【doda】

dodaが保有をしている求人はとにかく質が高いと有名です。また、所属をしているキャリアアドバイザーの質が高く、安心をして転職サポートを任せられるでしょう。
40代の方向けの求人も数多く保有をしているので、選択をすることができるはずです。
また、転職活動で必要になる面接対策などにも力を入れているので安心して転職を進めることができます。

女性へのサポートが手厚い【パソナキャリア】

パソナキャリアが保有をしている非公開求人は、ハイクラスのものも多く、40代からキャリアアップを目指す方にもおすすめができます。
また、パソナキャリアは女性への転職支援が手厚いことで有名です。

親身に転職支援を行ってくるキャリアパートナーが多いと良い口コミも多数見受けられる特徴があり、不安を感じることなく転職活動が行えるでしょう。

まとめ

この記事では、40代で転職を考えている方に知ってほしい「転職の現実」を紹介しました。年齢が壁となり「転職は難しい」と考えていた人もいるでしょう。
やはり年齢がネックになってしまうこともあります。
しかし、転職エージェントを利用して、「どのような企業に転職したいか」そして「譲れないポイントは何か」などを決めることができると、案外転職活動は上手く進むものです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。