32歳で転職は遅い?転職市場価値と転職のコツを徹底解説します

「32歳で転職はできるの?市場価値は無い?」
転職を考えるにあたり、このような不安を抱えている方もいるかもしれません。
「転職をするなら早い方が良い」なんて言葉を聞いた経験がある人もいるでしょう。
しかし、本当に32歳の転職は遅いのかが気になりますよね。

32歳まで新卒で入社をした会社で働いているのであれば、10年勤続していたことになり、スキルや経験値も身についているはずです。
年齢がどこまで転職活動の弊害になるのかを知ることは、これから転職活動を行う上で重要になるでしょう。

まずは知っておきたい!32歳の転職市場での価値

結論から伝えると、「32歳だからといって転職ができない」なんてことはありません。
そのため、年齢はあまり転職活動の弊害にはならないと覚えておくようにしましょう。
ただし、32歳で転職をするなら、前回と同じ職種を希望する方が内定率は上がるはずです。

「未経験職種を目指してはいけない」ということはありませんが、早く転職先を探したいと考えているのであれば、同職種で探す方が見つけやすいといえるでしょう。
やはり、32歳で転職をすると「スキルや経験」があって、当たり前だと思われることも多いです。
新入社員扱いではなく、その職種を即戦力で全うできる人材が求められます。

もし、転職を考えているけど「何をしたいのかが分からない」と悩んでいる人がいるのであれば、内定率の高い「同職種」で探すことが安全と言えるでしょう。

32歳で未経験職種を目指すのは難しい?

 

厳しい話にはなりますが、32歳で未経験職種を目指すのは簡単なことではありません。
32歳という年齢の弊害は転職活動において、あまり無いと話ました。
しかし、これは「同職種で転職を行う場合」です。
未経験職種を目指すのであれば、年齢の弊害が出てくる可能性もあります。

企業側は「今すぐ活躍してくれる人」の採用を行おうと考えているはずです。そのため、職種に対するスキルを持っていて、慣れている人を採ろうと考えるでしょう。余裕がある企業であれば、未経験者の採用もするかもしれませんが、未経験で採用するのは伸びしろがあって、より長く勤務してくれそうな20代になる可能性も高いです。

32歳は、社会的な立場で言えば、仕事にも慣れてきて「指導側」に立つことができるような年齢になるでしょう。したがって、その経験を求めている企業からすれば「未経験はちょっと…」と不採用になってしまう可能性もあります。

ただし、何歳からでも未経験採用をしている企業はあるので、はなから無理だと諦めるのはやめておきましょう。自分が本当に「やりたい」と感じる仕事で、熱意を持っているのであれば、その熱意は企業側に伝わります。

ここでお伝えしておきたいのは、将来のビジョンを描くことができず「何がしたいのか分からない」といった状態で、未経験職種に手を伸ばしてしまうことが危険だということです。

おすすめの就職サービス

転職の分かれ目?32歳で成功する人と失敗する人の違いをチェック

32歳で転職はできます。ただし、中には失敗をしてしまう人がいるのです。
成功をする人と失敗をする人には、どのような違いがあるのでしょうか。
ここからはそんな違いを紹介します。これから転職活動を行おうと考えている方は、どのような人が成功をして、どのような人が失敗をするのかを知っておくと、参考になるはずです。

32歳で転職を成功させる人の特徴

・過去に経験をした職種を目指しており、スキルと経験値を保有している
・キャリアプラン・ライフプランの設計が明確にできている
・仕事での立場を客観視することができている

転職を成功させる人の多くは、転職活動を行う時に「事前準備」がしっかりできている特徴があります。例えば、自身のスキルや経験を改めて見つめなおすことや、今後の「仕事」や「人生」について考える時間を設けることです。
特にキャリアプラン・ライフプランの設計は転職活動を進めるうえで必要になります。

そして、転職が成功する人は「自分のことを客観視できている」傾向があるのです。
転職活動を行う人の中には、内定を貰いたい一心からキャリアを偽って話すことや、自身のキャリアを高く見積もってしまう人がいます。
これは客観視できてないからこそ起こりうる問題で、転職活動が失敗に終わることに繋がりやすいのです。

32歳で転職が失敗する人の特徴

・業界の知識が無いまま未経験職種に転職をする
・自身のスキルを高く見積もりすぎている
・「何がやりたいのか」が見えておらず、キャリアプランも不透明

年齢に関わらない部分ともいえますが、転職活動を行う上で「キャリアプランの設計ができているのか」はとても重要になります。
これから自分がどのような仕事に携わりたいのかが見えていないと、転職をしたときに「思っていた仕事じゃなかった」と感じてしまうこともあるでしょう。
同職種に転職をしても、違和感を感じる事が原因で早期退職を選んでしまう人はいます。

転職の成功というのは、内定が貰えることではありません。内定をもらった企業で働き、納得をした仕事を行うことができるまでを指します。したがって、キャリアプランの設計を事前に行うことは大事になるでしょう。

32歳で転職を成功させるための秘訣4選

転職活動は精神的にも体力的にも疲れてしまいやすいです。したがって、なるべく早く「希望の企業に内定をもらいたい」と思うでしょう。ここからは、32歳で転職活動を行う際に知っておいて欲しい「成功の秘訣」を紹介します。

1,現在働いている会社は「きっぱりと」辞める

転職を成功させるためには、前の会社への想いは断ち切ることが大事です。長く働いていたり、共に働いた同僚がいると、会社への想いは自分が思っている以上に深く心に刻まれているものです。
「辞めたい」という思いがあっても、未練が残る人は多いでしょう。

しかし、この想いをきっぱりと断ち切ることができないと「転職失敗」に繋がる可能性があります。やはり、未練が残っていると前の会社と新しく働き始めた会社を比べてしまうのです。比べることは悪いことではありませんが、ほとんどの場合「前の方が良かった」と思ってしまうのが現実です。

2,キャリアプランだけではなく、ライフプランも設計する

キャリアプランを設計してから転職活動を行う人は多いです。しかし、ライフプランの設計は後回しにしがちになります。転職を成功へ導くカギは、キャリアプランもライフプランもどちらもしっかりと設計することです。

ライフプランというのは、「これからの人生をどうしたいのか」を考えることになります。例えば、結婚や暮らし方、住む場所など…人生に関わることを考えることになるでしょう。
結婚よりも仕事を優先したい人もいれば、35歳までに子供を産みたいと考えている人もいるかもしれません。

ライフプランによって働き方は大きく変わります。したがって、キャリアプランの設計をする前にライフプランを設計することが大事なのです。

3,自己分析を行ってから転職活動に臨む

転職活動の成功には「自己分析を行うこと」が何より必要になります。自己分析というのは、自身を客観視しないとできないものです。仕事での立場やスキルを見つめなおすことも自己分析に入りますし、自身の特徴や癖などを見極めることも行う必要があります。

社会に出て10年が経つと、自分のことを理解できているようで実は理解できていなかった…なんてケースは良くある話です。自己分析を就職活動でやったからその当時のままで良いだろうなんて考えをする人もいますが、10年経てば思考はかなり変わります。

転職を成功させるたいのであれば、改めて自分と向き合う時間を取るようにしてください。

4,転職後は【人間関係を大切にする】意識を持つ

「転職して良かった」と思うためには、転職後、社内での行動が重要になります。特に人間関係を丁寧に築く意識を持つようにしてください。30代で転職をすると、プライドが勝ってしまい、社内で良い人間関係を築けないケースは結構あります。

「会社は仕事をする場所だから人間関係を築かなくて良い」なんてことはありませんし、このような強がりをしている時点で、周囲との溝は深まるばかりでしょう。
転職を成功させる最大の秘訣は、転職後の振る舞い方にあると覚えておいてください。

32歳で転職をするなら必ず利用すべき【転職エージェント】のすすめ

32歳で転職活動を行うのであれば、転職エージェントの利用をすることも大事になります。やはり、ひとりで転職活動を行うのは心細いでしょう。
転職エージェントでは転職のありとあらゆるサポートを行ってくれるので、きっと安心して転職活動を行うことができるはずです

,

サポート体制が抜群な【doda転職エージェント】の利用がおすすめ

30代向けの求人保有率が高く、抜群のサポート力が魅力の「doda転職エージェント」の利用は、初めて転職活動を行う方にもおすすめです。
面接対策や書類添削はもちろん、あなたに合う企業探しを全力で行ってくれるでしょう。

まとめ

この記事では、32歳で転職を考えている人に「転職市場価値」などを紹介しました。32歳から転職活動を行うのは難しいと考える人は多いですが、実際はそうではありません。もちろん、努力をする必要はありますが、努力をすれば「働きたい」と思える企業がすぐに見つかるものです。

この記事で紹介をした「転職成功の秘訣」を頭に入れておくことで、内定率が上がるでしょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。