【気になる】28歳の転職市場価値!失敗しない方法を解説します

「28歳で転職をするのは遅い?」そんな悩みを抱えている方はいませんか?28歳になると職場での立場やプライベートの環境に違いがでやすくなるでしょう。新卒で入社をした企業で働き続けてキャリアアップを考えている人もいれば、「そろそろ転職をしよう」と考えている人もいるはずです。

転職を考えている人の中には「したい気持ちはあるけど30代目前での転職はもしかして遅い?」と不安になっている人もいるかもしれません。
しかし、28歳での就職が遅いなんてことは全くないのです。
この記事では、28歳の転職市場価値や、転職を失敗しないために知っておいてほしいポイントを徹底解説します。

おすすめの就職サービス

最後のチャンスになる?28歳の転職市場での価値

28歳で転職活動を行うことに不安を感じている人もいるでしょう。
「もっと早い段階で転職をした方が良かったんじゃないか」と感じている人は多いのです。
聞いたことがある人もいるかもしれませんが「28歳転職限界説」という説は、28歳など、20代の後半で転職をすると企業を引っ張るメンバーとして動けるまでに経験を数年積む必要がある。という説です。

そのため、28歳ぐらいまでには転職をしないと、その後の転職が難しくなると考えられていました。ただ、昨今は30代でも50代でも転職ができる時代になっているため「絶対に28歳までに転職をしなければいけない」なんて考えは少なくなっているといえるでしょう。

「28歳だから…」といって焦ると、転職に失敗をする可能性も考えられるため、急ぎながらも慎重な行動が必要になります。

28歳で転職を考えている方必見!【成功例と失敗例】

転職市場において28歳という年齢は「転職を真剣に考える年齢」であると言えるでしょう。ただし、絶対に転職をしなければいけない年齢ではないですし、今転職をしなくても30代以降で転職はできるので、焦らないことを大事にしてください。

ここからは、28歳で真剣に視野に入れている方に知ってほしい【成功例】と【失敗例】を紹介します。
少し触れた内容にはなりますが「しなくてはいけない」と焦ることで、失敗に繋がるケースは多いです。ここで失敗例にはどのようなものがあるのかを知ることで、自分が今本当に転職をすべきなのかが見えてくるでしょう。

28歳で転職をした人の【成功例】

28歳で転職をすると、新しく入る会社の今後を担うような重要なポジションに就くために採用をされるケースも多いです。
そのため、未経験職種より「経験職種」での採用率が高くなります。
ただし、未経験職種に転職をしたいと考えている方は「今がチャンス」と思っても良いかもしれません。

30代や40代で未経験職種を目指すのは、どうしても難しいのが現実です。28歳という年齢は、まだまだ伸びしろがあると考えられる年齢なので、未経験職種への転職を考えている人は、腰を上げて転職活動を始めることをおすすめします。

28歳で転職をした人の【失敗例】

28歳で転職を失敗する理由には「焦りすぎ」や「自己分析が出来ていないこと」が原因となるケースが多いです。
焦りすぎが原因で失敗をする例は上述していますが、この想いは誰しもが抱える思いになるでしょう。そのため「焦らない」ということは現実的に難しいはず。
大事なのは焦る気持ちをちゃんと受け止めてあげることです。

また、時間が無いと突発的に転職活動を始めると「自己分析ができていない」ことが多く、自分の転職市場価値などの理解ができていないまま転職活動を始めることにもなるでしょう。
そうなるとやはり転職活動はうまくいかないものです。
転職活動を行うのであれば「自分と向き合うこと」そして改めて自分を知ることが大事になります。

求められるスキルがある!28歳で転職を考えているのならチェック

28歳で転職をする場合、企業が「求める人材」になる必要があります。
特に、28歳は新卒で就職をしている場合「経験やスキルが5年以上ある」と考えられることもあるのです。
ここからは、28歳で転職をするのであれば、どのようなスキルが求められているのかを知っておくようにしましょう。

①社会人としてのビジネスマナーといった【基本】

28歳で転職をするということは、企業側は「ビジネススキルを兼ね備えている」と思うケースがほとんどです。このスキルは難しいものではありません。社会人であれば自然と身につくマナーや基礎的な力になります。

基本的に28歳での転職は「即戦力として採用をされる」ことが多いため、転職をした日から動けることが当たり前だと思われてしまうこともあるのです。主体的に動く力は、社会人基礎力の中にも入っている「社会に出ると身につく力」になります。
したがって、新しい企業に入るからとりあえずは受け身で良いなんて考えはできないと覚えておくようにしましょう。

②職種に対するスキルと経験値

28歳で転職をする際、未経験職種を目指す方もいるでしょう。しかし、多くの方は「経験職yすでキャリアアップ」を目指す傾向があります。経験職種へ転職をするのであれば、必ず必要になるのが「職種をこなすスキル」「経験値」です。

この2つが兼ね備わっていないと、やはり転職は難しいと考えることができるでしょう。特に、キャリアアップをしたいのであれば経験をしていない限り「振り出しからのスタート」になる可能性が高く、以前の企業より高い収入を得ることが難しくなってしまいます。

③適応力

28歳で転職をする場合「適応力」はどの企業に入社をしても求められるでしょう。経験職種であれば、自身のこれまでのスキルを活かして新しい仕事に取り組む必要がありますし、未経験職種であれば、これまで培ってきた「社会人としての基礎力」を活かして仕事に取り組む必要があるでしょう。

28歳という年齢は「仕事を任せられる年齢」と捉えられていることが多く、転職をするとすぐに仕事を振られる可能性も高いのです。したがって、新しい環境に溶け込み自身の能力を発揮する力は何よりも求められるスキルと考えることができます。

転職を成功させるためのポイント3選

転職を28歳でする場合【求められるスキル】があると紹介をしました。紹介をした3つのスキルを持っていると採用をしてもらえる確率はグンと上がるでしょう。
ここからは、転職を成功させるために知っておきたい「ポイント」を紹介します。
失敗しない転職活動を行うためにはどうすれば良いのかを知っておきましょう。

①明確なビジョンを描くこと

明確なビジョンを描くことで、自分に合う企業を見つけられる確率は高くなるでしょう。
例えば、今後どのような人生を歩んで行きたいのかを考えたときに「結婚をしたい」と考える人もいれば「海外で働いてみたい」と考える人もいるでしょう。

自分の人生をどうしていきたいのかを事前に考え、転職活動をしないと、納得のいかない人生になる可能性もあります。
「何がしたいのか」を考えることができると、その目標を叶えるためにはどうすればいいのかが見えてくるでしょう。

転職をする前に、まずは『なりたい自分』をイメージしてみてください。

②悩むようなら行動をすること

「28歳で転職ってどうなの…」と不安を感じている人もいるかもしれません。一度不安を感じてしまうと、悩んでしまい立ち止まることもあるでしょう。時には立ち止まって考える事も大事ですが、ここでは「動くこと」をおすすめします。

動くことといっても「すぐに会社を辞める」というわけではありません。例えば、自分の将来を考えてみることも「転職活動の行動」になるでしょう。また、転職エージェントなどに登録をして自身の市場価値を知ることもおすすめです。

悩むことは大切ですが、立ち止まってしまうのではなく動くようにしてみましょう。

③自己分析を行い自分のスキルを改めて理解すること

転職活動をするのであれば、事前準備は重要になります。
特に自分のことを知ることは、何よりも大切になることを覚えておくようにしてください。
「自己分析」を行い、自分の短所や長所を改めて洗い出してみましょう。
社会人経験が長くなると、自分自身と向き合うことを後回しにしてしまう人も多く、自己分析に時間を取れないケースは多いです。

自己分析を行うと、自身のスキルを再認識する機会となるでしょう。スキルが理解できると、転職企業も絞り込んで探すことができるので、まずは「自己分析」から始めるようにしてください。

28歳で転職を考えている方が利用すべき【転職エージェント】

転職活動をするのであれば「転職エージェント」の利用をおすすめします。
ここからは、おすすめの転職エージェントを紹介するので是非参考にしてください。

質の良い求人と手厚いサポートが特徴的な【doda】

dodaを利用すると、転職のサポートをしっかりと受けることができます。28歳で初めて転職活動を行う人もいるでしょう。転職活動を行うにあたり感じやすい不安もdodaでサポートを受けることで軽減されるはずです。

まとめ

この記事では、28歳で転職活動を考えている人に知ってほしい「転職のポイント」や「28歳の転職市場価値」を紹介しました。
28歳での転職が遅いことは全くありません。むしろ「良い企業と出会える確率が高い」時期です。
自分のスキルや経験に高い評価をつけてくれる企業に出会えると良いですね。

この記事が今後の転職活動のお役に立てましたら幸いです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。