【まだ間に合う?】27歳で転職を考えている方必見の転職事情を徹底解説

新卒で就職をして5年目になると27歳になります。5年間同じ会社で働いていると「そろそろ転職をしようか」「留まり続けるべきか」と悩む人も多いでしょう。
長く働いて社内でキャリアアップをする道を考えることもできれば、5年で培ってきたスキルで新しい環境に入ることもできるはずです。

27歳という年齢は、転職市場においてどのような価値があるのでしょうか。
「もっと遅い方が良い?」と思う人もいれば「転職は25歳ぐらいですべき?」と思う人もいるかもしれません。
この記事では、27歳で転職を考えている人に知ってほしい「転職市場の現実」と転職を成功させるためのコツを紹介します。

失敗談なども踏まえながら、どのように行動をすれば転職が成功するかを解説するので是非参考にしてください。

おすすめの就職サービス

27歳は転職市場でどのぐらい価値がある?

転職市場では27歳という年齢は「転職をするなら今!」と言えるほど、有利に働く年齢です。このぐらいの年齢の人を迎え入れたいと考えている企業は多いです。

社会人経験が5年になると、職種のスキルはもちろんのこと、ビジネスマナーも身についているはずでしょう。転職をしてすぐに「即戦力」として活躍できる人材である可能性が高いので、企業側はウェルカムだと考えています。

そのため、同じ業界に進むことが「転職のコツ」と考えることもできるでしょう。
また、既に数回の転職経験がある場合は「継続ができない」と思われてしまうこと「経験が浅い」と思われてしまう可能性もあり、転職が不利になってしまう人もいるのです。

27歳は転職市場ではかなり有利な年齢ではありますが、経験やスキルが求められ、即戦力として働けることが第一条件となることを覚えておくようにしましょう。

【転職を考えているなら】企業が27歳の人に求めるものをチェック

企業が27歳で転職をしてくる人に求めているのは「即戦力で働けること」です。
例えば、新卒から5年働き業界の経験とスキルが培われた人を採用したいと考える企業は多いでしょう。

「キリも良いし30歳で就職をしようかな?」と考えている人もいるかもしれません。
しかし30歳と27歳では企業に求められるものが変わってくるのです。
27歳であれば「即戦力で自社で育てていく人材」だと思われるでしょう。
スキルや経験はまだまだ磨ける部分があると思われるはずですし、一番力をいれて教育をしてくれる可能性もあります。

しかし、30歳は「スキルも経験も身についていて当たり前」だと思われることがほとんどです。したがって、即戦力でありながらも「指導の立場」を求められることもあるでしょう。
転職をした企業でいきなりまとめる立場や指導の立場に就くことに抵抗がある人もいるはずです。
そういった不安を持っている人は、27歳という年齢で転職をすることがおすすめです。

自身の転職に対する想いと企業の求める人材がマッチしないと、せっかく転職をしたのにもかかわらずしんどくなり退職をするケースは多くあります。
転職は「やりたい」と思った段階で行動を始めることこそ、納得いく転職活動を送るためには必要になるでしょう。

27歳で転職を決めたけど女性は難しい?

27歳は即戦力で働ける人材であるという観点から「ぜひ来て欲しい」と思われる年齢です。しかし、「女性も同じことを思われるの?」と不安を感じた人もいるでしょう。
27歳は女性にとって結婚や出産といった、人生の方向を変える道に進んでいく可能性が考えられるからです。
もちろん結婚や出産を考えていない人もいるでしょうし、全員がそうとは限りません。

ただ、「雇う側」の観点にたつと「近々結婚をすることはないだろうか?」と思われてしまうこともあるのです。正直この観点に関しては、男性にも言えることなので「どうして女性だけが結婚をする可能性が考えられるから辞められてしまう可能性が高い」などと思われなければならないのか…といった問題もあるのが現実です。

しかし、女性は結婚後に出産をすることが多く、育休や産休で一時的に会社を休む可能性も考えられるでしょう。
そのため、企業によっては即戦力ではあるけど辞められないかの心配を抱くのは本音と言えます。

ただ、だからといって採用をされないわけではありません。
スキルや経験があれば年齢と性別は関係なく採用されることもこの時代は多くなっています。
特に最近は女性の就業率を上げようとしている企業も多いため、「27歳だから…」といって諦める必要は全くありませんよ。

27歳で転職をするなら知っておきたい【失敗談】

27歳で転職を考えている人は「キャリアアップ」を視野に入れている人が多いでしょう。そのため、転職にかなり気合が入る方もいるはずです。
もちろん気合をいれて転職活動を行うことは大事ですが、空回りをしてしまい最悪の場合、失敗に終わってしまった…なんてケースも考えられます。
ここからは27歳で転職を行った人の【失敗談】を紹介するので、是非チェックしてください。

キャリアアップを目指しすぎて持っているスキルより高望みの企業しか受けなかった

27歳で転職をすると即戦力になることを想定いて企業は採用活動を行うでしょう。
そのため「経験やスキル」の点はシビアに見られていることが多いです。
キャリアアップを目指している人の中には「高望みかもしれないけど大手に転職をしたい」と考える人もいるでしょう。

高い志や目標を持って転職活動に臨むことは大事ですが、「即戦力にならない」と思われてしまうと採用をされることが無いのが現実です。

中には自分のスキルに合わない大手だけを視野にいれており、書類選考にすら受からな買った…なんて経験をした人もいます。
キャリアアップをすることだけを考えていると「今より高い場所を目指そう」と意気込みすぎて空回りをし、大事な転職の時期を無駄に過ごしてしまうこともあるのです。

自分のスキルや経験としっかり向き合うことができないと、27歳での転職活動は失敗に終わってしまう可能性があると覚えておくようにしてください。

未経験職種に就いたものの【何ができるのかが分からない】と日々不安を感じていた

27歳で転職をする人の中には「未経験職種に就きたい」と思う人もいるでしょう。
未経験職種は新しい自分と出会えるチャンスにもなるので是非目指してほしい分野でもあるのですが「やりたい」という強い意思がないと、転職をしてからしんどくなる可能性があります。

失敗してしまうケースとしてよくあるのが「やってみたことが無い職種にただ飛び込んだものの、その職種で何をしたいかが見つからなくて退社」というケースです。
「新しいことを始めたい」という想いだけで行動をしてしまうと、未来のビジョン全く描くことができておらず、ギャップを感じてしまい退職を選んでしまう人もいます。

そのため、未経験職種に就こうと考えている方は「何がしたいのか」を詳細に決めておく必要があるでしょう。
せっかく転職をしたのに、やることが分からず退職をするなんて勿体ないですからね。

転職を成功させるためのコツ3選

転職活動を行うなら早い段階で成功させたいと思う人は多いでしょう。何度も書類選考や面接で落ちるのは嫌なはずです。
後悔をしない納得のいく転職をするためには「成功させるコツ」を覚えておく必要があります。

①転職の理由を明確に決めておくこと

転職の理由を決めている人は、納得のいく企業に転職をできる確率が上がります。逆に理由が明確ではないと早期退職を選んでしまう可能性が高くなるのです。
また、現在働いている企業を退職する理由にも関わってくるでしょう。
あやふやな想いのまま退職をすると、後悔をする可能性もあるのが現実です。

転職の理由を明確に決めている人は「何で辞めたいと思ったか」が分かっているので、以前の会社で悩んだことを繰り返さずに済むため、納得のいく就職ができるでしょう。

②妥協できるポイントを決めておくこと

転職活動をするにあたり「妥協をすること」はとても重要になります。
このポイントが分かっていないと、「全て叶えられないと転職はしない」といった気持ちを持ってしまうでしょう。
希望条件を持つことは納得のいく転職をするために必要ですが、良い企業との出会いがあっても「条件が合わない」と却下する人もいるかもしれません。
妥協ポイントが決められていない人は、勿体ない選択をする可能性が高いと覚えておくようにしましょう。

③転職手段を絞らないこと

転職方法には様々な手段があります。公開求人をチェックできる転職ポータルサイトの利用や、専任のキャリアアドバイザーがサポートをしてくれる転職エージェントの利用も良いでしょう。
大事なのは一つに絞らないことです。
例えば転職エージェントの利用をひとつに絞って「ここで転職をしなければいけない」ということを考える必要はありません。

転職を成功させる人の多くは、複数社のエージェントを掛け持ちして転職活動を行っているため、是非利用をしてください。

まとめ

この記事では27歳で転職を考えている方に知ってほしい「転職市場での価値」や「転職を成功させるためのコツ」などを紹介してきました。
また、失敗談も紹介したので「気を付けなければいけないこと」が分かったはずです。

27歳という年齢での転職は、一番おすすめができる年齢になります。
もし今転職をしようか悩んでいる27歳の方がいれば、この機会に転職活動を始めてみてはいかがでしょうか。きっと良い企業との出会いがあるはずです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。