キャプラ転職エージェントはどんなサービス? メリットと使い方を紹介

キャプラ転職エージェントは、数ある転職エージェントの中でも非常に魅力的な地域特化型のサービスです。しかし、地域特化型のエージェントは利用者数が少なく、どのようなサービスなのかわからないという方もいるはずです。そこでここでは、今からキャプラ転職エージェントを利用する際の道しるべになるよう、キャプラ転職エージェントに関する情報をまとめていきます。

おすすめの就職サービス

キャプラ転職エージェントの基本情報

キャプラ転職エージェントの基本情報を解説します。キャプラ転職エージェントはそれほど有名なエージェントではないため、基本的な情報を知らない方も多いかもしれません。しかし、このエージェントは、有名なエージェントに負けず劣らず、しっかりとした転職サポートをしてくれます。

中国・四国地方をメインにしたエージェント

キャプラ転職エージェントは、いわゆる地域密着型のエージェントです。中国・四国地方を中心に転職先を紹介しています。中国・四国地方は、関東や東海地方と比べるといわゆる百万都市が少なく、世界的な大企業の本社なども点在していません。そのため、全国展開型のエージェントはあまりここの地域を紹介しない傾向にあります。しかし、キャプラ転職エージェントはあえて中国・四国地方に狙いを絞り、求人を紹介しています。

このおかげで、他の転職エージェントでは紹介できないような、四国・中国地方特有の求人を紹介することができるようです。そのため、キャプラ就職エージェントではいわゆる独自求人が多く見られます。もちろんその中には、一般には公開されない非公開求人も多数あります。

コンサルタントがサポートしてくれる

キャプラ転職エージェンT-では、通常の転職エージェントと同様に、専任のコンサルタントが転職をサポートしてくれます。コンサルタントの業務は、応募書類の添削、面接練習のセッティング、入社日と面接する日の予定調整などです。

大手の転職エージェントでは、人手の問題からサポートの数が限られているということもよくあるのですが、キャプラ転職エージェントでは、四国・中国地方という限られた場所での転職をサポートしているため、サポートがおざなりになることはほとんどありません。綿密で、距離の近いサポートが期待できます。

履歴書添削サービスもあり

キャプラ転職エージェントでは、求職者の書いた履歴書を、専門的な知識を持っているエージェントが添削してくれるサービスがあります。キャプラ転職エージェントの履歴書添削サービスは非常に質がよく、履歴書の書き方が全くわからなかったという方も、企業に評価されるような履歴書を書けるようになったくらいです。

履歴書の書き方が苦手だという方も多いので、そういう意味で、質の高いサービスを提供してくれる点は魅力的だといえるでしょう。

キャプラ転職エージェントを利用するメリット

前述したように、キャプラ転職エージェントは全国展開型のエージェントと比べると、多くの違いを有している転職エージェントです。では、キャプラ転職エージェントを利用する、具体的なメリットはどこにあるのでしょうか。
ここでは、キャプラ転職エージェントを利用するメリットの内、特に魅力的な点を2つ紹介します。

Iターン、Uターン就職に手厚い

キャプラ転職エージェントの主な取引先は、中国・四国エリアに根差した、地域の企業です。そうした地域の企業は、都市部の先進的なノウハウを吸収した人材に強い魅力を感じています。そのため、Iターン就職・Uターン就職に対して手厚いサポートを行っています。

Uターンとは、一旦都市部で就職した後に地元に戻ってきて就職することです。一方、Iターンとは、地元以外で就職することをいいます。つまり、キャプラ転職エージェントでは、「四国・中国地方出身の求職者が一旦都市部で就職した後に戻ってくる場合」「都市部出身の求職者が四国・中国地方に就職する場合」に、手厚いサポートを行ってくれます。
例えば、求職者が都市部でどのようなノウハウを吸収してきたのか、企業側に口利きしてくれたり、前職でのノウハウを求めている企業を紹介してくれたりするようです。さらに、求職者が実際に内定を決めたあとにもサポートしてくれます。

それが、中国・四国地方への移住サポートです。土地勘のない求職者のために、各地域の特徴を教えてくれたり、最適な居住地域を教えてくれたりと丁寧にサポートしてくれます。内定を決めると何かと不安要素が増えてくるので、こうしたサポートは、Iターン就職、Uターン就職をする方にとって魅力的でしょう。

地元企業との太い信頼関係

転職エージェントキャプラは、自社の強みのひとつに「コネクション採用」をあげています。コネクション採用とは、地元企業との強い信頼関係を頼って就職する方法です。例えば「キャプラ転職エージェントさんのおすすめする人材なら採用を前向きに考える」というように、自分の力が少し足りなくても、採用してもらえる可能性があります。

例えば企業の面接担当者が転職エージェントキャプラのコンサルタントの知り合いだったり、お互いに強い信頼関係を備えていたりするのです。そのため、面接前に企業の雰囲気や、採用担当者の人柄を教えてもらえたり、逆に面接担当者に自分の人柄を伝えてもらえたりします。これにより、お互いに歩み寄った状態で、緊張感をほぐしての面接が可能です。

こうした「コネクション転職」は、地域密着型の転職エージェントだからこそできるものです。全国展開型のエージェントでは相手にする企業の数が非常に多いせいで、こうしたコネクションを活かした転職は難しい傾向にあります。

キャプラ転職エージェントのデメリット

キャプラ転職エージェントは魅力的なサービスではありますが、決して完璧な転職エージェントではありません。利用する上で意識しておかなければならないデメリットは複数存在します。以下では、中でも特に意識しておく必要がある点を紹介しましょう。

求人の数が少ない

キャブラー転職エージェントが紹介できる求人はそう多くありません。なぜなら、紹介する求人を中国・四国地方に限っているからです。全国の求人を紹介する、全国展開型転職エージェントと比べると、どうしても紹介できる求人は少なくなります。

具体的に、全国展開型のエージェントが1万件を超える求人を紹介しているのに対し、キャプラ―転職エージェントが紹介している求人の数はおよそ1500件前後と少なめです。もちろん、この数は時節や景気によって大きく変わりますが、求人の数が少ないのは覆せない事実といえます。

それに伴って、自分の希望条件に合致した求人が紹介してもらえないということも少なからずあります。よって、希望条件が非常に狭い方や、特殊な求人を探している方には向いていない転職エージェントといえるでしょう。

とはいえ、地域を絞った転職エージェントで1000件を超える求人を有しているのはなかなかないことであり、これでも十二分な数があるという点は補足しておきます。

大手企業の求人はあまりない

前述したように、キャプラ転職エージェントが紹介している求人の多くは中国・四国地方の地域に根差した企業です。それに伴って、中国・四国地方の中小企業の求人を多く掲載しています。つまり、大手企業の求人はそれほど多くないということです。

大抵が中小企業の求人なので、大きくキャリアアップを望んでいる方にとっては強く魅力を感じる求人は見られない可能性があります。そのため、大手企業への転職を考えている場合は、別の転職エージェントを利用したほうがいいかもしれません。

キャプラ転職エージェントはこう使え! 使うべき人について

キャプラ転職エージェントの利用をおすすめしたい人は、もちろん、中国・四国地方での就職を考えている方です。出身が中国・四国地方である人はもちろん、地元が中国・四国地方の方、別の地域の方も歓迎されます。
関東の方にとって、地方は田舎だという印象しかないかもしれませんが、中国・四国地方は魅力的な都市や様々な娯楽の楽しめる場所がたくさんあります。そのため、都会から中国・四国地方への移住を希望している方にもおすすめの転職エージェントです。

もちろん、都会とは少し離れた場所で、土着の企業と一緒に就職していきたいという需要にもこたえてくれます。総合的に見ると、キャプラ転職エージェントは四国・中国地方で働きたい人が持つほとんどの需要に応えてくれるでしょう。
ただし、中国・四国地方で就職したい場合であっても、キャプラ転職エージェントのみを頼っていると、「選択肢が狭い」というデメリットを感じることになるかもしれません。よって、キャプラ転職エージェントのみに頼るのではなく、他の大手転職エージェントや、中国・四国地方に強い他のエージェントを使ってみましょう。

複数の転職エージェントを利用することで、キャプラ転職エージェントの弱点を補い、広い選択肢から求人を探せます。よって、キャプラ転職エージェントを活用したいのなら、別の転職エージェントを補助として使い、広い選択肢を持つようにしましょう。

まとめ

キャプラ転職エージェントは、中国・四国地方に強い魅力的な転職エージェントです。中でも特に魅力的なのが、キャプラ転職エージェントの持つコネクションを使い、地域に根差した中小企業に対して好意的に紹介してもらえる「コネクション転職」です。これを活用すれば、転職の可能性をぐっとあげることができるでしょう。

ただし、キャプラ転職エージェントは地域特化型エージェントの例に漏れず、全国展開型のエージェントと比べると求人の数が少ないというデメリットを抱えています。よって、キャプラ転職エージェント1本で転職活動をするのではなく、別の転職エージェントも利用し、広い選択肢から転職先を選べるようにするといいでしょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。