フリーターが転職エージェントを利用するときのポイントとおすすめサイトを紹介

長い間フリーターでいると、「もっと安定した職に就きたい」と考えることが多くなると思います。その気持ちは誰しも当たり前です。そのために、転職エージェントの利用を考えるフリーターも多いでしょう。
しかし、これまで就職活動をあまりしていなかった方にとって、いきなり転職エージェントを選ぶのはハードルが高いのではないでしょうか。そこでここでは、おすすめの転職エージェントと、エージェントを利用するときのポイントについてまとめていきます。

おすすめの就職サービス

フリーターは転職エージェントを利用すべき?

そもそも、フリーターは転職エージェントを利用すべきなのでしょうか。転職エージェントを利用すること自体はフリーターでも問題なくできますが、利用すべきかどうかという点は、議論の余地が残るところです。
なぜなら、フリーターが転職エージェントを利用して、良い結果が出るのかどうかは、個人の事情によって異なるからです。よって、フリーターの就活イコール、絶対に転職エージェントを利用しなければない、というわけではありません。
自分が転職エージェントを利用すべきかどうかは、「自分がやりたいことがわかっているかどうか」という点で分けられます。

やるべきことがわからないという人は利用すべき

自分が何をしたいのかわからない、あるいは目標はあるけれど何をすべきなのかわからないという方は、ぜひ転職エージェントを利用すべきです。転職エージェントは1から10まで全ての道を教えてくれるわけではありませんが、就職への具体的な道筋はある程度立ててくれます。
就職のためにやるべきことの指針が一切立てられないという人も含め、一寸先は闇状態の方も転職エージェントを利用すべきでしょう。

やりたいことがわかっているのならそれに応じたことをすべき

やりたいことがわかっていて、そのためにやるべきことがわかっているのなら、転職エージェントに頼るのではなく、今自分ができることをやるべきです。例えば、その仕事に近しい資格を取ったり、自分のスキルを磨いたり、実際に職場に応募してみたり、やるべきことはたくさんあります。そのため、転職エージェントに別の道をほのめかされて決意が鈍るよりは、その目標に向かって歩き出すべきでしょう。
ただし、目標が定まっている場合でも、転職エージェントを利用した方がいいこともあります。それは、転職エージェントが自分の入社したい企業に交渉力を持っていることがあるからです。就職の実績に自分が目標としている企業がある場合は、その転職エージェントに頼るのも手段のひとつでしょう。
転職エージェントの中には、粘り強い交渉力をアピールポイントとしているところもあります。そうした転職エージェントに身を寄せれば、無理だと思っていた企業に、思わず入社できる可能性もあるのです。よって、目標が定まっている場合でも、一縷の望みにかけて転職エージェントを利用する手もあります。

フリーターが使うべき転職エージェントってどんなもの?

転職エージェントを利用すること自体は決めたものの、「どんな転職エージェントを利用するのか」ということは、意外とわからない方も多いと思います。なぜなら、フリーターの方の多くは転職エージェントを利用したことがないからです。
何をもってして「良い転職エージェント」なのかがわからず、自分と合っていない転職エージェントを利用してしまう方もいます。そこで以下では、一般的なフリーターが使うべき転職エージェントを紹介していきましょう。

大手「ではない」エージェント

一般的に、転職エージェントを利用するときは出来る限り大手のエージェントを利用したほうが良いとされています。しかし、フリーターに関していえば、大手のエージェントはあまり良い選択肢とはいえません。
なぜなら、大手の転職エージェントでは主に正社員経験のある方が就職斡旋の対象になっているからです。つまり、職歴なし状態のフリーターが大手エージェントに登録すると、企業にとって即戦力となる正社員経験者と一緒になって競うことになってしまいます。
さらに、大手の転職エージェントが持っている求人案件はその多くが大きめな企業です。大きな企業が転職者に求めるのは当然ながら即戦力であり、経験という面で大きなハンデのあるフリーターはどうしても不利になってしまいます。よって、フリーターはなるべく大手ではないエージェントに応募すべきです。

フリーターの就職活動を得意としているエージェント

フリーターの就職活動は、通常の転職エージェントとは何かと異なっています。特に職歴なし状態から就職しようと思うと、エージェントの側も工夫してアピールしなければフリーターが就職することはできません。よって、フリーターの就職活動に明るい転職エージェントを選ぶべきです。
フリーターの就職活動を得意としているかどうかは、そのエージェントのホームページを見ればわかります。フリーターの就職事例を積極的に掲載しているようなエージェントは、当然フリーターの就職サポートを得意としているのでおすすめです。

サポートが充実しているエージェント

フリーターの状態からの就職活動は、面倒なことも多く起こります。アルバイト先とのブッキングもあるでしょうし、書類の書き方がわからないという方もいるでしょう。面接のやり方、服装が全くわからないという場合もあるはずです。
よって、そうした出来事に逐一対処してくれるような転職エージェントを選びましょう。理想は、面接対策や履歴書の添削など、丁寧に寄り添ってくれるサポーターです。特にこれまで就職活動にあたる行為をしてこなかった人は、丁寧なサポートが約束されている転職エージェントを利用したほうがいいでしょう。

具体的におすすめしたいフリーター向けの転職エージェントを紹介

ここでは、上述したフリーターにおすすめしたい転職エージェントの条件を満たした転職エージェントを紹介します。転職エージェントにも好みや特徴があると思うので、これ以外にも自分にあったものを探してみましょう。

ワークサポート

ワークサポートは、既卒・フリーターに強い転職エージェントです。すでに経験のあるフリーターの方はもちろん、未経験からの就職もしっかりとサポートしてくれます。さらに未経験状態から「なりたい仕事」に対する訓練も施してくれるのが特徴です。
具体的には、「eコンシェルサービス」により、プログラミングスクールを利用できたり、その他仕事に関わることを利用できたりと、様々なサポートを受けられます。IT系、web系の求人を幅広く取り扱っているので、こうした職場につきたいと考えている方にはぜひ活用してもらいたい転職エージェントといえるでしょう。
ただし、紹介されている求人はそのほとんどが都市部のものなので、地方で就職したいと考えている人には少し合わないかもしれません。

リクナビネクスト

リクナビネクストは、大手就職エージェントではあるものの、「第二新卒」の方に注視した転職サイトです。大手のデメリットである「競う人が正社員経験者」というデメリットは、案件の豊富さと多様な就職条件によって打ち消されており、そのおかげで非常に安定性の高い就活ができます。
もちろん電話によるサポートなども行っており、悩みがある場合は経験豊富なエージェントが導いてくれます。総合的に見て、あらゆる面で品質の高い、大手エージェントだといえるでしょう。
ただし、フリーター限定の転職サイトというわけではないので、書類選考で不採用になってしまう可能性は高い、ということは理解しておきましょう。何度も不採用通知を見ることになる可能性が高いので、その点は覚悟しておいたほうがいいと思います。

ジェイック

ジェイックは、19歳から39歳までの転職者をサポートしているサイトです。「離職率の低い職場」にこだわって転職先を紹介しています。実際に入社後定着率は90%を超えており、長く働ける職場を探している方にはぴったりな就職エージェントだといえるでしょう。
しかも、正社員の就職率も80%を超えています。つまり、高確率で長く働きたい職場に就職できるサイトだといえるでしょう。もちろんサポートも充実しており、面接対策、履歴書などを学べる無料就活口座も開設しています。フリーター状態から一念発起したいという方におすすめの転職エージェントです。

キャリアスタート

キャリアスタートは、「未経験の方にスキルを身に着ける」ことに重きを置いた転職エージェントです。学歴、資格、正社員歴など、一切の事情を問わないため、フリーターには最適なエージェントだといえるでしょう。
様々なサポートはもちろん、面接トレーニングを無料で受けられるのがおすすめです。スキルさえ身に着ければ、紹介された職場が気に入らなくても自分で転職活動をすることができるため、一生の宝になります。そういう意味でも、将来のことを考える方にとっては魅力的な就活エージェントだといえるでしょう。
実際に入社後の定着率は92%を記録しており、キャリアスタートスタッフの優秀さが伺えます。これまで何もやってこなかったというフリーターの方は、20代の内にぜひキャリアスタートに応募してみてください。

まとめ

フリーターの方の事情はまさに千差万別です。やる気がなかったせいでフリーターになった方もいれば、やむにやまれぬ事情でフリーターになってしまっている方もいます。そのため、一様にフリーターが利用すれば理想的な職場に就職できる転職エージェントというものは存在しません。
フリーターの方が転職エージェントに求めるべきものは、「自分をしっかりとサポートしてくれるかどうか」という点です。他の点も勿論大切ですが、フリーターのサポートに慣れていない転職エージェントに応募しても、理想的な就活はできません。よって、転職エージェントを選ぶときは、そのエージェントにフリーターの就職実績があるかどうかという視点を持つといいでしょう。特に30代を超えているような方は、この視点を持つべきです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。